詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親の認知症

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ちっち
    ひと
    六十歳半ばの父が最近、脳梗塞による血管性痴呆が発症していることが発覚。アルツハイマーとは違うらしいんですが、やることなすこと支離滅裂。別件で入院している時に見つかったので、すべて病院任せなのですが、話すことは割とまともなのに、病院内で子供のようないたずらしまくったり、最近はトイレもオムツのお世話になっている感じ。

    私はちょっと早い気はするけど、こうなったらしょうがないと開き直っていますが、母が「まだ六十代なのに情けない」と、とにかくショックを受け、気に病んで母の方がおかしくなってしまいそうです。こんな母をどんな風に励ましたらいいんでしょう。経験者の方、アドバイスをお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    多くの人の協力を得ましょう

    しおりをつける
    blank
    ぽぽ
    わたしは介護職だったのですが、実の母が認知症になったとき凄くショックでした。直接介護しているのは父で、母の奇行に振り回され混乱していました。初めての経験の連続で、父にとっては不本意で辛い時期だったと思います。

    やつれて自暴自棄になる父にどう声を掛けていいか、病院や公的機関ありとあらゆる相談窓口に駆け込み、父の愚痴や嘆きをとことん聞き一緒に勉強しました。すると父も母も精神的に落ち着き、穏やかな生活が戻りつつあります。病の進行が緩やかなのもありますが、お互いの距離の取り方を会得したのでしょう。気が付くと3年が経ちました。

    お父様の症状もですが、そばで介護されているお母様のお身体と精神状態が心配です。現状を受け入れるのに今が一番大変な時期ですものね。認知症は若くても発症する病気です。恥じることではありません。信頼できる身近な人、医師や公的サービスの力をできるだけ拝借して、お母様に心労がかからぬよう、支えて差し上げて下さい。気の利いたレスが出来ませんが、どうか皆さんに平和な生活が訪れますように。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    家族の大変さ

    しおりをつける
    blank
    たま
    私自身、旦那が認知症だと言われたら、ショックだと思います。ただ、仕事柄認知症の方々と関わることが多いのですが、対応する側の態度で、認知症の方の状態が変わるように思います。重症化していくとそうとも言えないかもしれませんが、発言や行動を受け入れてあげることで、落ち着いてくれるようです。

    その代わり、間違ったことをしたとき、怒ったり責めたり、感情的になると、ただでさえ自分の行動が認知できない本人の方はますます不安になり、症状が重くなることもあるようです。
    家族としては辛いところだとは思いますが、お父さんの病気を理解して、対応してあげることが、お父さんにも家族の方自身にとっても、良いと思います。

    姉の義父も認知症で、自宅にいても「家に帰ります」というため、姉は毎晩車に乗せて近所を一周してあげていたそうです。そうすると少し落ち着いてくれたそうです。
    家族にとっては長い戦いのようなこともあるかもしれなせんが、心のもち方次第でかけがえのない時間になるのかもしれません。

    アドバイスになっていなくてすみません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    サポートしてあげて

    しおりをつける
    blank
    アッチョン!
    うちの父も血管性痴呆でした。

    別件で入院との事ですが、その病気(ケガ)が良くなってきますと退院を求められると思います。

    お家で介護するなりどこか施設に入られるなりすると思いますが、今からいろいろ介護関係の情報をを調べてあげてください。

    オムツの件ですが、病院では手を掛けられないのでオムツになりがちです。お家に帰られれば介護しだいでは自分でトイレに行くことも可能になるかも知れません。

    お母様ですが、今はまだ受け入れられないのかもしれません。
    家の母も最初は治ると信じていましたから。(私はそんな母を否定はせず見守っていました)

    ちっちさんはお母様と一緒にお暮らしですか?
    それが分からないと具体的な事は言えないですが、お母様には情報なり体力的なサポートをしてあげてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ボケは神様の贈り物なんです

    しおりをつける
    blank
    みほ
    私の父も脳梗塞になり、まだらボケが始まり、入院するにも付き添いの人がいないと、受け入れてもらえなくなり、本当に大変でした。

    父は、寝たきりになったとき、自分が情けない情けない、と嘆いており、一番辛いのは、本人なんだとわかりました。

    周りの人が、情けないなんて言ってしまったら、
    お父さんがかわいそうです。

    本人が一番ショックをうけているのですから

    うちは2年間の介護生活でしたが、亡くなった父も、
    介護した周りの者も、本当に大変でした。

    みんなが協力をしないと、介護はできません。

    お母さんに協力してあげてください。

    ボケは神様の贈りのもなんです。
    本人の死に向かう恐怖心や、人にオムツ等をかえてもらう羞恥心を忘れさせてくれる

    そう思って私たちは介護をしてきました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    情けないことではありません

    しおりをつける
    blank
    とれいしい
    若くしての認知症発症、大変ショックだと思います。
    私の実父も脳血管性の認知症で、じわじわと症状は進んでいます。

    本当に認知症とはやっかいで、人によっても症状の出方は様々だとは思いますが、いわゆる「まだらぼけ」。とても的確で鋭いことを言ったかと思っても、日時・場所の認識がめちゃくちゃだったり・・・。

    ただ、これは「情けない」ものではないんです。病気なんです。ご家族はとてもショックだと思いますが、参考資料や図書(図書館などにも結構あります)、認知症の家族会のサイトなど、どんどん情報入れてみてください。家族もつらいですが、一番つらいのは病んでいる本人なのです。自覚症状もあり不安でたまらず乱暴になったりもします。

    支離滅裂な事を言っても、どうか頭ごなしに非難しないであげてくださいね。そして、お母様の事も責めずに、知りえた情報をやさしく伝えてあげて下さい。「病気」なんです、本当に。

    私も「何言ってるの?」と父を責めていた時期を経て、ようやく少しずつ穏やかに接する事ができるようになってきました。マニュアル通りには行きませんが、お互い試行錯誤しながらがんばりましょうね。いい意味でほどほどに!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お医者様に良く相談なさって下さい。

    しおりをつける
    blank
    まままま
    脳梗塞による血管性痴呆…と同じ物かどうかは判りませんが、私の祖母は多発性脳梗塞症候群という症状でした。
    これは、脳の中に小さな脳梗塞がいくつも出来てしまう病気です。
    つまり、いわゆる年をとって「ボケた。」というのとはちょっと違い、病気なんです。
    だから年齢は関係ないんです。60代でも病気にはかかります。

    小さな脳梗塞なので、きちんとつながってしっかりしている部分と、塞がれてしまっている部分があり、祖母もかなりしっかりした言動をしていたので、周囲も進行に気がつかなかったのです。
    (言動に辻褄が合わない部分が多々あったのですが「年だから…」と思っていました。)
    その後、錯乱やせん妄の症状が現れ病院に預けていても会いに行った時は地獄のような状態でした。(症状を緩和する薬は持病持ちの祖母にはあまり使えませんでした。)

    トピ主さんのお父さんはまだお若く、体力もおありになるので、お医者様と良くご相談なさって、少しでも症状が緩和される事をお祈り致します。

    一つだけ…食事だけは、出来るだけ口から食べさせてあげて下さい。ペッって出しちゃってもね。お腹空けば食べますから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お母様と仲良く、時には息抜きを。

    しおりをつける
    blank
    まままま
    続きです。
    我が家の場合、祖母は元々心臓疾患を患っており即入院だったのですが、その時病院の方から言われた事です。
    「介護老人を施設に入れる事を、決して罪悪に感じないで下さい。ご家族の生活がメチャクチャにならない事が何よりも一番大切なことです。」

    祖母が入院する前、我が家はメチャクチャでした。
    自分で転んだのに「殺される!」と叫んでご近所の家に飛び込んだり私が私の夫に殺されたと警察に電話し夫の職場に警察から電話がかかってきた事も。
    入院してからも…頻繁なお見舞いって大変です。自宅は寝る為だけに帰る感じで荒れ放題。

    毎日泣いていましたが、でも、今から出来る事をやるしかないんです。
    トピ主さんは、きちんと気持ちを切替え前向きなので本当に偉いと思います。
    お母様にかける言葉は判りませんが、トピ主さんとお母様がいつも仲良くいられる事が一番だと思います。
    同じ思いを共有する家族がいる事が何より励ましになると思います。
    色々大変だと思いますがお体気をつけてください。

    それと、精神安定剤等の投与によってパーキンソン症候群になる可能性があると言う事を覚えておいてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    前向きに、無理しないで!

    しおりをつける
    blank
    我が家といっしょ
    一緒なので、ビックリしました。
    うちの母(64歳)も認知症で、数年前くも膜下をやってます。
    脳の病院では、脳の病気をしたら認知症になりやすくなるような説明も聞きました。
    我が家も怪我をもとに病院に入院し、動けないので、オムツという悪循環でした。
    今は自宅療養ですが、オムツは取れないでいます。
    ボーっとしていたり、わけのわからないことを言い出したり、わがままで、体重も重いし、大変です。

    私は母の家の近くに住んで、ほぼ、父が面倒を見ていますが、「ボケはしょうがない」です。
    本人もボケたくてボケているのではないんです。

    8歳年上の父も最初の頃は、悲しい気持ちのようでした、家族で乗り越えないとと思います。
    でも、話をするということが、介護をしている父にも受けている母にもとても良いみたいで、だいぶ母も自分を取り戻してくれています。

    続く

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    前向きに、無理しないで!

    しおりをつける
    blank
    我が家といっしょ
    続き
    今は、介護サービスを受けています。
    家族との話し合い、介護サービスの方との話合い、みんなで支えあっています。
    家族の絆が深まった気さえします。
    お母様には独りで抱え込まないよう、アドバイスと、公的な機関でのご相談を是非利用なさってはいかがでしょうか?

    怒りたいときもあります、腹立たしい事も。
    でも、息を吐いて、優しくすることに努めてます。
    悪いことをしたら、子供に言い聞かせするような口調で、(子供は居ないんですが)
    「○○したら、みんなが大変でしょ、したらいけないよ」という具合に。

    ちっちさんまずはお母様の支えになってあげてくださいね。
    小町を読んでいただくのもいいかもしれません。
    無理をしない、っていうのが一番だと思います。
    一緒に頑張り過ぎないけど、頑張りましょう!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ちっち
    皆さん、レスありがとうございました。
    父は今、元々の持病の躁鬱病でお世話になっていた病院に入院しているのですが、転院の話が来ました。もちろん自宅介護という選択もありましたが、主治医の先生が、父の痴呆の進行が早いのと、母の性格を配慮し、母が気を休める時間を作れるように、少し距離のある(自宅から1時間近く)長期療養型の病院を進めてくださいました。今、介護保険も申請中です。私は嫁いで母とは別に住んでますが、主人はいつ母と同居しても良いと言ってくれています。(母が、まだ子供の世話になるのは早いと同居は拒んでいますが)とりあえず今は母と一緒に父の病状を見守っていきたいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]