詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    トラウマを解消する方法

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    サマセット
    ヘルス
    タイトルどおりなのですが、自分の中にあるトラウマを解消して真っ白な状態に戻したいです。そうでないと何もかも始められない気がするのです。

    でも、そんなことできるものでしょうか?潜在意識の部分のことなので、自分でどう変えていけばいいのかわかりません。

    専門家の門をくぐる以外で、自分の力でできることがあれば教えていただきたいです。

    よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    原因によって

    しおりをつける
    blank
    HD
    そのトラウマの内容によって
    克服の仕方が違うのではないでしょうか。
    人間関係・受験の失敗・選択の失敗
    他人にとっては、クダラナイ事でも本人には、重大な出来事って沢山ありますよね。
    人間は、本当に簡単にトラウマを持ってしまいます。
    人間関係の場合は、恨むよりも許す方が近道でした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    回復したらとことん向き合う

    しおりをつける
    blank
    もう怖くない
    どういう類の、どの程度のレベルのトラウマかわからないので参考になるかわかりませんが……。

    私は某保険会社で事務の仕事(派遣)に就いた時、体調を崩して入院しました。
    保険月と呼ばれる多忙な時期に父が亡くなり、葬儀のため契約で保証された忌引休暇を取ったところ、「親が死んだくらいで仕事に穴を開けた」と虐められ、心身共にボロボロになったのです。
    結局、入院を期に契約終了になりました。退職直後は対人恐怖症で、精神安定剤がないと一歩も家から出られない状態でした。

    何も始められない状況の時は、無理せず回復に専念しましょう。
    落ち着いて来たら過去の自分を振り替えり、あの時どうすればよかったか、何ができれば状況を変えられたか、同じ状況に陥らないようにできることは何か考え、考えた事を実現できる場を探しましょう。
    今、私は銀行関係の仕事をしています。
    先日、トラウマを受けた職場のお局様と今の職場で偶然会いました。
    でも恐怖や憎悪で萎縮して逃げたり、心が真っ黒になることもなく、普通に世間話ができました。
    生きている限り受けた傷は必ず癒えます。無理せず回復したらとことん向き合いましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    参考になるかわかりませんが

    しおりをつける
    blank
    匿名希望
    トラウマの"類"のようなものが分からないので
    お応えするにも非常に難しいのですが、私の場合は小さい頃の両親の事でトラウマを抱えてます
    今の私が実行していて楽になっている方法は
    カウンセリングと催眠療法(ヒプノセラピー)
    本を読みながらの自己発見と開発(?)です

    言っておきますが真っ白な状態にはなり得ません
    記憶喪失にでもならない限り無理だと思います
    ですが、それを過去に起きた変え様のない事実だと受け止めて前を向く事は可能だと思います
    私が今そうなってきていますので言えるのですが

    専門家が直接治してくれる事はありません
    前を向くために必要な作業のお手伝いと
    作業をする為の場を提供してもらうという感じです
    トラウマと自分と向き合う事が必要とされますので
    私は自分だけでは限界もあり、辛い作業ですので
    そういう力も遠慮なく借りている状態です(続きます

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    参考になるかわかりませんが 2

    しおりをつける
    blank
    匿名希望
    私が一番大切だと思ったのは
    自分がどうしてトラウマを抱えることになったのか
    どうしてそれがトラウマになり今も苦しむのか
    自分の心の奥底では何を想っているのか
    それを真から知る事だと思いました
    なんとなくでは駄目なんです
    なので、脅すわけではないですがかなり辛いですよ
    でも私は、カウンセリングの先生との時間と
    本を読む事で色々なことに気付く事が大変多く
    自分を見つめ直し、立て直す感覚がでてきました

    私が読んだ本を一部ですがご紹介しておきますね

    ・アダルトチルドレン完全理解
    ・アダルトチルドレンと家族
    ・私はなぜカウンセリングを受けたのか
    ・トラウマ・セラピー 幸せの法則
    ・トラウマ・セラピー 愛される法則
    ・自分の気持ちがわかる18の方法
    ・自己カウンセリングとアサーションのすすめ

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    参考になるかわかりませんが 3

    しおりをつける
    blank
    匿名希望
    どうして専門家以外の手段と言われているのか
    わかりませんが・・・トラウマの"類"によっては
    自分だけでは本当に限界がある場合もあるので
    慎重に動いた方が懸命だと思います
    軽いと思われるなら別かもしれませんが・・・
    自分で全てをと思っても、広い視野がもてないので
    自分の中でくすぶるだけという事もあると思います

    どういう方法がトピ主さんにベストかはわかりませんが、いい方向に流れる事ができるといいですね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自己憐憫をやめる

    しおりをつける
    blank
    ポン酢
    専門家の力を借りずに何とかできるとお思いなのですね?ということは、実はそれは本物のトラウマではない、と思います。本物のトラウマであれば、素人がひとりで克服できるものではないからです。

    今がうまくいっていないことの、単なる言い訳なのでは。「他人に馴染めないのは、昔いじめられたから」とか「恋人ができないのは、昔彼に振られたから」とか「働きたくないのは、昔会社で仲間ハズレにされたから」とか。過去にいじめられたって楽しく生きている人はいるし、振られた経験がある人でもその後素敵な恋愛をしている人はいる。それはなぜ?その時心に負った傷を「トラウマ」にしなかったからです。過去の傷を、言い訳の道具にしなかったからです。

    これはトラウマではない。ただの言い訳だ。こう気が付くことが、克服の第一歩だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いちお、成功しました。

    しおりをつける
    blank
    潮騒
    私は女ですが、そのトラウマとは女性恐怖症であるということ。

    相手が男性だと何の恐怖も感じないで社会でもうまく適応できます。あまりにも、女性と接するのが嫌な事もあり、将来女性と接しないですむような方面に進もうと意識したのは中学生のときです。

    幸い、私の能力的な方面も男性の多い分野であった為それはそれは学生時代~社会人と本当に気兼ねなく楽しくすごすことができました。

    ところが、中年のこの歳になり女性の友人も持たないと将来が寂しいのでは無いか?などと真剣にかんがえるようになり、去年それを克服しようとしました。

    女性ばかりの集団に入りそこで女性の友人を見付けようと思いました。ところが、私自身が多くの女性の話に全くついて行けないんだ、と自覚。ショックでした。

    単なる女性恐怖症だったわけではなく、もともと女性同士の話について行けないのは私自身の問題だったようでした。

    これが解かって、さらに悩みを打ち明けて理解をしてくれた方数人と仲良くなることができ、一応、トラウマは解消されたのです。

    参考になったでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    消さない。

    しおりをつける
    blank
    鬱々
    トラウマは消すものではありません。
    付き合うものです。
    その存在を認めてときに慰め時にともに泣き、それでも生きてきた自分を誇るのです。
    その当時の無念な気持ちが「成仏」すれば、トラウマを形成していた記憶は、自分に害をなすものでなくなっていきます。

    ただ、自分の内面に向き合うというのは不安定な状態の人の場合危険を伴いますので、専門のカウンセラーの下でなさることをお勧めします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ポン酢さんへ

    しおりをつける
    blank
    HD
    トラウマに本物も偽物もあるのでしょうか?
    その人の精神力によって
    傷口の深さが違うかもしれませんが、
    少なくとも自分で克服しようと
    思った人は、そこに辿り着く迄に
    実はもう半分以上の克服をされて来た
    人達ではないでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]