詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外の古くて広い家

    お気に入り追加
    レス26
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ぴーなつ
    話題
    映画を観ていて時々思う事があります。 (最近はJフォスターのパニックルームを観ました。) 私は日本住みで日本人で こどもの頃からマンション住まいで、戸建てにも住んだことがありません。 海外で住まいというと、家族の人数や年収に関わらず かなり大きくて、広い、ちょっと年代物の家に住む、というイメージがあります。 引っ越しして来て、自分で家の中をペイントしたりして 引っ越し自体が気軽で楽しいイメージを持っています。 ですが・・・正直、怖くないのでしょうか? 大家族とかお手伝いさんがいるような家庭なら解りますが 映画なんかでは 独身女性だったり、子どもとふたり家族なのに凄い大きな家に住んだりしてます。 慣れなんでしょうか? それともあれって、映画だけの話? 私は日本の戸建てですら 自分が1階にいる時の2階が、怖いような気がしてしまいます。 (霊感も無くおばけ的な物は面白がる方です。積極的に体験したくは無いですが(笑) 犯罪的な方は当然怖いです。) 海外の古いお宅だと、思いもよらないドアがあったり(笑) 隠し部屋があったり(笑) 鍵もあちらこちらの物が何本もあったりしないのでしょうか? もちろん都会でセキュリティ意識が高いような場所では それなりに対策されて売られて(貸されて)いるのでしょうが・・・。 国や経済事情が書ける方で 実際に経験された方に、ぜひお話を伺ってみたいです。 宜しくお願いいたします。

    トピ内ID:3998652657

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 175 面白い
    • 17 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 7 エール
    • 15 なるほど

    レス

    レス数26

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    広い空間

    しおりをつける
    😀
    意馬心猿
    憧れます。 新しい広い家の3階建てなんていいでしょう。 隠れ部屋、隠し扉、夢があります。 子ども頃、探検ごっこしませんでしたか? 広い庭でバーベキューや花火やプールで遊ぶ。 にぎにぎしい暮らし、家の広さと空間が心の豊かさです。 日本では広い空間があっても、すぐお隣がある、国土が違います。 疑えば霊感、犯罪、お手伝いさんも怖いです。 それはどこの国も一緒でしょう。

    トピ内ID:1324716263

    閉じる× 閉じる×

    映画ですから・・・

    しおりをつける
    🙂
    築100年の家住まい
    見る映画を変えてみるともっといろんな家があったりするので面白いですよ。 ぱっと思いつく所だと、Snatch(トレーラーハウス)、King's men(カウンシルハウス)とか、お好みじゃないかもしれませんが。 家なしシングルファーザーってシチュエーションのThe Pursuit of Happiness とかもあるし。 大きなおうちももちろんあります。 おっしゃるとおり鍵がたくさんあったりホームセキュリティ完備だったり。 幽霊がいるという噂があったほうが価値が高くなったりする場合もあるし。 イギリスの田舎にある義実家は隠し部屋はないですが地下室と屋根裏部屋があります。 各ドア、各窓に鍵があり、刺しっぱなしにしてますね。 そこに年金暮らしの義父母と犬で生活してます。 たまに犬が夜中に外に向かって吠えたりしますが、人間じゃなくて狐とかの野生動物がいるから。 平和すぎて何のドラマも生まれない家です。(それが一番ですが)

    トピ内ID:5008159778

    閉じる× 閉じる×

    外国は一部を除いて地震がありません

    しおりをつける
    🙂
    yai
    建材も石または鉄筋コンクリートで耐用年数は恐らく200年くらいでは、 翻ってわが日本は建材は木であり耐用年数は30年くらいです、 大きなお家を立てても、地震、津波、火災などいつ災害にあうかもしれません、 土地も高価です、しかも狭いです 日本では、外国まみに家をを立てられる方は、余程の資産家以外ないでしょう、

    トピ内ID:5210598517

    閉じる× 閉じる×

    安いから、とか?

    しおりをつける
    blank
    引っ越し好き
    日本でも海外でも何度も引っ越ししてます。戸建も、マンションも、アパートも一通り住みました。私も怖がりですが、映画に出てくるような海外の家はあまり怖くありません。広いから、日本のような圧迫感がないし、影ができる部分も少なくて、開放感があるからじゃないかと思うのですが。だいたい引き継ぎも家の査定もしっかりしてるので、謎の部屋や鍵があるなんてことはないです。古い家ほど、前の住人達が住みやすいようにリフォームしていることが多くて、ここに戸棚があればいいのにって思うところにちゃんとあったりして、便利です。それから、場所によっては、新築の狭いアパートより古い一軒家を借りる方が安いということもあります。 私も母子家庭ですが、離婚してしばらくは、夫と買った田舎の大きな家に住んでいました。安いというだけでつい買ってしまいましたが、人通りもあまりない所で、そこは怖くて引っ越しました。あ、セキュリティの会社が何度も訪問販売に来ました(笑)

    トピ内ID:3117212526

    閉じる× 閉じる×

    欧州在住です

    しおりをつける
    blank
    しらたま
     こんにちは。夫+ワンコ2匹と欧州に住んでおります。  住まいはマンションですが、今のところに引っ越すにあたり戸建てかマンションかかなり迷いました。  夫は一軒家がいいと主張していましたし、ワンコたちにとっても一軒家の方がいいと私も思いかなりの家を見て周りました。  また、友人や夫の家族が戸建てに住んでいたのでお邪魔させてもらって実際の住み心地など話も聞きました(トピ主様のご想像のような隠し部屋や開かずの扉などはありませんでした 笑)  結果、私たちはマンションを選択しました。理由は ・戸建ては都心から離れた郊外に多く交通の便が悪い ・冬はかなり冷える ・そして何よりも安全面。トピ主様が書かれているように夫がいない時はもちろん私一人だけ。うちの犬たちは番犬にはほど遠い。こちらの家は半地下や地下室もあり、明り取りの窓や外に出られるドアもあるのでその気になればどこからでも入って来られそう・・  などです。今のところは交通の便も買い物も便利な立地で、すぐ隣りに大きい公園があるのでワンコたちにもいい環境です。    経済事情ですが不況で失業率も高く、戸建てもけっこう売りに出されていました。

    トピ内ID:6512192020

    閉じる× 閉じる×

    ズバリ、慣れます

    しおりをつける
    blank
    米国小町
    まさにそういう古くて大きい家で独り暮しをしています。 この家を買うまでは賃貸集合住宅だったので最初の夜は大変でしたよ。家も古くて大きいということは庭も古くてだだっ広いですから、夜はリスとかちょっとした小動物が外で物音立てるたびに飛び上がり、木々が風に揺れる音にビクビクし、家中の灯りをつけて過ごしました。 寝室や書斎やゲストルームなど私が主に使用している部屋は全部家の片側にあり、洗濯室や物置などが家の一番反対端にあるので昼間に洗濯とかしてましたね。夜そこまで行くのが怖くて・・・ ちなみに隠し扉はありません。目的が良く分からないスイッチとかはところどころにありますけど・・・ それから早15年。今ではすっかり慣れてしまい特に意識したこともありません。 ただ古くて大きい家に住むというのは非常にお金がかかります。維持修理だけじゃなくて光熱費だけで相当なものです。日本から来た方は光熱費の高さにびっくりされて家族で一部屋とか二部屋に限定して(他の部屋は冷暖房口を遮断して)生活されている方も結構いますよ。

    トピ内ID:9239481939

    閉じる× 閉じる×

    ハリポタ

    しおりをつける
    blank
    ちー
    英国人はお化けや幽霊も住人のうちに数えてるようです。 幽霊付き物件はそう明記したうえで売られているとか。 なので、人間ひとり犬一匹に幽霊2体で、一人暮らしじゃないです、 みたいな感覚かと。

    トピ内ID:6407611464

    閉じる× 閉じる×

    わかるわかる

    しおりをつける
    🙂
    ペペロンチーノ。
    一級建築士です。イギリスと北欧の帰国子女です。 イギリスでは、何家族も住めそうな屋敷に住んでいました。大学生ぐらいになると一人で留守番もありました。 こわいっす・・・。 一人だってことがバレるのではないかと、家に入る時はドキドキでした。 もちろん、道路から車寄せや前庭があるので丸見えじゃないんですけど。 日本では別荘に一人で滞在してる時も、ドキドキします。 アメリカはだから銃社会なのでしょうが、それはそれでイヤですよね。とっさの時に銃を上手く扱えるんですかね? ただし、そこはロンドンじゃない地方都市だったので、平和で、セキュリティもみんなゆるかったですね。 お城(敷地に馬場やテニスコートがある)のような友人宅もメイドいなかったし。でも犬を飼っていたな。番犬? ちなみに家族は一部しか使っていませんでした。 1年中、城のどこかを修理してましたね。維持するのが仕事、みたいに。 そういう家は、ホントにナルニア国物語のような屋根裏部屋があるので、探検はすごく楽しかったし、紡ぎ車を見つけた時は『眠り姫』のかもしれない・・・!と本気で信じました。 他の方々の経験もお伺いしたいです。

    トピ内ID:3890863436

    閉じる× 閉じる×

    慣れでしょうね

    しおりをつける
    🐶
    シェイ
    残念ながら私の家ではないのですが、アメリカの大都市の住宅街に大きな家を持っている友人カップルがいます。地上3階、地下1階で地下はまぁジムスペース、犬スペース、パーティースペース、物置&大物洗いようの洗濯機と乾燥機や予備の冷蔵庫などがあるので居住スペースではないのですが、地上は3階まで居住スペースです。秘密の扉などはありませんが、昔、使用人が使った専用の急で狭い階段が台所の裏と2階の間に、家人用とは別にあります。総床面積約1500平米、内部は大々的に改装していますが築100年ほどです。そこに大人二人と犬一匹です。私は犬とお留守番で良く泊まるのですが、慣れてしまって怖くないですね。犬が大型の番犬だから安心しているせいもありますが。セキュリティーシステムはありますが、私が犬と二人〔?〕でいる時は、夜寝る時もシステムを入れません(家人達は使っています)たまに一人で泊まることもありますが、別に怖くありませんね。でも流石にセキュリティーシステムは使います。でも、もしも誰かが押し入ってきた時にどの部屋の窓越しやドアから逃げるか(3階でも!)、そのシミュレーションだけはしっかりしています。

    トピ内ID:2921879128

    閉じる× 閉じる×

    なるほど

    しおりをつける
    blank
    パスコ
    私は逆に共同住宅に暮らしたことはなく、ずっと戸建住まいなので、騒音等、めんどくさくないのかなぁと 思っています。 今住んでいるところは三大都市のひとつなので、土地面積が70坪ほどしかなくて狭いのと(実家はやや田舎でずっと広かったので)、街中の住宅街なので、近所の目が気になるというか プライバシーの確保が微妙だと思っているくらいなので、隣や上下と接しているマンション住まいって心が休まるのかなぁなどと 思っていますよ。 これも慣れなんでしょうねぇ。 海外の戸建てで、隣と距離が結構離れてる、っていうのが憧れだったりしますね。 庭でホームパーティとかしても迷惑かからないんでしょうねぇ・・・・。

    トピ内ID:8358525987

    閉じる× 閉じる×

    アメリカだからでは?

    しおりをつける
    blank
    匿名で
    イギリス育ち(戸建て)、イギリス人の夫がいます まず古さは、イギリスではそもそも新築のほうが珍しいので 築○十年、○百年は普通です 特に古いからどうとかもないです 広さは、映画にでてくるようなものはアメリカ式だと思います イギリスの都市部では地価が高いですから アメリカのような広い家、広い庭はかなり高くなります 地方なら別かと思いますが 例えばロンドンの友人のところは1億超えですが 日本でいう3LDKです 見た感じ「うわ!!大きい!」とは思わないと思います (日本よりドアの幅とか天井高さはもちろんありますが) 我が家は1億もしませんが やはり3LDKでそんなに大きくないですよ 室内で大型犬かったら狭く感じそうですよ 夫のアメリカ人の友人から イギリスの家ってなんか小さいね。とか笑われましたけどね(笑)

    トピ内ID:4101276597

    閉じる× 閉じる×

    築200年パニックルーム付き

    しおりをつける
    😀
    もちこ
    イギリスで住んでた家は建物の半分が螺旋階段で半地下に部屋がある3階建てベースメントフラットでした。地下は日当たりも湿気も問題なく映画のセットみたいなオシャレな雰囲気がお気に入りでしたね。 地域の博物館の100年前の地図に建物が載ってて妙に嬉しかった記憶が。 内覧で特に意表が付いたのがパニックルーム。 半地下にある洗濯室の棚が隠し扉になっていて中からも施錠できる10畳ほどの部屋がありさらに通路を経て階段があって中庭の物置小屋につながっていました。(ここも隠し扉仕様) 家の裏がサッカースタジアムだったのでフーリガン対策に~なんて説明を聞いた時は驚きました。子供いるのにそんな家どうするのって怒られそうですが、他の棟もファミリー率高くて治安は悪くないのではとつい…。 住んでみると試合の日は一日警官がものすごい数で周辺をガードしててかえって安全でした。屋台がたくさん出て面白かったし5年いて暴動とかトラブルって全然なかったです。 パニックルームは息子達に大受けで秘密基地ごっこされてました。色んな意味で家に対する既成概念がぶっ壊された感じで私たち家族には面白い経験だったかなと。

    トピ内ID:0525123875

    閉じる× 閉じる×

    うちの家は古くはないですが、

    しおりをつける
    🐱
    猫パンチ
    在米です。まだ15年しか経っていない新しい家(新興エリア)ですが、気持ちわかります。うちは夫婦2人暮らしで、犬4匹、猫1匹で暮らしています。間取りは4SSLLDKです。バスルームが4室あります。窓の数も日本の家屋に比べるととても多いです。ドアは窓のようにクリアなガラス(?)ですし(中が見える)、1室のリビングルーム(応接間)はほぼ壁一面窓です(もちろん中が見えます)。日本の戸建てに慣れている私は、未だに夜中起きて家を歩くときちょっと怖いです。旦那が出張中はもっと怖いです。北米に来た当初よりはマシですが。。 セキュリティ面では、ここの住宅エリアのほとんど全部が日本でいう、「セコム」のようなセキュリティを付けています。あとは、アメリカの場合、高級住宅街や治安が良いと言われている場所は、そうでない場所と比べて警察の数もパトロールの頻度も全然違います。これも大きいです。 鍵に関しては、玄関は暗証番号入力が鍵なので持ち歩いてないです。持ち歩く鍵は、車庫に続くドアとプールエリアに繋がっているドアの2本です。 私的には隣が近いのが安心できますが、米人の主人は離れているのを好みます。

    トピ内ID:3470625045

    閉じる× 閉じる×

    古くて大きな家に住んでいます

    しおりをつける
    🙂
    青空
    築200年近い、家族代々の 敷地5千坪 に 家は多分200坪ほどに 主人と二人、犬と猫一匹ずつです。国はEU主要国。 何しろ古いので、家具 什器も家族代々ですし 主人のご先祖のあれこれが沢山あります。 で、怖いか?と尋ねられれば まぁ慣れの問題で怖いことはありませんね。 屋根裏部屋もありますが、ほとんど使うことはありません。 そういえば 一度 日本の友人をお泊めした時 怖いと言われました。 我が家の金庫は人一人入れる大きさです。食料保存カーブは六畳位、ワインカーブも同じ位ですがこちらは鍵がかかっていて、別の場所に鍵を保管しています。 お手伝いは週2 、庭師は春から秋まで 平均 月2 来てもらっています。 冬の木枯らしが吹く夜、主人が留守の時は やはり家中の戸締りを確認します。 あ、ワンコは 超大型犬です。

    トピ内ID:9756694767

    閉じる× 閉じる×

    住んでました

    しおりをつける
    🙂
    lala
    欧州とアメリカで計3軒に住みました。最初はアパート、次は新興住宅の一軒 家、そして古い大きな一軒家。だんだん慣れてきたのかな?最後の家は森の中 の一軒家だったので、大声で叫んでも隣近所には聞こえない家でした。怖いと 思ったこともありますが、声の限りに歌っても誰にも聞こえないので一人リサ イタルを楽しんでました。誰かがこっそり住んでても気づかないような大きな 家でしたよ。  それでもここは住みたくないな…と思った家もあります。3回目に引っ越しす るときに見学した家です。築100年。南側に4LDKがあり、北側半分は使用人棟。 使用人専用の廊下や階段(表の階段を使わなくても台所や居間に行き来するため) 使用人部屋などがあり。現在では使われてないため、蜘蛛の巣びっしりの廃墟 のような状態でした。全く霊感のない私でも、ここには幽霊いるよな~と思える 家でした。

    トピ内ID:9919769356

    閉じる× 閉じる×

    つらい

    しおりをつける
    🐷
    ナマケモノ
    南半球に住んでます。庭も家も日本よりは広くなりますが、その分手入れが大変。基本、自分で出来ることは自分で。というのがこの国の人の信条なので、ペンキの塗り替え( 梯子のテッペンに立って塗りました。)コンクリひき、壁紙張り替えなどは、序の口!壊れた物の修理に、家の内の改造なんでも来いです。私はナマケモノ、夫よ、呼んでくれるな!ヘラヘラと生きていきたいのに、まあ、金は、あまりかかりません。

    トピ内ID:6699498240

    閉じる× 閉じる×

    都内ですが

    しおりをつける
    blank
    小さい犬がすき
    部屋数が2ケタ地下室もあり、それ以外に離れのある家に住んでます。 ご質問の意味がよく分からないのですが、 住み心地を答えればいいのでしょうか。 普通だと思います。特に変わったことはないですよ? 普通に玄関から入って、ダイニングでご飯を食べて、それぞれの個室で寝ます。 今は二人で暮らしていますが、最大5人プラスお手伝いさんがいました。

    トピ内ID:2354308814

    閉じる× 閉じる×

    おばけは怖くなかったです

    しおりをつける
    🙂
    kurisu
    四人家族ですが、かつてアメリカの田舎の築50年くらいの一軒家(リビング、キッチン、3ベッドルーム、ガレージ、屋根裏、ポーチ)に住んでいました。 世帯年収はその地域の平均くらい、周りのシングル家庭も似たような家に住んでましたね。 富裕層は知りませんが、田舎の庶民にとって家は、ガタツキがあるのは当たり前で、常に自分たちで修繕しながら住むものという感じ。 ドアや窓の鍵は日本の平均的なマンションよりお粗末でした。 (映画やドラマで警察が蹴り破るシーンがありますが、本当にできそう) 簡単に侵入できるので、一人の時はちょっと怖かったです。 現実が怖いと、おばけを怖がる余裕はありません。 護身用の武器を持っている家も多く、その辺は西部開拓時代の名残ですかね。 日本の場合、田舎の古い農家と、新興住宅地の一軒家やマンションは構造や間取りが違いますが、アメリカの家は昔からそこまで大きく変わっていないような気がします。

    トピ内ID:7125771644

    閉じる× 閉じる×

    私が夫の駐在で2年暮らした

    しおりをつける
    🙂
    柿の葉寿司
    北欧の家は会社より車で20分でした。ただ子供がいませんので街中では無く郊外に借りました。地元のお金持ちが別荘に好む海辺の家でした。 家からは見渡す限りの北の海。隣の家までは200メートル位ある一戸建てです。 冬は怖かったです。夫が出張でいない時は自分もヨーロッパ内で旅行をしたりしました。夏は別荘族が次々来るし夜遅くまで明るく気持ちが良かったです。 お家賃は街中のマンションと一緒でした。いくつも不動産をお持ちであまり使わない別荘に管理人を置くより子供のいない夫婦に貸した方が良いという感じだったのでしょう。

    トピ内ID:7482947388

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。興味津々です

    しおりをつける
    🙂
    ぴーなつ
    海外小町・経験者の皆さま、ありがとうございます。 半地下室・明り取り窓・屋根裏部屋・使用人用の階段 目的不明のスイッチ・城を維持する生活・・想像するだけでワクワクでした。 実際住むとなったら怖いんですけど。 あと光熱費が高いというのはイメージしてなかった(笑) 古い家ほど前の住人が住みやすくリフォームしている、というのはとてもいいなぁ。。 映画も探して観ます。 トレーラー暮らしというスタイルも、こどもの頃一度は想像してワクワクした気が。 広いから圧迫感が無く影ができずに開放感があるとか 各ドア各窓に鍵さしっぱなし、というのを読んで気が付きました。 もともと育ってきた土地・暮らしてきた土地なら 治安も肌で感じているし、対策すべき土地ではしているわけだから 別に怖いとか無いですよね。 あと逃げ道シュミレーションと言う話で目から鱗でした。 うちのマンションに侵入者が潜んでいた場合 玄関と窓(飛び降りねばならぬ・・)からしか逃げられないけど 賊の侵入口が沢山あり、部屋にドアが2個とか有るという事は 逆に逃げる方法も色々あるという事で・・!

    トピ内ID:3998652657

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    正直、怖いときもあります。

    しおりをつける
    blank
    アップル
    米国ニューヨーク在住です。 タイトル通りです。怖いときもあります。 今の家に越してきて5年以上になりますが、それまではずっとアパート暮らしでしたので夫との二人暮らしに一軒屋は広いな~と思うときもあります。オバケよりも人間の方が怖いですが、とても治安の良い街であり、おまけに友人には「お金持ちが住むエリアの一番小さな家」と言われてますので、まあ、家が狙われることはないかなと。 ただ、周りの騒音がないのはすごくいいですよ。アパート住みのときは騒音がすごいときもありましたし。はやく慣れたいですね。

    トピ内ID:6164881758

    閉じる× 閉じる×

    在北米、在欧州、計18年。地域の治安にもよります。

    しおりをつける
    blank
    りさ
    取り敢えず、米の方が滞在歴が長いので、そちらに関して…  一軒家って、アメリカでも都市部だとかなり数が限られます。アップタウンには多少ありますが、大豪邸と言うレベルの物は、ほぼ郊外です。 犯罪に巻き込まれる心配ですが、これは地域の治安によります。基本的に高級住宅地に住んでいれば、悪い人自体がそんなに流れ込んでこないので、色々な人がいる都会のマンションのほうが治安面では危険です。これは統計上一目瞭然です。日本でも、基本的にそうですよ。不特定多数の出入りが普段から頻繁な場所は、犯罪者にとって狙い目です。大体、そもそも犯罪や事件って、何処の国も顔見知りや知り合いによる事件の方が、面識の無い同士の事件よりも多いですし。 義実家(米国、土地4エーカー)のある街では、玄関の鍵を掛けない人や、外出時に窓を開けっ放しの人も結構いますし、日本の都会よりも安全です。反面、私達が今住んでいる米国都市は地域によっては貧富の差が激しく、格差が目立ちます。貧困地域はセキュリティを売りにしていようが、徒歩での行動は危険です。

    トピ内ID:7310078918

    閉じる× 閉じる×

    アジアなんですが

    しおりをつける
    熱帯安楽椅子
    インドネシアに住んでます。 以前、オランダ占領下時代にオランダ人が所有していた古い大きな一戸建てに住んでました。 天井が高く、部屋ごとに鍵があるので鍵は沢山。でもセキリュティーシステムなんて何もなく、ドアを蹴破って侵入できそうな家。 大家族で住んでいたので、怖くは有りませんでしたが、とてもじゃないが1人や、2人では住みたくない~、って感じでした。 あと怖い話は、、、その家、出るんですよ色々見えないはずのものが。私は見ませんでしたが。 夜、庭でウェディングドレスを着た白人女性とか、部屋の天井からスパイダーマンごとく、クモの糸に垂れ下がってた人?とか、台所の裏で目の赤い野獣?のようなものとか。 古い家は色々歴史の曰くつきかも知れませんね。

    トピ内ID:2172901277

    閉じる× 閉じる×

    築200年

    しおりをつける
    🙂
    アメリカ小町
    アメリカの小都市に住んでいます。 主人がアンティーク好きで築200年のレンガの家を気に入って購入しました。その頃乳幼児だった子供と三人家族には大きすぎる家で 13部屋トイレが四つ。庭は600坪程でしたが家面積が 100坪以上。 とにかく掃除が大変で使わない部屋は 開かずの間状態。厳寒の土地なので 暖房費だけで 年間 4千ドル以上かかりました。 霊感の強い母が ここには いないと言っていましたので 幽霊は大丈夫のようでしたが、子供と留守番しているときはなんとなく不安でしたね。3歳になったばかりの子供が ちょうどその頃亡くなったばかりの義父が 庭のあずまやに住んでいるって言ってました。 本当に子供には見えていたのかなぁ。 これは家の広さや古さには関係なく 孫に会いたくてってことでしょうけれど。。。田舎育ちの主人は 家は良いけど 土地が狭くてゴミゴミしたところには やっぱり住みたくないなーと言って 引っ越すことに。 私のもう少し小さい家と言う希望を聞き入れてもらい 今の家は半分近く。でも主人の希望をも叶えて土地は東京ドーム2個分の広さ。家はやはり築200年です。

    トピ内ID:4785270777

    閉じる× 閉じる×

    自分レスしてから、りさ様まで読ませて頂きました

    しおりをつける
    🙂
    ぴーなつ
    全く違う土地でのお話はとても面白いです。 私の怖がり方は、知識の無い妄想が過ぎるという事もよく解りました(笑) ロンドンの地価が高い事を初めて知りました。 生粋ロンドンっ子、というのはかなり上流社会の子って事でしょうか・・? リアルパニックルーム!映画と違って出入口両方が隠し扉というのはいいですね。 あの映画は放映のたびつい見てしまうのですが 何が怖いって、電気・管理会社・電話がとんでしまって あそこから出られなくなったら・・って想像する事です。 ガラス面積が多い家、太陽の光が大好きなんで凄く羨ましい! 先祖代々200年のお家も素敵です。 物音も家具物も代々の物・・そういう守られてる感は凄くいいです。 森の中の一軒家や海辺の家も、人間の身体に良さそうだから暮らしてみたい。 これも私の貧相な妄想がはたらくと 「逃亡犯がガソリンの調達に現れたらどうしよう」とも。 ご主人が庭から何からお手のもの・二人で修繕とか・・いいなあ理想だなぁ。 ドアの蹴破りは、確かに日本のドアしか知らない私は 「米警察官どんだけスタローンだよ」と何気に思っていました。

    トピ内ID:3998652657

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    在米です。地下室と車庫が便利

    しおりをつける
    🐤
    宮っこ
    中都市の郊外、新興住宅地に住んでいます。築20年少しです。この辺の一般的な家は2階建て+地下室で、2階に4部屋+2バスルーム、1階はリビングルーム、ファミリールーム、ダイニングルーム、台所、書斎、そして地下室です。校区もよく、子どもがいる家庭には、2階に4部屋ある家の方が人気です。 我が家がある州では地下室は固定資産税に含まれないので、リクリエーションルームにリフォームするところも多いです。子どものおもちゃが散らかっててもそのままにできるのも大きいです。隣の州では、固定資産税に含まれるらしく、コンクリートの打ちっぱなしのままにしているところも多いようです。 鍵の話でふと思ったのが、我が家の玄関の鍵はどこだっけ?です。というのも、普段は車庫から出入りしているからです。車庫は屋内の一部となっており、ガレージのスイッチを押すとシャッターが開き、車を出して閉める時には、専用リモコン、あるいは車についているシャッターの開け閉めを設定できるボタンを使います。ガレージには暗証番号もついているので、その番号でも開け閉めできます。玄関を鍵で開けたことがあるのは、数えるほどです。

    トピ内ID:9898176156

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]