詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 【実験】英語教育、幼時からやった方がいいのでは?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    【実験】英語教育、幼時からやった方がいいのでは?

    お気に入り追加
    レス109
    (トピ主7
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    働く母さん
    話題
    英語の到達目標を、「大学在学時(理系や社会科学系)に、海外の大学生(英語圏・非英語圏)と英語で議論できる」と置いた場合、学校教育だけではまず無理。

    15年ほど前、「英語は日本語が確立してから」「早い方がいい」という論争があり、到達目標を念頭に置いて、自分の子供で実験(4歳違いの3人兄弟で比較)しました。我が家の結論は、「幼少時から開始が吉」ですが、サンプル3では話にならないので、情報交換をお願いします。現在、長男は理系国立大、次男高校生、三男中学生です。

    【英語をいつから学んだか】
    長男:中学受験終了直後の12歳から。日本人・ネイティブの先生の英語教室+私立中高
    次男:小学1年生から。日本人・ネイティブの先生の英語教室(週2回)+公立小・私立中高+(中学3年間で2週間ずつ・合計6週間の英語キャンプ)
    三男:1歳から。日本語・英語半々の保育園(週5回)→日本人・ネイティブの先生の英語教室(週2回)+公立小学校・私立中

    【英語力】TOEFLはまだ次男の成績しかないので英検で比較
    英検2級を取得したのは、長男15歳、次男11歳、三男9歳。
    英検準1級の取得は、長男は現時点で未取得、次男は15歳、三男は13歳

    【日本語能力】日本語能力に与える影響を見るため、Nの模擬試験(小5・小6)の偏差値を比較。
    国語・社会の学力は、小学校5年と6年で受けたN模試の国語・社会の偏差値(6回分)で比較。3人とも53から64の間。三男に日本語能力の低下は全く見られない。

    英語を学ぶために一番安上がり・無意識なのは三男でした。日英保育園の費用は、認可保育園の最高額と同程度。次男は短期留学に労力が掛かりすぎ、進学校の勉強に支障が出ました。「英語は日本語が確立してから」説に従った長男は、受験で英語は得意科目でしたが、まだ到達目標に届かずです。

    トピ内ID:7670929958

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 109 面白い
    • 85 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 20 エール
    • 41 なるほど

    レス

    レス数109

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (7)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  109
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    やる気になった時

    しおりをつける
    🙂
    50でも間に合う
    うちの子ども2人とも、1歳からネイティブ&日本人の教室に通っていました。
    中学に入学すると、他の子も英語を始めますね、
    うちの子の成績が良かったのは、1年生の前半だけ。
    あとはずーっと平均点です。

    英語教室時代のお友達に聞いても、揃って中学・高校の英語の成績は平均点。
    高3の子が2級。中3の子が3級。本当に平均です。
    中学から始めた子と、なんら変わりなし。

    あのレッスンはなんだったんだ…。
    レッスンで、文法を教えてくれたら良かったんですよね。
    中1レベル、英検4級にも満たない内容を、何年かけてやってたんだか。
    耳だけは悪くないみたいですけどね。

    代わって、現在70歳のうちの母。
    50代にゼロから英語を始めて、1級まで取りましたよ。
    50代で留学もしてましたけどね。

    ちなみに私、40代後半。最近英語を勉強してます。
    学生時代より、ずっと頭に入ります。
    学生時代にやらされてた時は、全く理解出来なかったのにね。

    トピ内ID:8612416020

    ...本文を表示

    国費で幼少時の英語教育にお金を入れて!

    しおりをつける
    🙂
    働く母さん
    三男の特徴は、映画は字幕なしで見られ、好んで聞く洋楽も歌詞を聞き取っていることです。日英イマージョンの保育園では、英語・日本語の絵本を読んでもらっていましたが、日本語・英語を自然に使い分けていて、「日本語も英語もカタコトになった」という同級生はいませんでした。

    小学校に入った後は、自分で、図書館や英語教室にある英語の本を、日本語の本と同様に読み始めました。辞書をひいたり、ひかなくて推測したり・・・です。会話は主に英語教室で学んでいます。書く方は、小学生になると、英語・日本語の両方で作文を書くようになりました。しかし、文法用語(日本語)には弱く、不定詞の副詞的用法(高校の範囲)って何のこと?です。

    幼少期に英語を仕込むためには、親の多大な投資を必要とします。本当にお金がかかります。ここに国費を投じて、英語圏の子供が学ぶように自然に英語を獲得できるようにしてはどうかと思います。歌とか、遊びとかゲームではなく!!

    「非英語圏の子供に英語を教える専門教育」を受けた外国人教師を、幼稚園小学校の全クラスの副担任に入れたら、日本人の英語力は激変するのでは。

    トピ内ID:7670929958

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(7件)全て見る

    それ、実験とは言わないよ。

    しおりをつける
    blank
    au japon
    まず、トピ主さんのは、実験じゃありません。条件がバラバラすぎます。(学校も違うし、やってることも全然違う)幼児期からやったほうがいい、と言う仮説で本当に「実験」したいなら、英語を始める時期だけを変えて、他の条件は全部完全に一緒にしないとダメです。一番安上がりで無意識だったということで、三男君を一つの成功例としてあげるのは、OKですけど。

    大学で英語で議論ができる~~大学の時点でできていればいいのでしょ?英語を始める時期よりも、やり方が問題で、1歳からやらなくても、遅くてももっと効率的にできるでしょうね。(幼児英語は必要ない)
    それに大学で英語の議論ができるかどうかは、英語能力よりも、専門知識と自信、母語が英語のアメリカ人にもがっついていく度胸とか異文化とのコミュ力のほうが、ずっと大事です。今の日本の教育の中では、自己主張をする訓練をされておらず、議論の経験もないのが、ダメだと思います。英語を使って何を言いたいのか、そこをはっきりさせることが、英語上達につながるのだと思います。おしゃべりな人が言語が上手くなるのは、喋りたいから、言いたいことがあるからです。早期教育じゃないです。

    トピ内ID:1081497481

    ...本文を表示

    短期語学留学は有効だけど、英作が苦しい

    しおりをつける
    🙂
    働く母さん
    現状で、一番英語力が高く見えるのは、次男(高校生)です。進学校の単語学習(語彙が5000語ぐらい)と、中学時代の語学サマーキャンプ3回が効いています。ただし、英語の学習にはかなり時間がとられていて、特に大量の英作文では苦戦中です。

    三男が、次男の英作文をさっと直したり、「直訳じゃなくてこう書けば英語らしいんじゃない?」とヒントを与えることがあり、幼時(保育園・小学校)から自然に英語の本に親しんできた強みを感じさせます。英語の発音は、次男も三男もそれほど差がないようですが、リスニングと瞬発力のある会話という点では圧倒的に三男が強いです。

    三男は英語学習にはほとんど時間をかけておらず、日々の映画や読書から英語力が高まるという点で、「正の循環」に入っています。学科の勉強(数学・物理・化学・古文漢文など)に注力でき、物理や数学について深く考える時間が取れます。

    長男(TOEIC700程度)は、ゼミの報告会で英語を書く・話すの主力を担っているそうですが、「必要なことの半分しか書けない、話せない」そうです。僕も幼時から英語をやらせて欲しかった!と本気で怒っています。(ごめん)

    トピ内ID:7670929958

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(7件)全て見る

    サンプル3人では...

    しおりをつける
    🐧
    ペン
    向き不向きも含め、英語教育以外の部分が3人とも完全一致していれば「実験」と言えるけど、3人だったら全く同じ教育を受けても同じ結果になったかもしれないし、これだけじゃ分からないですよね。

    同じクラスで同じ先生に英語を教えてもらっても、みんな成績違いますよね。

    私は通訳をしていますが、通訳仲間は幼児英語教育を受けてた人や留学経験者は意外と少なく、普通に中学から勉強した人が多いです。
    身も蓋もないけど、私の身の回りを見ると要は向き不向きの問題だと感じます。

    トピ内ID:2698116752

    ...本文を表示

    とても不思議なこと

    しおりをつける
    blank
    帰国子女
    幼児からはじめるということは、当人は将来のビジョンなど持っていないときからはじめるということですよね。
    さてはて、どのくらいの時間をついやすのか知りませんが、英語を使う仕事にもつかず、海外旅行嫌い、住むなど論外という人に育ったらどうするのでしょう。
    言語というのはその他の習い事とは違います。教養ではなくツールなのです。使うことがなければ覚えた時間はドブに捨てるようなものです。無意味な時間を幼少期から浪費したということ。
    ここを見落としている人が多いと思います。デメリットは大きいですよ。その時間とお金があれば別のことができたでしょうから。海外と接点を持たない人生において他の言語は無意味です。

    そしてもうひとつ。
    多くの言語は社会人からでも十分にビジネスレベル程度にはできるということ。
    そこからはじめても遅くないものに幼少期から時間を費やし続けることは非効率と考えます。
    本人が必要と思ったときの方が習得も早いですよ。

    数千人をみてきて社会人からで遅かった人は特定の理由をもつ10人ほどです。
    それ以外は問題なし。ときに社会人ではだめなのですか?なぜ大学に設定??

    トピ内ID:7546455896

    ...本文を表示

    ずれていませんか。

    しおりをつける
    💍
    ルンルン
    そもそも三男はまだ中学生ですよね。
    本当に議論ができる大学生になるかは疑問です。
    いくら年齢の割に英語ができても、大学生レベルを修得しているわけではないので、今後どこまで伸びるかは答えが出ていません。

    逆に、上の二人のことも、受験英語だとか英検だとかで比較しているようですが、
    それは運用することとは全く別物です。

    目標に掲げられているのは英語で議論ですよね。
    そもそも母国語ですら議論する中身のない人間は、何語を与えても議論などできませんよ。
    英語力と議論の力は別です。

    議論できる内容のある人が、どうしてもそのメッセージを世界に伝えたいと思った時、
    物凄い速さで習得すると思います。
    逆はありません。

    トピ内ID:1575919476

    ...本文を表示

    総合的な学習時間は?

    しおりをつける
    🐷
    plumpy
    大変興味深いですね。

    >長男:中学受験終了直後の12歳から。日本人・ネイティブの先生の英語教室+私立中高
    次男:小学1年生から。日本人・ネイティブの先生の英語教室(週2回)+公立小・私立中高+(中学3年間で2週間ずつ・合計6週間の英語キャンプ)
    三男:1歳から。日本語・英語半々の保育園(週5回)→日本人・ネイティブの先生の英語教室(週2回)+公立小学校・私立中

    三男さんが一番英語に接している時間が多いですか?

    時期の早さと同時に英語に接していた時間と学習時間の比較がないと、比較しづらいです。
    例えば、長男さんが遅く始めても英語に接する時間が長かったら。
    三男さんが早く始めても週一回程度の学習時間だったら、結果は変わってくると思います。

    6歳ごろまで殆ど英語しか話せなかった帰国子女が、その後殆ど英語を忘れている例を二つ知っています。、
    私立の英語特別クラスに高校から入った子たちが、その後留学などをへて同じクラスだった帰国子女たちより英語力が向上した子たちもいました。

    いつ始めるかと同じぐらいどれだけ学習したか、学習時間の長さも大切だと思います。

    トピ内ID:6013848596

    ...本文を表示

    興味深いレポートですが・・

    しおりをつける
    🙂
    Poohby
    英語力が伸びたところで、それだけで息子さんがたの能力は比較できませんよね。

    英語の成績が良いけど、運動神経に期待できないや、
    英語の成績が良いけど、美術的なセンスはゼロ、
    英語の成績が良いけど、日本文化への興味は皆無

    だとしたら本末転倒ですので。
    その辺りも教えて頂きたいです。

    トピ内ID:2257199575

    ...本文を表示

    目的によりますね

    しおりをつける
    🙂
    産休中の英語教諭
    > 英語教育、幼時からやった方がいいのでは?

    「英語習得のみ」を目標にする場合には、その通りです。
    それが最も可能性を追求できますし、効果も出やすい。自明のことです。
    ただ、

    > 「英語は日本語が確立してから」「早い方がいい」という論争

    こうした議論については、教育学的配慮や我が国の公的教育における
    言語学の位置づけ、日本人として望ましい資質の養成などの様々な
    要素を勘案して「日本におけるあるべき教育像」をしっかりと確立した
    うえで行われるべき学習内容であり、英語などはその「ほんの一部」で
    しかありません。
    ようはバランスが大切だし、順序もあるでしょう、という話ですね。

    また幼児期における教育においては、所謂「五領域」のバランスが
    しっかり取れていなければ、円満な人格形成や偏りのない知能育成も
    あり得ない、というのが教育界における当然の前提ですから、英語
    のみに重点を置いた教育をしたところで「英語は習得できるが、
    バランスを失ってるよね」という話にしかなりません。

    上手くいく場合もあるでしょうし、個人の教育方針は尊重されるべき
    ですが、公的教育ではあり得ないというわけですね。

    トピ内ID:1596073485

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  109
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (7)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0