詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    結婚で何を得ようとしていますか?

    お気に入り追加
    レス77
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    単身赴任
    恋愛
     50代、男性です。小町の皆さんにお聞きします。何を目的に結婚しますか、若しくはしましたか?

     私の個人的な意見ですが、結婚は2人が一生かかって何かを「造る」作業だと思います。それは子供を育てることかもしれないし、2人の思い出を積み上げることかもしれないし、共に苦労し続けることかもしれない。その道半ばに、考えて、考え抜いて、どうしてもこの先2人ではもう何も造り上げる事はできない、と判断した時に離婚するんでしょう。

     なんだか小町を見ていると、結婚相手に現時点でのスペック(この言葉、大っ嫌い!!)とかばかりを求め、すぐに幸せになりたいような人が多くて、この「造っていく」夢や楽しさが余り感じられません。恋愛はたくさんできるだろうけど、この一生をかけて「造る」作業は誰もが1回しかできないのに。

     もちろん、パートナーを持たず独りで、もしくは友人と「造る」ことを否定するわけではありません。が、私の言っていることは考えの甘い中年オヤジの戯言なんでしょうか?

     我が家の「造る」を振り返ると、子育ての苦労ばかりが思い出されます。楽しい思い出も山ほどあるはずなのに、そういうのは不思議と余り記憶に上らない(笑)。苦痛と違い、苦労は良い思い出にしかならないんですね。単身赴任が長く家族そろって生活できたのはほんの数年だったので、退職後はゆっくり夫婦2人で旅行アルバムと自宅の庭を「造」っていこうと思います。
     

    トピ内ID:2742914742

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 16 面白い
    • 72 びっくり
    • 8 涙ぽろり
    • 224 エール
    • 76 なるほど

    レス

    レス数77

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  77
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    スペックを気にするのはしょうがないんじゃないでしょうか

    しおりをつける
    blank
    さかな
    結婚を考える上でスペックを気にするのはしょうがないんじゃないでしょうか。

    例えば年収。
    今の時代、昔と違って年齢と共に収入が上がっていくというわけじゃないし、最初からちゃんとそこを重要視してないと、苦労するのは目に見えていますし。

    結婚は生活ですから、仕方ないと思いますよ。
    どんどん日本は貧しくなってきているし、みんな不安なんです。
    余裕がなくなってきた時に、綺麗事ではなくどうやって生きていくかを真剣に考えた結果、そうなっちゃってるんですよ。

    トピ内ID:0871361074

    ...本文を表示

    同じく50歳のオッサンです。

    しおりをつける
    🙂
    傀儡課長
    私の場合、なぜ結婚したのかというと

    「親を安心させるため」ですね。

    35歳を過ぎた頃、母親が「私達が元気だから、あんたはいい気になっているが、年老いていつまでもあんたの面倒を見ることはできないんだよ。」と言ったとき、「早く結婚して親を安心させてあげたい」と思いました。

    その後、見合いした女性と1年交際して結婚しました。38歳の時です。

    その女性は、外見は好みのタイプではありませんでしたが、性格が良かったので
    「この人となら一緒に生きて行けるだろう」と
    思いました。

    結婚して12年になりますが、友達のような関係で時々ケンカしながらも仲良くやっています。


    トピ内ID:7608539642

    ...本文を表示

    現実はそれほどロマンチックじゃなかったりする

    しおりをつける
    🎶
    冬のサンバ
    初っ端から若い二人が「造る」事を意識して結婚するのって、あまり無いのでは?
    常々思うのですが、まだうら若き二人が運命の出会いを果たし熱烈な恋愛後に自然な流れで結婚へ・・・って。日本の既婚者の内の何パーセントくらいなのでしょう?
    まず生活での自然な出会いが少ない。
    けれど友人が次々結婚する焦り。将来への不安。寂しさ。年齢・出産へのリミット。
    こういった要素が、普通の生活をする若者を後押しして婚活へと向かうのではないでしょうか?

    トピ主さんは良かったですね。
    単身赴任や子育ての苦労はあったものの「良い思いで」になったという事は、今は落ち着いているということですよね?
    安定した仕事に就いて、退職後に造ろうとする庭まであるという事は、しっかりマイホームもあるということ。
    今の日本は非正規雇用が増え、結婚しても離婚が三分の一。
    結婚できたからと言って、皆がトピ主さんのように幸せになれるとは限らない。
    少しでもリスクを減らすために・・・。
    「スペック」を気にしてしまうのは、ある程度は仕方の無いことだと思いますが。

    トピ内ID:0954212332

    ...本文を表示

    年代の違いかな

    しおりをつける
    🙂
    40代既婚女
    50代のあなたが結婚されたときと今では環境が違います。

    女性の視点から見ても、ある程度の年になれば見合い話があった時代ではなくなった、男性優位の時代(男性は家事をしなくていい、女性は働かなくても悪く言われないなど)ではなくなった、平均収入が今より高かった、などいろいろ理由が挙げられると思います。昔は相性など合わなくても我慢していた人は多かったのではないでしょうか。今は子供一人育てるのに昔の数倍もお金がかかります。2人合わせてある程度の収入がないと子供一人育てられない時代です。

    そういう理由により、今の婚活はニーズに合わせてお互いを選ぶ形に収まっているのだと思います。スペックは、まったくの他人同士がお互いを知る目安になるし、スペックを照らし合わせることで時間を無駄にせず済むので必要だと思います。

    そして、自分の人生をどう生きたいかは完全に個人の自由です。人生に結婚を取り入れるかどうかも自由。結婚は選択肢の一つにすぎません。どうしても結婚しなければならないわけではないので、妥協もしないだけだと思います。

    トピ内ID:5759635686

    ...本文を表示

    造ってください

    しおりをつける
    blank
    その
    おっしゃる通りですね。
    でも、小町って、基本的に悩み相談が多いんですよ。誰にも言えないような気持ち、とかね。
    匿名だから、外面的には出さなくても本音の吐露、って言うんでしょうか。
    トピ主さんって、働き盛りの50歳男性なんですよね?
    造る作業は素晴らしいですけど、小町なんか見てるヒマがあるってのがすごいですね。
    普通の芸術家は、そんなヒマも興味もないですよね。

    トピ内ID:5692125138

    ...本文を表示

    「極楽トンボ」さん。まさに「考えの甘い中年オヤジの戯言」です

    しおりをつける
    🙂
    おばあちゃん
    本当はね。そういうことは言ってはいけないことだった。
    いわゆる「パンドラの箱」ですよ。

    男性と女性は違うんです。

    主さんが考えていることは、ご立派かつ美しげ。

    でもそれは
    「考えの甘い中年オヤジの戯言」です。

    女性は結婚したら子供を産む場合が多い。

    そうなると、妊娠・出産・乳幼児を育てる間は稼げないかも。もし預けることができても、男性のように、育児を丸投げで働いたりできない。

    また、妊娠・出産には母子の命がかかっている。無事であっても、女性(母親)が体を壊し、働けない体になることもある。そういう、大きなリスクを抱えている。

    女性が年収や生活環境にこだわる根本には、そういう期間には、男性の稼ぎで食べるしかない状況が起こってくる可能性があるという恐れがある。

    安心して子を産み育てるには、経済の安定、住む家があること、自分も生まれてくる子にも、衣食住が維持できること。

    そこが必須なんです。

    「共に苦労して作り上げる」と安易な麗句で、主さんが美しい夫婦を夢見ても、女性側の現実はそうはいかないんですよ。

    昔の見合いでも、食べていけるか・子を育てられるかは重要な要素でした。

    トピ内ID:1881226085

    ...本文を表示

    「極楽トンボ」さん。「考えの甘い中年オヤジの戯言」です。2

    しおりをつける
    🙂
    おばあちゃん
    今は小町で、皆が本音を言うから、打算的に思えるが、昔は、その打算を、全て【仲人さん】が果たしてくれた。

    女性でも、中には若い頃に恋愛して、そういう打算を考える前に結婚する人もいる。その場合は、愛だけで打算のない結婚が出来たと錯覚する。生活できない見通しの男性なら親が反対したが、バブル期で経済状況は良好。

    そしてそんな結婚でも、もし結婚後に家計が成り立たなかったら、後悔や離婚したでしょう。あるいは、子どもができていたら、無我夢中で妻も働き、子供がある程度育ちホットした時には、もう中高です。

    それと、主さんは

    >共に苦労し続けることかもしれない。

    ことにも夫婦の価値を見出していますが

    苦労したい女性などは居ませんよ。

    主さんの妻でも、例え恋愛で一緒になったとしても、結婚後に生活が成り立つために、妻が、必死で働き子育てするしかないなら、後悔してギブアップした可能性もあるし、実は今も「次結婚するなら別の人」と考えている可能性も大です。

    男が考える「共に苦労し続けるかもしれない。」ことよりも、女性は「安心して子供を産み育てられる環境」を重要視する。

    それを打算というなかれ。

    トピ内ID:1881226085

    ...本文を表示

    「極楽トンボ」さん。「考えの甘い中年オヤジの戯言」です。3

    しおりをつける
    🙂
    おばあちゃん
    鳥のメスだって、オスが作った巣が気に入らなければ、つがいにならない。

    それは子を産み育てるメスの大事な本能。

    卵をかえし、ヒナを育てることに専念しなくてはいけない間に、敵に襲われたり、災害で巣を飛ばされたり、暑さ寒さや雨をしのげないような巣では、ひなが育たないからです。

    そう意味で

    結婚前から、結婚相手にスペックを求めるのは動物として当たり前のこと。
    しっかり生活させてくれそうなオスを選ぶのは当然。

    但し、人間の女性は相手男性に、好みがあるのも自然なことなので、相手との相性を選ぶのも当たり前。

    また
    「共に苦労して作り上げることが・・・」などというたわごとは、ただの戯言です。

    スペック=生き抜く力=安心して子育てさせてくれる能力・キャパ

    と考えれば分りやすい。

    男性が年収の低い女性と結婚するのと
    女性が年収の低い男性と結婚するのとは、本質的に全く違う。

    男性が子を産んで育ててくれるのなら別ですがね。産み育てる人に、稼げなくなる大きなリスクが起こるから。慎重です。

    そして、人間の女性は(特に現代女性は)、もっと複雑に考えるので、
    相手のスペックだけでは結婚しない。

    トピ内ID:1881226085

    ...本文を表示

    「極楽トンボ」さん。「考えの甘い中年オヤジの戯言」です。4

    しおりをつける
    🙂
    おばあちゃん
    現代女性は、
    皆、信頼できて誠実で愛し合える男性を求めている。現代女性は皆よく頑張っているし、よく考え、良く生活している。人生の先までよく考えている。立派。

    年収○○○万円が境・・という説も、それ以下だと、妊娠・出産・乳幼児子育て、妻の出産で体や健康に万一があった時などには、夫の稼ぎで子を産み育てられなくなるという、最低限の線なんです。決して男性を線引きしたいわけではないんですがね。子を産み育てられないのに、結婚して産んでも、どうしようもないから。

    苦労するけど、なんとか子供を育てられる~というラインの限界なんですよ。そこは、女性の方が男性よりはるかに現実がよく分っている。ある意味、男性の方が、結婚前には(結婚後も)、なかなか考えがそこまで至らない。女性は結婚前から深慮遠謀している。

    とにかく
    出産と乳幼児の子育てと、母親の健康には、万が一のリスクがあり、女性が働けなり、夫の稼ぎだけで、生活・子育てしなくてはならない人生の可能性があることが重大な現実。

    だから国は、若い男性が、結婚と子育てができるだけの年収を稼げる、確固とした政策を打たねば、少子化が加速するのみです。自明の理。

    トピ内ID:1881226085

    ...本文を表示

    こうかな

    しおりをつける
    🙂
    あき
    作り上げることができないとき離婚ではなく、作り上げる気がなくなったとき離婚ではないかな。
    この人とはこの先一緒に何もしたくない。という拒絶の意思が生まれたら離婚であって、
    とくに作るものが無くなったなぁ~で離婚するわけではないと思います。

    世の中定年後に寝れ落ち葉になる夫も多い中、女性はそんなつまらない夫とでも離婚しない人も多いです。
    要するに結婚生活が長くなると、結婚で何を得るかとか考える以前にその生活が普通になるだけでは?

    結婚する目的って、ただこの人と一緒になりたいってことじゃないですか?
    子供を作って育てるのが目的とか、何かを作り上げるのが目的というわけではなく、それらは結婚したことで自然に作られてゆくものでは?
    目的が最初にくるのではないような。

    トピ主さんのような、目的が最初に来る発想は男性的な発想ですね。
    目的が最初にくるなら、その目的を達成するための相手選びということになりますね。
    そういう結婚もあるでしょうけど、ほとんどの場合、好きで一緒に人生を歩みたいという気持ちで結婚して、目標などはそのあとについてくるのでは?

    トピ内ID:1116496829

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  77
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0