詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    妻側の単身赴任、虚しい

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    青色紫陽花
    話題
    夫が単身赴任はよく聞く話ですが、妻側が家庭を離れて単身赴任している、という方はいらっしゃいますか?

    当方40代、夫+高大学生の子供2人。
    1年前から、地方都市に単身赴任しております。
    月に2、3度、家に戻りますが、普段は夜遅く一人暮らしの部屋に戻る生活が寂しくてしようがないのです。
    仕事上の会食も多く、自炊はほぼやりません。
    深夜のテレビ番組を見て、眠りにつくだけです。

    単身赴任を始めた当初は家の方はそれこそ大変でしたが、私も頻繁に帰ったり、義母や家事代行のサポート借りたりして、夫と子供達でなんとか回るようになりました。
    今では母親のいない生活に慣れ、それぞれ自分の生活をしっかり送っています。自立するのもあと数年でしょう。
    夫とは、お互い責任ある仕事を持ち、収入も同じくらいで、同志のような存在。
    私が帰宅した時は、家族の時間をしっかり楽しんでいます。
    後ろ髪引かれながら、また仕事に戻ります。

    周りの人からは、子供の世話に追われず仕事に集中できて、リッチな生活ができて良いわねと言われます。
    確かにそういう面もあるのでしょうが…。
    今は、イザコザありながらも家族と暮らせる方達がうらやましい。

    妻側の単身赴任て自分の周りにはいないので、こちらでお話伺えればなと思いました。
    前向きになれる心の持ちようなど、お聞きしたいです。

    トピ内ID:8223596449

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 25 面白い
    • 56 びっくり
    • 8 涙ぽろり
    • 516 エール
    • 47 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  21
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    父親との生活期間があった子供は父親との絆も深まりますよ。a

    しおりをつける
    🙂
    ババ
    妻の仕事上の単身赴任でなくても、

    親の介護や看病やいろいろで、やむなく母親が別居せねばならない事態はありますよ。

    何年も離れている期間があっても、良いことがあります。

    それは、父親と寝食を共にし、家事を共有することによって、父親のきずなが強まります。かつての専業主婦時代では、子供は母親の世話だけ受けて、母親とはべったりでも、父親とのきずなが薄くなりがちでした。

    「父の背中を見て・・・」などと言っても、父やの職場はどこか遠くで、どんなに働いているのかもわかりません。いきおい、父親と子のきずなが薄くなりますが、

    母親が離れている期間に、父親と話したり、家事を協力したり、父親の作ったご飯食べたり、お互いに気を遣いあったり心配しあったりしている間に、とてもしっかりしたきずなや愛情が出来上がります。

    それは、将来の子供と父親との関係を理解しあえるものにしてくれます。

    乳幼児期の母親との長い別居というわけではないんですから、心配いりません。もう大きいお子さんです。母親がいない方が家事や家計のことなど、将来の自立生活への勉強になります。

    トピ内ID:6064677307

    ...本文を表示

    父親との生活期間があった子供は父親との絆も深まりますよ。b

    しおりをつける
    🙂
    ババ
    母親は仕事頑張ってください。お子さんが大きくなった今からは、社会のことがよくわかり、働くということもしっかりアドバイス出来て、子供たちには、心強い母親になります。これから社会に出る頃から、素晴らしい先輩として、子供は一杯相談してきますよ。主さんのようなお母さんにしかできないことです。特に女の子は、その有難味を痛感するでしょう。勿論男の子も。

    一人暮らしの孤独さは自分で解消しましょう。その気になれば何とでもなる。

    老後は長いですよ。子供が巣立ってからも、30~40年もある。私の父は妻を亡くしてから30年以上も一人暮らし。愚痴も寂しいとも言わずに、見事に自分で自立して1世紀に近い長い人生を大らかに行き切りました。その父が言っていた言葉。

    「どんなときも、自分で楽しみを見つけて楽しく生きるものだよ。」と言っていた。

    孤独や寂しさは、人生にはつきものです。それでも生きていくのが人。一人でも心が充実して、生活を楽しめて生きていける自分を工夫して鍛えて作り上げましょう。精神的自立です。

    お子さんや夫さんも、いろいろな体験をしてしっかりした幹を作りつつある。主さんもしっかりやりましょう。

    トピ内ID:6064677307

    ...本文を表示

    父親との生活期間があった子供は父親との絆も深まりますよ。

    しおりをつける
    🙂
    ババ(婆)
    人は強くなれます。

    一人で生きても楽しめ、夫婦で生きても楽しめ、多家族で生きても楽しめる人間になりましょう。

    素晴らしいご家族だと思いますよ。

    これからは、そういうシチュエーションのご家族が増えてくるでしょう。

    夫も妻も子供も、みんな自立心がある家族になりますよ。

    そういう家庭は、お子さん方が新しい家庭を持っても、みんなが精神的に自立していて尊重しあえるので、良い関係が築けると思います。

    家を離れている間は、夫さんとお子さん方のことは向こうで何とかしますよ。信じましょ。困ったことや用があれば言ってくる。

    主さんは、とりあえず家を忘れて、自分一人の楽しみや趣味を見つけて楽しんではいかがですか?長い旅行と思って。一人で街に出かけたり、数時間や半日や1日や1泊のプチ旅行するのも、できるときにしかできません。ご当地(周辺)のプチ名所観光でもしませんか?

    とりあえず、その地の勤務を終えるまでに、その地の名所旧跡や歴史を一通り見て回る目標で。いろいろな歴史上の人や庶民が生きた姿が興味深くてハマリますよ。

    こんなチャンスにこそ、長い老後も一人で楽しめる楽しい趣味をゲットしましょ。

    トピ内ID:6064677307

    ...本文を表示

    なんかよくわかんないけど

    しおりをつける
    🐱
    眠り猫
    夫側の単身赴任はよくあること、夫は妻と違い一人暮らしを楽しんでいる。
    でも母でもある自分は一人でいるのが虚しい。
    同じ立場の人はアドバイスちょうだい。

    ということ?

    なんだかなぁ。
    「女の身で夫と子供を残して単身赴任してる私、ちょっとカッコ良くない? 同じ立場の人・・・まぁ、そうそういないよね、あはは」
    と言ってるように思えるのは私の性格が悪いからかしら。

    配偶者と子供と別れて暮らしているのは妻も夫も同じく寂しいでしょう。
    なぜ妻からだけ話を聞きたいのかな。
    男性をバカにしてるってこと?

    トピ内ID:2364183146

    ...本文を表示

    妻の単身赴任って確かに珍しいね。

    しおりをつける
    🙂
    sho
    大変なのは男も女も同じ。

    男の場合は常に「遊び」が過ぎるんじゃないかと
    心配がつきまとうけど、
    それにしたって女も同じ。

    寂しい虚しいは同じかな。

    羨ましいのは、
    ダンナさんと同じぐらいの収入で、
    同志のような存在でいられること。

    ずーと定年まで単身赴任なんですか?

    それだと本当に大変だけど、
    数年で戻れるなら、
    自由や気楽さを糧に頑張りましょう。

    トピ内ID:1238550289

    ...本文を表示

    楽しくやってます。

    しおりをつける
    🙂
    みき
    我が家の場合ですが、毎週どちらかが会うようにしています。
    週末は金曜~月曜
    平日も有給あればちょくちょく会うので月の半分は会っている状態です。
    この感じ、ちょうど良いのです。
    会っている時は外食したり手料理も毎日ではないので豪華に作れます。
    世の中には漁師さんや海外単身、半月出張、都心では当たり前に多いです。
    友人も沢山います。
    深く考えず、自分の家族流でよいと思います。
    私の父親も海外単身生活長かったですが母と仲良しでした。

    トピ内ID:0157697306

    ...本文を表示

    頑張って

    しおりをつける
    🐱
    ブンちゃん
    最近の女性の社会進出で妻の単身赴任は珍しくありません。
    私の友人の女性官僚や裁判官では当たり前にあります。

    かく言う私は夫の立場ですが、かれこれ10年単身赴任をしています。
    家族に会えるのはあなたの奥様と同じ状況です。
    でも、あなたの場合は奥様と離れていても子供さんと一緒にいられるだけ
    私よりマシだと思います。

    今は昔と比べてネットでコミュニケーションがとれるので寂しさは軽減しました。
    私も最近は家事一般何でもできるようになり、老後に妻に依存する濡れ落ち葉に
    ならなくて済む、神様から訓練期間を与えられたように思います。

    この状況も必ず終わりがきます。
    それまでの独り身をむしろ楽しむ余裕ができれば良いですね。

    トピ内ID:1193835560

    ...本文を表示

    私も

    しおりをつける
    🙂
    ほつかり
    50代、子どもは中学生と高校生です。

    最初は本当に寂しかったです。
    同じ職場の同年代の女性が声をかけてくれて、何度か一緒に食事してもらいました。
    そういえば、一緒に趣味の会に参加したこともありました。

    子どもたちも最初は寂しがっていたけど、ママがいない状況に慣れてしまいます。
    ま、慣れなければこちらも困るんですが。

    私も、一人での過ごし方に慣れて来ました。
    夜の過ごし方の定型みたいなものができました。
    そう、子どもにわずらわされず、自由に過ごせるのはある意味ラクです。
    私は今をそこそこ楽しんでいます。

    トピ内ID:0408545435

    ...本文を表示

    妻が単身赴任してる夫です

    しおりをつける
    blank
    アスパラ
    私が2か所(連続6年)単身赴任し、戻って3年たったら、妻が単身赴任しました。妻単身赴任時に子供は大学と高校に入学して、今3年目です。
    私(夫)は、朝食、弁当、夕食、洗濯。もちろん、仕事もこなします。
    ですが、なかなか充実しています。
    妻は結婚(24才)以来、久々にほぼ、自分のことだけの生活に充実してるもようです。
    主さまも、赴任地でもっと楽しまれたらいかがですか。もうこのような生活はないと思いますよ。

    トピ内ID:6239424637

    ...本文を表示

    えー?

    しおりをつける
    blank
    bee-a
    そうかなあ・・・。
    男性だって単身赴任の人は同じ様に思うよ。
    皆で暮らせるほうが良い。
    男女関係ないじゃん。

    私も働く妻です。
    海外出張もある仕事の為、子供はその間旦那が面倒をみました。
    今は子供達はもう大きいのですが、父子の関係は良好です。
    私の知らない、父子間の秘密もあるようです。
    そう言う思いや感情を、子供や旦那に大事にして欲しいと思います。

    子供達も自立心があり、自分の事は自分でします。
    私自身、子供のを自立させる事が、
    一番子供にしてあげられる教育だと考えています。
    だから、私から巣立っていくのは当然で、嬉しく思いますよ。

    一人でむなしいのは、女だからって事じゃないしね。
    家族がいない人だっているし、キリが無いと思いますよ。
    多分、トピ主さんは良い意味で幸せで、
    例え専業主婦でも今の幸せに満足できないタイプじゃないですか?

    トピ内ID:9110154082

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  21
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0