詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    感極まって涙した小説

    お気に入り追加
    レス99
    (トピ主20
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💡
    みぽ
    話題
    ミステリー小説好きの40代、みぽです。 私は、いわゆるお涙頂戴系や恋愛系などのお話よりも、人間の心の裏表をドロドロに書く松本清張さんのような社会派推理小説などで感極まる性質があるようです。 今まで思わず涙した小説は、 松本清張「砂の器」・・あまりにもの長編を読みきった感激と主人公(犯人)の壮絶な生い立ちからの題名の意味を知り、感極まりました。 森村誠一「人間の証明」・・高校生の時に読んだのですが、それぞれ違う角度から進む物語が最後の章で全て結びつき、もうなんとも言えぬ感動に包まれて絶句しました。 東野圭吾「流星の絆」・・最後の一行で涙腺崩壊しました。 百田尚樹「永遠の0」・・映画も良かったですが、小説も涙なしでは読めません。 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」・・ファンタジー要素満載で、不思議な体験をしたような気になりましたが最後は達成感半端なかったです。 思いついたのはこの5冊ですが、まだまだあります。 みなさまは、思わず感極まって涙が出た小説はありますか?

    トピ内ID:0517630801

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 42 面白い
    • 11 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 20 エール
    • 10 なるほど

    レス

    レス数99

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (20)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 30  /  99
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    読書好き

    しおりをつける
    megumi
     こんにちは。 私も、『砂の器』『永遠の0』『オーデュボンの祈り』泣けました。感動した大切な本です! 宮部みゆきさんもよく読みます。 『火車』ももちろん名作ですが、『孤宿の人』には号泣しました! ぜひ読んでいただきたい本です。

    トピ内ID:4274378183

    閉じる× 閉じる×

    古いかな

    しおりをつける
    🙂
    さそり
    塩狩峠と氷点。 どちらも三浦綾子さんです。

    トピ内ID:5857210761

    閉じる× 閉じる×

    泣きまくった

    しおりをつける
    blank
    smart
    宮部みゆき 「孤宿の人」 (時代小説) 内容はあまり思い出せないのだけれど、ひどく泣きまくった記憶があります。

    トピ内ID:9975946246

    閉じる× 閉じる×

    重松清さんの

    しおりをつける
    🙂
    うっち
    「その日の前に」です。 映画化、ドラマ化もされているので、内容はご存知かもしれませんが…。 主人公の奥様が亡くなるその時、奥様のお父さんが「丈夫に産んでやれなくて、すまんかった!」と言うところで涙腺崩壊しました。 お父さんのせいじゃないのに…病気になってしまうのは誰のせいでもないのに。 娘が亡くなる間際にそう叫ばずにいられなかった親心が切なかったです。

    トピ内ID:6715327442

    閉じる× 閉じる×

    50年以上前のSFですが・・・

    しおりをつける
    blank
    アイアン
    トム・ゴドウィン作「冷たい方程式」 短編SFです。 人にもよるでしょうが、私は初めて読んだとき、思わず泣いてしまいました。 いわゆる「珠玉の佳作」と言われる「活劇ではないSF」で、物語の設定と進み方を 素直に読めば、それなりに感動的です。 しかし、SFですから、設定に文句を言う人も出ました。 例えば、書かれた結末にはならず、本作で助からない女性は、実は助かる筈だ、 とか・・・計算が違うみたいなことです。 感極まって涙が出るという点からみると、この作品の場合、科学的な計算で 追い詰めるのは野暮だと、私は思います。 しかし、色々な考えを持つ人達は、亜流であったり、計算方法を変えたりした 「○○の方程式」というSF作品をたくさん生みだしました。 「方程式モノ」というジャンルができたほどです。 そういう意味では、SF史に足跡を残した重要な作品だとも思います。

    トピ内ID:1752492269

    閉じる× 閉じる×

    清水三十六

    しおりをつける
    🙂
    さらさら
    私が泣いて泣いて苦しかったのはやはり山本周五郎先生の本です。 森鴎外も涙、感動物が好きです。 有吉佐和子も好きです。 海外物だとロシア文学では思いもつかない残酷なシーンに涙無しには読めません。救いようのない結末にも涙。 逆にイギリス文学では最後に希望を与えてくれる作品を多く読みました。 アメリカ文学やフランス文学は好きになれません。 アメリカ文学は軽い、フランス文学は純日本人の私には受け入れが難い。 (子どもの頃に読むわくわく小説(児童文学等)ならアメリカ文学は優れていると思いますが) 中国文学は有名どころのたいていの物は読みました。日本文学と中国文学は影響しあっている時期があるので通じる所があっておもしろいです。 50~100年前やそれ以上前のものは面白いですが、最近の物はさっぱり心に響きません。 韓国の本は私は有名人の伝記以外は読んだことがありませんが、トピ主がドロドロが好きなら一度試してみてはどうですか。はまるんじゃないですか。

    トピ内ID:0748563712

    閉じる× 閉じる×

    私も推理小説好きの者です。

    しおりをつける
    🙂
    本好き
     推理小説は、感極まって泣く、のは無いですが。 「永遠の0」、泣きましたね。 「銀河英雄伝説」8巻の、あの所で泣かない人は居ないと思うくらいです。 「本日は大安なり」3つの結婚式と、結婚式場の側の、4組の視点からの、式当日の出来事が良い具合に着地点に落ち着くのですが、泣くのは、双子の片割れの結婚式の話です。 「英雄の書」も、かわいそうでしたね。宮部さんは、人の心の暗部を書くのが上手いですね。  涙もろいので、泣く本が多すぎて、これ以上は思い出せません。 ちなみに、今、天空の蜂を読んでます。

    トピ内ID:6331722954

    閉じる× 閉じる×

    好みが同じ

    しおりをつける
    🙂
    リリー
    はじめまして。 年代も、同じです。 トピ様が挙げた本も読みました。 好みが似ている方がいらしてうれしいです。 私も、恋愛物、ファンタジー、苦手で、SFなどもってのほかです。 どろどろ系は楽しめますね。私が涙した小説は、重松清さんの『きみのともだち』です。 子供ながらに、友人同士の力関係や、勉強、スポーツの出来不出来に悩んだ頃、誰にでもあると思うんです。 そんなことを思いながら、いろいろ考え、最後の方は涙無しに読めませんでした。

    トピ内ID:2281248756

    閉じる× 閉じる×

    読書の好みがかなり近くてびっくり

    しおりをつける
    🐱
    shino
    私も松本清張、東野圭吾、伊坂幸太郎の大ファンです。20代で松本清張を読みあさり、30代後半で東野圭吾を読み尽くし、今は伊坂幸太郎にはまっています。 他には、若い頃には、村上春樹さんん読みました。羊をめぐる冒険や、世界の終わりとハードボイルドワンダーランドが、すこしミステリがかっていて、とても面白かったです。ずっと読んでいないので、今読はんでどうかは、わかりませんが… あとは、角田光代さんの、八日目の蝉も面白かったです。参考になれば嬉しいです。

    トピ内ID:1403202847

    閉じる× 閉じる×

    追加

    しおりをつける
    🐱
    shino
    伊坂幸太郎さんでは『重力ピエロ』が、とても泣けました。東野圭吾さんの『手紙』も、涙なしでは読めません。私のイチオシは、東野圭吾さんでは『ナミヤ雑貨店の奇跡』で、胸が熱くなるお話です。伊坂幸太郎さんでは、泣ける話ではありませんが、『マリアビートル』がおすすめです。もうお読みかもしれませんが、ご参考までに。

    トピ内ID:1403202847

    閉じる× 閉じる×

    それぞれに良い小説でしたね

    しおりをつける
    🙂
    70代
    貴女が挙げられた小説はみんな読みましたが、なかでも史実に基づいた小説 「永遠の0」は涙なしには読めませんでした、怒りと涙の中で読んだ記憶があります。 百田尚樹「影法師」もまた味わい深い小説で後々まで余韻が残ります。 あとは・・早速思い出せません。

    トピ内ID:0386937148

    閉じる× 閉じる×

    容疑者Xの献身

    しおりをつける
    😭
    ムニ
    東野圭吾さんの容疑者Xの献身です。石神の想いが切なくて。 昔読んだ、水野良さんのロードス島伝説の第4巻(だったと思います)でも号泣したことを思い出しました。 号泣というほどではありませんが、高田郁さんのみをつくし料理帖シリーズの最終巻もホロリとしました。

    トピ内ID:0773123385

    閉じる× 閉じる×

    秘密

    しおりをつける
    😉
    とくめい
    東野圭吾作です。 ラスト数ページでぼろぼろ泣きました。 東野圭吾にはまるきっかけになった作品です。

    トピ内ID:3899910114

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    💡
    みぽ
    トピ主のみぽです。 megumi様、ありがとうございます。なんだか私と感動のツボが同じで嬉しくなりました。「孤宿の人」は、ぜひ読んでみようと思います。 さそり様、ありがとうございます。三浦綾子さんの作品は今まで読んだことはありませんが、二つもご紹介いただき、興味を持てました。 smart様、ありがとうございます。短時間のうちにお二方もご紹介くださって、これは読むべきですね!号泣間違いなしでしょう。楽しみです。 うっち様、ありがとうございます。2ヶ月ほど前に「流星ワゴン」を読みました。これもドラマ化されましたね。重松清さんの作品は、小さい男の子が出る物語が多いようで、親の私の涙腺はすぐに緩んでしまいます。うっち様のレスを読んだだけでもうるっとしてしまいました。 アイアン様、ありがとうございます。科学的な計算で合わないから設定がおかしいと言われても、それじゃあほとんどの物語はおかしいわけで・・私は人間の心を読んで感極まるので、「冷たい方程式」は充分私を感動させてくれると思います。

    トピ内ID:0517630801

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(20件)全て見る

    最近読んだものだと

    しおりをつける
    🐱
    にゃん
    原 宏一「握る男」かな。 あと、古典ですが「カラマーゾフの兄弟」ですね。

    トピ内ID:2420339887

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます2

    しおりをつける
    💡
    みぽ
    トピ主のみぽです。 さらさら様、ありがとうございます。私は今のところ海外ものは読んだことはないのですが、読めばきっとハマるものもあると思います。韓国ものは、ドラマとかは全く興味ないのですが、殺人などのミステリー系であれば是非読んでみたいものです。 本大好き様、ありがとうございます。「天空の蜂」は映画も好評でしたね。実は本はもうすでに買ってあり、そろそろ読み始めようかと思ってます。私は東野圭吾さんの大ファンなのです。 リリー様、ありがとうございます。私と好みが似ている方が結構いらしてとても嬉しいです。周りではあまり共感してもらえず、ここにトピを立てた次第ですが、本当に良かったとつくづく思いました。恋愛物、ファンタジー、SFものでもミステリー要素が少しでも入っていればいいのですがね。 shino様、ありがとうございます。またまた嬉しいレスをありがとう。「八日目の蝉」もちろん泣きながら読みました。題名も意味深くて私好みです。「ナミヤ雑貨店の奇跡」は、本好きの友人に薦めて、友人は泣きながら読んでくれました。

    トピ内ID:0517630801

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(20件)全て見る

    ありがとうございます3

    しおりをつける
    💡
    みぽ
    トピ主のみぽです。 70代様、ありがとうございます。「永遠の0」は、映画にはなかった小説だけの話の部分でも号泣ポイント多かったですね。百田尚樹さんでの私の一番のお気に入りは「モンスター」です。ただし、涙は一滴も出ませんでした。「影法師」読みたいリストに追加いたしました。 ムニ様、ありがとうございます。東野圭吾さんといえば、代表作は直木賞受賞作品「容疑者Xの献身」ですね。この方の作品はどれもハズレなく、安心して読めます。水野良さん、チェックしてみますね。 とくめい様、ありがとうございます。「秘密」も東野圭吾さんの代表作ですね。ストーリーといい文章の構成、登場人物、ラストへのもって行き方が非常に上手いと思います。

    トピ内ID:0517630801

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(20件)全て見る

    私も

    しおりをつける
    blank
    haru
    トピ主さんの挙げておられる小説はみんな泣きました。 涙もろい方なので、沢山の小説で泣いています。 中でも一番泣いたのは 浅田次郎「壬生義士伝」です。 その次は 乃南アサ「しゃぼん玉」 それから  東野圭吾「秘密」  北村薫「リセット」 伊坂幸太郎「重ピエロ」  山崎豊子「大地の子」  三浦綾子「天北原野」 パール・バック「大地」 まだまだあります。思い出したらまたレスします。

    トピ内ID:2004635510

    閉じる× 閉じる×

    西村京太郎さんの

    しおりをつける
    🐱
    猫耳
    「天使の傷痕」と「四つの終止符」です。 トラベルミステリーで有名な方ですが、初期の社会派ミステリーの方が私は好きです。

    トピ内ID:7753748958

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます4

    しおりをつける
    💡
    みぽ
    トピ主のみぽです。 にゃん様、ありがとうございます。今、「握る男」の某通販のレビューを見て、大変興味を持てたので購入してみようと思います。 haru様、ありがとうございます。きっと私と感性が似ているお方なのですね。嬉しいです。沢山のご紹介ありがとうございます。 みなさまから紹介いただいた小説を、順に読んでいきたいと思います。 大変ありがとうございました。 ここでもう一つだけ書かせてください。 横溝正史「八墓村」 ご存知ある方が多いと思います。映画を見た方も多いと思います。 映画では、どろどろした部分がクローズアップされ、まるでホラーのようでしたね。ストーリーとしては、原作におおよそ忠実ではありましたが。原作の小説を読んでみると、映画では出てこなかったヒロイン(主役の恋人)の存在もあり、背景のどろどろした部分と相まってロマンチックこの上ないのです。そこに暗い洞窟での宝探しという冒険ファンタジーも加わり、大興奮です。横溝正史さん独特の血縁関係どろどろ、薄気味悪さ半端なく。。そして、最後は満足のハッピーエンド。私にとって、究極の感極まり小説でした。

    トピ内ID:0517630801

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(20件)全て見る

    大事な一冊

    しおりをつける
    😀
    追加のリリー
    忘れていました! 是非。まだ未読でしたら読んでいただきたいです。 乃南あさ著「風紋』と続編の「晩鐘」です。 風紋は殺人被害者の家族視点で描かれ、「晩鐘」は加害者の家族の苦しみを描いたものです。 各分厚い2冊、続編と合わせると計4冊になる大作ですが、長編好きのトピ様ならぴったりと思いました。 世の中の不条理に泣けてきました。是非お時間のある時にどうぞ。 わたしが今、読んでいるのは「誘拐」1963年に起きたよしのぶちゃん事件の本です。

    トピ内ID:2281248756

    閉じる× 閉じる×

    訂正と追加です

    しおりをつける
    blank
    haru
    また来ました~ 前レスを一部訂正させていただきます。 おわかりだと思いますが、伊坂幸太郎「重力ピエロ」です。 それと、三浦綾子で泣いたのは「塩狩峠」の方でした。 追加です。 皆さん挙げておられる宮部みゆき、「孤宿の人」でも泣きましたが、「クロスファイヤー」のほうがもっと泣けました。 それから 湯本香樹実「ポプラの秋」 石田衣良「うつくしい子ども」 にも泣けました。 「八つ墓村」についてですが、原作を読み映画を観て私もトピ主さんと同じ感想を抱きました。 感性の似ている方がおられて嬉しいです。 よかったら、泣きはしなくても、感動した小説の話をもっと聞かせていただきたいです!

    トピ内ID:2004635510

    閉じる× 閉じる×

    最後の方で

    しおりをつける
    blank
    かく
    半落ち。秘密。 最後の方になって、 なんともいえない気持ちになりました。

    トピ内ID:9682289451

    閉じる× 閉じる×

    天童荒太

    しおりをつける
    😭
    gon
    もう15年以上も前に読んだ「永遠の仔」です。 先に読んだ友人から「絶対に電車の中で読むな」と言われていましたが、その通り。 下巻の最後の方では、涙どころか嗚咽をもらしながら号泣。 後にも先にもこんなに泣いた小説はありません。

    トピ内ID:1670188151

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます5

    しおりをつける
    💡
    みぽ
    トピ主のみぽです。 猫耳様、ありがとうございます。西村京太郎さんは、鉄道ファンの兄のお気に入りでした。特に鉄道に興味のない私は読んだことはありませんでしたが、初期は社会派ミステリーということで、ちょっと興味がわきました。 追加のリリー様、またまたレスありがとうございます。乃南アサさんは、「6月19日の花嫁」を読みました。どちらかというと男性作家の書く小説が好きな私ですが、この方の作品は、私好みですね。「風紋」「晩鐘」・・興味そそられます。 haru様、またまたレスありがとうございます。またまたいろんなご紹介ありがとう。石田衣良さんはあの、「池袋・・」の方ですね。 「八つ墓村」、私と同じ感想をお持ちでとても嬉しいです。文字の制限あり、このコメントの次にharu様に読んでいただきたい小説を紹介いたします。 かく様、ありがとうございます。「半落ち」、あの直木賞選考会で「ストーリー上に欠陥がある」とのことから選考委員に辛辣な評価を受けてしまった作品ですね。とても感慨深かったし、もちろん素晴らしい作品だと私は思います。現実ではありえない設定とか、そんなに重要なこととは私は思えません。

    トピ内ID:0517630801

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(20件)全て見る

    ありがとうございます6

    しおりをつける
    💡
    みぽ
    トピ主のみぽです。 haru様より、泣きはしなくても感動するものとのことで、また調子に乗って書かせていただくことをお許しください。 紹介したい小説は山ほどあるのですが、「八日目の蝉」「砂の器」「石に泳ぐ魚」といった、読んでみて初めてわかる本のタイトルの意味。そして、それがわかった時のなんともいえぬ感動という意味で、是非読んでほしいものの一つに、道尾秀介「カラスの親指」があります。 映画では、阿部寛さんと村上ジョージさんのダブル主演、そしてまだ無名だった(あまちゃんでブレイクする直前の)能年玲奈さんがヒロインです。 涙あり笑いありミステリーありのヒューマンストーリー。そして最後には驚きのどんでん返しがあります。物語の途中で興味深いタイトルの意味も出ているので見逃さずに読んでください。

    トピ内ID:0517630801

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(20件)全て見る

    みぽ様、ありがとう!

    しおりをつける
    blank
    haru
    私の勝手なリクエストに、早速お応えくださって、すごく嬉しいです。 「カラスの親指」を早速読んでみます!。 道尾秀介も何作か読みましたが、好きな作家の一人なので、とても楽しみです。 本の題名は大切ですよね。意味を発見した時の喜びは読書の醍醐味だということ、まったくもって同感です。

    トピ内ID:2004635510

    閉じる× 閉じる×

    東野圭吾といえば

    しおりをつける
    🙂
    まるみ
    かなり初期の作品ですけど 「魔球」 のラストで泣きました。

    トピ内ID:4267667190

    閉じる× 閉じる×

    ギフト

    しおりをつける
    🙂
    ヨーダ
    本を読んで初めて泣いたのは 松谷みよこ「ふたりのイーダ」 小学生の私には推理小説みたいだった。 成人してからまた読んでみたけどやはり涙がでた。 医療の進歩とかね、書かれた時代を考えると別の意味で切なくなった。 最近では 日明恩「ギフト」 もう何年も本を読んで涙するなんてこともなくレスちゃった私だけど、泣いた。 ミステリっぽい短編集でどの話もグッときたけど、なかでも犬の話はたまらなかったなー。 動物を飼ったことのある人は泣かずにはいられないと思う。

    トピ内ID:7282941051

    閉じる× 閉じる×

    球つながりで思い出した

    しおりをつける
    🙂
    本好き
     またお邪魔します。  島田荘司の「最後の一球」 御手洗潔シリーズですが、御手洗潔は殆ど出ません(笑) ぽろっとですが、泣けました。  「弧宿の人」、私も泣きましたね。子どもの「ほう」が可愛そうでした。「ほう」に「宝」という字を当ててくれた、そこから主人公の人生が本当に始まった気がします。

    トピ内ID:6331722954

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 30  /  99
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (20)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]