詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    よりごのみ

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    パイ
    話題
    時代物のテレビドラマで「よりごのみのもの」と言っていました。 文脈から「選り好み(えりごのみ)の者」のことだと理解しました。 私の古い辞書では「えりごのみ」の説明はありますが、「よりごのみ」は「→えりごのみ」となっていました。 今の時代、可能性の高いのはどれでしょうか? (1)台本に「よりごのみ」とあった (2)台本に「選り好み(よりごのみ)」とあった (3)台本に「選り好み」とあったのを、役者さんが「よりごのみ」と読んだ。 ある説では昔は「えりごのみ」だったが、徐々に「よりごのみ」も使われるようになったとか?

    トピ内ID:4079730038

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 2 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 9 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    どっちでも

    しおりをつける
    🙂
    さき
    日本をにっぽんと言ったか、にほんと言ったか、くらいの話にしか思えませんが、実はもっと奥深い差でもあるのでしょうか。 えりごのみ、より、よりごのみ、の方がしっくりきますけれど。

    トピ内ID:4754322412

    閉じる× 閉じる×

    えりごのみ

    しおりをつける
    😉
    味ごのみ
    よりごのみ、同じ。 正しいと言えば、選り好みはえりごのみ。 選りは、よりと読む。 選りを、えりとは読まない? 選り好みと書けば、えりごのみと読む。 そう習うが、選り取り見取りはよりどりみどり。 よりどり選り取りがあるから、よりごのみ選り好みを間違いではない。 知的な人は、えりごのみを使っているようです。 役者さんの台詞の件はわかりませんが、可能性は3ではないかと思います。 お勉強になりました。笑

    トピ内ID:1462353722

    閉じる× 閉じる×

    私は両方使うけどね

    しおりをつける
    blank
    吉四六
    私の使い分けはその時の気分。 要は「選る」をどう読むかでしょ? 「える」も「よる」も使うからね。 古いのは「える」だけど、「よる」がダメっつうわけでもない。 「よりわける」の方が「えりわける」よりかなり優勢じゃない? あと、チビの時に子供達にくれたお菓子の大きいのを取ろうとしてたら親に「よるな!(選り好みするな)」 って叱られてたっすが。高低低アクセントね。 「えるな!」だと何だかわからないっすね。 ただ、時代劇の脚本だったら読み方決まってたろうと思うよ。 脚本家か言葉の指導者(「方言指導」とかで名前が出てるよね)が「よ」にしてると思う。

    トピ内ID:3360068500

    閉じる× 閉じる×

    (3)

    しおりをつける
    blank
    まか
    ↑ちげえねぇ…

    トピ内ID:5430330475

    閉じる× 閉じる×

    台本だと思います

    しおりをつける
    🙂
    めんどくさがり
    某刑事ドラマで、言葉遣いにうるさいはずの某警部殿が、オイオイそれで良いんかい?と思うような言葉を使うこともあります。 すべては台本だと思います。 そして、それを修正する人か時間か、どちらか、もしくは両方が不足しているのだと思います。 人件費が削られ、教育体制が崩れ、十分な経験を積めないままに少ない人員で無理やり回しているのは、どこの業界も同じなのでしょう。

    トピ内ID:1247186352

    閉じる× 閉じる×

    はやばやと

    しおりをつける
    🙂
    パイ
    レス、ありがとうございます。 たしかに「選り」は「より」のほうが自然な場合もありますね。 代表は「よりどりみどり」でしょうか? そして昔は、私も米に混じっている石ころや虫を「よって」いました。(笑) あらためて「よりごのみのもの」とは変な言葉で、「よりすぐりのもの」と言ったのかもしれませんがドラマ自体には興味が無いので確認しませんでした。 でも今回のトピに関しては大差ないと思いますのでご容赦ください。 時代考証があったのかどうか知りませんが、400年以上前の戦国時代の武士なら「えり」といって欲しかったと思うのが個人の感想です。 しかし「えり」と言ったら、今の人はなんのことと思うかもしれませんですね。 言葉とは不思議なもので、つい最近「○○○落ちた、○○死ね!」が大きく取り上げられました。 私も最初は随分乱暴な言葉だなーと思ったのですが、すぐそのメッセージを受け止めることができました。 これが美辞麗句を交えて語られたらどう推移したであろうかとも思う今日この頃です。

    トピ内ID:4079730038

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]