詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    育児方針で孤立(?)

    お気に入り追加
    レス32
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ママ
    子供
    10月に入り運動会シーズンになりました。幼稚園年少の子供も毎日練習をしているようです。
    先日、参観日があり多くのママさんと共に参観していました。
    子供たちは、かけっこやダンスやボールを使った競技に一生懸命。可愛いなと思い見ていました。
    その後、ママ達と先生方の懇談が開催されましたが、先生は「運動会の練習では負けたくない!との強い思いがあり皆さん頑張っています。
    負けて悔しくて泣いてしまう子もいますが、今度こそ絶対に負けないと奮い立ち頑張っています。
    勝ちたいと言う感情は、将来の勉強やスポーツにも役立つ感情ですし、とても大切な感情です。
    お母さん方も負けるな!勝て!と応援してあげてください」と言うんです。
    私自身ちょっとぼーっとしている面があり、振り返ると幼稚園のころから負けても悔しいと思わない子でしたし、リレーの選手になりたくなくて、わざと負けていました。
    他のママ達と帰りに話していたときも「絶対に勝って欲しい」「わが子が負ける姿を見たくない」「運動会燃えるわ。負けて帰ったら悔しい」と言う人が多くて、
    幼稚園の運動会でそこまで?と思っている私だけ異色に思えて不安になり義母に相談しました。
    義母も先生やママ達と同じ意見で「負けっぱなしではダメ。絶対勝つんだと言う強い思いを持つこと、持たせることは大切。相手を引きずり落とすとかでは無くて真正面から正々堂々と勝負して勝つことは大事」と言うんです。
    私が納得できずにいると義母は「精一杯やって勝てない事もあるけど、勝てませんでしたで終わっちゃダメ。絶対次は勝つんだって子供を励まさないと」って言うんです。
    結局、先生も義母もママさん達も同じ意見です。
    きっと自分のベストを尽くせと言う意味だと思いますけど、そこに勝ちが必要でしょうか?
    ベストを尽くして負けたら、それはそれでいい気がします。
    なぜ勝たなくてはいけないのでしょうか?

    トピ内ID:6647304703

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 30 面白い
    • 61 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 110 エール
    • 12 なるほど

    レス

    レス数32

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    そういうのが「正論」なんでしょうね

    しおりをつける
    🐱
    ねこ母さん
    私もトピ主さん派です。
    とにかく運動に関する能力が欠如していて、運動会は骨折とかして休みたいと本気で思っていました。

    ここで言われる「勝たなきゃダメ、勝つことは大事」っていうのは、正論ですよね。
    やる気を引き出すための導きというか、教育の一環なのかなと思います。

    我が家にも未就学児がいますが、ものすごく鼻息の荒い性格で(笑)、負けず嫌いです。
    かけっこで一等じゃなかったとき、どう言ってなぐさめようかなといまから考え中です。

    我が家の子みたいな性格の子供には、あえて「勝つことが大事!」と教えなくてもいいかな、と私は思っています。
    すでに本人がやる気なので。
    むしろ、負けたときのフォローが大事かと。

    これ以上深く考えると、あとは家庭の方針とか個人の感覚の問題になってくるような気がします。
    なので、先生の発言はあくまでも「教員の立場から」として受け止める程度でいいんじゃないでしょうか。

    みなさん熱いですね。
    それを他人にまで強要しなければ、単純に微笑ましく思いますけどね。

    トピ内ID:0717525949

    閉じる× 閉じる×

    ベストを尽くすとは…

    しおりをつける
    🐧
    ゆんゆん
    トピ主さんは勝ち負けにこだわらない性格なんですね。

    それはいいとして、子供時代はリレーの選手になれなくてわざと手を抜いていたということ。
    これは正々堂々と戦う、という姿勢とまるきり反対ですよね。

    それにわざと手を抜くなんて相手にも失礼だし、だいたい絶対に勝つんだという気持ちがなければ本気も出せないんじゃないですか?

    トピ主さんは最後にベストを尽くせば負けてもいい、とおっしゃってますが、負けてもいいやなんて考えだったらベストを尽くすどころかやっつけ仕事になってしまうと思うのですが。

    私は先生やママ友さん達の言うことに賛同します。

    トピ内ID:2754241839

    閉じる× 閉じる×

    それみんな揃って同方針は無理だよ

    しおりをつける
    blank
    かのこ
    ウチの上の娘は幼稚園~小1くらいまでは、勝ち負けとかよく意味分かってなくて、
    ビリでも「やったあやったあ」って飛び上がって喜んでました。

    下の息子はものすっごい負けず嫌いで、
    まあ実際同年代の子の中では勝ってたんですが(体がクラス一大きくて、なんか目端も効いてたのでね)、
    一旦負けるともう大変なことになって、手がつけられない状態になってました。
    あーもう思い出したくない。

    ウチの息子みたいなのに「負けるな!勝て!」とか言って煽ってご覧なさい、
    負けたときに凄まじいことになりますから。
    園の先生方だってタダじゃ済みませんから。
    「泣いてしまう」って、そんな生やさしいもんじゃありませんから。ハハハハハハ。

    クラス全員に「勝ち負けの悔しがり方」について同方針で「教育」しようなんて無理だと思います。
    それぞれの感じ方がありますし、かなり振れ幅が大きい。
    そこんところを丁寧に見ていってやらないと変なことになると思います。

    トピ内ID:7492551501

    閉じる× 閉じる×

    ベストを尽くす為には勝ちたいという気持ちが必要では?

    しおりをつける
    🙂
    生涯現役
    逆に興味があるのですが・・・。
    トピ主さんはベストを尽くす為には何が必要と考えているのでしょうか?

    ちなみに経験上、本当にベストを尽くして負けたら、「それはそれでいい」とは思いません。
    他の人はそう思うでしょうが、本人は思いませんよ。
    なぜか?
    その為に今まで必死で努力した・・けど届かなかったからです。
    悔しいし涙が出ます。
    他の人は別に努力した訳じゃないですからね、別に悔しくもないでしょう。

    トピ内ID:0247780204

    閉じる× 閉じる×

    お子さんの性格は?

    しおりをつける
    🐤
    三日月
    私もトピ主さんと似たような感覚です。
    なので、勝ちにこだわる人たちがそんなにたくさんいらっしゃることに
    驚きます。

    肝心なのはお子さんの性格を見極めて、お子さんの気持ちが前向きに
    なれるように努めることではないでしょうか?

    我が家の場合、内心勝負に関心のない私とは反対に、息子は凄く負けず嫌い
    でした。 負けて泣きじゃくるのをなだめるのに必死でした。

    お子さんがプレッシャーに感じておられるようなら、精一杯やりさえすれば
    いいんだよ、と言うべきでしょうし、絶対勝つぞ~!と意気込んでいるなら、
    お母さんも期待してるね、頑張って、と言った方がいいのかも。

    トピ内ID:5192683033

    閉じる× 閉じる×

    幼稚園の運動会でムキになる必要もないと思うけど

    しおりをつける
    🎶
    苦笑
    確かに幼稚園の、しかも年少さんで運動会では絶対勝つ!とかは
    やりすぎだと思います。

    ただ普通の生活でも競争心がまったくないようだと
    それはそれで困りませんか?

    学校に通うようになってから、テストで10点取ってきたのに
    「これがベストを尽くしての結果だから、それはそれでいいや」
    とか言われたら困るし。

    団体のスポーツをやってる時に、他の子がなんとか勝ちたいと
    頑張っている中、一人だけ「なんで勝たなきゃいけないの?」
    という態度の子がいたら、チームメイトに嫌がられそう。

    ただ繰り返しますが、幼稚園の運動会ではすべての子が
    そこまでの闘争心を持つ必要はないと思います。

    絶対に勝つ!と頑張りたい子は頑張ればいいし、
    ベストを尽くせばいいやと思う子はそれでいいと思います。

    トピ内ID:3261261380

    閉じる× 閉じる×

    向上心を持って努力することの大切さ

    しおりをつける
    🐧
    子育て終了間際
    勝つことは相手を打ち負かすことではない、と皆さんおっしゃっているのにわかりませんか?
    スポーツ、特に走ることなどは、努力の結果が如実に現れる。だから、教育現場にも広く取り入れられているのだと思います。
    勝つのは昨日までの自分。勝利の喜びは頑張った自分への自己肯定感、達成感。たとえ負けて悔しい思いをしてもそれもまた成長の糧となりましょう。
    その苦しく楽しい経験を通して子供の心身が鍛えられるのだと思いますが。

    どこの世界でも第一線にいる人は、負けず嫌いで努力家、チャレンジ精神旺盛です。
    トピ主はお子さんがそういう人に育って欲しいと思いませんか?

    トピ内ID:9556723302

    閉じる× 閉じる×

    勝ち負けは苦手

    しおりをつける
    🐤
    ひよ
    私もトピ主さんと同じです。負けても悔しいと思わないし逆に勝って相手が嘆いている姿を見ると罪悪感に駆られていました。だから私の中では勝ち負けではなく自分の良心に恥じないようベストを尽くすか否かだけです。
    二人の子どもがいますが、下の子が私と同じタイプ(男の子)。(相手に)負けるな、といったことはありません。結果も・・よかったね、頑張ったね、惜しかったね、もうちょっとだったね・・と言うくらいでした。
    普通に育って大学に進学して社会人になっていますよ。どう励ますかは結局その子の性格にもよるんじゃないのでしょうか。勝て、が苦手な子もいますから。

    トピ内ID:0256887434

    閉じる× 閉じる×

    ケースバイケースかな。

    しおりをつける
    🐤
    ぼらぼら
    場合によって、努力そのものが称賛に値する場合と、その結果が大事な場合とに分かれると思います。

    特に社会人になってからは結果が重要視されることの方が多いので、ベストを尽くせば負けても良い、と教育するのはちょっと違うかな、と思います。
    もちろん、努力を認めるのは大事ですけどね。

    今回の事例に翻ると、順番が付くなら勝った方が良いと思いますが、運動会で是が非でもっていうのは、確かに「そこまで強く思わなくても良いんじゃないかな。」とも思います。

    義母さんの最初の言葉、「負けっぱなしではダメ。絶対勝つんだと言う強い思いを持つこと、持たせることは大切。相手を引きずり落とすとかでは無くて真正面から正々堂々と勝負して勝つことは大事」。
    これに納得できないのは、トピ主が頑固だと思いますよ。

    義母さんはトピ主さんが納得しないから、自分の意見を後押しするような感じで重ねて言ったんだと思います。だから、強く主張しているように聞こえたのでは?

    ケースバイケースだと理解するのが良いと思います。

    トピ内ID:8143682474

    閉じる× 閉じる×

    私の場合

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    子どもたちは小学生になりましたが、幼稚園の時に思っていたことは(自分の子でもよそのお子さんでも)幼児は後先考えずいつでも一生懸命だ、ということです。
    例えば、降園後にスイミングを習っているから体力を温存しようとか、明日カリキュラムがきついから今日はそこそこにしておこうとか、考えていない。
    基本、一生懸命。

    で、上の子の年長の時の先生は、運動会のクラス全員リレーで3クラス中3位だった子どもたちに「他のことで巻き返そう」と勝ったクラスに称賛のエールを送っていました。そして、実際に園のクラス対抗サッカー大会では勝ちました。
    負けて悔しい思いにも寄り添いながら、力を合わせて頑張る方向に誘導してくださったと思っています。「負けて悔しい」に焦点が合いすぎると負けた原因を探ることになるのでは?

    運動でも演技でも勉強でも、皆それぞれに得意不得意があるのだから、何事も勝つのは無理でしょう。たとえ負けても褒めるところはたくさんあると思います。
    ただ、負けてもいい、ではなく、負けて悔しいという気持ちは大事だとは思います。かといって、負ける姿をみたくない、とまでは思いません。塩梅かな。

    トピ内ID:7914438495

    閉じる× 閉じる×

    負けず嫌いの人はそうなんでしょうね。

    しおりをつける
    blank
    わらびもち
    私もトピ主さんと同じで、あまり勝ち負けにはこだわりません。子供が精いっぱい頑張っていればそれでいい。

    正直言って子供の勝ち負けにこだわる人は、負けず嫌いで面倒くさい人が多いので、あまりかかわり合いになりたくないと思っています。

    トピ内ID:1284459678

    閉じる× 閉じる×

    同じ…

    しおりをつける
    blank
    ママ仲間
    性格かな?私もです。
    自分との戦いならいいけど、人と競うことが好きじゃないんです。運動オンチだし、運動会中止になれ!と思ってた。ダンス系だけ張り切ってたな…。
    好きな分野の大会では、ベストを尽くそうという気持ちはあったけど、負けて泣いたりとかはないなぁ。

    今でも負けるが勝ちってあると思ってるし。
    会社でもPTAでも、揉め事が嫌いだから、でも!と熱くなる人を見て温度差感じます。なぜ穏便に済まないかなぁと。
    みんなが競争心強い人だと困るから、我々のような人が一定数いてもいいのかなと思います。

    トピ内ID:8247322863

    閉じる× 閉じる×

    人生、結果がすべてだから。

    しおりをつける
    blank
    キューブ
    たしかに努力することは大事。でも結果(成果)が出ないと評価されないのが人生です。
    いくら努力しても結果が出なければ意味がないのです。
    それを教えることも大人の役目だとは思いますけどね。

    でも、大勢の人に「絶対に勝て!」と囲まれるとかなりしんどいのも事実なので、誰か一人くらいは「負けてもいいよ。頑張ったんでしょ?」と言って抱きしめてくれる人が必要だと思います。
    それが母であるトピ主さんの役目かな、と。

    トピ内ID:1637525819

    閉じる× 閉じる×

    小さい時からの疑問

    しおりをつける
    blank
    仲間だ
    タイトル通り、疑問でした。

    持って生まれた性格ですかね。私も人と争うことが好きじゃなく、興味もなくて。
    幼稚園から小中までが特に一番言われた時期だったので本当に嫌でした。
    悔しくないの!?というやつ。親や先生、熱いクラスメイト達に何度言われたことか。いや別に…って、内心うんざりでした。
    自己ベスト更新!ベストを尽くそう!とか、皆で頑張ろう!という気持ちはあったけど。

    もし世の中が勝ち負けにこだわる人ばかりだったら、ちょっと怖いかなと思います。
    どこかで意見の不一致や揉め事があったとき、我々のような平和主義者が収束に一役買ってるんじゃないかと。それも必要なんだろうと思って生きてます

    トピ内ID:8247322863

    閉じる× 閉じる×

    自身の方針をつらぬくべし。

    しおりをつける
    ロール

    トピ主さん自身が本心からそうしたいと思っているなら、周りに合わせることなどありませんがな。

    根本的に価値観の違う相手にご自身の意見を言っても、否定的に捉えられるだけです。逆も同じでありましょう。


    トピ主さんの気持ちは、同じ価値観を持っている人とトピ主さんのお子さんに伝わればいいのです。

    トピ内ID:5971577685

    閉じる× 閉じる×

    能力を引き出すためじゃない?

    しおりをつける
    🙂
    チュチュ
    と、言いつつ、私は、幼稚園の運動会は勝っても負けてもどっちでも良い人です。
    何なら、今年、小1の運動会の50m走。明らかにノンビリ走る我が子。
    他の子も、そんな子も多かったみたいです。
    まぁ悔しがるのは小3位かな~って、上の子がいるママさんたちは言ってました。
    私の周りは、口を揃えて、負けたらダメ!とか言う人は皆無です。
    でも、なんで?と理由を問うのでしたら
    悔しいと思って頑張れば、子供の能力が引き出されるって事だと思います。
    都内の私立の幼稚園かな?幼稚園の風土もあると思いますよ。

    トピ内ID:0464262250

    閉じる× 閉じる×

    園のカラーとあってないんだね。

    しおりをつける
    😨
    はな
    そういう方針の園だと知らないで入ったんですか?
    説明会や保育見学はいきませんでしたか?
    去年の運動会は見に行きませんでしたか?

    私の周りは皆さん、そういう機会やご近所の方から様子を聞いて、園の雰囲気や教育方針を調べ、自分の家庭にあったところに入園します。

    例えば我が子の園は、万事おおらかで温かく、運動会も「身体を動かす楽しさを味わう」「仲間と力を合わせて活動する喜び」「父母に見てもらえるのを楽しみに練習」「日頃元気いっぱい遊んで鍛えられた足腰・機敏に動けるようになった成果をみてもらう」「年長児が下の学年をリードする頼もしい姿」などがウリで。「カチ・マケ」なにそれ、食べられるもの?くらいの感覚です(笑)

    トピ主さんの園とどちらが正しい・間違ってる、という問題ではなく、園の教育方針なんですから。あなたの(ご家庭の)方針と合わなければ、転園するほどのことじゃなければ、サラッと受け流したらどうですか?

    義母さんの本心はわからないけど、孫の園を悪くいうわけに行かないから、園を擁護する立場にたったのかもしれませんね。

    どちらでも、こどもは成長しますよ。心配しないで。振り回されないで。

    トピ内ID:8923305874

    閉じる× 閉じる×

    主さんの意見を支持します、けれど。

    しおりをつける
    blank
    わかめ
    どっちの意見もアリだと思いました。
    たぶん、子供の個性に合わせた対応で良いように思います。

    悔しい気持ちはあった方が良いと思いますが、そこに気を取られ過ぎても、お子さんによっては潰れる危険性もあるように思います。

    反対に、大人が尻を叩いて伸びるお子さんもいるのもまた事実でしょう。


    それと例えば、リレー競技で「勝つこと」に集中し過ぎて、遅い友達を批判してしまう。
    これってどうなの?となったら、あまりよろしくない事だとも思います。

    子育ては難しいですね。
    ちなみに、私の子はもう高校生ですが、元々のんびり系ですので、私は主さんと同じ感じで育てちゃいました。
    たぶん私の子は、潰れる方だと思います。
    幼稚園の運動会、楽しむよりもプレッシャーの方が強かったっぽいです。
    でも、小学校の運動会は自分のチームが負けてしまった時、悔しさで泣いた事がありますよ。
    あ~でも、この涙は「皆で力を合わせた結果」の涙だから、このトピとはちょっと違いますね。

    トピ内ID:8606039371

    閉じる× 閉じる×

    どちらも、少しズレていませんか?

    しおりをつける
    blank
    カノン
    たかが運動会ごときで、それ程熱くなるものなのかな?

    という、違和感は感じます。

    確かに、
    >負けっぱなしではダメ。絶対勝つんだと言う強い思いを持つこと、持たせることは大切。
    これはそうだと思います。
    諦めないで、頑張る事が出来ない人は、将来困る事になります。
    でも、それが必ずしも、運動会である必要は無い、とも思います。

    その子自身が「これだけは譲れない。負けたくない」と思う何かで頑張れば良い事です。

    ただ、今時の幼稚園生活や、学校生活において、子供にもわかりやすい形で
    平和的に勝負を経験する機会は、そう多くないので、この機会に…という
    考え方も、間違ってはいないでしょう。

    >ベストを尽くして負けたら、それはそれでいい
    この考え方も、間違ってはいませんが、そんな幼い子が「勝ちたい」と思わずに
    本当にベストを尽くすことが出来るでしょうか?

    幼いうちに「負けて悔しいと思う」体験と、
    「努力の結果の達成感」を経験させるのは、大切な事だと思います。

    トピ内ID:0304783646

    閉じる× 閉じる×

    勝たなくてもいいんですよ

    しおりをつける
    🙂
    ちくわぶ
    勝ちたいという気持ちをもって頑張る、負けたら悔しい
    そういう気持ちを持てることは
    向上心を持って目の前のことに全力で取り組むということにつながると思います。
    先生が将来役立つ大切な感情と言ったのはそのような意味で
    親に応援してと言うのはそういう気持ちを育てるため。

    負けてもくさらずまた頑張れる、勝ったものを頑張ったねと労う。
    負けたからといって自分がダメだなどと思わず、勝ったものを妬むこともしない。
    目指すのはそういうことでしょう。

    頑張って負けたら恥ずかしい、カッコ悪いと逃げることなく
    全力でやりきり勝敗関わらずその結果を前向きに受け止められるという事が大事なのだと思います。
    その心を育てたいのです。
    力を尽くすということはそれだけで清々しく楽しいことです。

    ベストを尽くして負けたらそれでいいと書かれていますが
    選手になるのが嫌でわざと負けることが、ベストを尽くしたといえるでしょうか?
    自分の子どもも似たようなことをしたことがあり私は悲しく思って
    負けても全力で走る姿が見たいと話すと考え直して頑張ってくれました。
    1位はとれず2位でしたが、本人も親も晴々とした気持ちでした。

    トピ内ID:3914289797

    閉じる× 閉じる×

    トピ主応援します。

    しおりをつける
    🙂
    かぼちゃプリン
    トピ主に賛成です。
    子供の頃から競争心を煽り、勝ち負けを重んずる教育に賛成しかねます。
    確かに一生懸命にさせる事を子供に覚えさせる事は大切だと思います。
    如何に運動会を楽しくするかが重要であって、勝ち負けにこだわる事に私も賛成出来ません。

    こう言った勝ち負けにこだわる事が、受験戦争に拍車を掛けているのだと思います。
    競争心は、これから先の人格形成にも大いに影響が及んで来るのではないでしょうか。
    人を蹴落としてでも自分さえ良ければという事に綱がっていくのではないかと懸念しています。

    トピ内ID:5821263513

    閉じる× 閉じる×

    不思議です

    しおりをつける
    moka
    私は保育士ですが、周りの皆さんそろって勝負にこだわる姿が不思議です。

    個人差がありますが5~6歳になれば教えなくとも自然に勝負にこだわる子どもも出てきます。そういう子が負けて悔しい、今度は勝ちたいと言う感情を持ったならばそれを応援するのは良いと思います。勝負に限らず目標を持ち、それを達成しようと努力するようになるを促すことは大切だと思います。

    年少であれば運動会はじめ、様々な経験活動を通して達成感を感じ、次の活動への意欲へと繋げていったり、やりとげたことでの自己肯定感や自信が育てば良いのではないかと思います。
    幼稚園指導要領については熟知していませんが、保育所保育指針には勝負に勝つという気持ちを育てるなどとは書いてありません。

    意欲がない子をそのまま、というのは良くないとは思いますが、年少さんであれば、負けない!というより、ルールのある遊びや思い切り体を動かす遊びをやりたい!と思えるように、大人も一緒になって遊んでみたり環境を工夫してやる気につなげたりすれば良いと思います。

    私の一意見ですが、おそらくだいたいの保育士さんはこんな感じだと思うんですけどね。

    トピ内ID:5594638212

    閉じる× 閉じる×

    結果より過程。

    しおりをつける
    🐧
    えきゅ
    義母の言い分も分かるところも有りますが、
    勝負事には必ず敗者がいるので、そのフォローはどうするのかを考えおかねばなりませんよね。
    その点を幼稚園の先生に聞いてみたいですね。

    大体幼稚園児なんて、ほっといても頑張って走るでしょう。
    ウチの娘なんて足遅いですけど、1番になるつもりで居ます。
    親としては、勝っても負けても、貴女が頑張ってればそれが嬉しいよ、
    としか言えませんよ 汗
    本音を言えば、運動会なんて楽しきゃ良いし、
    ウチの子の持ち味はそこじゃないし。
    かけっこで負けても、自分の強い物を持ってれば良いんですよね。

    トピ内ID:8612400796

    閉じる× 閉じる×

    別に勝たなくて良い。

    しおりをつける
    小学生の母。
    運動会ごときで勝っても負けても、人生になんて影響無いです。
    人生において、もっと違う所で勝たなきゃいけないと思うんだけど。

    あ~楽しかった!頑張った!で良いと思う。

    私は運動会大嫌いだったので、指折り数えて楽しみにしていたり、楽しかった!上手に演舞出来た!等と我が子が言うのを見れただけで満足です。

    運動会の勝ち負けにこだわる人は、視野が狭いと思う。

    トピ内ID:0496366032

    閉じる× 閉じる×

    何事も程度の問題

    しおりをつける
    blank
    おじさん
    大人の私も「ベストを尽くせばそれでよい」というものに
    全面的に賛同できない(理解できない)部分がある。

    自分の好みがチームによる球技だったこともあるのかもしれないが、
    陸上などで順位関係なく自己ベストで大きな喜びを示すことが私は不思議に思うから。

    勝つために頑張る、1つでも順位をあげるために頑張るのは分かるのだが
    自己ベストを更新するために頑張るという考え方が素直に受け入れられない。

    だからこそ、誰かに勝ちたいという目標を持たせて臨ませることは悪いと思わない。
    実際には勝者が居れば、必ず敗者は要る。
    幼稚園の先生もママたちも結果として敗者になった子にはその子に向けた褒め方をするはず。
    そうでなければ、破綻しているはずですから。

    程度の問題というのは、一昔前を思い出してほしい。
    お遊戯で女の子全員がヒロインだったり、かけっこに順位をつけるのはおかしい、
    なんてものがあったことを。
    これも批判的な意見が結構あったはずです。

    両極端なままであればどっちも問題。
    始まるまでは勝とう!と鼓舞すること自体は後の対処さえ間違えなければ問題ないと思うのだが。

    トピ内ID:5939306228

    閉じる× 閉じる×

    負けず嫌いのススメ

    しおりをつける
    ゾロ
    「自分は負けても悔しいと思わないから」って、自分目線のママさんが多くて驚きます。
    トピ主さんは母親の立場で、自分が勝負するわけじゃない。
    運動会は「子供たちの勝負の場」であり、そこに母親がどういうスタンスで関わるのかを
    幼稚園の先生はアドバイスしてくれた、という話ですよ。
    「そこまで熱くならんでも」って当たり前ですよ。
    ママは子供の1番の応援者として、
    子供がめいっぱいがんばれるように、ママさんが勝つことを積極的に応援してあげてほしい、
    っていうことでしょ。
    まだ幼くて勝負事を把握できない子供もいますから、
    そこは、ママさんが勝ちたい気持ちをサポートして、
    子供のパフォーマンス向上を図ってやれってことですよ。

    結果として、勝つ子も負ける子もいるわけですけど、
    ノリででも勝った子は自己肯定につながるし、
    負けて悔しかった子は、心の成長が見込めるし、
    運動会という1つの機会を、ぼーっとやり過ごすするよりかは、
    親子で何かを学ぶ場にできるようにした方が有意義だというだと、私は理解しますけどね。

    個人的には、別に勝つ必要はないが、負けたくない気持ちは大事だと思います。
    これからもずっと。

    トピ内ID:9155160537

    閉じる× 閉じる×

    これから経験値があがるとトピ主派も多くなる

    しおりをつける
    🙂
    春巻き
    勝ちたいと思うことをバカにしてほしくないんだけど、そんなに勝ちたいのか?という感じはわかります。

    でも、生きていくうちにトピ主さんの感覚に近くなるんですよ。
    全てで勝てないんだと悟ったり、みんなも勝ちたいんだとわかってくるようになると。
    ずっと勝ち続けられるはずはないしね。

    園や学校の行事というのはそういう事を学べるとてもいい機会だと思う。
    一時期みんなで手を繋いでゴール、とやっていたようですが、いまはないんじゃないですか?生きていくのに大事なことを学べず、折れたら弱い子になってしまうものね。

    うちは二人とも負けず嫌いの勝ちたい子ですが、1位じゃなくて2位でもいい、とか、今年負けても、去年は良かったのにな、来年頑張ろう、とか、順位のつかない表現や上級生としてのお手伝いを頑張ろうと思う様になりましたよ。

    横ですが、運動会では順位を出すのだから、他の教科でも、テストのような点数のつくものについて順位を出すのが公平だと思うけど、特に公立の義務教育ではそれは禁忌ですね。

    スポーツに関しては負けたくないけど、勉強についてのその気持ちは隠すべき、という風潮の方が私は気になる。

    トピ内ID:9264221573

    閉じる× 閉じる×

    今時珍しい園

    しおりをつける
    🐤
    ビーバー
    と思いました。
    私も基本的にはトピ主さんと同じ感覚ですが
    今の世の中を見ていると、その園のような考え方も必要だろうなと思います。
    社会に出たらなんだかんだいっても結果が全てですし、
    成果を出そうという強い気持ちって必要だと思います。
    そういう精神力というか。
    でも、そのママさんたちにはついていけないです。
    同じ勝敗でも、方向性が違う気がします。

    トピ内ID:8108499883

    閉じる× 閉じる×

    どっちの言い分もわかるかな。

    しおりをつける
    🙂
    いるか
    やっぱり闘争心も大事ですからね。その気持ちを持つのに手っ取り早いのが勝負に勝つって気持ちなんでしょうね。勝ちたい!って気持ちも大事だと思うし。勝ちたいって気持ちが一生懸命に繋がりますよね。初めから負けてもいいやっていう気持ちなら一生懸命にはなりませんから。

    でもトぴ主さんの気持ちもわかります。バランスが大事ですね。

    「勝とうと思って正面から堂々と戦う。一生懸命戦って負けたのならそれもよし。頑張ったねって褒めてあげる。でも次頑張ろうという気持ちも持たせるのも大事」だと思う。

    ただ、保護者の行き過ぎた単なる負けず嫌いは確かに問題。

    トピ内ID:8908569083

    閉じる× 閉じる×

    何をするにも

    しおりをつける
    🙂
    なお
    ある程度の負けん気って必要だと思いますよ。

    度が過ぎて、人を蹴落としたりするのは論外だけれど。

    お子さんの性格はどうなのかな?

    うちの息子は、一見主さんタイプでボーッとしてます。競争ごと、勝負ごとが嫌いでお友達とゲームやトランプですら、やりたがりません。

    でも、最近、本当は負けるのが嫌だから最初から勝負を放棄しているんじゃないか、と思いました。

    どうしたもんかな?と親として悩んでいます。

    人生、嫌でも勝負する時が一度や二度あります。受験だったり、スポーツだったりね。
    負けん気ってある程度は必要だと思いますよ

    トピ内ID:2748941071

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]