詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    営業職が好きな人に質問します

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    果歩
    仕事
    私は若い頃、生命保険の外交をしていて、全然契約が取れず、1年未満で退職しました。
    (求人票に営業事務 一件一件の訪問はありませんと書かれていました。生保の外交は既婚女性が多いのですが、私は独身で25才でした)。
    私は「営業は私には無理!」とその時強く思いました。
    現在営業職で活躍されている方、営業職で成功するコツってありますか?
    営業は向き不向きが激しいと思いますが、どうですか?
    ご意見下さい。

    トピ内ID:2734177044

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 11 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    自分の強みは、なに?

    しおりをつける
    🙂
    monta
    営業職が特に好きってわけじゃなかったんですが、お客様からの信頼は厚いほうでした。

    営業にもいろいろなタイプがあると思います。

    ぐいぐい行くオバちゃんタイプや、理論派で外堀から埋めてくタイプ、とにかく聞き上手なタイプ・・・

    売るものにもよりますよね。自分からどんどん行かないと売れないものもあれば、黙ってても売れるものもあるし。

    私の場合は、人見知りなので飛び込み営業のような仕事はダメで、来た人にセールスポイントをアピールして売っていく感じ。

    とにかく、自分がこれはいいと思う!と心から感じたものや、そのセールスポイントを単純明快にすすめること。
    そして絶対に、売るためであっても心にもないことは言わない。そのお客さんの好みだけでなく将来的なビジョンも一緒に考えること。
    見積もりの数字の間違いは絶対にしないよう、お客さんと一緒にひとつひとつ確かめ算する。

    こういった部分で、信頼されたようです。今は営業は辞めて自営業です。

    トピ内ID:8737468352

    閉じる× 閉じる×

    取り扱っている商品に

    しおりをつける
    🙂
    池戸
    医療器械の営業職に就いて20年になります。

    主に、ペースメーカーを扱っていますが、自社製品に絶対の自信を持っているので、お客様であるドクターに自信を持ってお勧め出来ます。

    やっぱり取り扱っている商品に自信を持っていて、その製品の素晴らしい所を、お客様にうまく説明できるか?どうか?が、営業の生命線だと思います。

    また、他社製品と比較した時に、いかに、お客様にメリットがあるかをうまく説明出来るか?も大切だと思います。

    営業って、私が思うには、いかに自社製品を愛しているか?だと思います。

    トピ内ID:2746821679

    閉じる× 閉じる×

    型にはまらない

    しおりをつける
    blank
    謳う丘
    営業に向くのは個性的なタイプだよ
    長いものに巻かれるような人は向かない
    常識とやらをぶち破って破天荒な事をすれば直ぐに気が付く
    周りの注目を集めているんだな~って(笑

    保険業は定型的な建前で商売するじゃん
    そういう口先は客にしてみれば何かあった時、アテにならないと感じるんだよ
    でもね、チョット変わっているヤツなら投資してみたくなるっちゅうモンだ

    トピ内ID:0412644534

    閉じる× 閉じる×

    昔、聞いたところでは

    しおりをつける
    ブラッド2
    私は営業職が長いですが
    営業には

    売れる迄、売りに回る方法と


    売れる様に売る方法があると思いますが


    どちらも、そして、営業に限らず、すべての仕事について言えると思います事は


    営業している自分自身を
    仕事をしている自分自身を

    見られていることを
    話を聞いて貰っていることを


    楽しんでいると

    お客さんも楽な気持ちで楽しんで、こちらの話を
    聞いてくれる

    楽な気持ちで、こちらの仕事を見てくれると

    言う事だと思います。


    お金持ちになるには

    先ず、セールスを覚えること


    次に、債権を買うことだと

    ある人が言っていました。

    頑張って楽しんでね(笑)

    トピ内ID:8742509914

    閉じる× 閉じる×

    商材を好きになる

    しおりをつける
    blank
    セブン
    自分自身が その商材を好きになること でしょうか

    たとえば 化粧品の営業でも サンプルが私の肌に あわない ものだった時は 仕事を辞退しました


    私も使ってますとか 嘘をいうことを勧める人もいますが 私は 自分に合わないものを人に勧めれません

    もちろん 嘘など つく気もない

    バカ正直ですが それなりに 営業は 成績が よいです

    一度 その正直な姿勢を ほめていただいたことは ありました

    そういうところを見てくれるお客様も まともな人なので 信頼関係を結べると思います

    商材に惚れる
    正直である

    あと、お客様の損になることはしない
    つまり高いから売りたいではなく

    どの商品がお客様に一番メリットがあるか真剣に考えます

    人気はある商品でも 自分が違うと思えば『私はこう思う』と ストレートに伝えます

    誠実であること

    万の商品は基本即決 できないものと 考え 相手に 時間を与えます

    お客様の気を楽にするというか

    そんな感じです

    トピ内ID:4951860535

    閉じる× 閉じる×

    営業職もいろいろ

    しおりをつける
    🐧
    北の国から
    北の還暦おじさんです。
    営業を25年経験してきました。
    営業職もいろいろな種類があります。
    難しい職:生保レディー、新車販売、住宅販売:どちらかと言えば一発勝負的
    比較的取り組み易い:ルートセールス、継続取引的な営業
            更に、専門性があればやりがいもある。
    私は、食品大手の継続取引営業でした。
    トピ主さんは、難しい営業である生保レディーを経験した訳です。
    この職種は、継続できる女性は10人に一人と思います。
    特に、この時代は、加入者が減っており、才能が無いと無理です。
    その経験だけで、営業に不向きと考える必要はありません。
    私の業界では、多少営業に不向きと思われる人でも、
    誠実さをベースに、無難に行っていた人達もいました。

    トピ内ID:0934218914

    閉じる× 閉じる×

    営業でした

    しおりをつける
    🙂
    ぷるぷる
    2年間だけですが、営業でトップでした。
    成功した理由は、仕事を楽しめた事、お客様の気持ちを読み取れた事、営業成績も訪問もスポーツで得点を取る感覚で取り組んでいた事です。
    結婚を機に退職しましたが、振り返ってみて私は全く営業に向いていません。
    営業の仕事を、成績がずば抜けて良くなくても長く勤めている人はすごいと思います。(もちろん成績がいいに越したことはありませんが)
    営業職で尊敬する人は、深く悩まない、精神が安定している、超ポジティブな人が多いと思いますよ。

    トピ内ID:9512332499

    閉じる× 閉じる×

    私も知りたいです

    しおりをつける
    😀
    べるがもってぃ
    今まさにその保険会社の営業に足を踏み入れた者です。実際に月に一件ご契約を頂く事が当分のノルマのようです。
    続く人の境目はトピ主さんがおっしゃっていた『1年』だそうです。
    続けられない方は1年以内で辞める、1年続いた方はそれ以降も…というように割とハッキリ分かれるみたいですね。

    トピ主さんが次に心の底から楽しいと思える職業に出会えることを祈ってますね。

    トピ内ID:0070599775

    閉じる× 閉じる×

    お客様のために本気で考えること

    しおりをつける
    🐱
    営業マンの妻
    夫が営業マンです。
    かなりの高額商品を扱っておりますので年間売り上げは何億単位。
    支店でも1、2位の売り上げです。

    夫は何故売れるのか。
    たぶん、お客様にとってなにがいいことか、本気で考えるからだと思います。
    もちろん、人見知りせず、付き合いがいいのもあると思います。

    何年か前に、夫が営業しても売れなかったお客様がいらっしゃいました。
    そして別の業者の商品を契約したとのこと。

    夫はとても悔しがっていました。
    自分の売り上げにならなかったことではなく、お客様の契約した別の業者の商品が、お客様の 利益につながらないとわかるから。
    もっと上手く説明すればよかったな…せめてあの業者Aじゃなくて業者Bだったらまだよかったのにな…と。

    こういう気持ちが大事なのだと思います。

    営業って利益のための仕事だけれど、売る方も買う方も得をするWIN-WINの提案を出来るかどうか、それを考える能力と気持ちがあるかどうかだと思います。

    夫は特に激務でもなく、のんびり仕事をしてるように見えますが、とても営業が向いてるようです。

    トピ内ID:6429918688

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0