詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    記憶に残る先生の一言

    お気に入り追加
    レス40
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    元は優等生
    話題
    理系なのですが、古典の授業をよく覚えています。

    更級日記

    われはこのごろわろきぞかし~云々

    先生「私は今はイケてないけど、年頃になったらもっと美人になって髪も長く伸びて、源氏物語の姫君みたいになれるわと考えていたなんてあきれる~と書くことができたのは、作者がその後本当に美人になったからです。大人になっても不細工のままだったら、恥ずかしくて書けませんね。」

    山上憶良

    憶良らは今は罷らむ子泣くらむ それその母も我を待つらむそ

    先生「自分の妻を 子の母 と言っているのは照れくさいからです。この気持ちはよくわかりますね。」

    皆様は記憶に残る先生の言葉はありますか?

    トピ内ID:9022527831

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 127 面白い
    • 7 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 16 なるほど

    レス

    レス数40

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    覚えている先生は

    しおりをつける
    blank
    寄り道
    与謝野晶子が好きな先生で、
    「自分のことを綺麗だとうたった人ですよ」と。
    私たち生徒はウケてましたね。

    「気持ちを凝縮する、文は短いほうがより伝わる」と、
    仰ったことも記憶に。

    独身の先生で文学少女がそのまま中年になったような、
    白髪混じりのおかっぱに薄化粧、
    ふくらはぎあたりまでのボックスプリーツスカートの似合う、
    そういう先生でした。
    いつか、先生同士が子供の話をしてて一瞬垣間見た、
    ちょっとだけ「寂しそう」だった雰囲気の先生が忘れられません。
    持たない子供のネタを解ってて向ける、という、
    小町でもみかける、
    大人同士にもある「意地悪」を初めて垣間見た瞬間だったのかもな。

    トピ内ID:9597725849

    閉じる× 閉じる×

    脱線話ならあるぞ

    しおりをつける
    💡
    亜音速
    小3の頃、先生の家に遊びに行った時の話。
    先生がジュースを出してくれてる間、無造作に積み上げられてる雑誌をめくったら、いきなりヌード。
    「わああー」
    大阪から転校して来たばかりの友達が「こういうのチカンて言うんやで」「ええっ」二人して大騒ぎ。
    そこに先生が来て「これは芸術だろ。すぐそうやって騒ぐことしかしないなんて先生は悲しい」
    説教されました。二人ともシュンとなり、素直に聞いておりました。
    今思うと絶対おかしい(笑)。

    トピ内ID:1138317585

    閉じる× 閉じる×

    忘れもしない

    しおりをつける
    🙂
    40台男性
    小学校2年生の春。

    担任の女性の先生が、風邪か何かで欠勤したときのこと。
    ひょうきんでべらんめぇ口調で生徒に人気だった、別のクラスの先生が
    朝のホームルームを担当することになり、みな大喜び。

    ざわざわと楽しげな雰囲気の中、その先生のべらんめぇ口調も絶好調で
    さらに楽しげな空気になったとき、笑いのネタを探したその先生が
    最前列でニコニコしてた私を二度見し擬視していわく

    「なんだ、男か」

    と一言。一瞬周囲が沈黙したあと、クラスじゅうが大爆笑。
    私は頭の中が真っ白になり、ついで屈辱で体が震え、歯を食いしばって
    涙をこらえました。

    小学校2年生の男の子にとって、公衆の面前で女呼ばわりされることは
    最大級の屈辱であり侮辱です。
    その先生も一瞬後に悟ったようで「しまった!」というような顔をして
    必死に「いや、綺麗な顔立ちだからなあ!」と必死にフォローしつつ、
    別の話に切り替えようと四苦八苦していました。


    それがトラウマになり、その後高校生になる頃には必要以上に体を鍛え、
    髭だけでなく胸毛まで生えるほどの、プールの授業で女子が引くくらい
    「濃い」男になりましたとさ。

    トピ内ID:4965989816

    閉じる× 閉じる×

    なるほど

    しおりをつける
    🙂
    アラフィフ
    長男が中3の面談で担任に言われた言葉です。
    「学力は遺伝です。ご自分達の中学の成績を思い出して下さい。それ以上を子供に求めるのは遺伝子学上ムリです。そこを踏まえて家庭で話し合って下さい。」
    それを聞いてハッとしました。確かに私達の子供だもん。親のエゴで能力以上の学力を求めるのもかわいそうだわ~と。
    それを聞いて反発している親もいたそうですが…

    トピ内ID:6925686713

    閉じる× 閉じる×

    小学校卒業の時に

    しおりをつける
    🐷
    豚の尻尾
    直接の担任ではありませんでしたが、倶楽部の顧問をされていた先生から
    頂いた手紙が私的人生の指標になっています。

    「豚の尻尾くん、偉くならなくてもよいから立派な人になれるよう頑張って下さい」

    今にして思えば、偉くなるほうが簡単であるような気がしないでもないのですが・・・。

    トピ内ID:2817558392

    閉じる× 閉じる×

    高校の先生

    しおりをつける
    🐤
    りぃる
    地元の公立高校に通っていたときの数学の先生は、教科書を作るくらいの偉いお方です。

    どうやら「必ず文系理系を持ちなさい」というお達しがあるそうで、「完全私立文系」「学年一のアホクラス」と呼ばれていたうちのクラスの担当になることに。
    そんな先生が、一番最初の授業で宣言されました。

    「あなたたちに数学を教えても無駄だから、公式を教える。とにかく覚えろ」

    数学とは公式の成り立ち等を考える学問であり、これは理系向けのお話だから、とにかくテストの点数は公式さえ覚えれば取れる。
    という、実に分かりやすい考えの持ち主でした。

    ちなみにクラスの実態は、

    数学→理系クラスの平均の半分程度が平均(理系が75点なら、うちは40点)
    英語→ぶっちぎりで学年平均のトップ(大体80点前後)

    という感じ。
    英語の平均の高さに驚いた先生方がカンニングを疑っていたようですが、毎回同じような結果だったので納得されていたということもありました。

    最初のテストは数学の平均が理系の半分以下で、「俺の立場も考えろ」と泣かれたのもいい思い出です。

    トピ内ID:4518805651

    閉じる× 閉じる×

    正解はマホメットがアラブを征服

    しおりをつける
    🙂
    世界史2
    高校の世界史の授業にて

    先生「さあ。ではメジナに逃れたマホメットは、その後どうなるでしょう? ではA君」
    A君「え・・・。あの~・・・死にます」
    先生「・・・そうですね。たいていの人間は最後は死にます。なので、正解ですね」

    ちなみにA君はふざけて言ったのではなく、まじめに考えた末の発言。
    先生はその答えが、ちょっと嬉しそうでした。
    A君は現役で東大に行きました(笑)

    教室内はまじめな二人のコントのようなやりとりに爆笑でした。
    世界史の○○先生、今もお元気かなあ・・・。

    トピ内ID:5729871847

    閉じる× 閉じる×

    小学校一年生。勤労感謝の日の前日

    しおりをつける
    🙂
    月ウサギ
    担任の先生「明日は何の日か知っていますか?」とクラスの皆に聞いた。
    児童「は~い!知っています!キンロウカンシャの日で~す!」
    先生「そうですね。どういう日か知っていますか?」
    児童「は~い!働いている人にカンシャする日で~す!」口々に。
    先生「その通りですね。良く知っているね!」

    先生「でもね、キンロウカンシャの日は働いている人に感謝をする日という事だけではないんです。」
    児童(何だろう?)
    先生「働けることに感謝する日でもあるのですよ。」

    私はその時脳天をたたき割られたような衝撃を受けた!
    子どもの目から見て大人が働くというのは
    「苦役」にしか見えなかった。
    だから、「働ける事に感謝」と言う概念に心底驚いた。
    勤労というのは有難いと思えるような尊い、素晴らしいことなのか?
    大人になっって働くようになったら
    その意味が分かるようになるのだろうか?
    働くという事はきっととても素晴らしいことなんだろうな。

    クラスの中の児童のどれだけがあの言葉の意味を理解できたのか?
    たった1人でもその言葉を胸に大人になり、働いている人間がいるのは事実。

    トピ内ID:5379342303

    閉じる× 閉じる×

    それから

    しおりをつける
    😍
    むちよ
    漱石の「それから」

    現国の先生が「三千代が花瓶の水を飲む場面・・・なんと美しい描写でしょうか」と感動力説されていました。

    そのシーンが読みたいのもあって、今まさに「それから」を読み返しているところでした。
    三千代が飲んだのは鈴蘭が活けられた花瓶の水ですが、私は百合と記憶違いしていました。
    高校の頃は全然理解できなかった話ですが、今は分かるようになり、今更ながら先生の授業をもう一度受けたいなどと思っています。
    もっとちゃんと先生の見解を聞いておけばよかった。残念なことをしました。
    現国の先生は中年だけど芥川みたいでちょっと素敵でした。

    トピ内ID:7282724595

    閉じる× 閉じる×

    高校3年の時の担任の言葉

    しおりをつける
    老加留
    「過ぎたるは及ばざるよりなお悪し・・・」

    思い当たるところ、結構ありません?

    トピ内ID:0489476763

    閉じる× 閉じる×

    家庭科の先生

    しおりをつける
    🙂
    ジェス
    中学1年生の時の家庭科の先生

    「毎日毎日、掃除洗濯、人生は無駄の繰り返し」

    何故だか50をもう直迎えるこの私の中にいつも残っている言葉。
    でもこれをしないときれいに生きてはいけない。

    あ~人生って!

    トピ内ID:3302815613

    閉じる× 閉じる×

    理科の先生が

    しおりをつける
    🙂
    今城f塚
    ある日ふと考えたそうです。

    世の中にはさまざまな色があふれており、これは光がつくりだしています。しかし、人が睡眠時に見る夢の世界は、光を浴びているわけではないのに色が存在します。この色はどこからやってくるのだろう?と。

    そして出した結論は、人が光を発しているのだ…ということ。


    なんともロマンチックな話ですね。そして内面から発する光…若さ溢れる高校生にぴったり。地学の先生だったのですが、授業もユニークだった気がします。私は拗ねた高校生だったので、先生の良さがきちんと理解できませんでしたが、今となってみればもう一度授業を聞いてみたいです。

    ※人によっては夢がモノクロらしいので、その点は流してください…。

    トピ内ID:9898973632

    閉じる× 閉じる×

    忘れられないのは、

    しおりをつける
    🙂
    のの
    倫社のウメゾノ先生が言ってた言葉


    人間は何事も極端はいけない、中庸が一番


    先生、いまもお元気かしら・・・

    トピ内ID:4945144307

    閉じる× 閉じる×

    あります!

    しおりをつける
    🐧
    もとにっこ
    ・倫社の授業で「歴史は常に勝者側からの視点」
    ・古文で「ま行とば行は共通点。さみしい→さびしい、さむい→さむい」では まま→ばば?と聞いたら苦笑されつつ、スルーされました。
    ・言語学で「言葉は流動的なもの。言語は”まず話し言葉、次に文書など二」書かれた言葉”。
    ・陽関三畳=ようかんさんじょう(王維 元二 西に使いするを送る)

    トピ内ID:1691206199

    閉じる× 閉じる×

    見せしめの体罰

    しおりをつける
    🙂
    おじさん
    高校時代(某付属校)の体育の先生

    私だちの学年が一緒に学校にいたどの学年よりもワルかったのですが…
    とにかく目をつけられていた学年でした。

    時代はまだ体罰も許されたころ。

    個人的にはその先生が目をかけてくれていることは分かってました。
    そして最もガラの悪い部活に所属していたことがあって頻繁に叩かれ、拳骨をもらってました。
    背中を平手で叩かれれば周囲に「パン」と乾いた音が響き、
    頭への拳骨は「ゴン」と鈍い音がして衝撃で涙が滲むほど。

    他の生徒や部活の後輩の前で決まって部のことで指摘されて叩かれるのです。つまり見せしめ。
    でもその先生には悪い印象がないんですよね。
    叩かれた直後に「痛って~」と叫んでいる耳元で『悪かったな』と必ず囁いて立ち去る。

    ま、今の時代では考えられないことでしょうね。
    叩いておいて悪かったなんてあり得ないことだけど、印象に残ってますね。

    トピ内ID:4841632292

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんの求めてる一言とは違うかもしれないけど

    しおりをつける
    🙂
    かおり
    高校生の時、遠足で注意事項を聞いていなかった私と友達は集合時間に違う学年の生徒の所に並んでしまい、あれ?私たちの学年どこ行っちゃったかな~なんて呑気に笑っていたら当時の担任の先生が探しに来てくれました。
    うわっ怒られると思った時に先生の口から出た言葉が
    『心配したのよ~怖かったでしょ』
    心配したのよ、はいいけど、怖かったでしょって(笑)
    なんだかとても嬉しくなって、『はーい怖かった~』って友達と二人で返事した事を覚えています。

    トピ内ID:5176079957

    閉じる× 閉じる×

    体壊すまでやるのもあり

    しおりをつける
    blank
    ハートレス
    高校の時の担任が一風変わった飄々とした先生でした。
    ある日、授業中の雑談で、
    「昔、受験勉強で睡眠削ってがんばった結果、志望校には受かったが、体を壊して一年休むことになった。まあ一生に一度くらい体壊すほどやるのもありですな」
    と言われて衝撃を受けました。
    体壊すほど勉強漬けなんて、自分的にはあり得なかったから。

    何か一つのことに打ち込むイメージがその時に出来上がったようで、折に触れて思い出します。
    相当がんばらないとならない時などに『体壊すのもあり』という言葉が浮かんできて、割り切れます。
    実際にがんばりすぎて体壊したことはありませんが。

    トピ内ID:5157869633

    閉じる× 閉じる×

    あるよ

    しおりをつける
    🐱
    黒猫
    高校時代の化学の先生の口癖
    「悲しいから泣くのか、泣くから悲しいのか」

    毎回のように言ってました

    その先生の最後の授業の日
    後ろの黒板に上記の台詞を書いたら
    それを見て先生は
    「おまえらよく分かってるじゃないか」
    と感動してました

    後、同じく高校時代の体育の先生
    ホームルームの時間に大学生時代の部活の話をよくしてて
    山奥に合宿してたのに
    先輩に
    「渋谷のコーラ買ってこい」
    と言われて夜にクシー呼んでほんとに渋谷までコーラだけを買いに行った
    と言うのがいまだに忘れられなく

    その時、同じクラスで一緒に先生の話を聞いてた主人は
    時々、笑いながら
    「渋谷のコーラ買ってこい」
    と30年近くたった今でも言います(笑)
    因みに住まいは高校時代も現在も大阪です(笑)

    トピ内ID:3684655476

    閉じる× 閉じる×

    授業の終わりに

    しおりをつける
    🐤
    くまぽん
    授業の終わりになると筆箱やノートをつい片付けたくなりますが「礼が終わるまでが授業です」授業が終わっていないのに片付けるのは失礼というのは目からうろこでした。

    トピ内ID:5635909149

    閉じる× 閉じる×

    高校のとき数学の先生が

    しおりをつける
    blank
    いまはもう40代
    高校生になって、数学の授業内容が将来どういう役に立つのかわからなくなって、先生に訊いてみたことがあります。

    「先生、今勉強していると何かいいことありますか?」

    するとその数学の先生は教室の中を見渡し、黒板横にあったひょうたん型の花瓶を指差していいました。

    「あそこにある、花瓶の体積が求められるようになります」

    この一言で、私の数学に対する情熱は一気に冷めました。
    当然、その後文系に進むはこびとなりました。

    トピ内ID:6291484872

    閉じる× 閉じる×

    あんまり熱くないな

    しおりをつける
    🙂
    制服はださめ
    高校に入ってからは、勉強内容や人間関係の変化についていけず、時々休むようになりました。
    学校に行っても、ダルい。
    休み時間に保健室へ。
    今と違って水銀の体温計だったので、どこかで知った悪知恵を働かせ、微熱より高めの表示を出しました。
    保健室の先生は「あら、熱があるわね、職員室の担任の先生に伝えてから帰りなさい」とコロリと騙されてくれました。
    でも、担任の先生は違いました。
    サッと私のおでこを触り、「あんまり熱くないなあ」と首をかしげました。ギクッ!
    (………平熱だし。ばれたかな?)
    その時、余程ばつが悪そうな顔をしてたんでしょうね。
    先生はニッと笑って「帰っていいよ」と、
    見逃してくれました。専門は体育で、ある競技で国体にも出場された経験のある先生から見れば、
    五月病のような状態の私の悩みなんて、取るに足らないものだったはず。
    それなのに、ガミガミ言わず、つまらなそうに学校に通う私を、寛容に見守ってくれました。
    翌年、別の学校に赴任される先生にお礼を言いたくて玄関までついて行きましたが、はずかしがしやの私は、何も言えず。
    離れた場所から先生を見ていたら、振り返りニッと笑ってくれました。

    トピ内ID:1639542567

    閉じる× 閉じる×

    女の足を引っ張るのは女

    しおりをつける
    家庭か
    「女の足を引っ張るのは男じゃないんですよ、女なんです。」と。

    中学2年の家庭科の授業で、女性教師から言われました。

    中学2年女子といえば、まだまだ子供。
    当然、理解なんて出来ません。

    どういう事なんだろう? と、女性教師が直面していた当時の立場(昭和40年代)を色々想像したものでした。

    社会人になって色んな局面において考える言葉が、「オンナの足を引っ張るのはオンナ」でした。
    なるほど、こういう事だったのか、と。

    あとあと人の心にずっと残る言葉を残すって、スゴイ事なんだなあ。

    トピ内ID:6956576861

    閉じる× 閉じる×

    高校時代の3人の先生

    しおりをつける
    blank
    ユカナ
    歴史の先生は高2の時に、「君たちのクラスの女の子が一番綺麗なのは、まさに今この時。来年の入試を控えた時期になると、もう美しさは失われます」この言葉、今になって分かります。私の青春は16歳で終わり、翌年から過酷な受験勉強に入りました。

    現国の先生は、高3の最後の授業の折に「袖触れ合うも他生の縁」と。ユニークな個性をお持ちの先生で、贔屓をしていただきました。

    倫理社会の先生の授業は、最初から最後までのべつまくなくしゃべりっぱなしでした。私が覚えているのは、当時オリンピックが開催されていて、体操の選手が10点満点を取った時に「人間はパーフェクトということはありえないのです」とのお言葉。

    私の理解が十分でなくて、覚えているのはこれくらいですが、この先生は、ものすごい方だったのだと後で知りました。もう少し身を入れて授業を聞いておけばよかった・・。

    トピ内ID:5739287760

    閉じる× 閉じる×

    懐かしい

    しおりをつける
    blank
    REX
    先生が雑談で…

    百人一首にあるでしょう?
    あひみての…
    しのぶれど…
    こひすてふ…
    いいよなぁ、こういう恋愛してみたくないかい?せっかく人間に生まれてきたんだからなあ。いっぺんでいいんだけどなあ~

    当時、西行法師に憧れていた私には、

    あいつがいいのか、見る目があるねえ、でもいろんな意味であいつはやばいよ。

    別の先生は、ピカソ、ルドン、など数名の絵を見せて画家は誰?と問いかけ、あっさり全てを当てた子に…

    そうだね、画風で誰の絵かわかるのはいいね。でもこの画家達は皆ある時期ガラッと画風が変わったんだ。思い込みやレッテル貼りは、案外視野を狭めるから気をつけよう。…それにしても君がこんなに絵画に詳しいとはすばらしい!絵はいいよなぁ。

    この先生は、なぜこの会社の教科書を選んだのかという話題になったとき、

    現代国語が筑摩書房なのはセンスの良さ

    と答え、では(進学校なのに)世界史日本史はなぜ山川出版社ではないのか?の問いには、

    何言ってるの、万一いいものが与えられなかったら、自分で探して買って読め。

    …旧き良き時代でしたね。確かに筑摩の現国は丸ごとハイセンスでした。

    トピ内ID:3347585429

    閉じる× 閉じる×

    高校の家庭科の先生

    しおりをつける
    ハツ子
    掃除って、ゴミの移動です。四十年前、斬新。


    今はゴミを少なくしようというキャンペーンやってますね



    同じ先生かな?
    あなた達はどうしてこの学校へ来たんですか?「成り行きですよね(たまたま…みたいな)」

    いやそんな事ないでしょうと思いましたが、必然ですか。

    トピ内ID:4758936340

    閉じる× 閉じる×

    忘れないもんですねー

    しおりをつける
    😝
    元受験生
    中学の時の進路面談で、着席早々突然言われた一言が忘れられません。

    「○○高校は滑り止めにならないからね」

    目が点になりました。
    確かにそこは受験人気のある高校でした。特に私の第一志望とはレベルが近く、多分同じ高校を受ける同級生は大抵志望していたと思います。

    偏差値がギリギリだったのは自覚ありました。
    しかし少し遠いこともあって、単に出来るだけ近い所が良かった私としては、成績関係なくそこを志望校として考えたことは1度もなく、勿論希望調査でも1回も書いたことがありません。

    大した他意がなかっただろうことは今なら分かりますが、当時はすごくバカにされたようで、ジワジワ腹が立ちました。
    まぁ…多かれ少なかれナーバスになる受験生に対して、相談のソの字もないのに突然言う言葉ではないんじゃないかとは、今でも思っていますが。

    結局全く別の高校に行った私ですが…
    何の因果か、その滑り止めにならないと言われた高校が付属していた大学が、最終母校となりました(苦笑)

    トピ内ID:5784437854

    閉じる× 閉じる×

    中学の時の先生が

    しおりをつける
    🙂
    もうシニア
    私達の卒業前に「”職業に貴賎なし”と言う言葉があります。皆さんそれぞれの職についたら、一生懸命がんばって下さい。」と、真面目一本だった先生らしいお言葉を頂きました。

    私達の頃から高校へ行く人が増えてた時代に、中卒で就職する人も何人かいて、きっとその方々へ贈る言葉だったのかも知れませんが、先生、私は高校を卒業してから就職しましたが、この言葉は忘れてなかったですよ。

    ほんとにほんとに久しぶりに思い出しました。もうあの先生もとうにお亡くなりになったでしょうが、きっと天国で私達を見守ってくれてる事でしょう。

    トピ内ID:6535995210

    閉じる× 閉じる×

    2つ

    しおりをつける
    🙂
    青空
    高校の卒業式、最後のHRで担任の先生の一言。
    「俺より先に死ぬな」
    30代後半だったのだと思うのですが、2人の元生徒のお葬式に参列した経験があったそうです。

    中学2年の担任先生は通知表を入れる封筒に各生徒に合う名言を書いてくれていました。
    私の封筒に書かれていたのが
    「あなたはすでに完璧なのにまだ完璧を目指すのか」
    当時、私がすごく無理をしていたように見えていたようです。
    実際、私自身もはっきりしない何かに苦しんでいて、この先生に救われていました。

    トピ内ID:5599307346

    閉じる× 閉じる×

    小学校の先生の言葉

    しおりをつける
    🙂
    偶々健常
    特別支援学級を訪問した時

    「君も、こっちに来てたかもしれなかったんだよ。」

    心を育ててくれた、良い先生でした

    トピ内ID:3683892380

    閉じる× 閉じる×

    自民党が半数を割ったら

    しおりをつける
    blank
    ガラガラドン
    中3(1982)公民の時間、政党政治の所で、先生が、
    「自民党がズーッと与党だよなー日本は。
    で、もう皆それに慣れて誰も政権交代が起きるなんて思ってないけど、一応対抗してるのは社会党(当時第二党)だよな。
    でも、もし、自民党が過半数割るとどうなると思う?社会党が力を持つと思うか?
    違うね。
    一番のキー政党は新自由クラブだぞ。大臣出るぞ。
    だって、自民党は過半数を確保するために新自由クと連携するからな。
    強い政党とは連携しない。一番弱くて主張が元々近い所と連携するから。
    まあ見てろ、今の様子だとボチボチそういう展開になるから」
    と先生が言いまして。

    私は自民党が半数を割るという事態が全くピンとこなかった上に、
    新自クが力を持つって、あれもう一時期の勢い失って潰れそうじゃんヘロヘロじゃん(当時国会議員数名)、
    と、全く信用してなかったのですが、
    1983年総選挙で自民党公認候補者当選が過半数を割ったらその先生の言った通りになりまして。
    で、マスコミが連立政権の成立を「思いもかけない展開だ」と皆吃驚仰天大騒ぎしたので、先生やっぱり凄かったんだなあ…と。

    トピ内ID:3899722399

    閉じる× 閉じる×

    高校3年の初日

    しおりをつける
    blank
    かなこ
    高校3年のときの担任が、新年度始まった日に言っていたこと。
    「(進学校なので)今年はみんな受験、勉強、っていうだろうけど、俺はみんなが元気に卒業してくれればそれでいい」。
    新3年生になって、受験が近くなり、なんとなーく鬱々としていたので、この言葉は嬉しかったです。
    この先生は、普段の言動からも、生徒を大切に思っているのがわかる人でした。

    トピ内ID:1766151522

    閉じる× 閉じる×

    生きる力

    しおりをつける
    🙂
    中学のときの部活の顧問の先生の言葉が忘れられません。

    努力しない私に、「華はダイヤの原石だ、磨くのは自分だけ」と言われました。

    生きる力を教わりました。

    それから40年、先生は亡くなりましたが、今でも壁にぶつかったとき、先生ならどう言うだろうと考え、生きています。

    トピ内ID:5304106140

    閉じる× 閉じる×

    中学生の時

    しおりをつける
    🙂
    bee-a
    中学に入学し、私は生まれて初めて女性の先生が担任になりました。
    といっても、もう45歳のオバサン先生という印象。
    私の母よりずっと年上でしたから。

    クラスに入って教壇から私達を見て、優しげににっこり笑い、
    「あなたがたは、今素晴らしい時期を過ごします。
    桜で言うと、堅いつぼみが少し緩くなり、咲こうとする準備の年齢です。
    美しい年齢ですよ。」
    と言いました。
    こないだまで小学生だった私は「美しい年齢」がピンと来ず、
    はあ~お祖母ちゃんみたいな言い方だなあ~と思っていました。
    ただ、そう感じた事は忘れませんでした。

    今、中学生の娘がいます。
    娘を見て、「美しい年齢」だとつくづく感じます。
    何もしていないのにツヤツヤの髪、ぴかぴかの肌、目は潤っていて陰りがなく。
    制服のスカートを揺らして颯爽と歩く姿。
    姿かたちだけでなく、まだまっすぐな精神も。
    30年以上を経て、その意味が理解できました。

    先生にお会いして、子供も美しい年齢なりましたと報告したいです。

    トピ内ID:2718069004

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    まり
    小4の時の担任の女性の先生。

    授業中に男子が少しふざけていました。
    先生が注意したら、

    「だって○○くんがやれ、って言ったから。」

    その言葉に対して先生は、

    「じゃあ、○○くんが死ね、って言ったら死ぬの?違うでしょ。」

    30年経った今でも、心に残っています。

    トピ内ID:9706506721

    閉じる× 閉じる×

    含蓄のあるトピですね

    しおりをつける
    🙂
    ラージャン
    常に100%全力で立ち向かえ。今日は50で済ませて明日150やればいい、は通用しないのが医療の仕事だ。肝に銘じておけ。

    臨床実習が始まる前の心得として複数の先生方から色々な言葉をいただきましたが、これが一番自分の有り様を決定づけたと30年経った今でも感じています。

    トピ内ID:0112625345

    閉じる× 閉じる×

    「民主主義は手間がかかる」

    しおりをつける
    🙂
    高校理科教員
    高校の時,文化祭が近づいたころ,他のクラスの担任をしていらした社会の先生が,授業中にこうボヤかれました.その先生のクラスでは,文化祭のクラスの出し物が決まらず,話し合いするので,担任の授業時間をくれと言われ,お認めになられたそうです.そして,

    「いや,民主主義というのは手間のかかるものですね」

    苦笑しながらため息交じりにおっしゃった表情が忘れられません.手間というのは,民主主義には必要なものであり,民主主義は熱狂的に支持する制度ではなく,手間がかかることを承知の上で苦笑しながら選び取るべき制度だということを教えられました.


    トピ内ID:9890733314

    閉じる× 閉じる×

    理系と文系の違い?

    しおりをつける
    🙂
    高校理科教員
    連投&横レス失礼します.

    いまはもう40代さんへ

    数学を勉強して何かいいことあるのかと問われた数学教師がひょうたん型の花瓶を指指して
    >「あそこにある、花瓶の体積が求められるようになります」
    >この一言で、私の数学に対する情熱は一気に冷めました。
    >当然、その後文系に進むはこびとなりました。

    すみません.私,この数学教師の言葉に感動しちゃいました(笑).高校の時言われたら,数学への意欲が高まったかも.

    文系と理系の感性の違いかなぁと面白く思いました.同時に,私も理系的発想で文系的感性の持ち主を失望させてきたのかなぁとちょっと反省.

    自分とはまったく異なる発想・感性の方がいらして,自分の考えが決してあたりまえでないことを実感させてくれるのが小町のいいところですね.

    トピ内ID:9890733314

    閉じる× 閉じる×

    浪人が決まった時

    しおりをつける
    🐱
    茶トラ11キロ
    「お前はいい先生になる。
    挫折した子の気持が分かるから、勉強が出来ない子の気持ちが分かるようになるから。」

    教師を目指して教育学部を受験し失敗した私に、担任の先生がかけてくれた言葉です。

    大人になってから、
    「良くないと思うことでも、違う角度から見れば良いと思える。
    どんな経験でも無駄になることはない。」
    という意味もあるのだということに気が付きました。

    トピ内ID:0353797570

    閉じる× 閉じる×

    高校の美術の先生

    しおりをつける
    🐧
    ぴー
    ブラブラしている人とがむしゃらにがんばっている人とどちらがつらいと思う?と授業で皆に聞かれました。
    先生曰く「ブラブラしている人は、他人から見ると楽そうだが本人はつらい。目標が決まらず、どうしていいのかわからない状態だから。目標に向かってがむしゃらにがんばっている人は、他人から見たら大変そうだけど本人は楽しくてたまらない。」
    その頃、私は家の経済状況から、進学するなら自宅から通える所に限定されていました。でも私が勉強したいことは都会にしかなかった。それで勉強も手につかずぼうっと過ごしていました。そんな時に先生の言葉。私のことを言われたのかと思いました。その言葉で、私の気持ちをわかってくれる人がいると思えて、自分にできることから努力し始めました。
    高校卒業後、働きながら自分の進みたい学校に進学することができました。昼間学校へ行き、夕方から仕事へ行く私を見て、学校の友人達は大変そうと言いましたが、本人は楽しくてたまらない。まさに先生のおっしゃった通りです。先生に出会わなかったらきっとあのままなげやりに過ごしていただろうな。先生のお蔭で、目標に向かって努力する楽しさを知りました。

    トピ内ID:2516079909

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    元は優等生
    皆様のレスをひとつひとつ丁寧に読ませていただきました。

    そうしているうちに、次々と「ああ、そういえばこんなことおっしゃる先生がいた。」と思いだして、懐かしい気持ちに浸っています。

    心に残る一言は財産ですね。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:9022527831

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    30件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]