詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ゲームのシナリオライターになるには?

    お気に入り追加
    レス25
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    はる
    話題
    長男がゲームのシナリオライターになりたいというので、専門学校の説明会にも出てはみたのですが、学校を出たらなれるものか、また実際に仕事はあるかなど心配です。学校自体も調べた限りではあまり数は無いようです。ご存知の方があれば教えて下さい。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数25

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    学校出てもなれません2

    しおりをつける
    blank
    長くてすいません。
    ゲーム業界は超難関です。
    大手でないと、生活も厳しいです。見返りがないです。
    大手でも、まあ、ほんとに大変ですよ・・。ええ。
    それでも、高学歴理数系院卒の人が大勢入ってくるのです。毎年毎年。

    有名大学に行って、ゲーム開発に関連する勉強、卒論、を修めて臨めば、かなり確率はあがります。もしダメでも、他の道に進むのは簡単です。
    入ってしまえば、専門卒云々の差別はありません。
    気にもしていません。忙しすぎて。

    私は、ゲーム業界に入りたい学生の相談をよく受けます。
    なので、少し強い口調になってしまいましたが、分かってください。
    説明しても、専門に行ってしまうんですよ。なぜかみんな。
    狭き門だと言っているのに・・。

    ええ、長くなりました
    がんばって下さいね!待ってます!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご存じじゃありませんが

    しおりをつける
    blank
    みそづけ
    学校を出さえすればなれる職業などありません。どんなに学校の成績がよくても、適性がなければ使い物にはなりません。シナリオライターはクリエイターです。技術を学んでもセンスがなければ、なかなか厳しいものがあると思います。

    それから、クリエイターは道のないところに自分の腕一本で道を造る仕事です。その入り口の調査すら他人(親)まかせにしているようでは、自立は覚束ないかと。

    もしまだ小学生・中学生ということであれば、お母さまの取り越し苦労で、もっと現実味を帯る年齢になってから、お子さん自身の力で情報収集させるべきでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    専門学校はだめ

    しおりをつける
    blank
    ゲーム開発人
    >学校を出たらなれるものか、
    なれません。

    >実際に仕事はあるかなど
    実績のない人に仕事はありません。

    では世の中の「ゲームシナリオライター」は、どうやって
    なったかというと、
    ・プログラマやデザイナなどの出身
    ・同人ソフトなどですでに評価される作品を作っている
    ・デバッガ→スクリプター→レベルデザイン→シナリオ
    という腕一本成り上がりコース
    などです。
    大手だとそこそこの大学であれば、新卒で採って育てて
    くれるかもしれませんが、そっちの世界はあまりよく
    知りません。

    いずれにせよゲーム専門学校卒に声がかかることはあり
    ません。
    (デバッガならありますが、住居費こみ月5万、なんて
    ざらです)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ゲームのシナリオライターです

    しおりをつける
    blank
    まさしく私?
    まさに私、ゲームのシナリオライターです。
    ゲーム系の専門学校出身ではありません。また、そういう経歴の人に現場であったこともないです。
    ゲーム系専門学校を出たグラフィッカーや「企画サブ(要は雑用、いずれライターかディレクターになるはずだけど、実際にそうなる前に一人残らず辞める)」の人はいました。

    私は中堅国立大の文学部卒です。シナリオライターとして採用される前に、某文芸賞の新人賞を取っています。採用されたのはそのためです。
    私の知っているライターは、社員、外注関わらず、全員4大卒です。

    大学名で採用することはないですが(学歴があっても書けない奴はいらないので)、一応、専門卒でライターをやっている人を私は知らない、という事実はお知らせしておきます。
    同僚が講師もやっていますが、そこで人材を見つけようなんて思ってないと言います。そもそも、勉強はしたくない、ゲームやアニメなら好き、じゃあそっち系の学校で……という意識しかない子が大多数ですから。入学しても感化されて腐るのがオチではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一長一短

    しおりをつける
    blank
    さんだーす
    <誘惑>
    専門学校に入ると、「在学中はのほへんとヘタレ生活の誘惑」にまず襲われます。大卒ですと、これに「他業種に転向したくなる誘惑」が加わります。

    <就寝場所>
    専門卒の場合、「夜は机につっぷして寝る会社」「床にダンボール敷いて寝る会社」のどちらかが選べます。
    大卒ですと、「ソファで寝る会社」「自宅のベッドで寝られる会社」という選択肢が加わります。

    <就労>
    専門卒の場合、業界の地獄を余すところなく目の当たりにできます。それらを乗り越えた僅かな勇士だけが生きていけます。大卒の場合、うまく立ち回れば地獄から目をそむけたまま生きていけますが、ゲームを作っている実感のわかない部署に配置される可能性もあります。

    <傷病>
    専門卒が勤めることの多い会社の場合、極度の肉体疲労により血尿を出す確率が大です。
    大卒が勤めることの多い会社の場合、精神的苦痛により鬱病を抱える確率が大です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ファミコン世代です!!

    しおりをつける
    blank
    辛口ペッパー
    業界の人間ではないので、詳しい事はしりませんが
    ただの雇われプログラマーでなくシナリオライターならば相当の学力(学歴ではありません)は必要でしょうね。
    そりゃあ専門にいけば「シナリオライターもどき」の勉強が出来るから楽しいかもしれませんが

    漫画にしてもそうですが手塚治虫を筆頭にそりゃあもう子供向けだけどそうとうな知識や情報や豊かな感性を持ち合わせた人だけが生き残る世界です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    シナリオライターではありませんが…

    しおりをつける
    blank
    rii
    私は、そのような専門学校(ゲームプログラムコース)卒業で以前あるゲーム会社に就職しました。
    200万本売上本数のあるゲームに携わりました。
    (今は別の職についています。)

    ただ、確かに専門学校をでたからと言って
    就職できるわけではないです。
    40人いたクラスのなかで、ゲーム会社に就職
    できたのは、私含め4人でした。

    それ以外の人は、約半分がプログラマとして
    ゲーム以外の仕事につき
    約半分が、就職せずにいまだに学校に通ったり
    アルバイトしていたりします。

    まとまってまくて、申し訳ないです。
    ただ、専門学校卒業でもゲーム会社に就職できた人間もいるって言う事を伝えたくて。
    シナリオライターは、また別だと思いますが…。

    最終的には専門学校だろうが、大学だろうが
    本人の意識・やる気だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の彼氏が

    しおりをつける
    blank
    ブンブン
    この間、某大手のゲーム会社でシナリオライターの仕事をしていました。
    彼氏は全然4大卒どころか専門も出ていないような奴です。
    ただ、ずっとシナリオを書き続けていて、あるところからヒョイと拾われたようです。

    ゲームが好き、という人よりも幅広く書ける人が求められていたようでした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    畑違いが有利

    しおりをつける
    blank
    かぜ
    ゲームソフトのプログラムを書く人間になるならば、プログラムの勉強を専門にする必要がありますが、ゲームの企画を考える方ならば、逆にゲームのことは知ってる必要はないと思います。

    むしろ、ゲーム以外の分野のことをたくさん知っている方が、素材、材料の引き出しが多くなるので、食っていくには有利でしょう。

    だから、ゲームの企画をしたいなら、むしろゲームなどほったらかして、本を読み、映画を見て、外で泥まみれになって遊ぶ必要があります。だって、ゲームばっかりやってたら、既存のゲームの枠を越えるゲームのアイデアなんて絶対に出てこないですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    専門は微妙

    しおりをつける
    blank
    んー
    なるだけならなれますよ。
    ただし、生活は出来ないでしょうね。フリー(自称)ですから。
    基本的に、なりたいからなれる、そんな職業じゃないので。
    これは製作関係の職業全てにいえる事だと思います。
    大手ならいざ知らず、下請けは薄給で過労寸前なんてのは良くある話です。
    (そして大手は専門卒は取りません。)
    芸の為なら女房を泣かす、って言葉がありますが、まさしくそれ。
    更に言うとゲームのシナリオライターやるなら文章力以外にもプログラムか、グラフィックの能力が無いと辛いです。
    後ゲーム専門学校は止めた方が無難でしょう。
    (そもそも脚本製作技術を学ぶなら芸大とか行った方が全然良いです。)
    むしろなりたいなら専門ではなく、他分野で学び、それを文章に活かせる能力を得るか。
    (演劇、演出、映像、政経、歴史、英語。文章作成能力なんてあって当り前)
    ゲーム以外の事は考えられないって位の人じゃないと駄目です。
    (ゲームに出会って20年、映画も、漫画も、アニメも興味ありません。ゲーム一筋。これ位の人でないと。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    専門は微妙2

    しおりをつける
    blank
    んー
    一度、お子さんに作らせてみたらどうですか?
    プログラミングソフトや、高価なCGソフトが無くても作ろうと思えば作れますよ。
    (シナリオライター志望なら写真を使ったノベルゲームとかありますし)
    知識は必要ですが、ネットで調べたり本読めば基本的な知識は付きますし。
    むしろなりたいなら、その位の努力は必要です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    専門は…

    しおりをつける
    blank
    グラフィッカー
    私はグラフィッカーですが…。
    「専門学校を出てシナリオライターに」というのはたぶん無理です。

    シナリオライターはある意味「作家」です。「小説家(作家)になるための専門学校」って想像すると駄目そうな感じがしませんか?

    シナリオはゲームの肝です。絵やシステムがどんなに頑張ってもシナリオがグズグズだとどうにもならないゲームが出来上がります。新卒の新人に「さあ、シナリオを書いてくれ」ということはまず無いです。

    すでに他の方が書いてますが、別の業種で入社してジワジワとシナリオライターに転向していくか、ゲーム業界以外で物書きとして修行して「作家先生」になってからゲーム業界とかかわるか(これもそうとう難しいと思いますが)、どちらかだと思います。

    でも、いいシナリオを書ける人があまりいないので、息子さんには頑張って~と、お伝えください(泣き笑い

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    友達は専門卒です

    しおりをつける
    blank
    えもん
    ゲーム系の専門を出てゲーム製作会社に勤めている友人がいます。月に三回は会社の机の下で寝ています(女性です)。
    でも、彼女から話を聞いていたら、同じクラスの子でも就職自体できた人間が一割にも満たなかったそうです。
    その就職先も、ゲーム製作に携われているのは彼女とあと一人、他は全然関係ない職種だとか。
    他の方もかかれていますが、「学校を出さえすれば成れる職業はない」です。
    専門学校は確かに就職をバックアップしてくれる傾向にあります(勿論そうでない専門学校もあります)が、出さえすればOKというものではないですよ。
    特にシナリオなんてクリエイティブな部門は、尚のことゲームに特化していない(仕組として構造を知ることは必要でしょうが)知識を必要とするはず。
    大体親御さんが説明会に出たり調べてる時点でアウト!
    まだまだ地位の低い専門を出て就職したいならそこから自分で道を切り開いていかないと、どんな専門に入ったって未来なんて見えませんよ。
    私は別の職種の専門を出てますが、「親がでしゃばる子は長続きしない」これは生徒も教師も皆思っていました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    内定を頂きました

    しおりをつける
    blank
    ランラン
    某最大手のゲーム会社から『ドラ●エのシナリオライター・アシスタント』の内定を頂きました。
    事情があり、辞退をさせて頂きましたが。

    学歴は全く関係ありません。
    才能とセンスが全てだと思います。
    私は現在某W大学の2年、先日退学をしました。

    試験内容を詳しく書くことは出来ませんが、一次試験は【与えられたテーマで、物語を原稿用紙200枚で纏める】というものです。

    専門に行く必要は全くありません。むしろ、行っても無駄だと思います。
    それよりも、こんなことぐらいを本人が調べないという時点で御子息は無理でしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    専門はやめといた方がいいですよ。

    しおりをつける
    blank
    森の中
    ゲーム、アニメの企画・制作やってます。
    採用試験があるような職種ではないので、入り口は人それぞれですが、

    1:どんな形であれまずはゲームメーカーに就職→社内でシナリオやりたいと言い続け→運が良ければ提出企画が認められる

    2:学校にいる間にコネを作り、シナリオライターの事務所に入る→アニメやゲームのシナリオを書く→人気が出てフリーに

    この2つが目指しやすいでしょう。
    ただ、この業界志望の若い男の子はとにかくたくさんいて、しかも一般的に見て全体のレベルはかなり低い。
    そして応募者の専門卒の割合もかなり多い。
    そこで専門卒はかなりの割合で無視される……ということは逆に言うと高レベルの4大卒は、それだけで多少の優位性があるってことです。

    まずは高レベルの4大に進学して下さい。学部は問いません。でも変わり種がウケますから、なるべく堅い学部がいいでしょう。ダメなら文学部で結構。
    そして在学中にゲーム会社やゲーム雑誌の編集部でバイトしたり、ライトノベル系の賞に応募するなどしてコネを作ること。
    あとは文章のセンスがいいことが1番の条件。
    これがなければどんなに学歴作って根性があってもムダです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    具体的には

    しおりをつける
    blank
    ゲーム開発人
    他の人が多少踏み込んでいるので、「では何ができれば
    ゲームのシナリオライターたりえるのか」を少しさわり
    だけ説明しようと思います。

    ノベルゲームなどのように、すでにある娯楽形態を
    ゲームに翻訳したものの場合は、そのスキルに多少
    色がついた程度で足ります。
    しかし、ゲームらしいゲームを作るためには、まず、
    ゲーム内という架空の世界をすべて作りあげないと
    いけません。

    つまりは、架空の世界の科学法則を定め、ルールという
    立法システム、行政システム、経済、流通などをすべて
    定めて、自分がいなくなった後でも回るようにお膳立て
    しなければいけないのです。

    ゲームを作るということは、自分が国家を作り、王で
    すら自分の作った王にバトンタッチして、社会が粛々と
    進む、というのと同じぐらいの能力を要求されます。

    これに比べて、大多数のゲーム業界志望者の考える
    「シナリオライター」の仕事とは、国家に要望書を
    数枚書くだけ、ぐらいのギャップがあると思えば
    よいでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大学の方が近道ですよ

    しおりをつける
    blank
    でざいな
    ゲームのグラフィックデザイナーです。
    うちの会社では、シナリオは社内のゲームデザイナーが書くか、外注に出してます。

    新卒採用で大手に入社したので、小さいとこの内情は分かりませんが、
    うちでは専門卒のゲームデザイナは聞きません。
    「なぜそんな学校でてこんな業界に(笑)」と聞きたくなる様な名門大学の、難関学部出身者ばかりです。

    友人がそういった専門学校で講師をしていますが、
    「うちの生徒にゲーム業界への就職は無理だと思う」
    とこぼしていました。

    ゲーム好きで、ちょっと開発者気分を味わいたいなら
    専門学校は楽しいのではないでしょうか。
    本当に職業として目指すなら、不利だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    事実のみを箇条書きで。

    しおりをつける
    blank
    元講師
    去年度までその手の学校のシナリオ・ノベル科で教鞭を執っていた者です。私自身の本職は小説家。

    ●確かにゲーム会社から「シナリオライター募集」「シナリオ募集」の話は来た事が何度か在ります。またシナリオライターとしてゲーム会社に就職した者も居ます。

    ●上記の「シナリオライター」あるいは「小説家」になれた人間は、一学年30人の内、多い時で3人。少ない時でゼロ。

    ●学校ではクリエイターにとって一番大事な「センス」は教えてくれません。教えられる類のものではないからです。ただし逆に言えば既にセンスを持っているのなら、技術の習得の近道にはなります。

    ●体験入学や親子面談では詳細な事は分かりません。あくまであれば客寄せのイベントですから「嘘ではないが、過酷な事実は一切言わない」状態です。

    こんな処でしょうか。
    個人的な印象では「本人にセンスと、そして周りがだらけていても初心を貫ける強い意志がない限り、時間と金の無駄」だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ゲームのシナリオライター

    しおりをつける
    blank
    今回は匿名で
    現役ゲームデザイナー(男性)に聞いてみました。
    「学校はどこへ行ってもいいけど、自分で同人ゲームを作れ! そうすればそのゲームを名刺代わりに就職活動できるから」
    とのことでした。
    私が「絵を描いてくれる人もプログラミングしてくれる人も自分でみつけるの?」
    と聞いたところ
    「当たり前だ! それができなきゃ無理だよ。ディレクションなんだから」
    だそうです。
    私の知り合いのゲームシナリオライターさんは2人ともディレクションからやっていますし、それが普通です。
    そのようにお伝えくださいませ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なんか専門反対派が多いので

    しおりをつける
    blank
    迷える子羊生産機
    せっかくだから専門学校に行きたくなるような言葉を。

    「ツブシのきかない専門学校という
    がけっぷちの困難な道を行くか!

    ツブシのきく大学という
    楽なぬるま湯に浸かって
    4年間 鼻歌を歌うか!

    男として好きなほうを選べ……!」

    大学だろうが専門だろうが、
    在学中にめっさ努力しないといかん
    業界でありますので
    大学を「ぬるま湯」と表現するのは
    いささか語弊がありますが……
    人生単位で考えるとやはり大学の方がぬるいでしょう。
    大学さえ出れば、たとえゲーム業界で挫折しても
    比較的整備された別の人生の道を
    行くことができますので。

    ですが「そのほうが後々ラクそうだから」という理由で
    大学に行くなら「それは違うだろ!」と思いますし
    「あえて整備されていない困難な道をゆく」というのも
    生き方としてアリだな、とも自分は思うのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    デザインの専門卒のキャラデザイナーですが。

    しおりをつける
    blank
    キャラマン
    うちの会社の場合はシナリオは企画マンが担当してます。シナリオオンリーで食べている人はいないです。

    ゲームの骨組みから組み立て、スペックに精通し、あらゆる部署とコミュニケーションしながら肉付けをしていくのが企画マンです。

    頭脳部分担当とはいえ、体力、気力共に旺盛な人で無いと今時の、制作期間が2~3年(へたすりゃ5年)なんて仕事は勤まりません。
    それこそ、会社が家のような人ばかりです。

    大体、習えば確実に手に入るなんて仕事はありません。
    お子さんがどうしてもなりたいのであれば不可能ではないと思います。
    沢山本を読んで、映画を見て、実際にストーリーを書く。勿論沢山人生経験を積む。
    ゲーム作り自体にも興味を持つ。
    (ただし、単なるオタクになってしまわないように。オタクやファンは開発には必要としません)

    ある程度条件(何年でモノにならなかったら諦める、同時に手に職をつけるとか)をつけて、応援してあげたらどうでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    才能と努力と根性

    しおりをつける
    blank
    リミット
    この3つがあれば、専門卒でもなれると思います。
    大学を出ていれば、ゲーム会社に就職しやすくなったり、在学中にさまざまな人に出会ったり学ぶ機会が増えるというメリットはあります。でも、それも大学にいなければできないというものではありません。
    クリエイターというものは、何かの資格をとったり、どこかに所属しなければなれないものではないのです。どのような形でその職につくかは、その人の工夫や頑張りしだいでなんとでも。
    ただ、人が読んで面白いと思える作品が書けなければ、お話になりません。文章力や構成力ありますか?
    まずはそこです。
    親に何かしてもらっているようでは、道のりは遠いと思いますよ。そんな情熱のないことでどうする?って感じです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    夫はディレクターですが

    しおりをつける
    blank
    ライター志望
    私は物語を書く事が好きで、一時期ゲームのシナリオライターになってみたい!と思っていました。夫がゲームのディレクターなので、詳しく聞いてみましたが・・・絵もシナリオライターも依頼者(取引先)ときちんとコミュニケーションがとれ、なおかつ依頼者の希望を汲みいれる人、そして途中で投げ出さず、納期きっちり完成させてくれる人が良いそうです。これはどの学歴・職業でも求められる事だと思います。

    ライターの知人は「ゲームのライターだけでは食べていけない。書く事が何よりも好きなら別。」と話していました。ものすごい売れっ子なら、食べていけると思いますが、そうなるまでの道のりは遠い。

    専門云々より、やはり文学賞(ゲーム関連誌など)をとった方が一番の近道だそうです。
    息子さんが元々文学好きなら、可能性が0とは言えません。でも自分の将来ですから自分で認識しないと。このトピを印刷して見せてはどうですか?それでもやりたい情熱があれば、親として手助けすればいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    専門卒現役シナリオライター

    しおりをつける
    blank
    専門学校卒で今シナリオライターやってます

    とはいっても、いわゆるギャルゲーで
    1~2万本売れればOKというくらいのものですけど

    流れとしては
    課題を評価してくれていた講師の方(プロ)が
    卒業後すぐにヘルプの仕事で手助けが欲しいと連絡を
    くれたことから始まりましたね

    技術的にはほとんど教わることはなかった……
    とは言いませんが
    そこで出来た人間関係は今でも大切な宝物です

    文章が書きたい、とかではなく
    ゲームのシナリオ、というのでしたら
    充分ありかな、という気もしますね

    ただし、20人いた生徒の中で
    シナリオ書いて食べてるのは私ひとりですけど

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    たくさんのレスありがとうございました。

    しおりをつける
    blank
    とび主です。
    皆さんに沢山のご意見を頂きありがとうございました。翁さんのお話がまさに長男が私に言い続けていた内容そのものです。ただ、今春には親の事情もあり、専門学校は断念しました。でも、行けなかった事はかなりきつかった様で、先月、東京近郊に旅立ちました。夢を断念させてしまったかもしれません。遅くなりましたが、ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]