詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • これってパワハラもしくはアカハラ何ですか?
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    これってパワハラもしくはアカハラ何ですか?

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    こう
    ひと
    現在工学系の大学院1年目なんですが、訳あって2年目から研究テーマを変えた上で、研究室を移動しようと動いています。
    新たな研究テーマについては、移動先の指導教員と相談しある程度固まっています。
    ですが、移動先の指導教員に移動理由を聞かれ私が話したところ、それはパワハラもしくはアカハラになると言われました。
    確かに現在の指導教員は過去に一度ゼミ配属された4年生を他のゼミ生より強めに責め、結果その4年生は研究室を移動したため、教授会でパワハラでは?と問題になったそうです。

    そこで、皆様にお聞きしたいのですが、私がそれはパワハラもしくはアカハラになると言われた下記の事項は、本当にそうなのでしょうか?
    よろしければご意見をお聞かせください。

    ・隔週のゼミ(院生向けの)の廃止、指導教員の日程でゼミが行われる(約3ヶ月に1回の頻度でした)
    ・院生が学会に提出した論文を一部書き換え、提出する
    ・学会に発表した内容を論文にし、自身を筆頭として論文を提出
    ・研究の方向性の強要

    私としては研究室が移動できればそれで良いと思っていますし、これらが該当するからといって今後訴えるといった行動を起こす気はまったくありません。
    ですが、私自身これらがそうなのかふと疑問に思ったため、こちらに質問しました。
    長文となりましたが、よろしくお願いします。

    トピ内ID:2513805574

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 23 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 6 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  12
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    そんなものでは済まない

    しおりをつける
    blank
    研究員
    1番目と4番目はアカハラ認定です。2番目と3番目はそのレベルははるかに超えた、盗用、不適切なオーサシップとなる研究不正のおそれもあります。

    トピ内ID:7204156988

    ...本文を表示

    程度の問題

    しおりをつける
    🐧
    灯台教員
    大学教員です。
    状況や言い方で「指導」か「パワハラ」か変わってしまうので、トピの内容からでは判断するのが難しいです。

    例えば、指導教員の日程でゼミが行われる(約3ヶ月ごと)
    ゼミを行っていなければ職務怠慢ですが、普通だと思います。
    同学年間で差があればダメだと思います。

    ・院生が学会に提出した論文を一部書き換え、提出する
    パワハラというか、論文の多重投稿の規定に引っかからなければ普通です。
    学会要旨には論文ほど情報は載せれません。

    ・学会に発表した内容を論文にし、自身を筆頭として論文を提出
    学会発表して、その後、論文で出すことは普通です。
    学生でファーストを取れる人の方が珍しいです。

    ・研究の方向性の強要
    研究テーマを与えないことは教育放棄になりますが、「強要」というのがよく分かりません。
    言い方がきついのですか?

    教授会で議題に上がるぐらいなので何か問題あるのかもしれませんが、
    もうちょっと具体的でないと判断しかねます。
    別にトピ主さんが気にしていないなら、そのまま何もしないのがあなたの人生に対してベストだと思います。

    トピ内ID:1462427181

    ...本文を表示

    各項目に対して

    しおりをつける
    🙂
    たか
    >・隔週のゼミ(院生向けの)の廃止、指導教員の日程でゼミが行われる
    ゼミに対する院生の取組がなさ過ぎて,ゼミを隔週で行う意義がなくなったため,ゼミの頻度を単に少なくした.

    >・院生が学会に提出した論文を一部書き換え、提出する
    提出後の論文の内容変更を行ったことを指しますか?提出後であれば,教員の許可なく提出しませんでしたか?もしそうであれば,書き換えるのも当然だと思います.

    >・学会に発表した内容を論文にし、自身を筆頭として論文を提出
    教員が論文雑誌に投稿したんですか?筆頭著者はその論文内容に最も寄与し,査読結果に対して真摯に対応できる研究者がなります.院生が査読に対して正しい回答ができる能力がなければ,教員が筆頭著者になる場合があります.この場合,院生は第二著者か第三著者にはなっているはずです.連名になっていなければ,せめて謝辞に名前が挙げられていると思いますが…

    >研究の方向性の強要
    現在の研究の方向性では予想した結果が得られそうもないと判断されれば,方向性の変更もあります.これについては,経験がなければ判断出来ないことが多いです.

    トピ内ID:5596536743

    ...本文を表示

    理解できません

    しおりをつける
    🙂
    工学系
    トピ様の言う、下記の事項にも、情報不足があり、回答出来ません。
    しかし、トピ文頭の、訳あって、の「訳」は一体どういう理由なのですか?
    其の理由が、下記の4事項とは思いがたいのですが、、、そうなんですか?それなら、訳あってとは書きませんよね。

    単刀直入に、ご自分が、テーマを変えてまで、研究室を変えたいと思った理由を説明された方が理解出来ます。

    トピ内ID:2857569766

    ...本文を表示

    セクハラもされたものがセクハラと思えばセクハラ。

    しおりをつける
    🐶
    数の子
    主様が当然の事と思っているならパワハラでも何でも無いと思いますよ。

    本人がされて嫌な事、辛いと思うことがパワハラなんですから。
    人に聞いてパワハラですかは無いと思います。

    トピ内ID:2180865539

    ...本文を表示

    9割9分パラハラ非該当

    しおりをつける
    😨
    学者のはしくれ
    業界常識的にはシロでしょう
    ・ゼミの頻度→先生から教えを請いたければ都合を合わせるのは当然。アポ取りは学生の責任
    ・書き換え→学生の論文は舌足らずや冗長な箇所が多いことは事実。むしろ共著者の添削や了解を得ずに学生が提出たのだとしたらそちらの方が大問題
    ・自身筆頭学術誌投稿→「学会発表」は話題提供、「学術論文」は考察の発表で、違うものです(わかっていますか?)筆頭著者は「構想が誰の発案か」「考察解析が誰の頭の中で生まれたか」で決まる。言われるまま、または先生の構想に沿って手を動かしただけでは筆頭著者にはなれない(ここ勘違いが多い)。
    ・研究の方向性→同上
    先生の研究費を使っていると思いますが、多くは競争的資金から賄われていると思います(研究室の会計の実態は把握していますか?)。予算獲得は学生ではなく先生で、先生の構想のもと先生の予算で先生の指導に沿って研究をしていれば、自分の手しか見ていない本人は「強制された」と考えたくなるでしょうが所詮「御釈迦様の掌の上」です。
    そうやって、研究のやりかたをオンジョブトレーニングで受け育つ見習い期間が殆どの卒論生、修士でも半分くらいの学生の実態です。

    トピ内ID:8895811492

    ...本文を表示

    線引きは難しい

    しおりをつける
    blank
    toto
    2年間しかない修士課程で研究室を移動するとは、結構異常な事態だと思います
    よほどその指導教員のやり方が腹に据えかねたのでしょうね


    ゼミがもともとは隔週で行われていたのに、3ヶ月に1度に変更されたという事でしょうか
    時間が短すぎますね、それで単位を出すのはおかしいと思います
    第三者から突っ込まれたらマズいと思いますが、とりあえず今はそれがまかり通っているという事ですね
    問題だと思います、ただ、アカハラとはまた別


    研究内容や論文については、建前上あくまでその指導教員の研究であり
    指導の一環として実作業を学生にやらせているが、あくまで学生は助手である
    というスタンスなのであろうと思います

    そのスタンス自体は問題ありませんが
    実態として、主たる研究者と言えるほど関与していない、指導していないのに
    成果だけ取り上げるようであればアカハラと言えると思います

    トピ内ID:7347836520

    ...本文を表示

    特になんとも

    しおりをつける
    🐤
    じゅじゅ
    ?院はそれぞれ個人の研究になるので、ゼミという形よりも個人で研究を進める方が時間のロスが無いと思います。
    ?学会発表したのを手直しするとは、指導教員が勝手に書き直すということですか?発表した時点で公になりますので、学会発表前になんでしょうか?勝手な書き直しは良かれと思ってでしょうが、やり過ぎですね。
    ?学会発表とは学内で発表と思い違いされてませんか?学会発表は論文を社会に出したことになります。指導教員が筆頭に書き換えてどこに論文を提出するのですか?本にして出版するという意味ですか?その場合、その論文を指導したということで論文筆頭者になることもありえます。
     ということでパワハラでもアカハラでも無いと思われますが。

    トピ内ID:8496039907

    ...本文を表示

    アカハラではないような気がします

    しおりをつける
    🙂
    シリウス
    国立大学医学部の教員をしております。

    トピ主様や指導教員の考え方や人間性、その他の背景が不明ですので、コメントしにくいのですが、
    私なりの考えを述べさせていただきます。

    ・ゼミに関して
    頻度は少ないとはいえ、ゼミがあるのですから、隔週ゼミの廃止がアカハラになるという理由が分かりません。  

    ・論文を一部書き換え、提出する
    学会発表の抄録のことですか? 
    教員が学生の作成したものを確認・修正するのは仕事ですから、アカハラになるとは思えません。

    ・自身を筆頭として論文提出
    誰を筆頭著者にするかは、ボスを含めて相談すべきことですが、指導教員の発想・研究計画に基づいて行われた研究でしたら、
    指導教員が筆頭著者になることに問題はないと思われます。

    ・研究の方向性の強要
    研究は目的があって行われるものですので、研究の方向性を明確にすることは重要です。
    ですので、直ちにアカハラになるとは思えません。
    ただ、結論ありきの実験は捏造に繋がる恐れがあるので、注意が必要です。

    今回の件、指導の稚拙に一因があると思われますが、トピ主様の言動もご確認下さい。

    トピ内ID:2888522632

    ...本文を表示

    しかるべきところに相談しましょう

    しおりをつける
    🙂
    koko
    元院生です。

    その新しい指導教員は、現在の指導教員と対立する側かもしれませんね。

    列挙されたことは現在ではアカハラですが、ひと昔前では普通にあることでした。
    したがって、その教授は当然と思っていることかもしれません。

    工学系では、院生の研究を横取りして、自身の論文として出すのはよくあることのようです。
    「手を入れたから」というだけで、決して共同研究ではないのに・・。
    (周囲を見ていると、院生はひたすら忍耐、と言っています)

    では、どう対処すればよいか。

    ここに書いたことをそのまま学内のハラスメント相談室に申告することです。
    いくら変更先の教員が親切だからといって、この先、その教員とうまくいかなくなる可能性だって無いわけではない。

    その時になって今の話を第三者にしても、信用してもらえる確率は下がります。
    自分の身を守りましょう。

    トピ内ID:7623043981

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  12
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0