詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • お薦めノンフィクション本を紹介してください
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お薦めノンフィクション本を紹介してください

    お気に入り追加
    レス59
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    miki
    話題
    私は恋愛小説などにはあまり興味が持てず、ノンフィクション本を好んで読んでます。皆様のお薦めノンフィクション本があったら紹介頂けないでしょうか。

    私が読んだ中でお薦めなのは「旬の自画像」「カルト資本主義」「機会不平等」「立花隆秘書日記」「食肉の帝王」「そして殺人者は野に放たれる」「その時殺しの手が動く」などです。

    ノンフィクション本でしたらジャンルは問いませんので、どうぞ宜しくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数59

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  59
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    こういう本はどうでしょうか。

    しおりをつける
    blank
    通りすがりの読書人
    歌代幸子著『音羽「お受験」殺人』
    黒木昭雄著「栃木リンチ殺人事件」

    これらの事件は本当にひどかった。事件自体もひどかったし、事件後もひどかった。
    読んでてあまりの残酷さに目を覆いたくもなった。しかし、現実を認識しないと何にもならない。

    以前、官僚不審物事件で石原都知事が犯行擁護のようなことを言ったら怒られた。でも女の子が殺されると、犯人同情論が平気で罷り通る。こりゃいったい何だ!日本人は、日本社会はどこか腐っている!子供を見殺しにする日本人が、死してなおその命を冒涜するような日本人が、少子化などとほざくな!!

    失礼、ちょっと興奮した。ちょっと話を変えよう。
    吉田司「宮沢賢治殺人事件」
    てっきり賢治作品にまつわる殺人事件でも起きるミステリーものかと思ったら、さにあらず。内容的には「宮澤賢治とその時代」というような感じ。賢治がどう生きていたかというようなことが書いてある。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    おすすめ

    しおりをつける
    blank
    あいこ
    吉岡忍『墜落の夏』
    飯塚訓『墜落遺体』
    佐野眞一『東電OL殺人事件』『東電OL症候群』
    清水潔『遺言―桶川ストーカー殺人事件の深層』
    三好万季『四人はなぜ死んだのか』
    板谷利加子『御直被』

    どれも文庫化されていて入手しやすいと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    毛色がちがうかしら

    しおりをつける
    blank
    さゆ
    『歓喜のまち カルカッタ』
    ドミニク・ラピエール

    同じ作者の『パリは燃えているか』も面白いです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    こういう本もどうでしょうか。

    しおりをつける
    blank
    通りすがりの読書人
    三村文男著『米内光政と山本五十六は愚将だった』

    海軍善玉論ははたして正しいのか? 先の戦争を考えるにこの本は読んで損はないと思う。『神なき神風 〈特攻〉五十年目の鎮魂』もオススメです。

    小浜逸郎著『「弱者」とはだれか』
    これもなかなか考えさせられる本である。人はよく弱者にやさしくなんて平気で言うけど、それなら「弱者」以外にはやさしくしなくていいの? その前に弱者って誰やねん?そういうことを考えるのにオススメと言えるでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    またまた登場

    しおりをつける
    blank
    通りすがりの読書人
    「トンデモ超常現象99の真相」
    「新・トンデモ超常現象56の真相」
    世に言う「超常現象」関連情報のインチキや間違いがわかります。なかなか面白いですよ。最近の言葉で言えば、トリビアな情報かもしれないけど、こういうの読んでおけばインチキに騙されることも少なくなると思う。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    これはダメですか?

    しおりをつける
    blank
    youki
    落合信彦「2039年の真実」

    ケネディ暗殺に関して書かれたものですが、
    取材年月は実に15年にも及ぶそうです。

    結構内容は衝撃です。事件の黒幕がはっきりと
    名指しで書かれてます。真実としか思えない程
    説得力を感じました。

    また、同じ落合信彦氏の「石油戦争」というのも
    現在の中東問題の根本が書かれています。

    政治的な内容ですが、興味があればご一読を。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    最近読んで感動した

    しおりをつける
    blank
    くじくじら
    ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧』
    有名な著書ですが、私は新版になってから読みました。
    ユダヤ人心理学者である筆者の強制収容所での体験記ですが、いわゆるよくあるホロコーストものとは一線を画しています。
    そこで語られているのは「人間の尊厳」とは何か、と言うことです。
    まだ未読でしたら、是非ともお勧めしたい一冊です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    宿命

    しおりをつける
    blank
    kay
    宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作
    高沢 皓司著です。
    よど号のことだけでなく、拉致された人のことが
    克明に書いてあり、読みながらドキドキしました。
    有本恵子さんが拉致される直前の様子も写真付きで
    載っています。
    拉致問題がまだまだ解決に向かわない今、必読の一冊ではないでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    血なまぐさいのはどうも、、、。「からくり民主主義」を。

    しおりをつける
    blank
    読書好き
    挙がっているのは血なまぐさいのが多いですね。

    こんなのはいかがでしょう?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    好みかどうかわかりませんが

    しおりをつける
    blank
    marumaru
    トリイ・ヘイデンの「シーラという子」「タイガーと呼ばれた子」とても考えさせられました。一人の子供が親に虐待され心を閉ざしてしまうのですが、著者の(学校の先生)によって次第に心を開いていく話です。妹と夢中になって読みました。私も読むものはほとんどノンフィクションですが、いろいろ考えさせられるものが沢山あって読むのが楽しいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  59
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0