詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子持ち女性総合職の行く末

    お気に入り追加
    レス72
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    まさこ
    仕事
    この春から復職予定のものです。 新卒後、総合職入社し8年間勤務してから1年間の育休をとりました。 怒濤の保活を終え、気になるのは仕事のことです。 春に私が見て感じるオフィスの風景は、私の知っている世界とは全く違うのだろうなという覚悟のようなものがふつふつと沸いてきます。 残業ができないこと、時短中は当たり前ですが昇級・昇格の対象外であること、周囲の冷ややかな目線も当然あると思います。 1年間は子供の病気でも呼び出しも多いと聞きます。 マスコミは、女性管理職について華々しくとりあげ、政府も必死にアピールしていますが、女性の管理職を増やすどころか、 実際のところは、毎日をただこなすだけで精一杯の生活を送っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 肩身の狭い思いをし、時間に追われ走り回る。 どのようなものなのか、どれほど歯がゆく悔しい思いをするのか、そんなことばかり考えてしまいます。 言葉は悪いですが、扱いとしては新入社員以下になるのだと推測しています。 この1年間で、育児を通じて、自分の意思や努力だけではどうにもならないことが世の中に存在することを嫌というほど知りました。今後更に顕著に、それを感じるのだと思います。自分の人生を生きているのだけど、二人分の人生を生きているこの感じ。一般的には幸せなことなのだと定義されていますが... 子供を生んだのは私の意思で後悔はしていませんが、ある日、彗星のようにやってきた子供に、 十年間の自分の努力を持って行かれたような気に、どうしてもなってしまうのも事実です(子供の愛おしさとは無関係に)。 結局自分次第なんですよね。頭では理解しているつもりなのです。 全くまとまりのない文章で恐縮ですが、皆さんのご経験談やお考え等お聞かせ頂けるとありがたいです。

    トピ内ID:8423053072

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 10 面白い
    • 87 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 330 エール
    • 16 なるほど

    レス

    レス数72

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  72
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    助けてもらって

    しおりをつける
    さくら
    復職、大変でしょうが頑張ってください。 復職後の働きやすさは上司の理解や、職場にどのくらいママさんがいるかなどによると思います。 私の会社では、時短をとると成績は悪かったです。 キャリアについてはもう割り切るしかないです。 なるべく自分の両親などに助けてもらってください。 頑張りすぎず育児家事に夫をまきこんでください。 そして、一番重要なのは、あなたが体を壊さないことです。 無理しすぎず、月に1日は完全休養日をとるなど気をつけてください。 あなたが頑張ることは、将来の働く女性にとって実績となりプラスになります。 応援しています。

    トピ内ID:3379726410

    閉じる× 閉じる×

    転職なさっては?

    しおりをつける
    🙂
    ちびくろ
    私は転職しました。 冷たい会社にいなければならない理由はありません。 いま務めている企業は男性が育児休業を取得しても誰も何も言いませんし、 それが出世に響くことはありません。あくまで能力次第です。あとは人格。 男性が子どもの体調が悪いからと半休やFT、有休をガンガン使います。 それでもまわる体制を整えているのでしわ寄せもなく、誰も不満は溜めません。 そういう会社にいけばいいのです。働く場所を選ぶ権利は働き手にあります。 それと、時短中でも出世には関係しますよ。 その期間にあがることはないでしょうが、そのときの働きぶりや成果ではその先の昇進にかかわります。 時短中は評価しないというわけではないでしょう? 私の後輩などは時短が終わると同時に昇進しましたよ。 呼び出しは子どもによるとしかいえません。 私は上の子は年に3回夕方にお迎え依頼がきたくらい。 下の子は頻繁でした。 いまの職場は「子ども優先当たり前。文句がでるのは最低の会社(人ではない)」という感じですね。 そういう真っ当なところにうつられては?

    トピ内ID:3957831635

    閉じる× 閉じる×

    トピ主は子どもを持ってよかったタイプの人ですね

    しおりをつける
    🐱
    みどり
    >育児を通じて、自分の意思や努力だけではどうにもならないことが世の中に存在することを嫌というほど知りました 子どもをもってから初めて知る人がいるんだね。

    トピ内ID:4961174532

    閉じる× 閉じる×

    逆?を考えてます

    しおりをつける
    blank
    レアンドロ
    40代半ばの独身女性、管理職です。 同期とか近い世代の女性総合職で、子供を育て、働いている方、結構います。 比較的若い時期に子供を産んだ人たちは、まだフレックス制度もなかったし、育休も1年が限度だったし、なかなか大変だったと思います 独身時代のように仕事にばかり集中できるわけでもないし、当然、昇進、昇格は同期や後輩に抜かれるし、内心色々な思いを持ちながら働いていたんだろうなと思います でも特に総合職だと、仕事人生って長いものです。 確かに、30代は、独身や育児負担のない方は仕事に注力して一番力を伸ばせる時期ですから、その時期に力をセーブしなくてはならないのは大きなハンデでしょう。 でも、子育てで、少し仕事をセーブしてきた時期のある女性たちも、そりゃ昇進スピードは他の人より遅いですが、しっかり働いてきた方は、管理職になってます。 確かに独身の私は、管理職になったのも早かったし、管理職の中でも上の段階まで昇進してますよ でもどっちが良かったのか、正直最近わかりません。 どうせ全員が社長になるわけではないんだし、トップランナーを目指す必要もない。マラソンランナーで良いのではないでしょうか

    トピ内ID:0480429423

    閉じる× 閉じる×

    なんであなただけなの?

    しおりをつける
    🐧
    ナッツ
    時短も、病気の時に呼び出されるのも、全部あなたがやらないとならないんですか??夫は?? 私も総合職で同じくらい働いた後、一年育休とってフルタイムで復帰しました。 大変かというと大変だけど、世の中で言われてるほどは大変じゃないなーっていうのと、そんなに周りは人の仕事の仕方見てないなーっていうのを思いました。 思ってたよりは楽だった。 ていうか、その心配や不安は半分かそれ以上、夫に背負わせましょうよ。総合職同士なら同じくらいの仕事の重さ、仕事量ですよね。 お迎えだってやらせましょうよ。男だけは子供できても働き方変えなくていいなんておかしいでしょ。

    トピ内ID:0063999025

    閉じる× 閉じる×

    つらつらと

    しおりをつける
    🙂
    haru
    独身から働いていた会社を、子供の中学校入学を機に退職しました。 トピ主さんに付け加えることがないほどそのままの生活でした。情緒面でも学習面でも悪いことばかりでした。「子供が大きくなれば、またバリバリ働ける」と頑張りましたが、子供が大きくなるほど問題は大きくなるばかりでした。 唯一の利点はお金ですが、それ以外は得たものなど皆無、時間と多くのものを失ったという空しさが残っています。退職を決めたのは、ずっと見守ってくれていた旦那がぽつりと「これ以上お金があっても、俺ら幸せになれないね」と言った時でした。 今は縁あって、当日休んでも誰にも迷惑がかからないパートを見つけて、細々とやっています。今でも、子供が熱を出した時の絶望感、それも子供のためではない絶望感を思い出してぞっとするときがあります。 下の子がまだ小学生ですがインフルエンザ流行で、突然「明日から○日間、学級閉鎖となりました」という日もあります。もし自分が退職してなかったらと思うと本当にぞっとします。今じゃ正社員と聞くだけでぞっとします(笑)でも家族が大好きなので、それが家族の幸せと思うときは、どんなつらい仕事でも就いてみせますよ!

    トピ内ID:8059253444

    閉じる× 閉じる×

    くじけないで

    しおりをつける
    blank
    主婦A
    長時間労働が良しとされる今の日本では、親と同居で、子供の世話を全面的に任せられる人以外、復職後はいばらの道かもしれません。 たとえ共働きの夫が手伝ってくれたとしても(専業主夫の夫は除く)。 ライン部門からスタッフ部門に異動して、マミートラックに陥り、辞めていった優秀な女性達も、大勢見てきました。 まさこさんも、復職後は、心が折れそうになることも一度や二度ではないでしょう。 それでもなお、まさこさんも、他の子持ち主婦の皆さんも、可能な限り、仕事を続けて欲しいと思います。 いつか、きっと、長時間労働が重視される時代は変わると信じて。

    トピ内ID:9279144460

    閉じる× 閉じる×

    結局は自分次第

    しおりをつける
    🙂
    資本ケーキ
    ワーキングマザーである事をマイナスにするかプラスにするのか、 結局は自分次第ですよね。 30代以降になれば性別や子供の有無に関わらず、 与えられた仕事をこなすだけでは通用しなくなっていきます。 独身で自分の時間を全て仕事に使える人だけが有利でもありません。 ワーキングマザー同士のネットワークや助け合いから生まれるものもあるでしょう。 周りに負担や迷惑をかけたくないからこそ見えてくるものも。 それを活かすかどうかで変わってくるんじゃないですかね。 今までの選択や培ってきたものを含めてですが。

    トピ内ID:3193810467

    閉じる× 閉じる×

    男性総合職でもいいんですよ

    しおりをつける
    🙂
    あいこっこ
    じゃあ、父親である夫に半分やって貰えば 負担がかなり減りますよね 女性総合職がって・・・ (夫婦間の間で)自分が引き受けたいんじゃないですか 夫には大黒柱として頑張って貰いたいから 育休とか取らせたくないのは女性自身でしょ 女性が不利とかの問題じゃないでしょ

    トピ内ID:7051668197

    閉じる× 閉じる×

    恐らく反感を買うでしょうが

    しおりをつける
    😨
    ロフト
    私は女性総合職は廃止にしてほしいです。 結婚出産は喜ばしいことだと心から思います。 会社によりますが、夫の会社では育休明けの女性総合職は、 ・時短だから周りは皺寄せが大変 ・総合職なのに子供の世話があるので残業しない ・子供がいるから転勤や出張がない とのこと。 出産した女性総合職は転勤がないため、どんどん本社に溜まり、男性社員ばかりが転勤させられる。 つまり本社は使えない(言葉悪くてごめんなさい)女性総合職ばかりになっているそうです。 残業もできない、突発的に休まれるので出張もできない、責任ある仕事もできない、そんなの総合職ではない。 一般職になればいいのに。 と男性社員は皆、思ってるんですって。 ですが、別の大手企業ではちゃんと総合職として復帰された女性の方も知っています。 私は女性ですが、女性総合職には反対です。 「男女平等」を掲げる世の中なら、平等に転勤も残業もしてほしい。 育児が落ち着く10年くらいは一般職になり、その後、転勤を受け入れるなら総合職に復帰にして貰わないと、雇用機会均等法に反するかと思います。

    トピ内ID:2481612422

    閉じる× 閉じる×

    頭でっかちすぎ~!

    しおりをつける
    blank
    まさ
    家にこもっていて、いろいろネガティブ情報にまみれてしまったのでは? なんとかなりますよー。 仕事なんてどーでもいいじゃん。 10年の努力って何? そんなに仕事loveなの? ま、謙虚な空気を出しつつ、 制度は活用させてもらって。。。 小町でも子持ちの会社員に厳しい意見を投げつける人が 時折見られますが、そんなのほんと少数で、 ほとんどの人は遠くからさりげなく見守ってくれています。 気楽にね。 お母さんがイライラすると、家族全員に悪影響よ。

    トピ内ID:2546161590

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫!

    しおりをつける
    blank
    ゆき
    小学生の娘がいる技術系総合職の女性です。 復帰予定とのことおめでとうございます。 まずは仕事を続けられること、子供がいること、保育園に通えること、そういった環境に恵まれていることに感謝しましょう。 トピ主さんが心配されていることは、まさにその通りです。幼い子がいると大人の思い通りになりません。でもだんだんと楽になりますよ。 私の娘は毎日、先に家を出発する私に「ママ、今日もお仕事頑張ってね!」と送り出してくれます。 長い仕事人生の数年間だけです。 その間にペースが落ちてもまだまだ昇格のチャンスもありますよ!

    トピ内ID:1280487596

    閉じる× 閉じる×

    復帰前の不安な時期だよね

    しおりをつける
    😉
    共稼ぎ妻
    WM歴10年を超えますが、この時期、育休明けの気持ちを思い出しますね。 保育園が決まって喜んだ2月、名前付けなどの準備に追われた3月、そして4月から復帰。 1人目のときは意気込んで復帰したのに、直後に異動を言い渡され、慣れない部署で大変だったなあ。0歳で復帰したので2時間の時短を取らせてもらい有難かったけど、15時半に帰るために必死で仕事していた毎日。 上の子は体が弱く何度も早退して肩身の狭い思いもしました。ただ、まだまだ下っ端だったので、ある意味気楽でした。 2人目のときは同じ部署に復帰したので慣れも余裕もあったものの、後輩が増えてきて、何があっても残業が出来ない私は、後輩からも軽く見られてたかも。隙間産業のごとく、課内の雑務やチーム間の狭間で浮いてしまうような仕事を積極的にやってました。 そして今も管理職になれないまま、2度目の異動部署で淡々と働いてます。 いわゆるマミートラックに乗ってしまってる感もありますが、定年まで絶対やめないぞと密かに決意してます。 総合職だったらなが~い会社人生を視野に入れ、息切れしないように、育休後はそろりそろりと低発進でいくことをお勧めします。

    トピ内ID:0546342653

    閉じる× 閉じる×

    しおりをつける
    🙂
    ななかまど
    総合職なのであれば、配偶者に育児を任せればいいだけの話ではないですか? 実際に男性の総合職はそうしてますよ。 女性という性と盾に「いいとこ取り」はできませんよ。

    トピ内ID:2469304552

    閉じる× 閉じる×

    贅沢な選択

    しおりをつける
    🛳
    はな
    会社ではどんな仕事であれ、代わりはいる。子供にはあなたしかいない。 小さいうちは仕事より育児に比重が掛かって当たり前。 後ろめたく思ったり、思い切り仕事ができないことを残念に思うこともない。 大きくなれば絶対取り返しできるから。 今は乳児を、幼児を育てる毎日を宝石のように慈しんでください。 仕事と子供の両方を選んだあなたは、とっても贅沢な道を選んだということを かみしめてくださいね。 時短や育休のない40年以上前に長男を出産し、実母義母とも遠方のため、産休 明けの2か月後には保育園に預け、以来出産・産休を繰返して働き続けて来た 先輩としての助言です。 産休を取るたび冷ややかな視線どころか、面と向かって辞めたらと言われたことも ありますが、はねのけて定年まで勤めました。 社内では草分けでしたが、その後、育休制度もでき、後輩も続くようになりました。 両立にはとにかく健康と家庭が第一。 定年までの長ーい会社生活では、いくらでも仕事の遅れは取り戻せますよ。

    トピ内ID:8915066882

    閉じる× 閉じる×

    努力を持っていかれた??

    しおりをつける
    🙂
    よそじオバサン
    なんだか不思議な考え方ですね…。 努力はどこにも行きませんよ。単にトピ主さんが、仕事一辺倒の人生から、ちょっと路線変更しただけではありませんか。自分で進路変更しておいて、今までの努力が泡になるような言い方はちょっと違うのでは…。 育児を始めると仕事がペースダウンするのは仕方ないですね。 そこは、今まで8年頑張ってキャリアを蓄積してよかった、と思う方が良いのでは。 育児は人間的に勉強になりますので、長い目で見ると必ず仕事にも役立ちます。忍耐強さ、落ち着き、人間的深みを自分のものにするチャンスです。思い通りにならない状況、周囲への配慮の持ち方、謙虚な態度、すべての経験が損ではなくチャンスです。 育児中の態度を周囲は見ています。それがトピ主さんの人間的な評価につながっていきます。 仕事でくじけそうになった時、逆に子供の存在に救われる、それも育児のメリットです。 トピ主さんは悲観しすぎだと思います。

    トピ内ID:8490673531

    閉じる× 閉じる×

    総合職とは

    しおりをつける
    チャー
    「男女の差別なく、女性でも男性と同様に第一線で働く」 これが女性総合職ですよね。 私が独身時代に働いていた会社では、一般職の女性社員は通勤可能範囲内での異動でしたが、総合職は全国転勤でした。性差別なく男性と同等に働くことを条件に採用されたのですから当然なのに、文句を言って転勤を拒否、都合のいいところだけ女性を強調する人はいましたけれどね。 行く末も何も、「男性と同等に仕事優先に働く」という条件で採用されたのですから、子供優先を宣言した時点でレースから外れるのは当然でしょう。 なお、私は海外在住ですが、第一線で働く女性はベビーシッターや家政婦を雇って男性と同等に働いています。産後も3ヶ月程度で完全復帰していますよ。

    トピ内ID:1208422139

    閉じる× 閉じる×

    自分のことばかりですね

    しおりをつける
    🙂
    人事担当
    自分がどんなに肩身の狭い思いをするか。 関心事はそれだけなんですね。 家族でもないのに、あなたの尻ぬぐいをさせられる 会社のメンバーのことは全く頭にないのですね。

    トピ内ID:2266276375

    閉じる× 閉じる×

    そんなに気負わずに…

    しおりをつける
    🙂
    さき
    私は子持ちということでは2年先輩です。そして、職歴としてはたぶん同等です。 端的に言うと、殆ど職場は変わっていません。 仕事内容が変わらないなら、最初の2週間思い出すので大変なだけで、あとは殆ど一緒。 たまに、去年変わったんだよーと言われることもありますが、とても重要な変更点は必ず教えてもらえますから、 知らなかったとしたら、その場で謝って軌道修正かけられる程度の些細なことです。 そして、扱いは新人以下ではありません。 他の10年目と同等です。なので、仕事の質は落としてはいけません。 時短と言っても、0歳の間は保育時間が短くて仕方ないかも知れませんが、 1年経つと否応なく保育時間ギリギリまで働くことになり、時短勤務は殆ど出来なくなります。 そうでないと自分がやりたい仕事ができないです。 時短勤務は1年間と割り切って、その間に生活リズムを整えることと、夕食の時短レシピをたくさん覚えること、 それとフルに戻れるように周りの状況を固めることをお勧めします。 私も2年間時短を取る予定でしたが、時短勤務が殆どできず総務部からチェックが入り、フルに戻しました。 お互いにがんばりましょうね!

    トピ内ID:8170445633

    閉じる× 閉じる×

    何をいまさら

    しおりをつける
    blank
    ぽんしゅう
    今頃気付いたような口ぶりだけど、明らかに分かっていたことでしょう。 って言うか、8年間の間は先輩ワーママに冷ややかな視線を浴びせ、新入社員以下に扱い、 肩身の狭い思いをさせていた当事者なのか見て見ぬ振りしてきたのではないですか? その時から協力できていたなら、いきなりそんなことは考えないでしょう。 だからこそ尚更、ご自分が扱う方から扱われる方に回ってしまったことを 恐怖に感じているのではないですか? 解決するとしたら『お互い様』と『トレードオフ』を 理解と実践するほかに有りません。 ご自分の事情だけを根拠として世の男性、世の会社、政策や環境に苦言を 呈しているだけでは何も変わりません。

    トピ内ID:6815123869

    閉じる× 閉じる×

    とにかく忙しい

    しおりをつける
    🙂
    mikan
    仕事、子育て、家事に追われ、怒涛の15年が過ぎようとしています。 15年前、最初の産休育休を取得する際には、約1年の休みをムダにしてはいけないと、家事育児の合間に勉強すべく、資料をそろえたりしていました。 しかし現実は、それまでずっと手抜きしていた家のことをいろいろやりたい、子供を散歩に連れて行きたい、食事だ、離乳食だ、また食事だと、あっという間に毎日時間が過ぎ、夜はへとへと。とても勉強する余裕はありませんでした。私の気合、根性が足りないのか、育休の1年はただの主婦として過ごし終わってしまいました。 10年前に転職し、通勤時間の短い地元で働き始めました。以前のような総合職ではなく、中小企業の事務です。時間の余裕もでき、会社も子育てに理解があり、とても働きやすい環境です。なにより、子供にむきあう時間が多く取れるようになったこと、時間的余裕ができたことで、自分の心にも余裕ができたこと。良かったとおもっています。

    トピ内ID:4592743984

    閉じる× 閉じる×

    おっしゃることの全部がそうです

    しおりをつける
    blank
    81歳の女性
    専門職とも働きから定年退職しました。私の母も大会社に専門職として定年まで働きました。50年前のことですから、当時女性の定年は55歳で、母は会社が始まって以来2番目に定年退職した女性でした。 会社というところは、男性が専業主婦の後押しを受けながら仕事をするところです。ですから、奥さんの補助のない女性が子供を育てながら働くということは、並大抵のことではありません。周りに冷たい目で見られるどころか、面と向かって嫌がらせを受けることもあります。子供が病気や怪我でどうしても抜けなければならない時に、嫌な上役や同僚に頭を下げることも度々起きてきます。毎日が順調に回っていてもいつも寝不足で、私の誕生日のプレゼントを考えている子供に「お母さんが一番欲しいものは?」と聞かれて「寝たいだけ寝ること」と返事したりしました。 そんな苦労をして得られるものは、人間としての誇りです。まず家族が私を誇りに思うこと。高校生の頃の娘は友達に誇らしげに私の話をしました。夫も同僚たちに「うちの奥さんは何々だから」と言います。夫や子供達と対等な立場で討論できること。退職した今も自身の厚生年金、会社年金をもらっている事。

    トピ内ID:0424775623

    閉じる× 閉じる×

    全てを手に入れるには努力が必要

    しおりをつける
    🙂
    私も総合職
    上場している会社の総合職です。 勤続13年、結婚していますが 子どもはいません。 多分これからも。 あなた方がお休みしている間、 私は黙々と努力を続け、 先輩を追い越し、昇格しました。 イスが1つしかないとしたら いない人よりいる人。 成果を出せない人より 成果を出す人が選ばれます。 後輩からしたらチャンスです。 何かを得るには何かを捨てる覚悟も必要。 私はそう思います。 でも 欲しいもの全てを手に入れている女性達は 並々ならぬ努力をしているのです。 結婚している、していない 子どもがいる、いない なんて関係なく、 何事も言い訳せず働いています。 自分のために。 格好いいですよね。 私は凄く憧れます。 だからあなたも頑張って。 私も頑張るから。

    トピ内ID:8325571301

    閉じる× 閉じる×

    「女性の社会進出」の誤解

    しおりをつける
    🙂
    アラサー男子
    政府やマスメディアは意図的に隠していると思えてならないのですが、女性の社会進出が実現されているとされる諸外国においては、夫婦ともにいわゆる「総合職」的な働き方をしている家庭の場合では、家事・育児のほとんどを「外注」する(学生ベビーシッター、外国人オ・ペア、家政婦、ナニーなど)のが当たり前なんですよね。若い家庭では「外注」のために世帯収入の半分近くがとんでいくことも珍しいことじゃない。家主が外で労働して給与所得を得ているのと同じように、シッターたちも労働を家主に提供しているんですからそれなりの対価を支払うことは当然ですよね。 話を戻せば、ご夫婦のどちらかが総合職キャリアを諦めるか、月15~25万使って家事・育児を外注するという当たり前の選択をするだけです。

    トピ内ID:3110065187

    閉じる× 閉じる×

    頑張ってください。

    しおりをつける
    🐧
    子育て終了間近
    勤務医です。フルタイムで勤務しながら二人の子供を育てました。 同業の夫は戦力外でしたが、義父母、保育園、学童、ママ友のサポートを受け、職場の先輩や後輩には時に助けられ、概ね冷ややかな目線を受けながらの日々。 なんとか、下の子は高校を卒業しました。 子育ては仕事を続けていく上で大きな経験となりました。特に「本人の努力だけでは如何ともし難いことがある」という視点がもてたのは収穫です。モンペと思われる患者さんの心の余裕のなさにも気づくことができました。 育児中の女性が就業するには、周囲、特に管理職たる上司がそのような目線でバックアップする必要があるのですが、なかなかいないのが現状、辛いですよね。 子供が病気になるのは当たり前。それを前提に徐々に仕事の量を増やしてください。 鈍感力でなんとかしのいで、ご自身が理解のある上司となって次の世代を支えてください。 応援しています。

    トピ内ID:4123026059

    閉じる× 閉じる×

    二人分の人生を生きる、まさにそうです。

    しおりをつける
    🙂
    はーこ
    子どもが小さいときに国家公務員で働いていて、30代で転勤の壁にぶつかって辞めました。その後40代で地元の市役所にパートにでて、末っ子の学費が終わったので辞めました。 娘が今月24歳で結婚しました。地方公務員です。お婿さんのお母様は教員で今でも働いておられます。共働き家庭で育ったお婿さんは激務ですが、洗い物や洗濯やアイロンかけは、黙っていてもすっとやってくれて、とても助かるそうです。 働きながらの子育ては、先がどうなるかわからないのは本当です。でも先行世代はもう存在しています。おそらく配慮もあるし、ノウハウを教えてくれる人もいると思います。それで乗り越えられない壁があったら、その時は腹をくくるしか仕方ありません。 子育てと仕事、二つの人生を生きるのは悪くありません。あなたはたぶん完璧主義者でしょうが、完璧にいかない人生を生きるのも悪くありません。寄り道してふと目に入った景色って、とても面白いんですよ。

    トピ内ID:2762263494

    閉じる× 閉じる×

    切り替えがポイントです

    しおりをつける
    🐱
    ねこになりたい
    40代女性です。 トピ主さんほど優秀ではありませんが、一時間の時短で細々と働いています。 私の勤める会社は男性優位のわかりやすい社風なので、まあ嫌な思いはいろいろありました。笑 さらに業績悪化のためか、時短社員をなんとかしてクビにしようとしているのが会社の端々から感じられます。 また、性格の悪い男性上司にパワハラもかなり受けました。 これらは私の会社が狭量なので仕方ないと思いますが、でも、私はそれなりに気楽に働いています。 なんというか、もう独身時代と同じ働き方は無理ですから。 会社でいやなことがあっても、一歩外に出て子供のお迎えに行くと、全部すっかり忘れます。 いかに心を切り替えられるかが、自分のメンタルを健やかに保つかのポイントになるかなと思います。 また、会社では謙虚に過ごし、仕事は常に巻いて終わらせ、ちょっとヒマくらいの状態でいられるといいですよね。 自分の仕事と子供のことは完全に別の話ですよ。 うまく切り替えてがんばってください。

    トピ内ID:4467092839

    閉じる× 閉じる×

    まさに

    しおりをつける
    🙂
    スタンド
    お気持ち分かりますね。 私も、大学卒業後、就活を勝ち抜いて一部上場企業に総合職として入社しました。 約10年以上、全力で取り組んできて、そこそこ評価もしていただきました。 しかし、第一子出産、1年の育休後の出社後、失礼な言い方かもしれませんが、部署内でもっとも下の立場と感じましたね。 たまたまですが、我が子は元気で、ほとんど会社を休むことがなかったにも関わらず、たまに休むと、それが目立ってしまったりね… 私は、時短も取っていましたので、このままでは、ずっとこん感じが続くと思いましたので、思い切ってすぐに第二子を妊娠しました。 結果としては、よかったと思っています。 時短で頑張っても、いやらしい話、評価はかわりませんから。 それなら、自分の家族にとって良い方法を選択しました

    トピ内ID:8302048073

    閉じる× 閉じる×

    歯がゆく苦しい思いが

    しおりをつける
    blank
    オーク
    母として、まさこさんを大きく成長させてくれると思います。 母親業は24時間年中無休です。職場でのことは割りきって、家にいるときはお子さんとべったりしてください。 大丈夫です。 産後から今日までがんばってこれたのですから、これからも大丈夫です。

    トピ内ID:7372330941

    閉じる× 閉じる×

    子供の成長はあなたより早い

    しおりをつける
    🙂
    りゅう
    不安な気持ち、良く分かります。 私はフットワーク軽く国内外を動いていたのに、釘をさされたかのように1点にとどまり、産後鬱のような状態になりました。 その職場や立場については分かりませんが、経験者として心の変化を言いますと、ものすごく変わります。 赤ちゃんは泣いてるだけです。 でも1歳もすぎれば甘えたり、喜んだり。2歳を過ぎると希望を言います。望まないことも。母親に行くなとしがみつくことも。 人形のようだったのに、ものすごいスピードで人間らしくなり性格もはっきりし、人と人が絡む関係となるのです。 その時の母親の心境の変化もかなり著しいです。 会社への気持ち、同僚への気持ち、キャリアへの気持ち。 人間関係がもたらす心境の変化。 良い方へ、悪い方へという話ではありません。 でも、トピ主自体が別人のように考え方が変わると思います。 私は、望むことや望まないことをはっきり言う子に対し、仕事とプライベートのバランスを取りながらどうやってこの子の希望を叶えてあげようと工夫する日々に変わりました。 不安は分かりますが、今は考えるだけ無駄ですよ。

    トピ内ID:5736717861

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  72
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]