詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    心の鎧で苦しんでる人を間近で見ています

    お気に入り追加
    レス32
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    ぐでぐで
    ひと
    同じ職場で働いているAさんの事です。
    Aさんは未婚の母で高学年の男の子(B君)が一人います。
    彼女のB君に対する言動が、冷たいと感じています。
    「学童にお母さんが必死に働いてきたお金を払っているのに、あなたはそうやって無駄にしたいのね?」(夏休みに学童をサボって家にいた時)
    「この学校が嫌なら転校しても構わないけど、学校に行かなくて済むとは思うなよ。」(学校に行けなくなりだした頃)
    「ゴミを育てる余裕ないんですけど。」(自分はゴミだ、とB君が言った時)
    B君は毎日先生が迎えに来て、引きずられながら学校へ行っているようです。
    児童相談所の人が家に来た時にAさんは
    「施設に行ってちゃんとして帰ってくるならいいけど、行ったってだけで世間体が悪いしBにもそういう烙印が押される。その辺の責任がとれるのか?」
    と詰め寄ったらしいです。
    私はつい「もう少しやさしい言葉かけできない?大好きとか言ってる?」と聞いたら「やなこった。」・・・絶句です。
    でも、廊下で「私たちもちょっとずつですが努力はしてるんです。それをもう少しわかってもらって、時間をもらえたらと思ってます。」と携帯を握りしめて涙声で話してるのを何度も見ています。
    彼女はきっとたった一人で子育てをしてきて、嫌な思い沢山してるうちにこれ以上傷付きたくなくて心に鎧を着こんでしまったんだろうなと思いました。
    だから、攻撃に強い代わりにどんなアドバイスも労いも心に届かないんです。
    職場の人は「何言っても聞かないんだからほっとけ」と言います。
    私は余計なお世話でしょうがB君がどうにかなりそうで心配です。
    ハッピー子育ての本を机に入れていて、渡そうとしては「余計なお世話か」と引っ込める、の繰り返しです。
    この状況、みなさんならどうしますか?

    トピ内ID:2057232876

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 104 びっくり
    • 45 涙ぽろり
    • 123 エール
    • 23 なるほど

    レス

    レス数32

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    口出しはよけいなお世話

    しおりをつける
    🐴
    ぴー
    今の状態で子育ての本なんか渡したらどうなるか
    考えなくても分かりませんか?

    それよりも、彼女の鎧を外すことを考えるほうが先ではないのですか?
    心に余裕が出来れば子育ても変わるでしょう。

    彼女が子育てのことを口にしたら、ただただ聞いてあげてアドバイスは絶対にしない。
    相談してきたら、初めてひとつふたつ言ってみる。
    彼女が言わない限り、彼女の子育てに関わることは一切話題にしない。

    追いつめたらダメですよ

    トピ内ID:2204814737

    ...本文を表示

    やめなさい

    しおりをつける
    blank
    MM
    余計なことをしたら彼女の心はもっと硬くなりますよ。
    アナタは助けられないのだから余計なことはしない。

    トピ内ID:1782306507

    ...本文を表示

    言うより聞いてあげる

    しおりをつける
    blank
    ほし
    きっといろんな人からうんざりするほど「言われなくてもわかってる」「ごもっともです」的な事を散々言われてるんだと思う。
    だから心に鎧なのよ。
    自分だって頑張って来たんだ、だれもわかってくれないで何をしてくれるわけでもないのに正論吐いて言いたい事言って・・って。
    なのでこの上さらにトピ主が本を差し出すなんて お節介です。
    心配だといいつつ全然彼女を理解してない。

    ある意味 彼女が息子さんに言ってることは正しいもの。

    彼女は助言や本なんかより、「あなたも大変だったよね。頑張って来たよ」とまず彼女自身を認めてほしいのよ。
    そして話や気持ちをただただ聞いてあげることから始めたら?(決して否定はしないこと)

    彼女が泣きながら廊下で電話してる、を読んでひとりでどれだけ大変な思いをしてきたかと胸が痛くなりました。

    トピ内ID:4115754587

    ...本文を表示

    同じ立場の人がいるといいけどね。

    しおりをつける
    blank
    掃除機
    トピ主さんは未婚?既婚?子供あり?なし?

    Aさんと同じ立場の人がいるといいと思うんですよ、
    「私もそうだけど頑張ってるよ」
    というのは励みになる。

    でも状況が恵まれている人からの高いところで、
    「私はAさんのように不幸じゃないけど、
    Aさんは心に鎧を着ているから鎧を脱いで自分を社会的弱者だと認めたら?
    それが子供のためよ」、
    と言われたら腹が立ちません?

    トピ内ID:8359360240

    ...本文を表示

    余計なお世話。するなら貴方の言葉で

    しおりをつける
    🙂
    なは
    誰がどうみても、余計なお世話です。

    でも、余計なお世話は、
    「する」もあり、「しない」もありです。

    でもでも、その「やり方」は、
    「なし」のような気がしますよ。

    トピ内ID:1621573748

    ...本文を表示

    私なら

    しおりをつける
    blank
    匿名
    すでに児相が関わっているケースなので、遠慮なく児相に電話して、参考として聞いてほしい、として、傍で見ていて気になったことを伝えます。
    その参考情報も頭に入れた上で、児相が対策を考え、動いてくれればいいじゃないですか。
    もちろん、情報元がばれないようにしてほしいと頼めば、気を付けてくれますよ。

    心に鎧~とかは、ご自身の解釈で、合っているかはわかりません。気になる事実を伝えてください(暴言の内容や子どもの様子など)

    トピ内ID:0333958456

    ...本文を表示

    本のチョイス…

    しおりをつける
    blank
    太陽
    親がそろっていても子供が不登校気味になることはあるし、それに悩まない親はいません。
    Aさんもかなり辛い境地なのだと想像します。

    ハッピー子育ての本はハードルが高すぎて、渡したとしてもAさんの心に響かないのではないかな…。
    Aさんが明るい気持ちになるのが第一歩ではないでしょうか。
    教訓やお説教めいたことが一切ない、おバカな漫画とかどうでしょう。
    もしB君もそれを読んだら親子の共通の話題になります。
    「読んじゃったからもしよかったら。馬鹿馬鹿しくて笑うよ」なんて、気楽に渡してみては

    私も多忙な母との共通の話題は読書でした。
    面白いものを見たり読んだりすると、明るい気持ちになります。人と共有したくなります。

    トピ内ID:2067397240

    ...本文を表示

    第三者が出来る事は

    しおりをつける
    🐱
    neko
    どうやらAさんのお子さんは何らかの障害を抱えているか
    抱えていなくてもグレーゾーンのお子さんかもしれませんね。

    そうなってくるとそんな簡単な問題ではなくなると思います。

    私も身内にとある問題を抱えていますが
    まず今まで身に付けてきた正攻法を適応するのが無理なのです。

    話せば分かる、愛情を掛ければ分かるとかではないのです。
    多分Aさんも今までありとあらゆる手を尽くしてきたと思いますよ。

    それでも「もう少しやさしい言葉かけできない?大好きとか言ってる?」
    そうし続けないといけない事も彼女自身分かっているでしょう。
    でも優しい言葉も大好きも宙に浮き、空々しくなってしまったのだと思います。

    もし私の隣の席の同僚が『ハッピー○○』の様な啓発本を差し出してきたら
    残念ながら笑顔で受け取る自信がありません。

    AさんとB君を救えるのは親権を受け取れるほどの身内か行政だけです。
    第三者が出来る事は、彼女が話したい時に聞いてあげるのみ。

    彼女の身内はどうやら助けにはなれていないようですが
    行政は動いているようなので最悪の状態にはならないでしょう。

    トピ内ID:0392850853

    ...本文を表示

    うーん

    しおりをつける
    blank
    四葉
    まずはAさん自身が幸せにならないことには難しいと思います。

    ちなみに誰かに幸せにしてもらったら?という意味ではありません。
    自分を幸せにできるのは、自分自身。
    いま居るその場所、その環境で、自ら幸せを見つけるしかないんです。
    心に余裕があればきっと小さな幸せがいくつも見つかると思うんですけど、多分Aさんにはその余裕がない…。

    「ハッピー子育て」の本は余計だと思います。
    いくらわかりやすい言葉で書かれていても、指南書は指南書。
    親がハッピーになれば、自然と子育てに反映されると思うので。

    差し入れるのなら、Aさん自身へ向けた本のほうがよいのでは?

    トピ内ID:5641905953

    ...本文を表示

    他人がどうにかできると思う?

    しおりをつける
    🙂
    鳩ぽっぽ
    鎧を着ているのは外だけで、家では子どもと向き合って頑張ってるかもしれないしね。
    だから彼女の言う言葉を鵜呑みにせず、まともに否定しない。
    できることなら「そうだね、そう思ってしまう気持ち分かるよ」と寄り添ってあげたら?
    そうしたら彼女も鎧を脱ぎ捨て、素直になれるかもしれません。

    トピ内ID:8013799015

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0