詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    助言を下さい。

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主9
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    杏子
    ひと
    母は、姉・兄を可愛がり、目下の者は、上の者がカラスが白いと言ったら、従えと言い、末っ子のお前は、小姑に似ているから嫌いだ。と度々罵られました。 洗濯もして貰えず、ご飯も自分で作る、ネグレクトされて、不満をぶつけ責任転嫁する対象でした。両親は口喧嘩が多く、家に居場所がない寂しさがありました。いつも、私は悪者にされ嫌な思い出ばかりです。 両親が亡くなり、60歳近くなった現在でも、何故だったんだろうと思います。ずっと、この気持ちを持ち続ける自分にも嫌悪し、カウンセリングを受けてきましたが、虚しさがあります。助言を下さい。

    トピ内ID:0324270858

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 4 びっくり
    • 8 涙ぽろり
    • 94 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (9)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    痛いほどよくわかります

    しおりをつける
    💔
    さと
    私も父の親戚に似ているということで、本当に壮絶な育てられ方をしましたよ。 でも愛されたくて・・・一生懸命尽くしてきました。 でも 50にしてわかったんです。 愛される日は一生来ないと。 確かに父の妹に輪郭・声・性格も似ているところがあります。 その人は明るく悪い人ではありません。 きっと父方に似ているっていうのは その人以外でも同様なのでしょう。 父は母に愛されてない私を愛してくれました。 もちろん姉も。 母は姉ばかり庇っていましたね。 子どもの頃 虐待で救急車で運ばれたことを40過ぎて思い出しました。 記憶を封印していたらしく そういえば10歳までの記憶があまりありません。 ポツポツ思い出してきたのは もう私は思い出しても大丈夫だと、私の中の子供の私が判断したのでしょう。 辛いです。 思うに母は弱い人だったんだと思います。 父方の親戚(姑・小姑たち)に 反論一つ出来なかったんでしょう。でも悔しい・・似ている反論できない子に その思いをぶつけたんでしょうね。 直接対決できなかった人が弱い立場の コピーの私を傷つけることによって 父や姑・小姑に勝ったつもりなんでしょう。

    トピ内ID:0519404962

    閉じる× 閉じる×

    父は他界しましたが 母はまだ存命です

    しおりをつける
    💔
    さと
    続き 母の介護を一人でやってきましたが、可愛がっていた姉にはさせず私にさせてくれるという状態を自分は愛されていると誤解してました。 吐血までいき、3年会っていません。 電話も取れない状況からやっと 一度だけ母の電話に出ることが出来ました。 このまま会わずに母が死んだら 私は後悔するのだろうか。 一度会いに行ったほうが良いのでは? でも また私が壊れたら?自分の家族に迷惑がかかるかな・・と 躊躇し苦しんでいます。 一度短時間会いに行こうとは思っていますが、体が反発します(嘔吐) 杏子さん、お母様に一度は対決してもよかったね。 まあ対決しても惨敗するんですけどね。 言えなかった思いを手紙にすると良いと ある本に書いてありましたよ。 虚しさを埋める方法はわかりませんが、力がみなぎったことはあります。 瀕死の猫を保護した時です。 自分に重ねてしまって 一生懸命看護して命を救いました。縁があり2匹保護しましたが 2匹とも助かりました。自分も救われた思いがしました。

    トピ内ID:0519404962

    閉じる× 閉じる×

    助言はできませんが

    しおりをつける
    😣
    ポメ子
    同じです。私も性格が姑と似ていると言われてきました。母親と馬が合わない一番の理由はここにあると思っています。私はトピ主様とは違い姉弟の中でも1番上ですが、家族での地位は1番下です。とても屈辱的です。トピ主様と同じように都合よく利用されているだけです。 なので、そんな場所に生まれてしまったことを今世の上半期に運がなかったと思うしかないかもしれないです。 上には上が、下には下がいます。 自分より理不尽な経験談をしている人の書き込みなどを探してみてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:3107760912

    閉じる× 閉じる×

    そういう時代や価値観もありました

    しおりをつける
    blank
    DV親の娘
    だから諦めろ…というわけではありません。私の親もトピ主さんと同じくらいの世代になりますが、その親の負の部分を多く受け継いでしまいました。 私にはいまいちピンときませんが、いろいろなことを勉強した結果「そういう男性優位・長子優遇の価値観を引きずった」時代もあったと受け止めています。 ただ、そういう育ちをもって、負の部分に取り込まれるのが多い中で、トピ主さんは優しい心を失わず生きてこられた。これはとても大きなことだと思いますよ。 今は、どうですか?大切なご家族はいますか?もし、いないようでしたら猫か犬をおすすめします。ああいう「側にいてくれるだけが仕事」という生き方は見ていてありがたい。 え?いない?いるじゃないですか、トピ主さんご自身です。トピ主さんご自身の子供の頃を「よく頑張ったね」と労わってください。カウンセリングでさんざん言われているかもしれませんが、大勢に言われたほうがいいでしょう?第三者の目から見て、大変な子供世代だったのだなと思いますよ。子供が悪いわけでは決してないのに、人生って随分残酷なことをします。 自分の好きな事をすることを、自分に許してください。

    トピ内ID:8523506996

    閉じる× 閉じる×

    あなたの気持ちわかります

    しおりをつける
    blank
    ドーベルマン
    なぜ、母は自分を愛してくれなかったんだろう。 私もあなたと同じように育ちました。 40代になった今でも、母は私を罵り続けます。 「あんな親父を持って、私はこの世で一番 苦労した。お前が生まれたおかげで離婚も できなかった」 「お前が馬鹿だからお母さん、ガンになっただろ! この鬼娘!しね!(ガンにはなっていない)」 ありとあらゆる言葉で罵られた。 バカ、クソ、ア○、 現在二世帯で同居してますが、この何ヶ月か 口を聞いていません。私がこんな風になるなんて。 いつも、いつも、彼女の機嫌だけを見てきた。 コンビニに行くのにも、何分で帰る、と 言わないと、どこに行ってた!とののしられて 怖くて怖くて仕方なかったのに。 もうね、あなたも切ったほうがいい。 親、でもね。 もうじゅうぶん。そうじゃない? 機嫌取るのも、罵られるのも、わかってくれないと 涙にくれるのも、恩着せがましいこと言われるのも。 あなたの親、でも、それだけの人間だったってこと。 自分を守って。 もう、自分の人生を取り戻して。 その人に何かを期待するのはやめて。 何にもいいことないから。 もう、とらわれないで。

    トピ内ID:8515035490

    閉じる× 閉じる×

    何故なのでしょうね

    しおりをつける
    🐱
    鶫は友人
    過去の記憶、それも決して自分に取って好ましいものではなく、 却って辛く哀しい想い出なのに何故「捨てられない」のでしょう。 捨てなくても良いですが、少なくとも大切にして心の中に温めて 持って置く必要はないのではありませんか。 それ程までに、両親、殊に母親との関係は、我々の心に特別な心 を植え付ける、持たせるものですね。 ここで、トピ主さんに母親の位置づけを改めて頂きたい事があり ます。それは、母親は、子供にとって特別な存在であるけれども、 「母親も一人の人間でしかない」という現実です。 更に言えば、「トピ主さんと同じ人間」なのです。トピ主さんが 成人したら、トピ主さんは、母親と対等な立場に立つのです。 母親に不満があれば、トピ主さんが母親を「評価」されなければ なりません。一人の人間として、改めて見直して見るのです。 トピ主さんは、母親を教師として成長されたと思いますが、大人 になったら、教師を越えて生きて行かなければなりません。 どんなに辛くても「教師を言い訳には」できないのです。 母親を言い訳にしてゐては、何時までも辛い儘では。

    トピ内ID:3788262358

    閉じる× 閉じる×

    強くなり人に優しくなれる人間になりましょう

    しおりをつける
    🙂
    リボン
    辛い記憶も過去も何ひとつ変えることはできません。 傷を追ったままその傷に時々絆創膏を貼り替えながら・・・ 強くなりましょう。 強くなり自分は人に対して優しく思いやりある人間になれれば素敵ではありませんか? 時折古傷が痛む日は自分のことを思いやりゆっくりする。 心が落ち着いている日は優しく愛情ある自分に戻る。 それで良いのでは? 自分が大人になるに連れかつて自分の大人として支配していた大人たちの幼稚さが理解できるようになってきました。 私に足りなかったのはその大人達を動かす力だったと思います。 子供だから仕方なかったとも思いますが・・・ 自分の未熟さを勉強し、向上していくことで・・・ 過去の大人達の間違った支配についてその時代背景等照らし合わせ仕方なかったかと思い心を落ち着けます。 古傷が時々痛むのは仕方ないことですよ。 その時は自分を癒し・・・心に安らぎを与えましょう

    トピ内ID:4985342012

    閉じる× 閉じる×

    三人姉妹の私たちの場合

    しおりをつける
    blank
    50代
    60才、58才、53才(私)の三人姉妹です。 私達の場合、母親にトピさんと同じ扱いを受けたのは真ん中の姉でした。 それを「実は・・・」と、姉が私に告白してくれたのは2~3年前の事。 全然知りませんでした。 自分の母親が姉にそんな仕打ちをしていたなんて、正直ショックです。 つらい顔を見せず、いつも末っ子の私をかわいがってくれた姉です。 はっきりものを言う性格だったので、母はそれが気に入らなかったのか・・。 母は今87才で入院中、足は弱っていますが元気です。 そう遠くない所なので、私も姉もよく見舞いに行きます。 年が行き、背中が丸くなり、弱音を言う母を見ていると 昔、自分が受けた仕打ちの記憶は、だんだん薄れて来たそうです。 今でもわだかまりのあるトピさん、わだかまりが無くなりつつある姉。 何故なのか、どうすればいいか・・人の感情の事なので答えは出にくいでしょう。 自分の記憶に、無理にふたをする必要はないと思います。 そして、自分に嫌悪感を抱く必要もないのですよ。 助言にもなってないようなレスでしたね。スミマセン。

    トピ内ID:7428416810

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    杏子
    さとさん、ありがとうございます。 わかりますと言ってくれる方がいただけで、吐き出して良かったです。 普通に過ごして来た方々には、想像がつかないし、思い出さないようにするには触れはいけない話題だからと理解しながらも、現実は対応出来てない自分です。両親がいて、自分が存在する。 夫婦仲が良ければ、気持ちも穏やかにこらえる事も出来たのかと思うとかわいそうな人だったのかもしれないとも思います。 人を憎む事、罵詈雑言を生きる糧にしていた感じですかね。 姉は、庇うどころか、私は勝ち組だから、わからないとか、平気で悪意の言葉を言われ、一切、交流はないです。 兄の家庭内暴力が私へ集中していたから、年賀状のやり取りだけです。 交流しない事が、ストレスが生まれない方法だと思うようになりました。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    トピ主

    しおりをつける
    杏子
    ポメさん、ありがとうございます。 気持ちの持ち方で幸福にも不幸になるし、過去は変更出来ないし、今を穏やかに生きるのが、一番だと思い乍ら、執着する自分です。今があるのは反面教師に生きて来たからと思うようにしなきゃです。 批判したり見下す言動や優しさがない人は、辛い気持ちの裏返しだったんだろうと思います。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    DV親の娘さん、ありがとうございます。

    しおりをつける
    杏子
    自分を労るという言葉にジーンとしました。 診療内科医に、母親と接しない、揺るがない気持ちを貫きなさい。と言われ乍ら会いに来なさい。と言われれば、帰省し、嫌な思い出を積み重ねてきました。 お前が飼いたいと言って、お父さんが飼った外犬が手がかかる、お前の我が儘を聞いたせいだから始まり、いつも一方的な批判ばかり…帰省しても、ご飯の用意もなく、外食後に帰宅するとまた怒り始め…疲労困憊でした。 医師の指導通りするべきでした。 想像しつつ、今度こそは嫌な思いはしないはずだとうっすら期待していたので、傷口が広がりました。 期待を持った自分を反省、労ります。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    ドーベルマンさんありがとうございます。

    しおりをつける
    杏子
    ドーベルさんの母上は、お父様への不満の捌け口が、貴女へ向かっていて、貴女へ精神的に頼りつつ、貴女がどこかへ行ってしまうかもしれない不安から、束縛するのですね。それをわかっているからこそ、罵詈雑言ですね。貴女が辛い気持ちなのが察せます。自分は自分と割りきり、自分の家族を守って下さいね。夫婦が仲良ければ、負の連鎖はなくなります。自分の辛さを家族以外の親友に癒されて下さいね。私は、犬が、癒してくれてます。私も、思い出すのをやめます。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    鶫さんありがとうございます。

    しおりをつける
    杏子
    つぐみという鳥が私の住んでいる地域にもいるのかなと思います。 調べたら、綺麗な鳥ですね。 お恥ずかしいけど、最初は刺の友と読み間違え、刺を心に友として持ってた方がいいと教示されたのかと思いましたが、つぐみだときずきました。 野鳥は、自由に飛び回り、生き抜いて行くんですよね。野鳥に目がいったり、鳴き声に、綺麗な声だなと思ったり、ほっとしますね。実家の庭に、尾長鳥や山鳩が来ていました。 水が美味しく、空気も澄んでいる場所で育ち、親に認められたい、褒めて欲しいと思っていました。 我慢強く、優しい、お前は偉いと言われたくて、27歳迄は、こらえていた自分を褒めてあげたいです。 自然に溶け込む野鳥のように、心を解放します。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    リボンさんありがとうございます。

    しおりをつける
    杏子
    幼い頃から、ずっとな感じでしたね。 父に可愛がられてたからかなと思いますね。 両親が仲が悪いのかなと思ったのは、母が祖母(父の母)宅へ長男の父が会いに行く度でしたね。 父の妹達は敷地内に別居していて、祖母はたぶん糖尿病で失明した娘と同居していました。 母は同居したくなく、市街地で間借りした後に、土地を探して建てた家に住んでいました。 長男の奥さんでも嫌な物は嫌と言ってたのを覚えています。お見合いで晩婚でした。 父と長男が上手く行ってなく、反抗期や両親の不仲に父への不満があったと思いますね。期待されるプレッシャーの暴発期だったのだろうと思います。 私は、父大好きでいつも一緒に行く娘でした。 父が亡くなってから、私への憎しみが増して、罵詈雑言がありました。 意にそぐわない結果は、私への責任転嫁で済ませ、批判ばかりでした。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    続きです。

    しおりをつける
    杏子
    自然体で、無理せずに、過ごしています。 ただ、最近、冷静に考えたくなり、思い出して、辛いなと思う作業の繰り返しです。 両親とも他界しているのに執着する自分がいます。 その作業を止めればいいのに、しつこく繰り返してしまう。諦めているのに、辛いなと思うし、人恋しいです。 そんな自分に虚しかったのです。 長男が年中の頃は、母の言動を考えていたら、過呼吸になり、救急搬送されました。 内臓疾患で息が苦しいと思ったのでドクターショッピングをし、診療内科へ通院しました。 色々あって思ったのは、夫婦仲良く・きょうだい仲良く・親子仲良く・家族仲良く・されて嫌な言動はしない・と心がけています。 これは、目標で、完璧ではないですが。 お墓参りには、母が亡くなって5年後に、一人で行けるようになりました。 お墓参りに東京駅まで行って、新幹線の入り口へ行く頃に、体が痺れて、帰宅するの繰り返しでした。 今は、一年半に一回ペースで行けるようになりました。 これからは、徐々に、蓋を心にして、思い出す作業を繰り返すのを、やめないといけないので、助言お願いトピを立てました。 皆さん、ありがとうございます。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    五十代さんありがとうございます。

    しおりをつける
    杏子
    お姉さんは、芯の強い方ですね。 人は辛いと鬱積し、捌け口が下へ行くものなのに、自分は人にされて嫌な事を妹にしないお姉さんは、素敵です。 私は、親孝行…母と接するとしんどいから、出来てなかったので、今、執着する自分がいるのかもしれないです。 知人が親孝行している姿を見て、羨ましいな・素敵だなと感じます。 お姉さんは、親孝行出来て羨ましいですし、きょうだい仲良く一緒にお見舞い出来て羨ましいです。 お姉さんは、どうやって、気持ちに整理をしたのでしょうか。 気持ちの整理をして、これで良かったと思えるように一歩踏み出さないと駄目だと思っています。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    他人は好きな事が言えますから……

    しおりをつける
    blank
    DV親の娘
    >医師の指導通りするべきでした。 >想像しつつ、今度こそは嫌な思いはしないはずだとうっすら期待していたので、傷口が広がりました。 >期待を持った自分を反省、労ります。 すごくよく分かりますよ。専門家はやっぱり専門というだけあって目の覚めるような助言はしてくれますよね。 だけど……やっぱり(同じような親を持っていないと)わからない部分はあるだろうと思っています(こういうところが私がカウンセリングと相性が悪いところですが)。 ワンちゃんのお世話をしていたんですか!きっとワンちゃんはトピ主さんに感謝していたと思いますよ。 もうご両親はいらっしゃらないのですよね?だったら、相手の幸せを祈ればいいそうです。何故かというと、相手の不幸を祈ると相手がますます「あなたのせいで不幸だ!」って難癖をつけてくるからなんだそうです。ですから「お母さんは可哀想な一生でしたね、次は安らかな生であればいいですね」(う~んこれじゃちょっと上から目線?まぁいいか)からはじめて少しずつ(相手を憎まなかった!)自分の心を癒していけばいいのではないでしょうか(無理にやれとは言いません。できる範囲で)

    トピ内ID:8523506996

    閉じる× 閉じる×

    DV親の娘さんへ

    しおりをつける
    🐶
    杏子
    自分を救えるのは自分自身と医師に言われた事があります。でも、救われたくてカウンセリングを受け、自分で頑張っても、苦しいまま、いつ、この気持ちから解放されるのか?と考えてしまっていたけど、同じような経験をなさっている方が、わかってくれるこの辛さがわかる人に言われる言葉が、心に響きます。 来世は、母が幸せに過ごせるよう祈ります。

    トピ内ID:0324270858

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (9)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]