詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    だらしがなくなる実親について

    お気に入り追加
    レス20
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ヘルス
    70前後の実親のことです。最近同居をはじめて感じているのですが年を取るたびにだらしがなくなっていく親になんだか悲しくなる思いに駆られてしまいます。昔はよく掃除もしており家の中も片付いておりました、年をとるたびに「なんだかめんどくさい、、」といって部屋もきたないまま、服も脱ぎっぱなし 私が小さい頃よく注意された食べ方もなんだか子供の食べ方のようになっています。今は家内が家事をすべてこなしており ますます ひどくなっているように思えてなりません、、。高齢の親に注意をしてもなんだか可愛そうな気もありますし もう聞く耳も持たないのではないかと思います。親というのは聞き分けがなくなり年を取ると子供のようになっていくものなのでしょうか、、、、

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数20

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    年寄り子供

    しおりをつける
    blank
    もうすぐ60代
    遠くに住んでいる為一年に一度会うだけでしたが、晩年(80歳過ぎ)はTVの方が楽しみというか、誰が訪ねてもTVは<いつもどおり>観ているようでした。(父)

    姑も80過ぎてから同じようです。自分の事以外あまり興味ないみたいです。子供じみた感情の動き、遠慮や相手への思いやりは全く無しで、年老いたら頻繁に会うつもりだったのが、苦痛になって主人と驚いているところです。母親があんなに不潔だったなんて!と娘(義姉)が驚いていました。(70代頃)

    80過ぎからヘルパーが週3で家事、食事の手伝いをこなしています。(子供達は遠方です)

    ダンディなメキシコ帰りの100歳万歳のおじ(に)いちゃんのような方が羨ましいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    多いと思う

    しおりをつける
    blank
    ははは
    そういう人、多いと思いますよ。
    うちの母はまだ50代ですが、私が子供の頃は働いて、食事も美味しくて豪華な物を毎日作ってくれて、キレイ好きで家の中もいつもスッキリしていたのに、今では・・・
    自分でも「昔はキレイ好きだったのにねぇ」なんて言ってます。
    でも、今まで頑張ってきたんだからいいかな?って思いますよ。
    トピ主さんのご両親は70歳くらいなんでしょう?
    今まで頑張ってきたんだから、老後くらいゆっくり好きにさせてあげてください。
    同居しているのなら、トピ主さんの奥様が家事のほとんどをやるのも仕方のない事では?
    もちろん、いくつになってもしっかりしているお年寄りもいますけどね・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    他に変化はありませんか?

    しおりをつける
    blank
    緑の風
    表情が乏しくなるとか、全体的に動作が緩慢になるなど、他に変化は無いでしょうか…。
    親戚のおばさんがパーキンソン病になり、とてもきれい好きだったのに病気の進行に伴って部屋が片付けられなくなったり、身ぎれいにしていたのに面倒くさがってできなくなっていったようです。

    取り越し苦労ならよいのですが…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと一言

    しおりをつける
    blank
    親親
    「だらしなくなる」「聞き分けが無くなる」というのは子の勝手な解釈です。子供は親が「親として生きていた姿だけ」を見ていただけのこと。

    子の巣立ちを完了させた親は「気楽な自分に戻って生きる」道を選んだのではないですか?
    気楽な自分の姿がどんなであるかは、人それぞれ。

    巣を作り懸命に雛に餌を運んでいるけなげな親鳥も、雛の巣立ちを終えては、番いを解消して、一匹で気楽に遊びながら自分の餌だけを啄んでいるだけかもしれません。

    男性だって停年後は、毎日をネクタイに背広姿で緊張してなどいないはず。
    子の勝手な「理想の親」型にはめ込んで非難しないことです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分の将来の姿だと思って

    しおりをつける
    blank
    老親怖い
    今から、自分の始末を十二分にできる人間に自己を鍛えておくというのが、何事も面倒がる老親に対し、唯一できることではないかと思う、凛さんのちょっと先輩です。

    わたしは、両親・義両親が、80歳台前半と70歳台後半です。父と義両親は、現在でも整理整頓がうまく、父の部屋、義両親の家はきちんとしています。特に、義両親は、あまり自由のきかない体で、一戸建ての家から庭まで綺麗に保つため、朝5時から掃除をし11時までかけます。町内の草取りまで参加するので、立派だなあと誇りに思っています。

    父は、母に許された範囲の掃除しかやらせてもらえませんが、父の担当内は完璧です。父のやり方に文句をつけ罵倒する母の担当内は、漏電が心配なほどの汚れようです。

    自分は父に似ているので一安心なのですが、母を見て、将来、作業が遅いからと夫を罵倒するような老妻にならないようにと、今から自分に言い聞かせています。

    尚、老いた親に説教しても無駄です。おそらく既に実行なさっているでしょうが、トピ主さんが、休日は、奥様の真似をして片付けるのが、自分を鍛え、しかも奥様へのいたわりにもなるのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    暖かい目で見守って、支えてあげてください。

    しおりをつける
    blank
    陽転思考
    義母が同じ状況ですのでレスさせていただきました。
    女手ひとつで男性も顔負けなぐらい働いて夫とその妹育ててくれた義母は、働いていても掃除など家事に手を抜かない人だったそうです。

    今は食器を洗っても洗い残しがあり、私が洗い直ししています。
    まだ62歳ですが、目がよく見えないのです。
    玄関を水で流しても「え?」と思うようなど真ん中にでーんとある汚れも見落としてしまいます。
    それでも本人は「やってるつもり」ですし、「私は清潔じゃないと嫌」って言ってますよ。

    まだだらしなさのレベルはそうひどくありませんが、本人いわく「体がきつい」のだそうです。

    ですから同居している私たち夫婦が、本人の役割、仕事を阻害しない程度にサポートして、やわらかい口調で汚れていたことを伝えたりしていますね。


    →続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    暖かい目で見守って、支えてあげてください。

    しおりをつける
    blank
    陽転思考
    →続きです。

    夫が以前頭ごなしに「なにやってんだよ!頼むからボケないでよ」と言っていましたがこれは本当に認知症を起こす原因にもなるダメな言い方なのだそうです。
    トピ主さんと同じように、義母の食事の食べ方に夫も「悲しくなった」と言ってました。

    年を取っていく親を見ていくのは実母であれ義母であれ時々切ないですね。
    そんな中でも感謝をして、ご本人の自尊心を尊重して支えてあげることも必要かと。

    若い自分たちから見たら「だらしない」と思うことも年を経た親世代の立場からするとできる限界かもしれません。
    義母のだらしなさやあとの人のことを考えない癖で何度も迷惑をこうむったことがありますが、「なにしてんの?」みたいな言い方では本人の「気をつけよう」という気持ちをそいでしまうし・・・難しいですよね。

    →続きます(長くて申し訳ないです)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    暖かい目で見守って、支えてあげてください。

    しおりをつける
    blank
    陽転思考
    →続きです

    衛生面や危険につながることだけはしっかりと危機意識を持ってもらえるよう、言うべきことは言っていかないといけませんものね。
    私にもその大変さはすごくわかります。
    我が家では「自分たちも改めて学ぶようなつもり」で話し合っていくようにしています。

    私たちが「自分ではそうはならない」と思っているように、親だってそう思って生きてきたかもしれません。

    ただしうちの場合、義母は病気も患っています。
    そういう意味では完全に同じとは言えない状況かもしれないです。すいません。

    聞く耳を持たないかも、とのことですが、言い方ひとつで受け取る側のお気持ちも変わると思いますよ!

    言う立場もそれなりに心を傷めることですけれども、どうかがんばってください。

    奥様の心のケア、フォローも忘れずに。(これもけっこう大事です!)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それが老化なんじゃない?

    しおりをつける
    blank
    お茶
    気力体力の衰えが出てきたのでしょうね。
    若い頃と同じようにはいきませんよ。
    食事の事にしても、噛む力や箸を操る指先の筋力が衰えているのです。
    「きたない年寄り」と扱うのも「年老いて弱った老親」とするのもトピ主さんの自由です。
    ですが人の情があるのなら、そんなご両親を暖かくサポートして欲しいと思います。
    いずれ我々もゆく道です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さん、間違ってますよ。

    しおりをつける
    blank
    ことば
    老いていく事は生まれた以上逃げることが出来ません。体がだるくなったり痛くなったり老眼でぼんやりとしか見えなかったりとあちこちに支障が出てきます。
    「だらしがない。」ように見えるかも知れませんが受入れなくちゃいけないと思いますよ。

    以前TVでもやってましたが70~80歳くらいの体を体験するコーナーがあって鉛をベストにいっぱい入れてぼやけるメガネをして腕、足には鉛入りのテーピングみたいなものをつけて実際あるいたり階段を上ったり立ったり座ったりしてました。感想は「いや~こんなに体が重く動けないとは思いませんでした。」と言ってました。

    それよりもご両親の健康の為にも体操を勧めたり、散歩で体力をつけると良いかと思います。生意気のことを書いて申し訳けございません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    体が・・

    しおりをつける
    blank
    pon
    私の母は昔はとてもきれい好きでした。
    箪笥などのワックスがけも一週間に一回はするくらいで小さい頃はよく手伝わされました。
    でも、今は掃除すらままなりません。
    私が昔のことを言うと、「体がいうことをきかないからしたくても出来ない」と悲しそうに言いました。
    それからは、汚くても今までのように注意するのを止めました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こればかりは仕方ありません

    しおりをつける
    blank
    Henry
    老化という避けては通れない道ですから。
    年を取ってくると視力が衰えてくる方が多いと思いますが、そのせいか汚れていることに気が付かない場合も多いみたいです。

    うちの母も気が付いた汚れは拭いていますが、気が付かない場所はそのまま(本人が汚れていると思ってないんですから仕方ないですね)

    アルツハイマーとまで行かなくても物忘れも強くなってくるのでしたつもり、という場合も。

    私の場合は、母が掃除をしたとわかるとありがとう、といい、その後こっそりやり直したりしています。
    きつく言うと、気分によってはしょんぼりしてしまうことがあり言った本人も罪悪感にさいなまれるので言わないことにしています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一生懸命生きてこられたのですよ。

    しおりをつける
    blank
    とんぼ
    実家では父方の曾祖母、祖父母が老いていくのを子供のころからみておりまして、今は夫の祖父母、両親の老いを見守っています。

    そんなものでしょうか?といわれれば、そうなる方も多い、と言えます。今まで一生懸命生きてこられて、
    あなたという立派な方を育ててこられたのでしょう。
    気持ちが抜けたんだと思います。身の回りのことを、
    奥様がやってくださるのなら余計に…
    年をとると、体を動かすことも億劫になり、目も利かないので、衣服の汚れも気にならなくなります。
    料理をすれば、味付けが極端に大雑把で、後片付けも、食器に食べかすが着いていても気づかない。

    だらしないと眉をひそめたりなさるのは無理もありませんが、あなたをお育てし、お年を召した方に対しては、少し思いやりがかけてはいないでしょうか。

    『子供叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの』という言葉もあります。昔から、お年寄りのそういった行動は目に付くものだったようですね。
    子供の頃のあなたを親御さんが見守ってくださったように、親御さんを見て差し上げてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちのことかと思った

    しおりをつける
    blank
    はなこ
    私の親(70歳すぎ)のほうがだらしなさはひどいようです。

    掃除機はあっても使わない。洗面所は黒かびだらけ。なのに暇があるとゴロゴロしているようです。

    たまに帰省して指摘すると「毎週掃除をしに帰って来い」と逆切れ。

    元々掃除嫌いだったのですが、年年歳歳ひどくなりました。年取ると悪いところが助長されるようで、他山の石のようにしなければと思っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そういうものです。

    しおりをつける
    blank
    くらげ
    老化現象です。
    義父母(79歳と77歳)も同じ様な状態で・・・。体力、気力がなくなってくるのでしょう。義母も「面倒なことはしたくない」(大して面倒なこととは思わないのですが)が口癖です。

    例えば凛さんも疲れたりして何もする気がおきない時ってないですか?
    きっと常にそういう状態なのだと思います。

    歳をとってないので今の私達にはわからないことですよね。子供にとってはさびしい気持ちになりますが、まあ、埃で死ぬことはないくらいに思って下さい。
    ただこれからますますひどくなると思うので覚悟しておいた方がいいですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    仕方のないことです 1

    しおりをつける
    blank
    鬼娘
    老化と言うのは、ジワジワと忍び寄ってきます。
    しかし、多少は努力と気の持ち方で速度を遅くすることが出来ます。

    奥様が(息子の妻という立場で)専業主婦の場合、家事全般を取り仕切りすぎていて、家の中での役割分担を奪いすぎていないでしょうか?

    良い嫁とは思われたいとか、年寄りのする事が気に入らないとかありますけど、何もする事がなくなると気力も衰えてきます。
    頼られている、当てにされていると思うだけで、気の張りが違ってきます。

    我が家も78歳の父が居ますが、眼は白内障になりかけていますし、光の感知能力が衰えていますから、ゴミなども見えていないことが良くあります。

    父の家庭内での役割として、ゴミ出しと、庭の掃除と庭木への水遣りと、家庭菜園を任せています。
    それと毎朝晩の仏壇のお世話と、父専用の昼間の居室と寝室とトイレの掃除も父の仕事です。

    ゴミだし一つでも毎週○曜日は可燃ゴミ、×曜日は不燃ごみ、△曜日は資源回収、第3○曜日はリサイクル品回収と結構する事が沢山あります。カレンダーには
    書き込みが一杯です(笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    仕方のないことです 2

    しおりをつける
    blank
    鬼娘
    私が手伝うのは、米の研ぎ汁を庭に出しておく事くらい。集積場に運びやすいように台車を用意したり、腰を痛めないように電動ブロアーを買ったり、庭の散水栓を使いやすくするなどしておきました。
    出来るだけ手伝わずに、頼りにしている風を装っています。

    毎朝喫茶店に行くのも日課になっていますので、出来るだけ小ざっぱりした衣類を買い整えて、お洒落心を失わないようにサポートしています。

    手は出し過ぎず、役割を与えて見守りし、出来ない部分だけ手助けするように(自立支援)しています。

    部屋の片付けなどは、ご本人はやりたくても、一段落付くところまで体力が持たない可能性があって、諦めていらっしゃるのではないですか?
    お休みの日などに、ご夫婦で思い出話などを伺いながら手伝ってあげて下さい。

    また、脱いだ服をちょっと掛けておけるような椅子をお部屋に用意したり、壁掛けフックを取り付けると雑然とした感じが多少よくなります。
    あまり完璧を要求しないようにしましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    体が動かない

    しおりをつける
    blank
    さるさる
    やろうと思っても体がついていかなくなるようです。
    うちも几帳面な父が、「ここも掃除をしないと、と思うんだけど・・」きつくて体が動かないそうです。
    気持ちが先に立って、できないことを悲観的に悩まれるより、まだいいのかもしれませんよ。
    時々ヘルパーさんや子ども達が手伝う、というのがいい形のように思います。
    一般的に周りを見て、70歳、というのがその境目になるような気がします。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    改善出来る場合もあります

    しおりをつける
    blank
    ピヴォワンヌ
    高齢になるにつれだらしがなくなるのは、一言でいえば老化ですが、老化にもいろいろあります。
    1:精神的にルーズになって、散らかっていたり汚いのが気にならなくなる。
    2:気にはなるが、肉体的に関節のこわばりや筋力の衰えなどでやりたいことが出来なくなる。
    3:視力低下で汚れが見えない。

    老人性白内障は60代以降、誰にでも大なり小なりあります。
    徐々に進んだ場合、周りの人はもちろん、本人でさえ視力低下に気付いていないこともあります。
    他に異常がなければ簡単な手術で視力改善は可能ですから、視力低下が疑われる場合は眼科へ連れて行ってあげてください。

    ちなみに、視力が0.4を切ったら新聞が読みづらくなります。0.1を切ると食事もしづらくなります。
    あまり外出することのない活動性の低いお年寄りの場合、視力が0.2~0.3程度になっていてもあまり不便を感じていないことがあります。
    でも掃除がうまく出来ていない・洗い物には汚れが残っているという支障は出ているのに、本人は気付かないのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そのままではダメですよ。

    しおりをつける
    blank
    JJ
    それは老化の現われで、年老いたのですから仕方の無い事です。

    >、年をとるたびに「なんだかめんどくさい、、」といって部屋もきたないまま、服も脱ぎっぱなし・・・・
    めんどくさいと言われたと言う事は一度はその行為を注意した事があるのですよね。
    歳を取ると体の自由がきかなくなりますから、動くのも億劫になるのです。
    親御さんの「めんどくさい」はそれが理由だと思いますよ。

    しかし、体が思うように動かない、面倒だからと言って行動しないとどんどん老化は進みます。
    ちゃんと「体を動かさないともっと動かなくなるから」と説明しながら昔のように行動するよう進めて下さい。
    洋服を毎朝毎夜着替える事とその服をちゃんと片付ける事など、ちょっとした行動でもしっかりと運動になるのです。
    体が動かない事は本人も良く理解していますので、激しくしかったり無理やりやらせる等して精神的に苦痛に感じるような方法は取らないで下さいね。
    言っても聞かないかも、でも言わなきゃ本人も分からないですよ。
    トピ主さんが心配している事を伝えながら言うようにして行動させて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る