詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    デリカシーがない友人

    お気に入り追加
    レス41
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    mi-ho
    ひと
    私とAは、五年程の付き合いになります。趣味のサークルで出会って、普段どちらもメールや電話等は頻繁にしない性格ですが、会うと話が弾み、付き合いやすい友達です。お互いネット上で公開している日記を読み合っています(お互い了承済み)。
    先日、私の祖父がなくなりました。祖父が入院した一月前から、私は仕事と病院通いで忙しく、滅多にネット上の日記も書きませんでしたが、「祖父の容態が悪くなった」ということは書いていました。
    治療の甲斐なく祖父は他界してしまい、葬儀や片付けなどでばたばたしている最中に、実は私の誕生日がありました。
    誕生日当日には何もなかったのですが、誕生日から一週間ほどたった日に「遅くなったけどお誕生日おめでとう」とメールが着たんです。
    私は祖父がなくなった悲しみでそんな気分にもなれないし、また当日でもないし、困惑して、とりあえず「ありがとう」と返事をしましたが、何だかデリカシーのない子だったんだなあと哀しく思います…。
    これからどう付き合っていけばよいか、ご助言をお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数41

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  41
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    そうですか?

    しおりをつける
    blank
    デリカ
    じゃあお友達は、いったいどういう態度を取ったら良かったのかと思います
    誕生日の当日にメールがない、お祝いメールが遅れた、祖父が亡くなり忙しい時期にメール、これらを要約すると…こっちの悲しい気持ちを察しないと言うような感じでしょうか
    でも考えてみてください
    お友達はあなたの祖父が亡くなった事は知っていたのでしょうか?もしくは知らせましたか?

    もし知らなかったのなら、お祝いの言葉をかけてなんでデリカシー云々言われなくてはいけないのかなぁとお友達に同情します
    でもやっぱり嫌と思えば、お付き合いの感覚が違うのでお付き合いを止めたほうがいいですね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そうかな?

    しおりをつける
    blank
    みえ
    お友達はお祖父さんが亡くなった事を知っていたのですか?
    それともネット上の日記で「祖父の容態が悪くなった」と書いているのを見ただろう、、という程度ですか?

    亡くなったと知っているのに「お誕生日おめでとうメール」を送ってきたのなら、やはり配慮の足りない行動だと思います。
    でも、そうでないのなら、ちょっとお友達の配慮を求めすぎだと思います。
    もし、お祖父さんが亡くなったのを知っていて送ってきたのであっても、悪気があった訳ではないだろうし、
    >会うと話が弾み、付き合いやすい友達です。
    こんなお友達を失うのはもったいないですよ。

    私だったら今回の事は大目に見て、今後も今まで通り付き合います。
    また同じような事が繰り返されるようなら、距離を置くかもしれませんが・・・
    あまり気難しく考えない方がいいのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そうかなぁ

    しおりをつける
    blank
    あお
    お祖父さんが亡くなられてお辛かったですね。。

    でもそのご友人は、葬儀が済んでから・・つまり一週間おいてからメールしたと言うことはご友人なりに気を使ってお祝いをしてくれたんだと思います。
    私なら、悲しみも分かった上で友達が今出来る範囲で精一杯祝ってくれたんだな・・と受け取り、嬉しいですけど。。
    トピ主さんは当日なら多少は良かったんでしょうか?

    祖父母は実親と違うって思い、葬儀中でも関係ない人も結構いますけど、私ならそういう人こそデリカシーが無くて嫌です。
    ・・結局価値観の違いでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それって、気を使ってたんじゃ?

    しおりをつける
    blank
    フロイディン
    トピ主さんが葬儀などでバタバタしてそうだから、当日にお誕生日おめでとうと言うのを遠慮してたんんじゃないんですか?
    お祖父様を亡くされて、ご心痛だったのはわかりますが、お友達がお誕生日おめでとうって言ってくれるのは別にデリカシーがないとは思わないんですが・・
    そんなぐらいでこれからのお付き合いを考えると迄思われるなんて、なんだかそのご友人が気の毒です。
    本当に人付き合いって難しいですね・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    かなり配慮のあるメールでは??

    しおりをつける
    blank
    ゴエモン
    誕生日当日にハートの絵文字つけて「オメデトウ!!」なんて来た訳じゃないんですよね?
    亡くなった事は知らないまでも、おじい様の容態が良くないと知っていたので、遠慮がちに「遅れたけどおめでとうね。元気出してね」ってメールくれたのではないでしょうか。
    私ならそう思うし、そうでなくても「ありがとう。落ち込んでいたので励まされたよ」ってなるけどなあ・・・。

    どんなに親しくとも、あまり他人に「言わなくてもわかるでしょ?!私の気持ちを察して!!」みたいな要求はしないほうがいいと思います。
    所詮、自分の気持ちなんて自分以外にはわからないものですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    何に対して怒っているの?

    しおりをつける
    blank
    みゃお
    むしろデリカシーのあるお友達のように感じますが。

    葬儀や片付けなどでばたばたしている最中を避けて、一段落ついたであろう一週間後に「遅くなったけどお誕生日おめでとう」とメールをくれたんですよね。
    気が利くいいお友達だという印象を受けますよ。

    トピ主さんは何に対して腹を立てているのでしょうか?
    祖父の死に対するお悔やみが一言もなかったこと?
    誕生日当日にメールをくれなかったこと?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そうかな?!

    しおりをつける
    blank
    キイロイトリ
    別にデリカシーがない、とは思いません。
    当日におめでとうメールしなかったのは、ご不幸の日とお誕生日が重なってたとか非常に近かったとかじゃないんですか。
    何もないのに遅れた、のならちょっと寂しいですけどご不幸のあった日(通夜・葬儀等含め)がお誕生日当日と非常に近ければ遠慮するんじゃないですかね?
    お誕生日を覚えてもらえてた事を素直に喜びましょ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご愁傷様です。

    しおりをつける
    blank
    ミニサボテン
    看病はさぞお辛かったでしょう。あなた自身は体調を崩されていませんか?

    少し過敏になっておられるようですね。できるなら有給休暇などを使って休みを取られたほうがいいかもしれません。

    お友達はおじい様が亡くなったことは知っているのですか?知っていればお祝いは控えたほうがよかったと言えます。しかし知らなかったのだとしたら、悪気なくただ祝いたかっただけなのにあなたの都合で「デリカシーがない」と決め付けられたお友達が気の毒です。それにそれぞれの生活で忙しい中自分のことを気にかけてくれる人がいることはとてもありがたいことだと思うのですが。誕生日当日でも過ぎていても、その重みは変わらないのでは?

    とはいえ価値観の違いはどうしようもないですね。割り切れないのなら距離を置けばいいと思いますが・・・アドバイスとしては「後で後悔しないようお友達を大切に!」です。親しい仲なら多少はお互い様のはずですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    付き合わなくていいんじゃない?

    しおりをつける
    blank
    あるある
    うーん、別に無理して付き合わなくて、自然とフェードアウトしていけばいいのでは?トピ主さんの文面にも、心のどこかで引っかかりを感じますし・・・。

    私も父が亡くなった時に、とある友人から葉書が届き、その内容が、私に対する慰めっていうのが今ひとつ欠けており、かわりに勤務してる会社や上司への不満、グチの満載でした。そして、締めくくりの文章が、近々会社を辞める、そして結婚するから是非参加して、とのことでした(ちなみに私は遠方住まい)・・・。これにはガックリきました。
    今となっては、音信不通です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    気持ちお察しいたします。

    しおりをつける
    blank
    そら☆
    私も同じような経験がありますよ。
    10年来の年上の女性の友人。約束していた
    コンサートの前日に祖母が亡くなりました。
    コンサートは勿論お通夜のために行くことができませんでした。

    私は、悪いことをしたという気持ちでいっぱい、
    だったのですが・・・・・。

    法事を終えて、その女性から言われたことは・・・。
    労いの言葉などではなくて、
    「チケット代が欲しい」ということだけでした。
    そのほかには、なんにもなかったです(涙)

    私ならば。「大変だったね。大丈夫?落ち着いた?」
    ぐらいの言葉は、かけてあげたいと思いましたし、
    チケット代って??・・・ちょっと疑問でした。

    トピ主さんのお友達は、お誕生日のお祝いをした
    かったのでしょうね。でも、もう一言あっても
    いいかな・・・そう思いました。

    私は。もんもんとしてしまい・・・友人関係をつづける
    気持ちにはなれなかったのですが(汗)

    悲しみから立ち直ったときには、また違う目線で
    お友達を見ることができるかもしれません。

    もうちょっとゆっくりと様子を見てからおつき合い
    の仕方を考えられても、よいかと・・・思いますけれど・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それだけじゃ…

    しおりをつける
    blank
    ???
    デリカシーがないとは言い切れないんじゃないの?

    日記に容態が悪くなった…と書いていることだけから、トピ主さんの気持ち、状況すべて読み取れ…というのでしょうか?

    お友達は、トピ主さんの状況をよく把握してなかっただけなのではないですか?

    当日は大変なときかも…って思ってお祝いを控えたものの、一週間後に、やっぱりお祝いはしなきゃ…と思ってくれたものかもしれないし、お友達はお友達なりに不幸があった友達に対して、どうするのが一番いいかと考えての行動だったのかもしれません。

    そのあたりのことがトピの文ではどうもはっきりしないので、意見もつけられませんが、友達の真意をきちんと理解しないまま、悪いほうにとって誤解している可能性もあります。

    ともかく、不幸があった最中に、幸せ自慢(結婚報告とか…)をされたわけではなく、自分へのお祝いをしてくれたわけなのですから、その部分は素直に受け取ってもいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うーん、ちょっと自分勝手じゃない?

    しおりをつける
    blank
    ひろ
    お祖父様を亡くされて、悲しい思いをされたのは理解できます。トピ主様の心の動揺はさぞ大変であった事でしょう。

    でもご友人は一週間遅れだけれど「お誕生日おめでとう」とメールをくれたのですよね?それって(深読みかもしれないけど)もしかすると、ご葬儀が済んでトピ主さんの気持ちが落ち着かれた頃を見計らって送ってくれたのではないですか?

    私がトピ主さんなら、そんなご友人を「デリカシー」が無いとは思いません。
    だって、自分が悲しいのはご友人のせいじゃないですよ。自分が悲しみたいから悲しんでいるだけだと思うのです。お祖父様が亡くなったのとトピ主さんの誕生日のタイミングが同じになってしまったのも、誰のせいでもないでしょう。その鉾先をご友人に向けてどうするんですか?

    お誕生日を覚えていてくれるなんて、いいご友人ではないですか。そんな言葉をかけられたら、私なら悲しみの最中、心が少しホッとしますけど。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    辛い気持ちは理解できますが

    しおりをつける
    blank
    りん
    トピを読んでいるだけだと、デリカシーがないという
    よりも、元気になってもらおうというお友達の配慮の
    ようにも感じられます。
    自分の立場からだと当然のように自分のことは理解
    できますが、相手からだと、特にネット上の日記や
    掲示板だと相手の様子なんて全て理解できないのでは
    ないでしょうか。
    デリカシーがないと嘆くよりも、感謝して、辛い今の
    気持ちを正直に話されたらと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    え? それってかなり気配りされたのでは?

    しおりをつける
    blank
    友人が気の毒
    何もお通夜や告別式の真っ最中に「誕生日おめでとう」って来たわけじゃないでしょう。
    もうそろそろ落ち着いたかな、大変なことになっちゃったけど、でもお誕生日だったよね、おめでとうって言っておきたい…って思うことがそんなに「デリカシーがない」ですか!?
    じゃあ何ヶ月たてば言っていいんですか? 季節が変わってしまいますよ。

    地方によっては、喪に服すとなるとがんじがらめに「あれもダメ、これもダメ」というところもありますけど、そういう土地柄ですか?

    おじい様が亡くなったのはご愁傷様ですが、それと誕生日おめでとうの一言は別物じゃないかなぁ…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お気持ち分かります。

    しおりをつける
    blank
    ゴルビー
    お気持ち、とてもよく分かります。
    大好きな人を失う悲しみ、看病の苦労は、
    経験してみないと分からないものですよね。

    自分の誕生日を祝ってもらうよりも、
    お祖父様の具合を心配してもらったり、
    ご冥福を祈ってもらう方が何倍も有り難くて嬉しいものだと思います。

    私も数年前、母を亡くした時に、似たような体験をしました。
    今まで親しいと思っていた人が素っ気なかったり、思いがけない人から優しい言葉をかけてもらったり、色々でした。
    デリカシーの無い言葉に文句を言ったこともありますし、何も言わずに距離を置いたこともあります。

    ただ、私もそれまで、親しい人を亡くして悲しんでいる人に、悪気無くデリカシーの無い言動をとったり、心から慰めてあげられなかったのも事実です。

    (経験が無いんだから、分かってもらえなくても仕方ない)とどこかで割り切ることも必要かもしれませんよ。
    ただ、そう思えるようになるには時間が必要です。

    お友だちとの関係もしばらく時間の流れに任せてみては如何でしょうか。若気の至りということもありますし、時間が経てば自然に許せる時がくるかもしれませんよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そうは思えない

    しおりをつける
    blank
    てぃんぴー
    そら☆さんやあるあるさんの例は、身内が亡くなったのを知っててデリカシーの無い発言をした例ですよね。

    しかしトピ主さんは「祖父の容態が悪い」とだいぶ前にブログに書いただけ。無くなったことは書いてない。
    そもそもお友達が「祖父の容態が悪い」と書いたブログを見たかも不明。

    お友達もすごく忙しくてブログ見るヒマもなく、貴方の誕生日も失念してて、慌ててお祝いメールを送ったのかもしれない。

    デリカシーが無いと決めつけるのは早計すぎると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    素朴な疑問

    しおりをつける
    blank
    うむむ
    私も、どちらかと言うと『デリカシーに欠ける人間』かもしれないと、常日頃から気にしています。他の方のレスにある「似たような人」には、確かに「うむむ~」と思うところもありますが、トピ主さんのお友達は、皆さんの仰る通り気を遣ったんだと思いますよ。

    トピ主さんは、お友達のどの点にデリカシーの無さを感じたのでしょうか?
    ・「お祝い」だけで「労いの言葉」がなかったこと?
    ・そもそも、そんな忙しく悲しい時期にお祝いールを送ってきたこと?
    ・誕生日当日より1週間遅れてたこと?

    トピ主さんが逆の立場だったら、どうしてましたか?
    (これ、イヤミでなく素朴な質問です)
    色んな考え方の人がいるので、参考にしたいのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どのへんがひっかかってるの?

    しおりをつける
    blank
    むんむん
    トピ主さんが気にかかってる「核」の部分がよくわかりません。
    トピ主さんのお誕生日当日ではなく、遅れて「おめでとう」を言って来たこと?

    それとも、不幸があったばかりの自分に対して「おめでとう」という祝福の言葉をくれたのが、失礼、ということ?

    お祖父様が亡くなったことを、お友達は知っていたのですか?
    知っていて、誕生日から時間を置いて「おめでとう」を言ってきたのなら、むしろ、気を遣ってくれた、と、私には、受け取れます。

    たんに、忘れていて遅れたのなら(それはヒドイですが)、今回の一連の(ご不幸があった)こととは結びつかないですよね。

    トピ主さんは、どういう風にしてほしかったのか、聞かせて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    判断の分かれ目

    しおりをつける
    blank
    めにゅ
    お友達が貴女のお爺様が亡くなったことをご存知かどうかが判断の重要なポイントだと思います。

    ご存じなかったのであれば(トピ主さんの文面からは、お友達はご存じなかったととれます)、何の問題もないと思います。メールが誕生日よりも遅かったのは、お友達にも何か事情があったのでしょう、気にするほどのことでもないと思います。

    もしご存知だったのならば、お悔やみの言葉もなく「誕生日おめでとう」だけというのは、デリカシーがないと言われても仕方がないですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やめちゃえば。

    しおりをつける
    blank
    たらたら
    滅多に会わない方なんですよね。
    それだったら、フェードアウトしてしまえばいいと思います。
    ホント、デリカシーのない人ですよね。

    祖父がなくなったって解っているのに、お誕生日おめでとうメールを送るなんて。
    人の気持ちを知らない人と付き合う必要なんてないと思います。
    無理に付き合っていっても、「あの時あの人はこんなにデリカシーのない対応をした。」
    と思ってしまうのでは?

    さっさと切ってしまって、デリカシーのある人と付き合えばいいと思いますよ。
    趣味で合う人なんてたくさんいますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どうかな?

    しおりをつける
    blank
    とく
    その友人はトピ主さんの祖父が亡くなったことを知っていて、
    とってもウキウキした口調でのメールを送ってきたのなら、
    たしかにデリカシーがないともいえるけど、その両方の条件をみたしていないなら、結構配慮したほうなのではないかなと思う。

    誕生日から遅れたのも、看病の中で送るべきか言うべきかを考えてから、やっとだしてみたというかんじなのでは。

    お祖父さんが亡くなって、辛い気持ちはわかるけど、トピ主さんの言い方は、自分の辛さをその友人にあたりちらしたみたいにみえますが、どうでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    求めすぎ

    しおりをつける
    blank
    ゆうこ
    私も去年祖父を亡くしました。
    ですが同居ではなく、年に1度会うか会わないかの間柄だったので思い出も実感もなく、お葬式で初めて見た父の涙の方に貰い泣きをしてしまうほどでした。
    ですので友人の祖父が亡くなったと聞いても、自分がそれほど悲しくなかったので、お悔やみの言葉は述べますがそれほど気は使わないだろうと思います。(特別な交流があれば別ですが)

    ご友人も当日のメールは遠慮してくれたのだし、十分な配慮なのではないでしょうか?
    他人に多くを求めるよりも、ご自分が寛容になられた方がうまくいくと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    う~ん、そうですねぇ

    しおりをつける
    blank
    まる
    お誕生日のお祝いの前に、「お祖父ちゃんはどうですか?」と一言あっても良かったかな?と思いますね。

    その反面、デリカシーと言うほどでもないかな?とも思います。

    もし、ご友人がお爺さまの訃報を知っていたら、お祝いメールは来なかったかもしれませんよ。まずは、誕生日の前後に不幸があったことをお話ししては?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    何で?

    しおりをつける
    blank
    みん
    どうしてデリカシーのない人なんですか?
    トピ主さんは難しい人ですね。友人は気を使ってるじゃないですか???おじい様の件に触れてないのが気にいらないのですか?私なら素直に誕生日覚えてくれて嬉しいと感じますけどね・・・・・デリカシーがないなんて大げさだと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    デリカシー無いかな~?

    しおりをつける
    blank
    いく
    葬儀当日だったらデリカシーがないと思うけど…。
    誕生日当日は誕生日どころじゃないし、いつメールしたほうがいいのかな?ってずっと考えてて、日常生活に戻ったであろう頃を見計らって誕生日メールを送ったんじゃないかなと思います。元気出してねという思いも込めて。
    私だったら、いろいろ気遣ってくれて今のタイミングになって送ってくれたのかなと思います。

    ただ、私がそう思えるのはトピ主さんと違って今悲しみの中にいないこと。
    人間って、悲しい時に自分の思いと違うことをされると、必要以上に悪く取ってしまうことがあります。
    以前、友人からのお悔やみ状が定型文を丸写ししたようだったと友人を責めるよなトピがありました。そのトピへのレスは友人擁護のものが多かったと思います。きっと、そのトピ主さんも悲しみのあまり友人の好意を受け入れられなかったのだと思います。

    今回のことだけで「デリカシーなし」のレッテルを貼るのは違うんじゃないかな~と思います。
    トピ主さんの悲しみが癒えた時、このことをもう一度考えてみてください。それでも許せないと思うなら友達をやめればいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    人それぞれだけど私ならうれしい。

    しおりをつける
    blank
    のの
    タイトルの通りです。人の受け取り方って本当に百人百通りですね・・・。むずかしいと痛感するトピです。

    実は私は父親が末期ガンで地元に戻り看病をしていました。
    戻ってからもブログを続けていたのですが、医者から「あと1ヶ月もつかどうか」と言われた時はかなり動揺したものの、ブログ上では「父の残り少ない最後まで傍にいたいです」と友人に心配をかけすぎないよう、簡潔な文を書いたものでした。

    そして父は亡くなり、私の誕生日はそれからまもなくでしたが、悲しみに暮れる中ふとメールをひらいてみると友人達からのたくさんの「お誕生日おめでとう」メールがありました。
    私は心からそのメールに感謝をし、その後も友情に支えられたのでこのトピにビックリしたのです。
    悲しいあなたがが祝いの気持ちになれないのは当然ですが、好意をもってお祝いをしてくれた人に対し「デリカシーが無い」と感じるだけでなく今後の付き合いまで考えるなんてなんだかさびしいですね。

    みんな受け取り方って違うものなのに、その人の感情に沿った行動をとらないと今までの友情はパアになってしまうものなのでしょうか。怖いですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どうして欲しいのかしら?

    しおりをつける
    blank
    わからんちん
    トピ主さん、大切な方を亡くされてお辛いですわね。

    さて、トピの件ですが、私にはお友達がかなり気を遣われたように思いました。
    仮に私がお友達の立場だったら同じようにしたと思います。
    トピ主さんはお友達にどうして欲しかったのでしょうか?

    私は大学生の時に父が他界しましたが、学校の友人やバイト先の友人たちがその話題には触れないように、楽しい話題を探して話してくれていました。
    また、父の死後一ヶ月後くらいに友人が「バイト代がたくさん入ったので美味しいものおごってあげる」と食事に誘ってくれた時も、一切、父のことには触れませんでした。

    まだ若かったのでみんな上手な言葉が言えなかったのでしょうが、今思い出しても切なくなります。気持ちは痛いほど伝わって来ました。

    でもトピ主さんのような考え方をする人もいらっしゃるということがわかって良い勉強になりました。

    今後のためにも是非、そういう場合はどう言ってほしかったのか、どうして欲しかったのか教えていただきたいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    表し方の違い

    しおりをつける
    blank
    ワカランチン
    私はクリスマス前日に、曽祖母を亡くしました。
    それでも翌日は家族みんなで楽しくパーティー敢行しました。
    悲しかったですよ、本人もそこにいるはずだったんだから。
    でもね、そうやって悲しみに浸ってても始まらない。
    敢えて楽しくして、それで慰めあったんです。
    それを「死者を冒涜してる」と思う人もいるかもしれませんけどね、
    死者を悼む気持ちの表し方って人それぞれ違いますから、
    自分が正しくて、相手が非常識、と思わないことです。

    私の感覚からすると、
    そのメールの「遅くなったけど」という言葉に
    万感がこもっていると感じます。
    事実はわかりませんけどね。
    いずれにせよ、それが嫌だったのなら、
    「ありがとうね。でも祖父が亡くなって
    とてもそんな気持ちになれないよ」と返せばよかっただけの話で、
    「デリカシーがない」と一蹴するのは酷すぎると思いました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    友人の方が人間的に良い人な感じがするよ。

    しおりをつける
    blank
    うーん
    トピ主さん、最愛のおじい様を亡くされて、気持ちが沈んでいるのは良く分かります。
    でも、ご友人への反応は、単に「私って可哀想なの慰めて!祝うより可哀想って思って欲しいの!」
    と言っているようにも感じられます。
    祖父が亡くなられたのを知っていたにせよ、知らなかったにせよ、祖父が大変な時である事を配慮して、一週間遅く誕生日のメールを送ってくれたのではないのでしょうか?

    とても、優しい細やかな気遣いの出来るご友人だと思います。トピ主さんの方が、もう少し配慮の出来る人になられた方が良いのではないのでしょうか…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です1

    しおりをつける
    blank
    mi-ho
    レスありがとうございます。ようやく身の回りも落ち着いてきました。
    先日、ネットでAと会いました。最近私がネットに来なかったことでAに「仕事忙しかったの? また倒れる(私が過去過労で入院したことがあります)から無理しないで」と話し掛けられたので、最初は気が進まなかったのですが、返事をしました。

    「仕事も忙しかったけど、入院してた祖父がなくなった」と伝えると、Aは「そうだったの? 大変だったね。うちも去年祖母の葬式出したけど、あれって終わったらどっと疲れるよね、じゃあ尚のこと無茶しないように」と返事がきました。
    それを読んだ瞬間に、もやもやが消えて、血の気が引くような思いがしました。

    Aはこまめに私の日記を読んでくれていたので、私はAがてっきり祖父の容態を知っていると思い込んでいたのです。容態が悪くなったと書いていたのに、一言「具合どう?」とかあってもいいんじゃないのかと勝手に不機嫌になっていたんです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  41
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]