詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 先輩とはそりが合わない教官のところへの大学院進学について
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    先輩とはそりが合わない教官のところへの大学院進学について

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    くり色
    仕事
    初めまして、くり色と申します。私は理系の大学生で他大の大学院、修士課程に進学を希望しております。その研究室では私の興味があり、将来やりたいと考えていることができることと新たな環境で自分を試してみたいという気持ちがあるため、自分の大学ではなく他大の大学院を希望しています。しかし、実際にその研究室に所属している先輩の話を聞いたところ「放任主義で自分の研究に没頭しているため、生徒を指導してくれない。自分の思っている研究ができない」とおっしゃっていました。実際に研究室訪問をして、直接教授にお会いして研究についてお話を伺い、刺激を受け、院試合格を夢見ていたのですが、先輩の話を聞いてすごく不安になってしまいました。大学院修士課程において教官との相性は重要だとは思いますが、研究室見学をしたくらいでは相性を確かめることはできませんでした。

    トピ内ID:2982781138

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 3 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    恐ろしいもの

    しおりをつける
    地震雷火事親父
    そうです。 内情は分かりませんが、進むと決めた道に行くべきです。 学ぶ、指導、自主性、本人の努力と勇気が大事です。 考えれば恐ろしいもの、信じてやる、そりが合わないはあるでしょう。 いつも、どこでも、そんなもの。

    トピ内ID:7136979728

    閉じる× 閉じる×

    わからないです。

    しおりをつける
    🐤
    くどこ
    実査にそういう先生かもしれないし、 その先輩に対してはそうなだけかもしれません。 先輩って自分の大学の卒業生とかではないんですよね。 その先輩より、それ以外の人から評判を伺うのはどうでしょうか。

    トピ内ID:1328115259

    閉じる× 閉じる×

    当たり外れ

    しおりをつける
    🙂
    あいうえお
    まあ、教員との相性もあるし、合わないと思ったら直ぐに所属替えを願い出る事ですね。 ブラック研究室なんてゴロゴロあるよ。

    トピ内ID:6648268448

    閉じる× 閉じる×

    要するに

    しおりをつける
    同年代
    話を聞いた先輩とそりが合わなそうだと、そこだけでしょ心配しているのは。 人間的に合わない人とうまくやっていけるかわからない。 だったら、その先輩のいないところに行ったらいいじゃん。 先生関係ないよ

    トピ内ID:9696117202

    閉じる× 閉じる×

    この情報ではなんとも言えません

    しおりをつける
    🙂
    ochapi
    研究室の雰囲気として、 (1)放任主義 (2)指導しない (3)自分の思っている研究ができない が挙がっています。1, 2は矛盾しませんが、放任主義なのに3は変ですね。それは研究室の問題なのか、単にトピ主さんが話を聞いた院生が自分の仕事がうまく進んでいないのは研究室のせいにしたいだけなのか、この情報だけでは区別できません。話を聞いた「先輩」がどんな人なのか次第でしょう。 トピ主さんが自分で見た研究室の状況よりも、その「先輩」の言葉を信じるということは、以前からトピ主さんがよくご存じの方なのでしょうか? しかし、それなら研究室訪問する前に話を聞いているだろうし、なんか状況がよくわかりません。 もしもよく知らない人だとしたら、「自分の研究がうまくいってないのは研究室のせい」などと研究室訪問に来た、よく知りもしない他大学の学部生に話すような人間の言うことを真に受けるのはナイーブすぎると思います。

    トピ内ID:4248784573

    閉じる× 閉じる×

    口コミ

    しおりをつける
    🙂
    冬物語
    その大学教授の名と口コミ、評判とかをキーワードにネット検索してみてはいかがでしょうか? もっと何かわかるかもしれない。 それと相性もあると思います。 私は、最初はほったらかしの教授たちに物足りなさも感じました。 これではいかんと、自分であれこれ学術雑誌を読みあさり、、投稿し、学会に出席して研究上の知り合いや仲間を増やしました。そういうことも大切だと思うのです。 先生に一言も相談せずに、ドイツの学術雑誌に投稿し、採用されたときは、うれしかったですね。 自立心がつきました。私にはあっていたようです。

    トピ内ID:8652827154

    閉じる× 閉じる×

    これだけは何とも言えません

    しおりをつける
    blank
    助教の母
    指導教官は先輩とは相性が合わないようですが、 とぴ主さんとの相性は入って見なければ分かりませんよ。 不安ならば違う研究室の訪問もされてはいかがでしょうか。 息子の場合、指導教官は放任主義です。 新人の院生の指導は先輩院生に丸投げです。 天才的な独特の感性を持っているので、凡人の息子には理解できないことが多かったようです。 合えば、細かいことを言われず自由にのびのび研究が出来る場所。 合わなけれは挫折する場所でした。 幸い息子には合ったようで、優秀な先輩にお世話になり無事研究者に成れました。 大学の先生にもなれました。 今も院生時代の経験が役に立っています。

    トピ内ID:0869375151

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    😀
    くり色
    レスをくださった皆様、本当にありがとうございます。 先輩は私の大学の卒業生の方で、もともと面識はありませんでしたが、私が志望している大学院に行かれているという話を共通の知人に紹介してもらい、お話しをすることができたんです。先輩からはマイナス面の話ばかりで少し驚いてしまい、皆さんからアドバイスをいただこうと思い、トピを立てました。現在、他の人から情報を得ようとも考えているのですが知り合いがいないので聞けそうな人がいません。実は、今日、私が行こうと考えている研究室の教授のことを良く知る私の大学の教授に話を伺いました。研究者としてかなり優秀で私の大学からも何人かその研究室に行き、皆さん大学で教鞭をとられているそうです。

    トピ内ID:2982781138

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    トピ主です 2

    しおりをつける
    😨
    くり色
    私の大学の教授が先輩から研究室についての話を聞いたそうです。 私の大学の教授は研究室について、放任主義な部分があるようだといっていました。私が話を聞いた先輩は四月から休学して研究留学するとおっしゃっていました。教授は留学に関して難色を示していました。もしかしたら先輩に問題があるのかもしれません・・・・

    トピ内ID:2982781138

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    トピ主です

    しおりをつける
    🐱
    くり色
    大学の先生に評判を聞いたところ、やはり放任主義な部分はあるそうです。ただ、その研究室に在籍された方たちはみなさんちゃんと卒業されているそうです。先輩は私の大学の先輩でもともと面識はありませんでしたが、私が同じ大学院を受験するとのことで相談に乗ってもらっていました。もしかしたら、先輩が合わなかったのかもしれません。 

    トピ内ID:2982781138

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    外部進学だと、研究室に所属してみないと相性はわからない。

    しおりをつける
    一昔前の大学院生
    私も外部受験経験者です。 自分の時もそうでしたが、内部受験ではないので色々と不安ですよね。 内部だと、これまでの講義実験で 先生の人となりをある程度知った上で受験できますが 外部受験はそれが出来ない分、ある意味ギャンブルみたいなものです。 ただし、先生に問題がある場合と、学生に問題がある場合があるので 今回のケースでは慎重に見極めないといけないですね。 その先輩は、ある程度手取り足取り面倒見てもらう方が合っていて 自分の研究が主で、学生は放任主義の先生とはそりが合わなかったのでしょうね。 正直そういう人が海外へ留学しても苦労するだけのような…。 トピ主さんはどうですか? 自主的に論文読んで実験進めて…が出来ますか? もし教授に放ったらかされても 同じ研究室の先輩等に相談できるパイプはありますか? 教授がダメでも、最初相談に乗ってもらえる人がいればかなり違います。

    トピ内ID:7554726944

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🐱
    くり色
    一昔前の大学院生さんへ 回答ありがとうございます。所属してみないとわからないですよね。私は、自主的に論文を読んで進めてということはやれると思っていますが、相談できるパイプがありません。 10年ほど前に同じ研究室を卒業された先輩がいらっしゃるのですがその先輩は今講師をされています。実際にお会いしたことがないのでどのような方かはわかりませんが、その人が書いた大学院での経験を記した報告書を読みました。大学院ではかなり鍛えられたし、楽しかったと記されていました。

    トピ内ID:2982781138

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    教授の影響は大きいです。

    しおりをつける
    🙂
    トロロ
    見学や噂くらいでは良いかどうかは分からないので実際に行ってみないと分からないと思います。しかし、良い教授かどうかというのはかなり大きいです。 ノーベル賞の受賞などでも教授が受賞していますが、実際には複数のチームの代表で大勢の人が関わっています。他の教授や助手や学生などが研究をしていて、受賞した教授は指導をしていた人です。自費出版で本を出版する場合でも著者は教授となっていますが、実際に書いたのは大学院生で教授はチェックと名前を貸しています。 学生は自分の研究はやっていなくて本の原稿とか他の研究を手伝っていた、修士論文は直前に形だけ整えて合格にしてもらったとかいうことがよくあります。 大抵の場合は学生の研究についても配慮されていて学生を思いやる教授は多いとは思いますが、教授が学生の指導に熱心でない場合でもそれをチェックするような体制がないのも特徴で、良くない研究室ではいくらまともにやっていても修士論文がうまくいかなくなります。その場合でも教授が悪いとされることはなくて学生の問題となってしまいます。 ですから、配属先の選択というのは非常に大きいと思います。

    トピ内ID:5682889450

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]