詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ピアノの調律の人にお茶は出しますか?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ぴあにっしも
    話題
    皆さんは ピアノの調律に来てくれた方にお茶は出されるのでしょうか?

    私は 前に来てもらっていた人には出していたのですが この方はお喋り好きなのか、お茶を出したら最後、延々と話が続き、(世間話からいろんなジャンルの話まで)途中で何とか理由をつけて終わらせてもらおうとするのですが(もうすぐ子供が帰ってくるとか)全然効果なしだったんです。

    話の途切れ目もなく、本当に困りました。
    興味のない話でも全く平気で 私は逃げる場所もないし。

    次回から、調律の人が替わることになったのですが 又同じような事になったら嫌なので もうやめようかな、と思っています。

    最初に出したらずっと出さないといけないみたいですし。
    調律代を払うんですから 失礼じゃないですよね?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    もちろん。

    しおりをつける
    blank
    y
    前の担当の方は大変だったのでしょうが、でも「料金を払っているのだから、お茶を出さなくても失礼じゃない」という理屈には、ちょっと同意できませんね。

    実は私も今の担当の方があまり好きじゃありません。 お茶をお出しして一応世間話程度をするのですが、いつの間にか自慢話みたいに・・・。 でも、長居はしないので、諦めて相槌を打ちながらお付き合いします。

    他所の家の中に入って一時間以上も黙々と調律をされてることを思うと、お茶ぐらいお出しするのが大人の対応かな、と思うことにしています。 一応、夏はエアコンをつけて(我が家ではお客さま待遇です)、冬はそのためだけにホットカーペットを敷いてファンヒーターで部屋を暖めてお待ちしています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちの場合出していません

    しおりをつける
    blank
    にこ
    我家も半年に一回から一年に一回、ピアノの調律を同じ業者に定期的に来てもらっていますが、お茶を出したことはありません。

    我家にいらっしゃる方は、挨拶しながらピアノの部屋に行き、調律を始めます。
    調律がはじまったら、音も立てず待機してます。
    で、調律の合間合間に、多少ピアノに関する話題などがでますが、その後は、清算、ちょっとしたお手入れのアドバイスなどで、さ~と荷物を片付けて、去っていかれます。
    トータル40分くらいでしょうか。

    調律している間にお茶を出せばいいのかな?と思ったこともあるのですが、調律師の方が必ず「この音が、こうなってて、おかしいのわかりますか?」
    とか「ここを〆ると、これだけ音が変わるのがわかりますか?」
    と、説明しながらしてくださるので、その部屋を離れるのがもったいなくて^^;

    まあ、主さんとは事情が違いますが、こまっていらっしゃるのでしたら、お茶を出さないという手もあると思いますし、お茶を出しても、時間が着たら、
    「今日はありがとうございました。では、また0ヵ月後によろしくお願いします」
    と、自分から話題をきってしまってもいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    え、気の毒・・・

    しおりをつける
    blank
    ぱっちん
    高価なモンじゃなし、お茶くらい出してあげればいいのでは?
    何時間もかけて調律してもらうのにねえ。
    それに1年に1回程度でしょ?

    お金以上のものは出さないなら、
    相手だって最低限の仕事しかやらなくていい、と思われます。
    大事なピアノじゃないんですか?

    気持ち良く仕事してもらって、より良い状態に調律してもらう事が
    大事なんじゃないですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おつかれさまでしたの意味で

    しおりをつける
    blank
    私は出していますが、お話の相手はしていませんので
    お茶がなくなりましたら、帰られます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出しています

    しおりをつける
    blank
    典子
    私は礼儀としてお茶を必ずだします。
    同席はしないことにしております。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お疲れ様の気持ち

    しおりをつける
    blank
    おかしも
    お茶も甘いものもおしぼりも出しますよ。私は、個人でやっている調律師さんにお願いしていますが、丁寧な仕事だと思います。状況により時間がかかることもありますから、終了後、どのような作業だったのか詳しく説明を受けることにしています。それだけでも結構な時間なので、やはりお茶しながらになりますね。

    トピ主さんのところはメーカー専属の方ですか、今度こられる方が良い人だといいですね。調律はアフターサービスではなく、こちらから依頼する有償の行為です。その値段は個人営業の方とそんなに違いはないようなので、もしもの時は違う選択もあるかと思います。私は自分では弾きませんが、聞かされる側の立場として揃った良い音を期待しますので、せめてお茶ぐらいは出してもかまわないかなと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出してます

    しおりをつける
    blank
    bosendolfer
    子供の頃から家にピアノがあり、最初に家にきて頂いていた調律師さんから今お世話になっている方まで5人ほど来て頂いたことがありますが、いつもお茶とちょっとしたお菓子をお出ししています。

    私が子供のころは母親がそうしていたので自然とそうなりました。

    調律師さんは大抵一日に3件くらいのお宅を訪問するので、朝、もしくは午後一番のアポイントメントを入れる様にお願いしてみたら如何ですか? そうすると次のアポイントメントがあるので、長居は出来ないとおもうのですが。

    もしくは調律に来て頂いた時点で ”今日は3時に家をでなければいけないのですが、それに間に合う様に調律を終わらせていただけますか?” とあらかじめ言いましょう。 出掛けなきゃいけないお客さんに仕事が終わってからもだらだらと話をする人はいないと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    失礼ではないでしょうけれど

    しおりをつける
    blank
    小熊
    お茶を出さなければいけない、ということはないと思うんですよ。でも、調律してくださった方のことを考えると、二時間もの間もくもくと仕事をしてくださって…。喉も渇くだろうなぁ…と思い、私は、お出ししますよー。夏にお願いした時は、クーラーをつけていても汗をかきかきやって下さったので、途中でピアノのそばのテープルに麦茶をお出ししました。そして、お支払するときに、改めて。

    前の方が、調律が終わっても延々とおしゃべりを続けるだなんて、非常識な方だったんじゃないですか?そんな方ばかりのわけはないですよねぇ?

    ピアノの調律って、最低でも1年に一度はお願いするので、顔見知りのようになっていき、ピアノに関してのよき相談相手になっていきますよね。ピアノのこと、お詳しいですから。
    一度きり来てもらった修理やさん等とは、ちょっと感覚が違います、私は。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    普通出すでしょ

    しおりをつける
    blank
    モッチー
    子供の頃ピアノを買ってもらってから、30年以上ずっと同じ調律師さんですが、昔母は食事まで出していたそうです。今は私はお茶かコーヒー一杯だけで、少しおしゃべりしておしまいなので、何か申し訳なく思ってる位です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お出しします

    しおりをつける
    blank
    うさ
    せいぜい年に一度のことだし、毎年来て下さる方ですから。

    予めお茶の支度をしておけば、作業中に部屋を離れずに済みますから、作業中ならではの話も伺えます。
    お茶と簡単なお茶うけをお出しし、茶碗が空になる頃合いを見計らってこちらから「今日はお世話様でした。また宜しくお願いします」と席を立ちます。

    確かに代金は支払っていますけれど、気持ちよく調律して頂きたいですからね。毎日使うピアノですから。

    でもまぁ、最初から何も出さなければ、そういうお宅だと認識してはくれると思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出しています

    しおりをつける
    blank
    あさこ
    ピアノの先生に紹介してもらって来ていただいている調律の先生です。
    終わって、精算のときには お茶とお手拭を用意して椅子に座っていただきます。
    子供の頃、調律の先生がいらっしゃるとき母がそうしていたように、です。

    先生も終わっていきなりお金を貰うのも タイミングってあるのかもしれません。
    そのときによって おしゃべりの長さは違いますが、息子たちのピアノに接する状況などをお話したりします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「すみません、今から出かけますので」

    しおりをつける
    blank
    とちっこ
    「お茶を出したら最後、延々と話が続き」その人、次の仕事が無かったのでしょうか?不思議ですね・・・。

    いずれにせよ、貴女の親切がとんだ結果になったわけですが、でもその調律師のような方はむしろ珍しいのではと思います。普通、次の仕事があるからそんなノンキにはしてられないでしょう。

    もう我慢出来ない、帰って欲しいと思えば、「今から出かけますのですみません。」と言って、本当に立ち上がってその辺のものを片付け始めていづらくなるようにすればいいと思います。「これから着替えますので」と言ってドアの方に追いやってもいいし。
    本当に、出かける用のある時もあるだろうし、一定時間が経っていれば別に失礼にはならないと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちも出します

    しおりをつける
    blank
    うん
    うちも出します
    2時間は掛かりますよね?
    40分とかかれていた方がいてずいぶん短いなあと思いました
    それくらいだったら出さなくてもいい気がするけど・・
    ちゃんと調律できているのかしら??と思ってしまう。

    同席しないっていうのもびっくりでしたが・・
    お支払いはいつするのでしょうか?
    うちはお茶をだして少しお話をして、お支払いをしたらお帰りになります。
    うちにいらっしゃる方は2時間くらいかかるので1日2件(午前・午後)が普通みたいですよ

    だから午前の時は忙しそうで午後はゆったりです
    午前を指定すればお昼までにはお帰りになるのでは?
    「私もそろそろ出かけます」というのもいいかな。
    お茶はやっぱりないのは失礼な気がしますよ・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出します。

    しおりをつける
    blank
    ゆゆ
    子どもの頃、母が出していたので、当然のごとく今自分もお茶だしします.話はそれますが、私の父は、家の内装修理の仕事をしていますが、修理に行ったとき、家の人の対応のよしあしで、気持ちがぜんぜん違ってくるといいます。対応が悪ければ手抜きをするとかでは全くありませんが・・・。ながばなしをされるとのことお気の毒ですが、運が悪かったというか、、いろいろな人がいますよね.

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな時代なのかな?!

    しおりをつける
    blank
    私は古代人かな
    何だか、寒い気持ちになってしまいました。
    調律代は払ってるから、お茶は出さなくていい。
    これも正論だとは思うけど、私は親を見て育ちましたから、これは出来ません。一応、調律師さんに聞いて出しますよ。ねぎらいもかねてね。家のピアノ見ていただいた心としてね。

    興味のない話だらだら、これがいやなら、うそも方便で、「買い物、銀行、お友達が~」で切り上げるのはあなたの腕次第。

    人間相性ですから、次回は他の方にすればいいだけのこと。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    はい、出してます

    しおりをつける
    blank
    ママ
    お茶を出すと言うより調律だけの付き合いとは思ってないので終わった後にピアノの具合はどうだったかを聞く意味でもお話させてもらいます。
    色々なレスのあるような自慢、長話とかではなくプロとしての会話をされる方なので教えられるところは一杯ありますし必ず娘がいるときに来てもらっています(状態がわかるのが娘なので)娘もピッチを上げてほしいとか言ってますしね。
    ヤマハから一人の方にず~~と来て貰ってますので信頼関係も出来てますし娘の高校受験のときにはアドバイスを貰ったりもしました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました!

    しおりをつける
    blank
    ぴあにっしも
    色々なご意見を有難うございました。
    私も実際、子供の頃から母を見ていますので ピアノの調律師さんだけでなく、植木屋さんや業者さんなどにお世話になった時、必ずお茶を出していました。
    まぁ、それが当然だと思っていましたから・・。
    その気持ちは変わりませんし、今もそうしています。
    ただ、前の調律師さんが特別そういう人だったのか
    分かりませんが、本当に もう~うんざりするくらい
    延々と話されるのです。 調律されている時にちょこっと質問しようものなら 調律の手を止めて(そこまでしてもらう内容の質問ではないのに)話が止まらない、調律はどうなっちゃったの?・・と思うくらいです。 やっと調律が終わってお茶を出したら またまた延々と話が続き・・電話が鳴っても 普通なら会話がすんだらそれをきっかけに”ではこれで・・”と
    帰られるのでしょうが それもなく、私の電話が終わるのを待っていたかのように話の続きです。
    井戸端会議のおばちゃんみたいでした。 こんな人はそういないでしょうから、次の人には普通にお茶をお出ししようと思います。運が悪かったのですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]