詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    結婚生活についてもやもやします

    お気に入り追加
    レス27
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😑
    なまこあら
    恋愛
    25才で年収450万の既婚者女です
    相手は30才で年収700万くらいです
    共働きでこどもはいません

    最近結婚生活についてもやもやします
    今は子供がいませんが、
    いずれ子供ができたら仕事は20時までなため
    辞めなくてはいけません
    できたとしてもパートです
    仕事内容と給料も気に入ってますが
    正社員を続けるのは体力的に厳しいし
    子供を頼める人もいないからです

    相手は子供ができても辞めなくてすむし
    仕事でどんどん認められていくのに。
    私はパートはできても
    正社員ではないために
    社会的に認められることもなく
    歳をとっていくと思うと、
    男のひとが
    出産子育てのせいで
    自分のスキルやキャリアを
    無駄にしなくていいことについて
    ずるいと思ってしまいます
    もちろん子育ては立派な仕事だとおもいますが
    社会的な役職とかは得られません
    男のひとは両方手に入れられるのに
    不平等だと思ってしまいます
    皆さんはどう思いますか?

    またそれなら子供を生まなきゃいい
    という意見はなしでお願いします

    トピ内ID:7696143743

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 71 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 75 エール
    • 13 なるほど

    レス

    レス数27

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    残念ながらその通りですが、

    しおりをつける
    blank
    bee-a
    現在の日本の社会は、特に既婚女性は1.5~2倍頑張らないと、
    社会人として男性と肩を並べられないと思いますね。

    さて、ただトピ主さん、この問題はまず結婚前に考えておくべきでした。

    もう一つ。
    私は昔の会社でしたから出産で会社を辞めざるを得ませんでしたが、
    その後、独立開業してキャリアを積んでいます。
    こうすれば、自分のスキルもキャリアも無駄になりません。
    その代わり、子供は2か月で保育園に入れなければならなかったし、、
    朝から晩まで、仕事と子育てしかしていない「我慢の時間」がかなり長かったです。
    でもその時には、旦那もフル回転で子育てしてましたよ。
    私が出張の日は、旦那が一人で子供二人の面倒を見ていました。
    弁当も作って持たせていました。
    二人の子供だから、二人で育てるのは当たり前。

    ずるい、不平等、それはそうかもしれませんが、
    自分がどうするか、また、自分が変わると話が早いですよ。
    トピ主さんはまだ若いし、どんなチャンスだってあります。
    不平不満を言う前に、自分が切り開くべき道を見据えましょうよ。
    まだ何もチャレンジしていないのに、不満を並べても、良い結果は産みません。

    トピ内ID:8484043657

    閉じる× 閉じる×

    その通りだけど。

    しおりをつける
    blank
    わかめ
    >またそれなら子供を生まなきゃいい
    >という意見はなしで…

    だったら、それなら離婚して一人になればいい!…でも良いですか?

    まず意見がほしいなら、主さんの職場の産休育休や育休明けの就業状況をトピに載せましょう。
    今時、産休育休がない職場は、ほぼないはずです。
    辞めなゃならないって言うのは違うんじゃない?

    次に、ご主人にもどの程度の協力が可能か聞きましょう。
    夫婦なんだから、ご主人の意見も重要でしょ?
    それもトピに載せましょう。

    各家庭ごとに、夫婦ごとに価値観もやり方も色々だと思います。
    それを一口に「ずるい」というなら、結婚しなければ良いですよ。
    あれもこれも全部を手に入れる事は不可能です。

    トピ内ID:3729330003

    閉じる× 閉じる×

    男性が辞めてるご夫婦もあるそうですよ

    しおりをつける
    🙂
    めんどくさがり
    テレビで見ました。
    奥さまの方が仕事ができて、奥さまの方が収入が良いから、夫婦で話し合って決めたんですって。
    ご主人さまが専業主夫で家事も育児もして、奥さまは産休だけとって仕事バリバリやって、海外出張もこなして出世もしていらっしゃるとか。

    トピ主さまが出産後は家庭に入った方が、トピ主様ご夫婦にとっては得策というだけのことで、同様のご夫婦もまだまだ多いかもしれません。
    それでも、女だから、男だから、という問題では無いと思いますよ。

    トピ内ID:7409868623

    閉じる× 閉じる×

    産休・育休制度は無いんですか?

    しおりをつける
    🙂
    おっさん
     今は子供ができても、産休・育休制度を使って、職場復帰している女性はたくさんいますよ。
     私の以前の職場でも、そういう女性が何人もいました。
     貴女の今の職場には産休・育休制度は無いんですか?
     もし制度が無く、出産後も仕事を続けたいのなら、今のうちに制度の完備しているところへの転職を考えたら、いかがですか?
     一般的な企業や公務員なら、産休・育休制度は完備しているはずですが。

    トピ内ID:0352947034

    閉じる× 閉じる×

    働き続ける

    しおりをつける
    🐴
    うまうま
    妊娠・出産・子育てはそれぞれ大変な仕事ですが、その間にドロップアウトしてしまうとそうなってしまいますよね。

    働き続けるのが一番いいと思いますよ。
    保育園とかそのほかの社会的資源(親とか)を使いまくって、働きながら子どもを育てるんです。
    相手は子供ができても辞めなくてすむと言いますが、ご主人に育休とってもらってトピ主が稼ぐということだってできますよ。
    実際にはそこまで平等ではないですし、女性のほうが苦労は多いとは思います。だから家庭に入る女性のほうが多いのでしょうね。

    私も妊娠・出産を経て子育て中ですが、3か月だけお休みしたものの、その後は仕事をしています。
    健康だからこそできていることだと思いますし、両親の助けもなく、夫婦だけでやって行くのは大変ですが、仕事を続けるにはこれしかないと思いますね。

    トピ内ID:5346985557

    閉じる× 閉じる×

    そうですね

    しおりをつける
    blank
    ご飯
    裏を返せば、男性は育児参画したくても育休や時短が取れず、また育児を理由になにかを翻意にすることがほぼ不可能な状態です。
    男性の、家庭への貢献は経済活動が主になりますが(社会的にも個人的にもそう強いられています)、残念ながら最近は軽視される向きがあり、子供達の愛も直接世話を焼いてくれる母に集中しがちです。
    キャリア志向でない男性にとっては、育児に合わせて仕事をセーブできる女性を羨ましく思うでしょう。ずるい、というでしょう。

    男女にかかわらず、それぞれが望む人生を送れるといいですね。
    キャリア志向の女性がいたっていいし、専業主夫志望の男性がいたっていい。
    当たり前にそれらが受け入れられる未来がくることを望みます。

    トピ内ID:3565986614

    閉じる× 閉じる×

    もしかしたら

    しおりをつける
    🙂
    30才主婦
    昨年子供を産みました。

    聞き飽きたかもしれませんが、育児は女性の特権です。

    男性は或る日突然父になるので、最初は実感がないそうです。
    女性はお腹の中の子供を感じながら妊娠期を過ごし、母としての自覚が備わっていきます。

    いくらイクメンや男性の育児休暇があろうと、
    動物の本能としてやっぱり育児は母がするように
    体が作られてるんだなと思う場面がいくつもありました。
    母親は幸せです。
    男の人は背伸びしようが何しようが手には出来ません。

    男性は子供も社会的地位も手にできます。
    でも、子供と関わる時間、育児の幸せはどうでしょう。

    あとは、社会的地位についてですが、
    子育ては素晴らしい仕事で辛いこともあり頑張ってるのに、
    日本社会の中で軽視されてるのには苛立ちを覚えます。

    どうせ女は…とか、思ってる職場の男も嫌いですね。

    もしかしたら、あなたも
    「育児中のパートの女性」
    を軽視してるから苛立つのでは?

    トピ内ID:1416709504

    閉じる× 閉じる×

    あなたがどう思うか、生きるかでは?

    しおりをつける
    🙂
    にゅうめん
    人がどう思うかではなく、あなたがどう思うか、生きるかということではありませんか。

    妊娠や出産でどうしても仕事が出来ない期間が生じるのは、それは仕方ないことだと思います。

    でも、結婚して出産しても正社員で働いている女性はたくさんいますし、それなりの役職や地位についてるなど、男性と同様にキャリアアップしている女性だっていますよね。

    あなたも終業時間が遅い、体力的に厳しい、子供を頼める人がいない、男性はずるいなどと言って諦めるのではなく、それらをクリアする方法を考えればいいのではありませんか。

    もちろん、それには夫の協力が不可欠でしょうし、夫のキャリアにも影響したり、場合によっては収入減になることも、保育料の負担増で生活が逼迫することもあるかも知れません。

    あるいは、夫が仕事を辞めて家事育児をし、あなたが働いて家計を担うという方法もあります。

    また、より制度の整っている企業に転職したり、職種を問わなければ、女性でも正社員で定年まで働ける仕事もあります。

    人がどう思うかではなくあなたがどう生きたいか、夫の協力も含めて、実現するための努力が出来るかではありませんか。

    トピ内ID:4635288732

    閉じる× 閉じる×

    その通りですよ。大変な男女不平等です。

    しおりをつける
    🙂
    仕事を手放すのは最悪
    その通りですよ。

    働く女性が結婚して子供を産むということは、今のこの国の社会ではそういうことになります。

    あまりにもひどい男女不平等です。男女差別とも言います。

    女性が子供を産み育てながら働くようになったので、そのような異様な不平等が起こります。


    親世代とは全く異なる社会です。かといって男性の収入に頼る専業主婦は、惨めですよ。

    今、この国の社会が少しずつ、

    女性も働きながら、男性とも家事育児を分担し、女性も仕事を辞めなくていいようにと、色々な制度を考えつつありますが、

    女性の人生や妊娠・出産・育児で失う仕事や生涯収入の巨額な損失について、男性は他人事(ひとごと)なので、なかなか政策が進みません。

    こういう男女不平等が酷い社会が納得いかない人は、結婚しなかったり、子供を産まなかったりしている。

    それもまた今の時代には、やむなく、そしてある意味安全な生き方です。

    まだまだはるかな年月かかる過渡期なので、女性は大変だと思います。

    離婚率も高いので、結婚や出産や育児で退職して、専業主婦後に離婚になれば路頭に迷うしね。

    現代では、結婚と子を持つことは最大のリスク。

    トピ内ID:9951620781

    閉じる× 閉じる×

    やめなくても大丈夫!

    しおりをつける
    🐱
    ふかふか
    主さん、年収450万ですよね。夫さんはさらに高収入。
    主さんが退職して、パートで働くとしたら、せいぜい年収130万。
    差額は320万。

    この320万、全額家事育児のアウトソーシングに突っ込む覚悟があれば、お仕事は継続できます。保育園激戦区の都心なら、450万は必要かもしれません…
    具体的には、ベビーシッターさんに保育園の迎えから、主さん(or夫さん)の帰宅までの育児、可能であれば家事も。
    病児保育も同様。

    机上の空論だろ!と思われそうですが、まだ育休なども万全ではなかった20年近く前、知り合いの女性が採用されていた方法です。彼女は当時大学教授で、お子さんは双子さんでした。
    もちろん、アウトソーシングだから育児は手間なし~ではなく、人にお願いするからこその、大変さもあったと伺っています。

    将来のキャリアを、お金&子どもとの時間の大部分で買う。
    克服すべきは、発生するであろう罪悪感。異なる価値観の人のあーやこーやをスルーする強さ。
    そこまでするのは…と思われるなら、主さんの優先順位が高い項目は何か、今一度ご再考されるのがよいのではないでしょうか?

    トピ内ID:5660063636

    閉じる× 閉じる×

    いや~、いまは平等な決まりですから、

    しおりをつける
    blank
    幸ひ住むと人のいふ
    産休だけとって、夫に離職してもらって育児を担当してもらえばいいのでは?
    ぜひ提案してみましょう。
    そのお考えなら最初から無職か非正規低収入の男性と結婚していたらスンナリいったかも。

    歴史的構造的には女性が子供を産んで育てるという動物としての機能を全うできるように結婚制度が作られ、男性が稼ぎを要求される決まりになった。それが可能になった根拠といえば、女性は出産適齢期に一方的に魅力的になり、男性はせっかく思春期が来ても体ひとつじゃ欲しがってもらえない、すなわち不利だからです。最初に不平等があったわけです。
    不公平だ不平等だと文句がおありなようですが、もし平等だったら、男性も体ひとつで女性と対等に性的に渡り合えるから、社会も政治経済軍事といった社会的価値も結婚制度も発明されなかったでしょう。地位も業績もあったもんじゃありません。
    また何より、平等だと女性は出産と子育てを自分ひとりの問題として処理しなくてはならなくなるから、人類は繁殖できなかったでしょう。

    本気で平等を望むなら限定的で表面的な自分都合でなく根本的にやらないと平等とはいえない。

    人は与えられた条件内で頑張るしかありません。

    トピ内ID:2651842678

    閉じる× 閉じる×

    転職すれば?

    しおりをつける
    🙂
    ほえ?
    妊娠前に、5時終わりの会社に転職すればよいのでは?

    そもそもキャリアと家庭の両方が欲しい女性は、
    それなりの対策を練った上で就職したり結婚時期を決めたりしてますよ。

    トピ内ID:8821378414

    閉じる× 閉じる×

    2人のお金で

    しおりをつける
    🙂
    まる
    シッターでも雇って、2人で今までどおり働けばいいじゃん。
    そうすれば、2人ともキャリアを捨てずにすむよ。
    それか、ご主人に主夫かアルバイトになってもらえば?

    トピ内ID:3814033483

    閉じる× 閉じる×

    平等と公正の違い

    しおりをつける
    🐤
    WOW
    トピ主が望むような結果にならない根本の原因は男性がずるいからではないと思いますよ。
    もちろん一部にずるい男性はいますが、それはまた別の問題です。

    出産に関しては平等です。
    トピ主の求めているのは平等ではなく公正ではないですか?
    「平等と公正の違い」で検索してみてください。
    同じ権利や待遇を与えても(=平等でも)人によって元々の状態や持っている能力が違うので同じ結果にはなりません。
    現実の世界は複雑で公正を実現するのは難しいし、公正を実現するための原資をどこから持ってくるかという問題もあります。

    育児に関しても基本的に平等ですが、現時点では男性も女性も母親がメインで育児をする方がいいという判断があるのだと思います。
    少ないながら男性が育児休暇を取って女性が主たる稼ぎ手になるという選択をする夫婦もいますが、それを選ばないのは男性(夫)が反対するからだけではないはずです。
    女性は結婚相手に自分以上の年収を望むケースが多いです。それは出産や育児で自分が働けなくなった場合に、経済的に夫を頼る必要があると考えているからでしょう。多くの場合、妻も夫が主たる稼ぎ手だと思っているのです。

    トピ内ID:2743753867

    閉じる× 閉じる×

    与えられた環境でベストを尽くす

    しおりをつける
    🙂
    まき
    40代、2児の母です。
    自分のキャリアは途中で諦めました。

    30後半まで、同じ様な悩みに苦しみましたから、気持ち解ります。
    ひどい、ずるいって思いますよね。
    私も、できることなら、夫に子供を産んで欲しかったです。

    でもね、性別や年代にかかわらず、自分が100%満足できる環境にいられる人なんていないということにやっと気づきました。

    自分に与えられた環境、条件でベストを尽くすしかないです。
    そして、がんばっていれば、やっぱり報われると思います。
    色々な形で。。。

    80年の人生を考えれば、25歳はまだはじまったばかり。
    楽しいこと、たくさん待っていますよ。がんばりましょう!

    トピ内ID:9074159023

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      それはたんに

      しおりをつける
      🙂
      匿名
      相手選びに失敗してるだけでしょ?

      自分のせいだよ。

      キャリア捨てたくないなら、自営の男性なり主夫希望男性なりと結婚したらいいのよ。

      トピ内ID:4348526543

      閉じる× 閉じる×

      女性は、子供を持つと自分の人生(経済基盤も)失う率が高い。

      しおりをつける
      🙂
      現実を知っておくこと
      その通りです。それがこの国の男女不平等。

      女性は、子供を持つと自分の人生(経済基盤も)失う率が高い。

      退職せざるを得なかったり
      途中からパートになったり
      病気がちな子供のためや寂しがる子供のために退職せざるを得なかったり
      家事育児で忙しいと、夫から退職を希望されたり

      子育てのために犠牲になるのはいつも妻だけ。

      中にはラッキーなことに良い夫を持ち、家事育児を分担して、夫婦ともに働きキャリアも継続できる女性もいるが、
      自分の場合がどうなるかはくじ引きのようなものなのが現実。

      一度仕事を辞めれば、今の時代は、特殊な資格職か技能でもなければ、もう、正社員再就職などは夢のまた夢。障害、パートや派遣などで低賃金の人生。

      これで離婚すれば、路頭に迷い、生きていけなくなる。

      子供を持たなければ、そのようなリスクはない。

      子供を持ちつつ働ける社会ではない。大企業は改善しつつあり
      そういう職場の女性は恩恵にあずかれるが、

      社会のほとんどの企業は中小企業。
      ほとんどの女性は、子供を持つことが人生を掛けた大きなリスクになる。

      この国の社会も少しずつ変わりつつあるが、まだまだ程遠い。

      トピ内ID:9951620781

      閉じる× 閉じる×

      わかるわかる

      しおりをつける
      🙂
      なな
      同じこと思ってました。「男の人は家庭も子供もキャリアも、何もかも手に入れられていいなー。命かけなくても奥さんが産んで育ててくれるんだもんなー」って。
      でも、じゃあ男に生まれたかったかというと、やっぱりそれは違うんですよね。
      男は自分では子供産めない。「子供を育てるから専業主夫に」の選択肢もかなり難しい。それはやっぱり「羨ましくない」です。

      もしトピ主さんが、それでも男に生まれたかった!というくらいに仕事に執着があるならば、20時帰宅だろうと何だろうと、仕事を続ければいいと思いますよ。
      もちろん楽ではないでしょう。でも、本当に仕事をやる気があるなら、できなくはないと思います。

      あるいは、旦那様に専業主夫になってもらう。それだけ年収差があれば厳しいとは思いますが・・。
      年収差は結局「どちらが外で稼ぐのに向いているか」の指標なんですよ。夫婦どちらかが仕事を犠牲にしないといけないなら、向いてないほうが犠牲になるしかない。
      これは男女関係なく、能力の問題です。
      そう思えば諦めもつきません?

      何にせよ、まだ時間はあるので、いろいろ考えて後悔のないように準備をしてください。

      トピ内ID:3909699929

      閉じる× 閉じる×

      ベビーシッターを雇えば良いんじゃないかな?

      しおりをつける
      🙂
      異数合計
       なんだったら住み込みで24時間体制で。支払いは、ご主人と折半しましょうね。え? 折半は嫌、収入比だ?
       自分のスキルやキャリアと鼻息荒くしていらっしゃいますが、トピ主様に家族を背負って一生働く覚悟や能力があるとは思えません。仮に出産育児で中断しなかったとしたら、30歳で年収700万稼ぐ自信があるんですか?

      トピ内ID:8592174533

      閉じる× 閉じる×

      結婚しても仕事を続けるのが理想的です

      しおりをつける
      🐴
       子供を育てながら仕事を続けるのは可能です。シングルマザーの方は皆んなそうしてます。まして、貴方は伴侶があるのですから、シングルマザーよりは有利な筈です。二人が定年まで勤めると退職金も2人分です。厚生年金も2人分です。老後が格段に楽になります。苦労は必ず報われます。なんとかして仕事を続ける選択を探るのが良いと思います。

      トピ内ID:7794573853

      閉じる× 閉じる×

      ビックリをおしました

      しおりをつける
      blank
      nono
      子供を産むことと会社を止めることは別だと思いますが。

      とはいえ、今のままの仕事のまま、今の状況で、同じように子供を
      産み育てることは不可能ですので、キャリアを諦めたくないなら
      貴方も会社もwin-winの関係を作らなければなりません。
      何かというと、会社に産休、育休、時短勤務を頼みましょう
      保育園を探して、仕事は続けられるように権利は行使しましょう。
      その代わり部署が変わったり、一線から引くことは、子供がある程度大きく
      なるまでは了承しましょう。迷惑をかけるのは分かりきっていますから。
      まだ退職までは30年も有ります、その後のキャリアの方が大きいですよ。
      「能力のある、今後の成長も見込まれる良い社員」なら会社も手放しません。

      男性を恨むより、自分が賢くなりましょう、
      結婚して、仕事を続けて、子供も産み育てましょう。
      昔に比べたら今の女性は自由です、賢ければどちらも手に入れられますから。
      夫も上手く育児参加をするように、導いていきましょうね。

      トピ内ID:0061069702

      閉じる× 閉じる×

      よ~くよ~く考えて。

      しおりをつける
      🐶
      匿名
      子どもが本当に欲しいですか?

      私も男は何も変わらず、何なら新卒から続けてる仕事をするだけで大黒柱とか言われていいな~って思います。女性が正社員で働いて、出産して育休取って家事育児が新たに増えても当たり前ですもん。女性だって旦那が働けなくなったら自分が大黒柱になるんですけどね。

      子どもが産まれてしまったらもう後戻りできません。
      産む前によ~く考えて。難しいですけどね。
      産んだら仕事なんか辞めて自分で育てたい!って思うかも。キャリアを捨てきれずに子どもなんていらなかったって思うかも。子どもに障害があったら?パートになった後離婚したら?いろんなパターンがあります。

      正直、1人で生きてたら自分の食い扶持を細々と稼いで、もういいやってなったらのたれ死んだってかまわないのに、子どもがいるとそういうわけにはいきません。
      ものすごい責任です。世の中にはシングルマザー結構いますよね。出産でパートになったのに離婚して日々の生活も苦しい。月に数万の養育費さえ払わない男性もいる。となると子どもを持つことはは女性にとってかなりリスキーな事だと思います。

      トピ内ID:2999231686

      閉じる× 閉じる×

      人は

      しおりをつける
      blank
      これは「育ち」の問題
      誰しも一定の損得勘定の価値観を持つ。
      でも損得勘定しかものが考えられないならその人に人とともに生きる資格はないし、家庭を持ち子供を作る資格はないよ。

      今あなたはその岐路に立ってるけど、どちらなの?
      自分の損得勘定を優先したいなら今すぐにでも離婚して孤独に逝きなさい。

      トピ内ID:6920093413

      閉じる× 閉じる×

      家庭運営の観点から見ると

      しおりをつける
      🐧
      すいっちぽん
      女だから退社しなければならない、女は損だ、という考えはおかしいです。

      収入が多い方、福利厚生がしっかりしている会社に勤めている方が仕事を継続するべきです。
      それは夫でも妻でも、どちらでもいいのです。

      トピ主さんは、自分が仕事を続けて彼に退社してもらった場合、彼と同程度に稼ぐ能力はありますか?
      家計を一手に背負うだけの気骨と甲斐性はありますか?

      それがないのに、ズルイズルイと言うのは、ただの子どものワガママと一緒です。
      責任を負わずに権利だけ叫ぶのは、あまりにも幼稚。

      自分が仕事を続けたいなら、夫婦間で納得のいくよう、それなりに年収を上げるべきだと思います。

      トピ内ID:9013791954

      閉じる× 閉じる×

      そう男女不平等です

      しおりをつける
      🐶
      ワカル
      39歳のオバサンです。

      20代の女性は専業主婦を希望する方が多いと聞きましたが、トピ主は仕事を頑張りたい方なのですね。

      おっしゃる通り、まだまだ日本の企業は「専業主婦の奥さんにおうちのことを全部やってもらって仕事に専念できる男性」を中心にできているように思います。

      なので、女性が活躍するためには男性の倍くらいの頑張りが必要です。

      でも、その頑張りをやる覚悟があれば、キャリアも子どもも両方欲張ることはできますよ。

      私は既婚、子ども1人、一部上場企業の管理職です。
      うちの会社の管理職は時短制度が使えないのでフルタイム残業ありですが、いろんなものを活用しまくって乗り切っています。

      外野からの「子どもがカワイソウ」などのノイズをいちいち気にしていたら、やってられないのでスルー。

      しかしなかなかハードな生活なので、キャリア志向の無い女性にはオススメしませんが、私もトピ主のように「男だけズルい」というちょっと幼稚な(失礼)考えを持っていたので、今の生活には大満足です。

      トピ内ID:2381114440

      閉じる× 閉じる×

      恋愛・結婚ランキング

        その他も見る その他も見る

        寂しい人

        しおりをつける
        🙂
        エム
        役職やキャリアが無いと自分のアイデンティティが形成出来ない人は結婚も出産もしない方が良いと思います。
        役職やキャリアなんて会社を去れば何の意味も無い。
        冠が外れたらタダの人です。
        誰もチヤホヤしてくれません。
        定年退職後の自分を想像してみて下さい。
        怖いでしょう?

        トピ内ID:9596013893

        閉じる× 閉じる×

        子を産めば女性には生涯の軛(くびき)。生涯をかけた重い責任。

        しおりをつける
        🙂
        それは毒義親
        この問題は、誰かが書いてるように「育ち」の問題でも「損得勘定の問題」でもありません。現代の女性が抱えるこういう重要な切迫した問題を、「育ち」とか「損得勘定」などという【浅薄(せんぱく)】なとらえ方しかできない人は、古い時代の、現代では通用しない家長時代の頭のようなご老体でしょう。

        【匿名】様、

        >正直、1人で生きてたら自分の食い扶持を細々と稼いで、もういいやってなったらのたれ死んだってかまわないのに、子どもがいるとそういうわけにはいきません。

        匿名様はお若い方でしょうか?その通りですよ。よくお分かりですね。それは【重大な真理】です。

        母親は自分自身が野垂れ死にすることは厭わないかもしれません。しかし、子供を産めば、野垂れ死にするわけにもいかず、どんな苦しみにも屈辱にも耐えて、乳幼児を育て、子供の命を守らねばなりません。子供が成長して安心してこの世に残していける日までは、死にたくても、死ぬにも死ねないのです。

        状況により、それは死ぬより大変な苦労になる人もいる。

        母親になるということは、それほど、一度母親になれば、決して逃れられない軛(くびき)をつけられた人生になるのです。

        トピ内ID:9951620781

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0