詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    名作 北の国から

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    くまげら
    話題
    日本映画専門チャンネルで去年から始まった「北の国から」の放送を ずっと見ています。アラフィフ主婦くまげらです。 私はスペシャル版は観ていながら実は毎週放送していた時はライブで観て いなかったので今回最初からの分が観られて、改めてこの作品の素晴らしさを 感じています。 たくさんの名優さん達、せつないストーリー展開、何より壮大なる北海道の 自然の厳しさの現実・・・と観る者を引き込ませる素晴らしいドラマですよね。 皆さんも「富良野」と聞いただけで何故かウルウルしてしまう、そんなファンの方々 ではないでしょうか。 そこで数ある名シーン、名役、名セリフの中から絞り込んでダントツ一つだけを 教えてくださいませんか? 私の場合ですが、正吉君の「けなまずるい」と有名なおじいちゃんが苦労を共にしてきた 馬を手放した日の夜、深酒して五郎さんの家に来て、純達に 「引き取りに来た車に乗る前にあいつ、わかってやがる。オラの目をじーっと見て 涙流すんじゃ。信じてたオラに何されるかわかってやがる」と言って泣くシーンです。 本当に泣けました。 一つだけなんて無理難題を言ってすみません。 よろしくお願いします。

    トピ内ID:0201616700

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 10 面白い
    • 2 びっくり
    • 11 涙ぽろり
    • 25 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    いしだあゆみ、列車の窓からほたるに手を振るシーン

    しおりをつける
    😢
    閑話暇人
    数ある名シーンの中から1つだけとは… 懸命におかあさんの乗った列車を追いかける、ほたるが、走る、、走る。 ほたるを見つけ、窓から身を乗り出し「ほたるー」と、手を振るいしだあゆみ。 涙なしには見られない名シーン。。。 子供時代の、純とほたるが過ごした富良野は映像を含め「北の国から」の象徴かなぁ。

    トピ内ID:6745890874

    閉じる× 閉じる×

    菅原文太さんの

    しおりをつける
    雪降った
    「誠意ってなんでしょうね…」純君が都会で出会った女の子(ユウキナエさん?)を妊娠・堕胎手術させてしまった後に父親役の菅原文太さんに田中邦衛さんに言った一言… お金や品物で済ませられない事がある… 人一人の命、女の子にも責任が無いわけじゃないけど最後に傷つくのは,女性の方が何倍も有るそして親も悲しませてしまうと改めて思わされた言葉でした。

    トピ内ID:5124687621

    閉じる× 閉じる×

    その馬が雪に車ごと埋もれた純たちを発見するシーン

    しおりをつける
    blank
    名乗るほどでも
    これは現代に生きる我々に大切なメッセージを伝えていると思います。 心が揺さぶられます。 何を感じ取ったかは観た人の心の中に。

    トピ内ID:2358530200

    閉じる× 閉じる×

    私は…87’初恋の

    しおりをつける
    🙂
    エータ
    レスを見て、真っ先に浮かんだのは「87’初恋」の最後、トラックに乗りながら純が、親父の指紋が付いている10,000円札を見ながら涙するシーンです。 また、水道を初めて引いて水が出てくる場面、も好きです。 帰るお母さんが乗っている列車に、蛍が草太兄ちゃんのバイクで追いかけ、空知川の反対側から全力で走り涙を流しながら手を振るシーン。 感動する場面ばかりです。 リアルタイムで見ていました。 大ファンです。

    トピ内ID:5117618014

    閉じる× 閉じる×

    スペシャル「巣立ち」から

    しおりをつける
    blank
    もも
    あいつは助かったんじゃない。生きたんだ。 お前らだったらとっくに諦めて死んでる。 地井武男さんのセリフです。 吹雪の中、動かぬ体で、知恵を絞って、 必死に生き抜いた五朗さんのことを、 純と蛍に話してきかせたシーンです。 純くんと同い年の私なのでこれを観た時は20歳くらいでしたが、 45になった今でも強烈に覚えています。 そして苦しい時、このセリフを思い出します。

    トピ内ID:7322199925

    閉じる× 閉じる×

    丸太小屋の火事に一票

    しおりをつける
    😀
    国士無双
    まったく同感です。私の場合、金曜日も日曜日も見ています。 ご指摘のシーンも印象的でしたが、その他列挙してみると... 1) 富良野から帰る列車に乗った令子を蛍が追うシーン 2) 雪に埋もれた純と雪子を馬が見つけるシーン 3) 令子の葬式で五郎が泣くシーン 4) 丸太小屋の火事 5) 和久井勇次を蛍が駅で追うシーン 6) 五郎が雪かきをしていた屋根から転げ落ち、すんでのところで助けられるシーン 7) タマコが入院している病院で、菅原文太が純を殴るシーン 8) 五郎と純が落石に蛍をたずねた際に五郎が「いつでも富良野に帰って来いよ」と言うシーン 9) 結婚式前に蛍が五郎に挨拶するシーン 10) 中畑和夫が妻ががんだと泣くシーン この中でダントツは 丸太小屋の火事 でしょうか。 唖然、呆然としたシーンでした。 なお、笑えるシーンNo.1は シュウと五郎が露天風呂にいるところを中畑と成田に見つかるシーン です

    トピ内ID:5933976049

    閉じる× 閉じる×

    ほたるちゃんがお母さんの乗った電車を号泣しながら…

    しおりをつける
    🙂
    こけ
    お母さんが末期のガンとわかり、 純と蛍に最後に会うため富良野を訪れる。 純はストレートに嬉しくて嬉しくてはしゃぐのだけど、 蛍は心を開かず一切甘えようとしない。 いよいよお母さんが東京に帰る日、 駅にはホタルの姿が無い。 とうとう見送りにすら来なかったと皆思っているのだけど、 電車の見える草原で蛍は母を待ち、号泣しながら駈けて駆けて 電車を追いかける。 もう書いてるだけで涙が出ます。 子供の持つ哀しみと愛情の深さが胸に刺さります。

    トピ内ID:6509480086

    閉じる× 閉じる×

    倉本作品全部好きです

    しおりをつける
    🍴
    カサブランカ
    トピ主さんのいち押しのシーン、私も大好きで心の奥に残ってます。 倉本聰さんの作品は、お金で買えない大切なもの教えてくれますよね。 蛍と母親が今生の別れとなる、列車のシーン。 お母さんの葬式の時、義理の父親が新しいシューズを買ってくれたものの 五郎が買った安物のすり減った靴をゴミ箱から探すシーン。それを手伝ってくれる おまわりさん。。。書き出すときりがありません。 台詞は正確に覚えてないのでかけませんが、今、思い出してもウルウルします。 倉本さんは挿入歌の使い方も素晴らしいですよね。 ドラマの中には下品な話も出てきますが、全体としたら上品な作品に仕上がってます。 私も、子育て中に見逃した、同じく倉本氏の「風のガーデン」見ました。 これも、感動して泣いてばかりでした。トピ主さん未だでしたら是非!!!

    トピ内ID:7893176932

    閉じる× 閉じる×

    大好きなトピ

    しおりをつける
    🐧
    北の国から
    北のアラ還オジサンです。 昨年より、ハンドルネームは「北の国から」であり、勿論、大のファンです。 平成10年に札幌市から関西に単身赴任し、雪の無い冬がある面寂しく、 「北の国から」のビデオを借り始めました。 それ以降、今でもほぼ毎週のように借りて見ています。(たぶん全編30回くらい見ているのかな・・) 小学校から高校まで、北海道の田舎で育ち、まさに「北の国から」の情景の場所で生活をしていました。 名役、名シーン、名セリフは、大滝秀治が演ずる北村清吉が、大友柳太郎が演じた笠松杵治の葬式で語った言葉です。 「仏の杵治が、なぜ偏屈になったか。それは、皆が杵治の過去の努力等を忘れてしまったからだ」 人間は、周囲の人に理解されなくなる事は、大変つらい事を示していると思います。 大滝秀治と大友柳太郎は、ともに故人となりましたが、鬼気迫る演技には、胸を打たれます。 良いトピを有難うございました。

    トピ内ID:2781901092

    閉じる× 閉じる×

    中畑のおじさん

    しおりをつける
    blank
    buchiko
    「北の国から」はリアルタイムで見ていました。 純や蛍と同世代なので、自分の日常とシンクロする部分が多く、セリフのひとつひとつが胸に響きました。 DVDも全部持っています。 甲乙付けがたい名シーン・名セリフがありますが、1つということなので、古尾谷さんとのシーンや伊佐山さんとのシーンは他の方にお任せして。 「2002遺言」の中で、五郎に妻のがんの再発を告げる中畑のおじさんの涙のシーンがとても印象に残りました。 メイキングも見ていたので、演技を超えた涙に胸を打たれました。

    トピ内ID:9536095320

    閉じる× 閉じる×

    蛍~

    しおりをつける
    🙂
    るなまり
    富良野へ会いに来た母親(石田あゆみ演)に冷たく接する蛍。 父と母の別れの原因が母親の不倫であることを、蛍は知っていたのです。 何も知らない純は、母親の来訪に有頂天でしたが、蛍は一緒に出かけようとも しません。母親は、そんな娘の気持ちを知っていたものの 寂しい気持ちで帰りの電車に乗ります。 見送りの時にも笑顔を見せなかった蛍なのに、 母親の乗っている電車をが動き出すと涙ながらに追いかけます。 もうだめ。書いてるだけで泣けます。

    トピ内ID:8938372765

    閉じる× 閉じる×

    まさに名作です

    しおりをつける
    みずたま
    長年のファンです。 何度も富良野を訪ねて、富良野市街地や麓郷地区に出向いています。 観光のトップシーズンを外すと本当にのどかな場所で、石の家と移設されたという最初の家に行った時には他のお客さんが誰もいなかったのをいいことに、何時間もいすわってしまいました。 石の家ももちろん良いけど、やはり私には最初の家はとても感慨深いものがあり、居間にくつろぎながら黒板家の一員にでもなったような気持ちになりました。 くまげらさんももしまだでしたら是非あの辺りのロケ地めぐりオススメします。 そこらじゅうに観たことのある景色が残ってますよ。資料館もよしです。 あ!本題はセリフでしたね。 ドラマスタート時からリアルタイムで何度もくりかえし観ている私の方側も長い年月の間に状況が色々変わりまして、好きなシーンもだいぶ変わりました。 特に自分に娘が産まれて以降はいしだあゆみさん扮する母レイコさんが乗った汽車を泣きながら無言で追いかける蛍ちゃんのシーンが一番ぐっときます。 そしてレイコさんの「ほたる~!」ですね。 しかも五郎さんにも純くんにも言わずに行ったってとこがまたよしでした。

    トピ内ID:0566797902

    閉じる× 閉じる×

    ぱっと

    しおりをつける
    🐱
    ヘムレン
    浮かんだのは、走って汽車を追いかける蛍です。リアルタイムで見てました。富良野も何度も行きました。皆さんのレス楽しみです。

    トピ内ID:6098768452

    閉じる× 閉じる×

    遺言・・でなかったかな?

    しおりをつける
    😀
    ebiko
    富良野に住んでいた父親がエキストラで出演。 入院患者の役です。 蛍ちゃんに身体を拭いて貰うのです。 あの頃は鼻髭を蓄えて老後を楽しんでいました。 確か始まって10分くらい経った時に父が出て来ました。 もう父は亡くなって13年。 数年前に「JAL」で海外に行った時、機内で「北の国から」のビデオを見ました。 「あ~父さんは毎日こうして飛行機で世界旅行してるのか」と感激。 またJALの機内で父に会いたいです。

    トピ内ID:6131977347

    閉じる× 閉じる×

    私も蛍の…

    しおりをつける
    🐧
    雪かき疲れた~
    私も、蛍が列車を追いかけて泣きながら走るあのシーンです。 ひとつと言われればこれに尽きます。 正吉のお爺さんが五郎さんちに来て馬のことを語るあのシーンも、本当に泣かされますよね。 大友柳太郎さん、本当に素晴らしい俳優でした。 ジーンと感動に浸っている主さんに水を差すようですが、 >「けなまずるい」 ではなく、「へなまずるい」という北海道弁です。(苦笑)

    トピ内ID:8634709829

    閉じる× 閉じる×

    このトピを見つけて

    しおりをつける
    🙂
    まるもり
    言葉にならないものがありまして・・・ でも、うまい言葉が見つからなくてお気に入りにいれ みなさんのコメントを読みましたが 涙が止まりません。 当時中3でリアルタイムに見てました。 いつか富良野へ行ってみたくて、就職して何度か行きました。 富良野が好きすぎて、25歳のとき家族に1年限定でいいからと 富良野住むことを了承してもらい住みました。 生まれてきた子供には富良野のイメージから 「ふらの」「穂野花」「麦」などとあれこれ名前を思い巡らせ それ以外の富良野を連想する名前をつけました。 我が家にはすべてのDVDがあります。 また全部見直そうと思います。 わたしにとっては北の国からの出演者全員のせりふが 名言に聞こえます。

    トピ内ID:3206072784

    閉じる× 閉じる×

    再レスします

    しおりをつける
    🐧
    北の国から
    再レスします。 五郎が、息子と娘への愛情を感じるシーンとセリフを各1ずつ 純へ:東京で働きはじめ、たまこを妊娠させてしまい、五郎が東京に出てきた。   純「職を何回も変えてしまった」   五郎「それは、黒板家の家系だ。俺は5回も変えた。気にするな」   *離れていても、常に父親は息子の味方 蛍へ:根室の近くの落石に、医者と住む家へ、純と二人で行ったとき。    蛍は、心を固く閉ざした返答に終始していた。    別れ際に五郎が叫んだ   五郎「蛍、いつでも富良野に帰ってこいよ・・」   蛍は反応し、五郎のもとに駆け寄り、泣きながら本当の気持ちを話しはじめる。   *特にこのシーンでは涙涙です。 北の国からの、大きなテーマの一つに、家族愛があると思います。 私の家族に、押し当てて考えさせられます。

    トピ内ID:2781901092

    閉じる× 閉じる×

    五郎が令子の葬式に間に合わなかった理由

    しおりをつける
    blank
    そこそこ高齢
    都会で育った自分の無知さを思い知りました。 ときどき奨学金等で一緒くたに攻撃されている人のなかに 黒板家のような人がいませんように・・・と願うばかりです。

    トピ内ID:2802459238

    閉じる× 閉じる×

    内田有紀

    しおりをつける
    blank
    とくめい
    内田有紀がきれいでした。役柄そのままに相手役と結婚してしまったことは泣けました。

    トピ内ID:2255391991

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました

    しおりをつける
    blank
    くまげら
    トピ主くまげらです。 レスをいただき嬉しく拝読いたしました。ありがとうございました。 ひとつだけなんて、あまりにも酷なお願いをしてしまい申し訳ありませんでした。 皆様、それぞれに思い入れがあって悩ませてしまいました。 挙げてくださった名シーン、名優さん、名セリフ・・・どれもこれも 皆様と同じ想いで観ておりました。 名指しですみません。 カサブランカ様 風のガーデンも優しい時間も拝啓親父さま(だったかな?)も大好きです。 新富良野プリンスの森の時計で、ドラマのようにカウンターでミルをゴリゴリしたくて 1時間並びました。 雪かき疲れた~様 そうでした!へなまずるいでしたね!うろ覚えで書いて失礼しました。 まだレスをいただけるのなら、楽しみにお待ちしています。

    トピ内ID:0201616700

    閉じる× 閉じる×

    葬儀に遅刻

    しおりをつける
    🙂
    おやじ
    令子さんの葬儀の回に大滝秀治さんが語る五郎が遅れた理由 と それを知って純と蛍が捨てられた靴を探しに行き その理由を知って手伝ってくれるおまわりさんのシーン が想い浮かびます。人情とお金の大切さ。

    トピ内ID:7878321546

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]