詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    選択的夫婦別氏制度を考える

    お気に入り追加
    レス64
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    りんす
    恋愛
    トピを立てていただき、ありがとうございます。 選択的夫婦別姓制度とも呼ばれるこの制度に対し、あらゆる考え方が存在します。 関心度が高い問題だと思います。 この別姓を望む声があると同時に、問題点もあるとされています。 離婚増加が懸念され、母子家庭の増加に伴う子供の貧困問題。 これは法律婚で別姓が認められてなくても既にある問題です。 根本的な解決は、世帯収入が上がることだと思います。 子供の姓をどちらにするかという問題から懸念される、子供の私物化・連れ去り問題。 これが全体に占める割合は不明ですが、結婚・子育てに対する意識の劣化が原因と思われます。 別姓導入により悪化する見方もありますが、むしろ別姓を含めた結婚制度を審議・見直しをする事が望ましいと考えます。 問題に蓋をしていては、解決は遠のくと考えます。 蓋を開け、何が問題かを見て、どう解決するかまで考えないと、問題は放置されたままになりかねません。 と言っても、個人レベルでは問題解消も難しいと思いますのでそこまでは望みません。 プレゼンや会議のように、基本的には結論ありきを求めません。 それを踏まえた上で、選択的夫婦別姓制度に対する皆さんの考察・ご意見をお聞きしたい。 有意義に意見交換できたらよいと思っています。

    トピ内ID:3441938549

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 86 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 13 エール
    • 9 なるほど

    レス

    レス数64

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  64
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    部外者が語るものではない

    しおりをつける
    😑
    しゃんぷ
    真剣に悩んでいる当事者の訴えでないと中途半端になります。 トピ主さんのように憶測と興味本位だけで話題にすることは、別姓希望者の足枷にしかならないでしょう。 >問題に蓋をしていては、解決は遠のくと考えます。 誰も蓋なんかしてないでしょう。 夫婦別姓は本当に不便や不利益があるカップルが、事情を訴えその後のことまでも切実に説明すれば理解は得られます。 残念なことに勉強もせず責任も考えなく思い付きで夫婦別姓を言う人がいるので、 いつまでたっても暗礁に乗り上げるしかないようです。 許可制なら、脈はあるでしょう。

    トピ内ID:6361109830

    閉じる× 閉じる×

    何が問題なのか、さっぱりわからない

    しおりをつける
    😝
    ザンパノ
    このことについて、いつも問題視しているのは、働いている女性の皆さんのようですが、 何が問題なのか、さっぱりわかりません。 現在の婚姻制度が同姓であることを前提としているので、別姓を認めること自体、 結婚そのものが有り得ないことになります。 別姓を望むなら、いわゆる事実婚でいいじゃないですか。それで何が不満?

    トピ内ID:9969998407

    閉じる× 閉じる×

    日本は東京だけではないから

    しおりをつける
    🙂
    主婦
    都会と違い地方では、国家資格が無い状態で女性が男性なみに稼ぐことはまだまだ困難です。 資格無しで就職できる職では、女性向け求人で月20万円を超えるような求人は皆無です。 例えば事務職でも、月20超え可能な幹部候補は男性向けです。 だったら資格をとるなり勉強するなり頑張ればいい? 男性は頑張らなくてもいい場面で女性は頑張らなければならない、スタート地点が違う、そこが問題。 世帯収入を上げるより、男女差別の無い仕組みが必要。 以前この話題で男性の意見として「俺の姓を名乗りたくないというような女性を養う気にはなれない」というのがありました。 女性は養われる立場である、という前提が壊れない限りは夫婦別姓は難しいような気がします。 働き方、収入が対等が多数派になってこそ姓も対等を主張できるのかなと。 ただし本当の男女平等になったら、生理妊娠授乳があり男性に比べて体力も劣る女性には厳しい世界になると思います。 夫婦別姓にするには、女性が男性に甘えないが普通の世界になること、子を預けて働くことが普通の世界になることが前提のような気がするし、そうなると結婚という制度は必要無いような気がします。

    トピ内ID:8211720173

    閉じる× 閉じる×

    怒った母親がいた

    しおりをつける
    匿名希望
    子供は父親の姓(田中一郎くん)仮名 でも母親は田中でなく旧姓(林さん)というママさんがいました。 それを幼稚園でも小学校でも、最初にクラスの皆に説明するのです。 子供は田中一郎ですが、私は林です。よろしくお願いします・・と。 だけど、いつもいつも子供の名前で呼ばれていました。 田中さんって。 で、彼女は怒りました。 「何度も申し上げていますが、私は「林」です。田中ではありませんから!」と保護者会で。 ええ、ご想像の通り、こういう彼女には保護者会では親しい友達いなかったですね。いつも浮いてました。 たったこの1例だけですが、別姓を主張する人って、なんか自己チューっぽくて苦手です。 偏見だとは思うけどね。

    トピ内ID:7164044705

    閉じる× 閉じる×

    考え方はいろいろあるんだろうけど

    しおりをつける
    🙂
    蛙鳴蝉噪
    考え方はいろいろあるんだろうけど、別姓にしたら家族関係、親子関係が傍から見たらわかりにくい。 家族である、親子関係にある事をわざわざ何か見せて証明しなきゃいけないのは正直面倒ですね。 個人的に苗字は責任(家族や子供に対して)の所在を傍からわかりやすくする為の手段として必要だ思っているので別姓という選択をするんなら結婚制度自体必要無いと感じます。 結婚は生まれた子供が法的に嫡出子として認められる制度でもある。 子供を産み、育てるには責任が伴うので別姓で個人を主張するのはちょっと違和感がありますね。 どうしてもどちらかの姓になるのが嫌なら新たな苗字を興したり出来るようになれば良いと思う。

    トピ内ID:0230923969

    閉じる× 閉じる×

    A 別姓の場合の夫婦の姓

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    別姓の「具体的な形」を考えてみました。 A 別姓の場合の夫婦の姓 (1)カップルは次の姓名であると仮定して話を進めます。 (夫になる人)鈴木太郎 (妻になる人)田中花子 (2)【夫婦が別姓】の場合は、自分の姓の次に( )の中に配偶者の姓が入る。    鈴木(田中)太郎    田中(鈴木)花子 これが結婚後の【正式な新姓名】となり戸籍や住民票に記載。(住民票の証明書に関しては、使用目的で( )を記入するパターンとしないパターンがあっても良いかも。) 婚姻届けを1枚提出するだけで、あとの官公庁関係の書類はコンピューターで自動的に処理。  (3)結婚後の上記(2)の【正式な新姓名】は、重要な書類や特別に必要な時に使うのみ。実際の日々の生活や職場・仕事での毎日の活動では、ほぼ使うことがなく、日常生活では、結婚前の       鈴木太郎 田中花子 のままで、一般的な書類上も、変わらず暮らせる。 (各種事務的な面があるので、職場には届出の必要があるかも。) また子供の学校関係では、親の名前は最初から【通称を使う】こともできる。 (注:通称については最後に最度記述)

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    B続き(別姓の場合の夫婦の姓)

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    B続き(別姓の場合の夫婦の姓) (4)離婚すれば( )が消えて、元の鈴木太郎と田中花子に戻るが、結婚の時から、【一般的な社会生活上では】ずっと鈴木太郎・田中花子で通して暮らしてきているので、離婚しても、日常の生活面でも仕事面でも、姓による影響はない。(扶養関係その他の事務的な面もあるので、職場への届けは必要になるかもしれないが。)官公庁の各種変更書類も、離婚届けを1枚出せば、コンピューター処理で全てが完了とする。 (5)再婚したら、また( )の中に新しい配偶者の姓が入る。例えば、      鈴木(山本)太郎  …山本さんが再婚相手の姓     田中(小川)花子  …小川さんが再婚相手の姓 そしてやはり、普段の日常の生活・仕事では( )の姓は使わなくてよいので、自分の姓名に変化はない。鈴木太郎・田中花子で暮らせる。 

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    C続き(別姓の場合の夫婦の姓)

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    (6)保険商品・金融商品・銀行関係などの【商行為】では、「結婚して( )のついた姓名に変わって」も、また離婚で元に戻っても、元の生まれたままの姓名で取引を継続し、新手続や変更手続きも無しで、新印鑑も不要の【商慣習】にする。ただし、夫婦で生命保険の受取人などになっている場合は別かも。 (7)離婚や再婚・再再婚が起こっても、「実親の姓も子供の姓も変わらない選択」もできるので、連れ子が、親の離婚・結婚のたびに姓を変える負担がなくなる。

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    D子供の姓

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    D子供の姓 (1)「別姓の場合の子供の姓」については、国会の審議を経て制定されるで(あろう)、いくつかのルールから選ぶ。審議過程では、たくさんの方法を検討した中から、国民の意見や各種専門家の意見、様々な調査・データなどをもとに、月日・時間をかけて国会で審議され、案の発表・検討・修正が繰り返され、メデイアも参加し、国民の意見を十分に組み込み、繰り返し調整後に、【いくつかの選択肢が存在する形で】決定するでしょう。 (2)基本的に、【別姓になる夫婦が、自己責任で】、法のルールにのっとり、子供の姓名の形を選択・決定する。 今後、決定される法の具体的内容がどうなるかは、今の段階では分からないが 例えば・・・ 子供の名前が【一郎】だとすると、生まれた時に【戸籍や住民票に載る正式名】は  (a) 鈴木(田中)一郎 (b) 田中(鈴木)一郎 この(a)(b)の2つの、どちらかから、夫婦が考えて選べるようにする。 (3) 成人するまで、複数の子供の姓は統一する。(ただし、夫・妻ともに、連れ子再婚が増える傾向があるので、事情に応じて、例外を認める。)

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    E続き(子供の姓)

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    E続き(子供の姓) (4) 子供の普段の生活・学校生活では、姓名の最初にある一つの姓だけ使用して暮らして問題ない。【鈴木一郎】とか【田中一郎】など。どちらかの姓(親が選んだ姓)で。この姓名で、普通に暮らせる。また正式名フルネームを使用したければそれもよい。ただし重要な書類ではフルネームの正式名を求められるでしょう。親夫婦が、それぞれの事情に合わせて、自己責任で決める。 (5) 社会が別姓に慣れてくれば、普段から正式名フルネームを使うケースも増えて一般的になるかもしれない。子供が将来、成人後に、どちらの姓を選んでも、周囲の人が、馴染んでいるように、子供時代から両方の姓を並べて書き、使うかもしれない。個人的な状況や事情により、普段の姓名の使い方は、その親夫婦の判断と責任で決める。 (6) 子供が幼稚園・保育所・各種学校に通う時代などには、「子どもと異なる姓の親」の姓は【通称】を使える。   例えば  子供が 鈴木一郎  母親が 田中花子…の場合に、学校関係では【通称】を使い     <【鈴木】花子>で入学時から通して良い。父母が逆の場合も同じ。

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    F子供が成人したら

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    F子供が成人したら (1)【成人後】は、いつでも、子供が自分の意志で、【父親姓か母親姓を選べる】。      鈴木一郎・・・または      田中一郎・・・のどちらかを選べる。     あるいは、結婚までは子供時代の姓名や使い方のままでも良い。 (2) そしてその子供本人が【結婚する時】は、カップル2人で、同姓か別姓かのどちらかになる。 夫婦同姓なら、今の社会のような結婚をするし    夫婦別姓なら、一郎さんは、【成人後に選んだ姓】の下に、B―(2)のように( )に配偶者の姓が入る。  選んだ姓が鈴木なら  鈴木(中村)一郎 選んだ姓が山田なら  田中(中村)一郎・・・となる。 (結婚相手の姓が中村さんの場合)

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    G続き(子供が成人したら)

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    G続き(子供が成人したら) (3) もし2人子供がいて、父親の実家と母親の実家をそれぞれ相続して継ぎたいという事情や【子供本人の意思があるなら】、【成人後】に、2人の子が別々の姓を選べば、夫婦の母実家の家・墓も、父実家の家・墓も自然に相続・維持しやすくなる。さらには、一人っ子が増えるであろうこれからの時代で、お互いに実家を背負い相続がある一人っ子の男女が結婚するときに、別姓にすれば、「どちらの姓にするか」で悩んだり、結婚をあきらめたりしなくて済むケースも出てくる。 (4) 子供がずっと独身なら、子供の時の姓名の使い方のままでもよいし、成人後にどちらかの姓を選ぶこともできる。

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    H 通称を利用する。

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    H 通称を利用する。 (1) 子供が児童や生徒や学生である時期には、親が「通称」を利用するのもよい。       <C子供の姓(6)>で書いた。 (2) 家の表札や郵便受けなどを通称にすることもあるでしょう。その際は、名前の最後に( )にもう一つの名前を入れることもあるでしょう。       鈴木太郎               田中花子         花子(田中)  または        太郎(鈴木)          一郎                 一郎   (3)そのほか必要に応じて通称を使用する。

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    単純に

    しおりをつける
    blank
    方位磁石
    それが必要だとは思いません。

    トピ内ID:5099762780

    閉じる× 閉じる×

    目的

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    本来どうあるべきかという話はあるのかも知れませんが、それとは別に今現在は別姓に制度は対応していないわけです。 想定されていない。 変えた場合のメリットとその変化、運営にかかるコストは天秤にかけるべきかなと思います。 会社で言うなら、福祉などのソフト面での選択肢が増える事だけを見れば反対する人は、まず居ないでしょう。 例えば、極端な話、フレックスタイムのもっと選択肢を拡大して1日1時間の時短勤務も選択可能なればうれしいと思う人は多いかもしれない。 でもそれとともに弊害は必ずあるわけで。 すでに育休などの時短勤務者との間での色々、まあ主さんが本文で言われているように、多くの場合は個人の対人スキルの問題だったりもするわけですが。 少なくとも、管理する側には新しいものに対応する受け皿を準備する必要が出るわけです。 ただではないと言うことを念頭にすれば、こうあって欲しいと声大きく言えば良いってものでもないとは思うので、変えるだけの意味、効果、あるべき未来像を示すのが必要かなと。 個人の人生レベルで楽だからという趣旨で他人の人生、社会のコストをどこまで使うか。

    トピ内ID:5239273930

    閉じる× 閉じる×

    夫婦別姓、大賛成。

    しおりをつける
    🐶
    55歳主婦
    何せ選択制であるならば大賛成です。 「彼(彼女)の名字になりたい」「やはり同じ名字が良い」なカップルは 従来通りにどちらかの名字に合わせれば良いだけの事。 便利上、生き方・考え方、単に名字を変えたくない等、色々な理由で 「結婚しても、元の名字のままで暮らしたいけなカップルに 別姓の選択肢が有るのは素晴らしい事。 それに、離婚はそんなには増えないと思いますよ。 別姓を選ぶ様な、ある程度リベラル派・知識や意識階層な夫婦であるならば、 別姓そのものが「離婚のハードルの有無」に影響しないと想像しますし。 むしろ、男性サイドの名前になる事により「嫁扱い」の面が薄まり、 100利あって一害無しと思うのですがねえ。 私ならどうするか。 今、私が適齢期で有ったならば、別性にするでしょう。 「期限付で、既婚夫婦も別姓可能」であったとしても、今この年齢だとそのままでしょうね。 既に人生において、結婚後の名字の年月が長いですから。 愛着では無く、呼称の習慣性の面で。

    トピ内ID:7227964871

    閉じる× 閉じる×

    へ?

    しおりをつける
    ん?
    指摘されている問題点と夫婦別姓との因果関係が不明なばかりか、そのような問題が顕著に存在しているのかどうかも疑わしい(子育て意識の劣化云々)と思います。 夫婦別姓とは特に関係ないですよね。

    トピ内ID:5784608497

    閉じる× 閉じる×

    大風呂敷広げすぎ

    しおりをつける
    blank
    ヨセミテ
    トピ主さんの挙げられている社会問題は、それぞれ関連しつつも基本は別個のものばかりです。 夫婦別姓と一緒くたにしてしまうと、話がこじれます。 夫婦別姓は突き詰めるなら「便利か、そうでないか」程度のものだと私は感じます。 別姓にした程度で「人間として尊重」だのあほらしすぎますし。名字程度で自我が左右されるなんて平和だな~と感心しますね。 夫婦別姓の国で女性蔑視が強固に残っているところもあります。 姓名を簡単に変えられる国もあります。 それよりも極端なキラキラネームに苦しむ人達を救う方が先じゃない?

    トピ内ID:1327737378

    閉じる× 閉じる×

    レスします3

    しおりをつける
    🙂
    りんす
    「夫婦別姓にしたいです」のトピに挙がった件について 知らなければ意見を言ってはいけないという考え方は、個人的には違うと考えます。 知るタイミングは人によって違いますし、一人の人間が全てを知り尽くしている訳ではありません。 むしろ知る機会として意見交換するほうが有意義と考えます。 別姓を望む人の邪魔になるという点も、考え方が違います。 別姓を望むタイプが一括りにできないことは、別姓反対者でも認識済みのようですが、大きく2つに別れている訳でもなく、もっと多岐に渡っています。 問題視される枝は1ないし2本だとするなら、他の枝に当たる方達が、全体的に考える機会になると思います。 また、別姓反対の意見に対し、部分的に納得が行かない点について深く知る機会にもなると思います。 「別姓を望む女性は子供の姓を自分の姓にしたいという意見が多い」について、私も半信半疑です。 私は原則「父姓」で良いと考え、事情によって「母姓」も可で良いと思います。 ただし、既に事実婚で子供がいる場合、別姓切替え時には、子供が既に名乗っている姓を原則にしたほうが良いと考えます。

    トピ内ID:3441938549

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    レスします4

    しおりをつける
    🙂
    りんす
    例えが悪いかもしれませんが、雑草が多いから放置、いずれ枯れるというという考えなら甘いと思います。 実際にはテコ入れしたほうが改善されます。 時期尚早、成熟を待つ、どちらにしても「テコ入れ」してからではありませんか? 放置で成熟はしないでしょう。 時をかければ消滅する保証はなく、悪化することもあります。 私は即時改正は求めません。トライ&エラーな方法が向いてない件だから。 丁寧な法改正を望むというのは、エラーが完全解消されなくても、最小限で済むように求める事です。 迅速よりも丁寧である方が、実際の制度利用者にとっては結果的に得になると考えます。 個人的には導入が100年先だろうが、さらに先だろうが、一向にかまいませんが、その間ずっと問題に蓋するなら間違っていると思います。 先に手をつける問題があれば、そちらを優先すればいいとも考えています。 どうせなら総合的に考えたいという事です。

    トピ内ID:3441938549

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    必要性が皆無といわざるを得ない

    しおりをつける
    🐷
    匿名男性
    言う程の関心は無いですよ。 少なくとも、男女問わずこんなことを真剣に問題視しているような人は 身近には全くいません。 勿論、個々の意見を聞けばそれぞれに思う所はあるでしょうが、人権とか 法改正をしろとかいうレベルでの喫緊の課題とは思えません。 そもそもこの問題はスタートが間違っています。 姓は個人ではなくて、家に由来するもので、どの家に属するかということを 表す記号なのです。 同じ家にいるのに姓が異なることを当然とするのならば、それは旧来の家族 という考え方を変えるということですから、議論をするならまずそっちです。 そして、現行制度下においても、自分の望む姓が得られないのが権利侵害だ という観点は二重に間違っています。 婚姻時に、夫婦何れかの姓を選ぶ権利は元々ある。 誰もが自由に姓を選べるという権利は初めから無い。 選択的別姓とやらを採用して、今度は子供の立場から親の姓は嫌だという 意見が出たらどうするのですか? 今現在、既婚者の方は遡って選択をし直すことが出来るのですか? 得られる個人の権利に対して、社会への影響が甚大過ぎる。 それを過小評価する人の主張は聞く価値がないです。

    トピ内ID:4049656846

    閉じる× 閉じる×

    「選択的」には全面賛成です

    しおりをつける
    🙂
    まるこ
    選択制にした所で、大多数の夫婦はどちらかの姓を選ぶでしょう。 あえて夫婦別姓を選ぶ夫婦は、なんらかの事情を抱えている事が多いです 例えば、双方に子供がいる男女の再婚 この場合、現行法ではどちらかの子供が親と姓が別になります しかも、子供がある程度大きいと、自分の姓が変わるのを 嫌がる事も珍しくありません 小町でも「再婚賛成・(子供自身の)改姓反対」で 悩む人がトピ立ててましたし やむなく事実婚にしてる人もいます (私の身内にもいます) 夫婦別姓が認められれば、そうした人達には朗報となります それと、どこかで目にしたのですが ※母子家庭で事実婚に近い状態 ※子供が(母親も)姓を変えるのを反対している為再婚出来ない ※上記の理由で再婚せずに各種手当を貰っている ※行政側も、子供を理由にされると引き下がらざるをえない 夫婦別姓が認められれば、福祉の予算節減にも繋がるのでは?

    トピ内ID:5420737681

    閉じる× 閉じる×

    このテーマで思うこと

    しおりをつける
    blank
    ぽんしゅう
    特に賛成派・推進派の方ですが、持論の主張をするだけで 議論が全くできない印象があります。 過去、同様トピにおいて『最高裁判決を予想してみよう』と 呼びかけたことがあります。 持論だけでは予想はできません。法令解釈、国民感情、社会情勢等々を 如何に俯瞰できているかを図れると思っていました。 呼びかけに応じてくれたのがほんの数件しかなかったのは、私の設問が 悪いからではなく、このテーマに主張はあれど造詣の深さは全く追い付いて いないからだと今でも思っています(笑)。 時期尚早との判断は今でも間違っていないことの証左と言えるでしょう。 あらゆる考え方があることを認識されているのであれば、もっとテーマを絞った方が よかったと思います。既知感のある持論の応酬はもういいでしょう。 賛成でも反対でもどちらでも、造詣の深さが読み取れる意見を聞きたい。

    トピ内ID:6861126997

    閉じる× 閉じる×

    選択的別姓賛成

    しおりをつける
    🙂
    あれっくす
    印象論なのですが、今から結婚する世代で、選択的夫婦別姓に異を唱える人は少ないのではないでしょうか? 保守的な政治家が、理解しがたいレトリックで反対しているだけのように思います。 >離婚増加が懸念され、母子家庭の増加に伴う子供の貧困問題 よくわかりません。なぜ離婚増加につながるのですか? 母子家庭の貧困問題は、これと切り分けた議論が必要だと思います。 >子供の姓をどちらにするかという問題から懸念される、子供の私物化・連れ去り問題。 これも、あんまり意味がわからないです。それだけの理由で私物化や連れ去りをするなら、ほかの理由でも簡単にやりそうです。 個人的な意見としては、デメリットがよくわからないです。夫婦が同じ姓でなければいけないというシステムは世界的にみても多数派ではない。婚姻が両性(最近では当事者とした方がいいか)の合意にのみ基づくのなら、姓だってそれでいいじゃないかと思います。 子供の人権の保護は、姓ではなくてもっと包括的かつ基本的な人権意識に基づいてなされるべきかと思います。姓に関しては、しかるべき年齢になれば選択できるようにすればいいかと。

    トピ内ID:3607378544

    閉じる× 閉じる×

    親権に関する問題の解決が先です

    しおりをつける
    blank
    匿名男性
    私が賛成か反対かの立場は敢えて書かないほうが良いと考えてレスします。 現状はマイナンバーの運営が始まったばかりなので、 これが制度としてきちんと整うことが何よりの前提条件です。 しかしながら、トピ主さんも懸念として挙げている離婚などに関する部分を 別姓制度にからめて考えている限りは無理だと私は考えます。 離婚はもうすでに増えているのですから、それを別個に先に考えないといけません。 こんなトピを立てたトピ主さんすら問題点の1つを根底から間違えているのですから。 >母子家庭の増加に伴う子供の貧困 なぜ子供の貧困が起こるのか。 突き詰めるとね、離婚時の親権の問題が一番ではないかな? 様々な事情があっても母親が極めて有利な親権取得の現状。 貧困解消が目的ならば夫・妻の経済状況を重視して判断すべきとなる。 子育ては母親だろうと父親だろうと支援できるようにする福祉政策を取ればよい。 また共同親権の是非も重要でしょうね。 別姓にして離婚が増える懸念があるなら、 離婚時の争点にもなり、ひとり親家庭の支援費用にも直結する親権問題。 これを先に考えないと意味はないのではないかな?

    トピ内ID:5417470762

    閉じる× 閉じる×

    なんの問題?

    しおりをつける
    ロバ
    夫婦別姓にした場合の問題点はたくさんありますが、 夫婦同性の場合の問題点が圧倒的に少ないと思うのですが。 わざわざ問題を増やしてどうするつもりなのかが 分かりません。

    トピ内ID:0462335986

    閉じる× 閉じる×

    先に結婚制度が男女平等にならないと。

    しおりをつける
    blank
    ヤマト発進
    40代既婚男性です。 選択的夫婦別姓。議論が落ち着いちゃいましたね。 でも、別姓が問題というより、日本の結婚制度そのものの問題が非常に大きくなっているような気がします。 元々日本での結婚制度の成り立ち、戦後男女平等を標榜しながら決して平等にはなっていない日本人の結婚観、そこに西洋風の男女平等を取り入れた離婚感覚、それなのに全く男女平等ではない親権問題。 捻じれに捻じれて、別姓を導入して良い悪い以前に、結婚離婚を制度として何とかしないと先に進まないのではないのかな、と感じます。 今の結婚制度(結婚生活から離婚や死別に至るまで)がちゃんと男女平等に役立つ存在なら、別姓に異を唱える人はいないでしょう。 でも現実に異を唱える人は多い。ということは、結婚制度が男女平等に役立っていない、ということ。 男が優位だから許せないのか、女が優位だから許せないのか、どちらかが優位になる事そのものが許せないのか。 まず、結婚制度というものが名実ともに平等にならないと。何をもって平等と考えるか、皆が考えないと。 別姓云々は、本当の平等が実現すれば、自ずと結論が付いてくる、と考えます。

    トピ内ID:1225445865

    閉じる× 閉じる×

    選択的夫婦別氏(=姓))には、色々なものがあります。

    しおりをつける
    🙂
    夫婦別姓を選べる社会
    選択的夫婦別氏(=姓))には、色々なものがあります。 例えば~の数例ですが、以下の法案の内容を簡単に書いてみます。 (氏=姓)(夫婦同氏=夫婦同姓)(夫婦別氏=夫婦別姓) ■平成7年の我国の法務省の「婚姻制度等の見直し審議」で一番支持された案 〇原則として結婚前の氏は変わらない。夫婦の間で特段の合意があった時だけ「同氏」 にする。(原則「夫婦別氏」で、特別に夫婦の合意があれば「夫婦同氏にできる」。) 〇選択的夫婦別氏を導入すべきという意見が大半を占め、消極意見はごく少数だった。 ■平成8年の我国の法務省の民法改正案 〇夫か妻の氏を名乗る(同氏)。または、各自の婚姻前の氏を名乗る(別氏) ■平成22年の我国の法務省の民法改法律案 〇夫か妻の氏を名乗る(同氏夫婦)。または、各自の婚姻前の氏を名乗る(別氏夫婦) ■ドイツの1996年の民法改正 〇夫婦で同氏の名前の合意ができないときは別氏夫婦になる。 以上。 さて、この国の国民なら、この国の夫婦同氏制度や選択的夫婦別氏制度の部外者になる人は一人もいません。国民のみんなが影響を受ける。一人一人皆が知ることは大事です。

    トピ内ID:8578650122

    閉じる× 閉じる×

    レスをいただき、ありがとうございます

    しおりをつける
    😉
    りんす
    トピ主のりんすです。以後のレスについては、お礼は省略させていただきます。 >真剣に悩んでいる当事者の訴えでないと中途半端 私には中途半端な気持ちはありませんが、小町は訴える場所と違いますね。 私は知識が乏しいですが、知る機会は人により違うし、 一人の人間がすべてを知れません。知る機会として意見交換を望みました。 訴えや審議は専門機関に求め、ここで求めません。 審議でなければ、素人発想が先入観・固定観念に囚われず、いいアイディアを出す時もあります。 >事実婚でいいじゃないですか それは個別の事情によります。 私は子供を両親で守り育て、責任も権利も持つ制度として、婚姻を重視します。 婚姻制度を無くせばいいという意見も、一面から見れば理はあるように見えますが、 その場合、子供を守って育てるシステムが、親以外にも充実していないと駄目だと思います。 子供を持たない場合も、パートナーとして婚姻制度を必要とするカップルもいるでしょう。 「籍を入れる」などの言葉がまだ残る内は、婚姻に拘る人も居ると思います。

    トピ内ID:2654177534

    閉じる× 閉じる×

    しおりをつける
    😉
    リンス
    >都会と違い地方では~女性が男性に甘えない 甘えというのは、経済面の話でしょうか? 地方にも女性事業主は居ますし、男女共に都会より賃金は安いが物価も安く、相対的に見れば都会と大差無いと思います。 ちなみに、女性の経済力が高い国は、離婚率も高いようです。 >新たな苗字を興したり 新姓・創姓の考え方ですね?公平面から見ると悪くないです。 私は改姓の不利益が同姓の問題点だと思うので、2人共改姓となりうる新姓は倍の手間に思えますが、当事者が共に煩わしさを共有する合意があるなら考え方としてアリかも。 >家族である、親子関係にある事をわざわざ何か見せて証明しなきゃいけない そんな機会が実際に多いのでしょうか?具体的に教えて下さい。 私は子供が居ますがそういう機会の経験がありません。 子供の入学等で書類は出しますが、親が別姓でも出す書類は同じと思います。 >離婚はそんなには増えないと思いますよ 私も、一時的なペーパー離婚(別姓で再婚を望む人)を除けば、 それほど増えないと思っていたのですが、「夫婦別姓にしたいです」のトピを見てから半信半疑になっています。

    トピ内ID:2654177534

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  64
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]