詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お知恵拝借、ブログの書き方

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    アメリカ小町
    話題
    最近、ブログを始めました。主に今は成人した子供の人生を思い出しながら書いています。

    ブログで『夫』の事を書く時や、友達や家族以外の人たちと話す時には『主人』と言う言葉を使っているのですが、余りしっくりきません。

    『主人』と言うと、なんだか、彼が主な人で、私が従みたいで本当は嫌なんです。我が家は、家事でも仕事でも育児でも、出来る人がやる主義で、お互いの足りない所を補い共存しています。ですから、基本的に対等の関係です。

    でも、私が日本で教育を受けた半世紀前は、『妻』が『夫』の事を話す時には『主人』と言う言葉が当たり前だったので、文章にしたり、友達や家族以外に話す時にはやはり『主人』と言う言葉を使ってしまいます。

    普段は主人の事を名前で呼んでおります。(今も、とっさに『主人』と書いてしまいましたね。笑)

    今では兼業主婦が多く、夫婦間は対等が当たり前の日本ですよね?日本語も色々変わってきているのを感じます。『主人』と言う言葉は死語に近くなってきているはずだと思うのですが如何でしょうか?

    質問に戻りますが、上記の様なブログを書く際に、『夫』の事は何と書くのが適切でしょうか?お知恵拝借させて頂けたら幸いです。宜しくお願いします。

    トピ内ID:6661581016

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 25 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    夫でいいのでは?

    しおりをつける
    blank
    みさ
    公的書類でも何でもない、ブログは自由なものです。
    だから、夫で良いと思います。

    >『主人』と言う言葉は死語に近くなってきているはずだと思うのですが如何でしょうか?

    死語ではありません。
    今も一般的に使われている言葉です。
    自分に違和感があるからといって、勝手に死語にしないでください。

    言葉狩りのつもりなら、自分の中におさめてください。
    もうたくさんです。

    トピ内ID:3472066142

    閉じる× 閉じる×

    夫 か 旦那

    しおりをつける
    😑
    ええ???
    どういう口調で書いているのかわかりませんが「夫が・・・」「旦那が・・・」でいいじゃないですか?
    ちょっと優しい口調にするなら「旦那さんが・・・」「旦那さまが・・・」とか。


    読んでるほうは、主人だろうが、夫だろうが、旦那だろうが・・・たいした差はないし、なんとも思ってないですよ。
    誰なのかがわかればそれで十分です。

    トピ内ID:2088272278

    閉じる× 閉じる×

    私は

    しおりをつける
    blank
    みゆき
    「夫」と書いています。

    対等の関係だとか、そんなことは意識したこともないです。

    トピ内ID:2831831656

    閉じる× 閉じる×

    主人は絶対ダメです

    しおりをつける
    🙂
    トビガエル
    主人って言ったり書いたりする人って、「自分」というものが無い印象を与えます。
    使用人根性というか…
    かといって「旦那」と書くのもちょっと下品。
    一番マシなのは「夫」でしょうか。

    おすすめは「オット」とか「ダンナ」とカタカナで書くことです。
    「ダンナ」は若い人向けなのでトピ主さんには「オット」がいいかな。

    トピ内ID:9118014239

    閉じる× 閉じる×

    「夫」と書いています

    しおりをつける
    blank
    RL
    私はブログでは「夫」と書いています。

    人と話すときは「主人」とか「旦那」を使います。

    トピ内ID:1169431157

    閉じる× 閉じる×

    「夫」でよいと思います

    しおりをつける
    🙂
    るいるいこ
    50代です。

    私も「主人」は私が従のようで嫌なので、会社など公的な場では「主人」ではなく「山田(仮名)」と苗字で呼んでいます。

    ブログでは本名はイヤでしょうから「夫」でよいのではないでしょうか。

    あるいは、子どものことを書くブログなら、いっそ「父親」「パパ」などではいかがですか。

    トピ内ID:2689990966

    閉じる× 閉じる×

    いろいろ読めばいいじゃない?

    しおりをつける
    🙂
    まみ
    ほかの人のブログ読んでしっくりする呼び名使えばいいんじゃないかな?

    主人、夫、相方、おやぢなどいろいろありますよ。
    そのほかには夫のことをHNつけて書いてるブログもありますよ。

    トピ内ID:9820366005

    閉じる× 閉じる×

    夫って書いてます

    しおりをつける
    😨
    あさ
    主人なんて人前でも呼んだことがありません。
    人前でもブログでも夫です。
    友達の前では旦那っていうこともあります。
    トピ主さんは、夫と書いてはいけないと思うから聞いてるんでしょうか?

    トピ内ID:7907884085

    閉じる× 閉じる×

    レスをありがとうごさいました。

    しおりをつける
    🙂
    アメリカ小町
    ポチ投票で、『びっくり』が多かったので、何故だろうと思ったのですが、『夫』の事を『夫』と書く考えが無かった私にびっくりだったんですね、、、。気がついて自笑してしまいました。

    子供の事が中心の家族のブログなので、『パパ』とか、『ダディ』とか、『お父さん』の様な父親を表す言葉を使うのかなとも思っていました。

    『言葉狩りのつもり』は全くありませんでした。と言うか、『言葉狩り』という言葉は初めて聞きました。お気を悪くされた皆様、ごめんなさい。

    『オット』ですね、、、『夫』より何故かしっくりきますね。実際にブログに入れてみます。(『ダンナ』も良いかな~~。)本当に、ありがとうございました。

    トピ内ID:6661581016

    閉じる× 閉じる×

    楽しい

    しおりをつける
    🙂
    ss
    >『夫』の事は何と書くのが適切でしょうか?
    そんなの、その時の気分と書く内容によって好きなようにすればいいでしょう。

    何しろトピ主さんのブログだからね。

    「夫」「主人」「旦那」「亭主」「連れ合い」「宿六」「あいつ」「ハニー」etc、考えるだけでも楽しいよ。
    誰だって、色々使い分けてるよ。

    トピ内ID:1814215267

    閉じる× 閉じる×

    滅多にレスしないのですが

    しおりをつける
    blank
    おもち
    みささんにとても同感です。「主人」、今でも普通に使う言葉だと思います。当方在米ですが、使ってらっしゃる日本人女性、たくさんいらっしゃいます。その言葉を聞く方は、「今お話しをされている女性の方の伴侶」という意味でしか受け取っていないと思います。

    >『主人』と言うと、なんだか、彼が主な人で、私が従みたいで本当は嫌なんです。

    「主人」という言葉そのものより、この考えの方がはるか昔に廃れていると思うのですけどね。

    このトピ主さんだけでなく、私の周りでもたまーにいます、同じこと言う人。「言葉狩り」、ぴったりの表現だと思います。全く馬鹿馬鹿しい限りです。

    トピ内ID:3576275445

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0