詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    利き腕と手先を使わない仕事について

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ふぇり子
    仕事
    皆様のお知恵をお借りして、視野を広げたく質問させてください。

    私は右利きなのですが、右腕の前腕部に血管腫ができてしまい、今痛みに苦しんでおります。
    以前からあったものなのですが、ここ最近痛みが増してしまっています。どれくらいかというと右の脇の下から指先までが筋肉痛のような痛みで、かつしびれていて、手首に激痛が親指を動かすたびにあり、という感じです。
    これは、完治はしない生まれつきの血管腫で、手術をしてその部分を取っても再発の可能性が大、かつ筋肉を痛め、神経にも近いので後遺症が残るので勧めないと言われています。
    また他の治療法は保険適用ではないことや繰り返さなければならないということもあり、今の主治医と相談の上、経過観察という方針をとっています。
    痛ければ痛み止めを飲んで対処しようということです。
    自分としては、今この病気を持つに至って、すごく視野が狭くなっているなと感じています。
    実際、今の仕事が経理でバンバン電卓もたたきますし、キーボードも叩きます、かなり辛いので、痛み止めを飲みながらなら何とかなっているのですが、こんなことなら何か他のスキルを持っておけば良かったよ、と自分を少々攻めてしまいます。

    そこで、皆さんに何か腕をあまり使わない仕事のアイディアをいただけないかなと思ってこのトピをたてました。
    もう、突拍子もないものでも構いません、一番は狭まっている視野を広げたいのです。
    本音を言えば、落ち気味な気持ちを立て直したい、励ましてもらいたいという気持ちの方が大きいかもしれません。
    こんなわがままで申し訳ないのですが、ご協力いただけるとうれしいです。
    最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。

    トピ内ID:9781014301

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 17 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    セカンドオピニオン

    しおりをつける
    blank
    栗饅頭
    他の病院、手の外科で相談してみては?
    完治は無理でも、生活の質を上げる治療、痛みを軽減する方法はあるのでは?

    トピ内ID:7034725482

    閉じる× 閉じる×

    難しい…

    しおりをつける
    blank
    ふぉ
    テンキーとマウスと電卓を左にする。

    トピ主様のつらさとは比較にもなりませんが、これで首も回らぬ肩こりを緩和できました。キーボードも左手ひとつである程度まではいけます。

    とは言え、根本的に解決したいですよね。何かよい治療法が見つかるといいですね。

    トピ内ID:3731481445

    閉じる× 閉じる×

    左手は?

    しおりをつける
    blank
    おばちゃん経理課
    それはツラいでしょうね。

    私は数十年前、就職した際に先輩から「電卓を左手で打てば、いちいちペンを持ち帰る必要がないから効率的よ」と教えていただき、左手で電卓を使う練習をしました。

    今では左でも右でも同じ速度で打てます。

    パソコンは右にテンキーがありますが、別売りのテンキーを付けることもできます。

    左手が痛くないのでしたら左手を使う練習をしてみてはいかがでしょうか?

    手と脳はつながっているそうなので脳も活性化するかもしれませんよ。

    応援しています、頑張ってください。

    トピ内ID:2324739566

    閉じる× 閉じる×

    皆様ありがとうございました

    しおりをつける
    🙂
    ふぇり子
    ご回答いただいた3人の皆様本当にありがとうございました。
    そして、ご返信できず申し訳ありませんでした。

    その後、3人の医師に診察をしていただいた結果ですが、治療法はいくつかあるものの、やはりどれを選んでも後遺症が残る可能性が高い、ということ、妊娠すると患部が増大する恐れがあるだろうということ、
    そういったことが分かりました。今は、悪性腫瘍のように今すぐ治療しなくて良いということが分かっているだけでの状態です。
    結果、治療をするかどうかはまだ決めていません。実際にこの疾患を診ることができる医師も日本国内にそれほど多くないということも分かりました。またセカンド(サード、もっとか?)オピニオンも実際に治療を決断したら求めようと思っています。
    実際に、3人目の医師はよくわかっている先生だったようで、診察もすごく分かりやすかったですし、治療するにせよ、治療しないにせよ、左手をもっと使えるようにした方がよい、というアドバイスをいただき、今は色々チャレンジしています。

    トピ内ID:9781014301

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0