詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 毒◯へ憎悪から愛情が持てるよう考え方が変わった方いますか?
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    毒◯へ憎悪から愛情が持てるよう考え方が変わった方いますか?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    むぎ
    ひと
    毒親、毒兄、毒姉、毒弟、毒妹…
    その単語を使用される方は、それぞれその親きょうだいから受けた過去の抑圧や愛情不足などが関係していると思います。
    理由はそれぞれだと思います。

    以前は毒◯と思っていて憎悪の感情があったけど、
    今は考え方が変わり相手に捻くれのない純粋な愛情を持てるようになった方いらっしゃいますか?
    そう思えるようになった詳しい経緯を教えていただきたいです。

    どうぞ、よろしくお願いします。

    トピ内ID:0689308504

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 6 面白い
    • 30 びっくり
    • 8 涙ぽろり
    • 41 エール
    • 22 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    うちのばあい

    しおりをつける
    🎁
    あのー
    一緒にいた間は毒親でした。結婚して家を出てから少しずつ変わって行きましたよ。

    だけど、

    ・子が親に開業などで保証人を頼めば断る、が自分等の入院の時や跡取り君の転職の際の保証人お願いねは断るはずがないと思い込んでいる様子です。

    ・退院時に、電話がかかり、~明日親戚が快気祝いかねてやってくるから急いで(実家ですよ車で30分以上の)掃除しに来ちょうだい!~てなこと言いだすことがあります。「ありのまんまでいいんじゃないの?」と答えておきました、行きませんよ。

    ・お金、「同情するなら金をくれ」というモードで応対しています。

    あと、忘れないように記憶を書き換えてしまわないように、たまに思い出させています。まあいろいろな手を使って(ここは企業秘密で)。たまにおどかしたり不安にさせるのもお勧めします。

    毒親には、親不孝者で丁度いいと思っています私。

    けっして幸せな所やお金がある様子を間違っても見せてはダメですよ。

    以上が、とあるオバちゃんの場合でした。

    トピ内ID:9284360321

    ...本文を表示

    憎悪は愛情

    しおりをつける
    🙂
    AC
    執着の結果の憎悪だと思うので、愛情を求める、期待する気持ちはまだあるのでは?
    私は現時点で「無視」です。
    集合住宅に住む別世帯の人と見なし、相手が要求してできることはするけれど無理はしない、したくないことはしない、という対応です。
    近所に住む親類夫婦が日中の面倒を見てくれています。
    私はアラカン、親はアラ90です。
    面倒を見てくれている夫婦のうちの血縁の者は私に
    「自業自得だよね。」と言っています。
    人としてはすごくさびしい老後でしょうね。
    どうして自分がこんな目に遭わなくてはいけないのか、と思うでしょうね。
    でも私はいたくもかゆくもありません。
    他人が私を非難しても、その人が私が苦しんでいるときに
    何をしてくれたわけでもないですし、その人が何をできるわけでもないです。
    ご期待にそう回答ではなくてごめんなさい。

    トピ内ID:2100233524

    ...本文を表示

    まだまだ

    しおりをつける
    blank
    rika
    毒親、毒親戚、毒友人、毒彼氏

    もう本当によくぞ生きてこれたもんだと
     
    思うような人生でした

    年を取って、自分が考え深くなっていくにつれて

    そういう毒のような付き合いや、態度しか取れない人間というのは

    真の意味で

    「子供」

    だという結論に達しました

    幼稚な感性というか、醜い心しか持ち合わせていなかったんだと。


    今でもフラッシュバックに悩みます
    どうしてこのような人生なったのか?と憤慨します

    それでも

    私は、自分が「世の中に対して弱い」人間であっても

    心、精神面では私を虐めつらく当たってきた人たちよりも

    ずっと、気持ちの修練ができているのだと痛感します

    解決の方法は様々ですが

    私は、私を虐め、暴力暴言しかできない人を

    本当に哀れと思うし

    そう思える自分に気づくとき、少しだけ救われます

    なぜなら、そう思えるのなら

    そのような人たちよりも、ずっと上の精神の美しさを保っていると

    実感できるからです

    トピ内ID:2185330105

    ...本文を表示

    純粋じゃないですけど

    しおりをつける
    blank
    qwerty
    (微?)毒親持ちです。憎悪はほとんどなくなりました。
    うちの親は生命の危険もなかったので、かわいいほうだと思っています。
    ここに書ける範囲のこととしては、珍名をつけられ、暴力と暴言で躾けられ、腐った物も普通に食べさせられたりというところでしょうか。
    思い出すのも辛いことは伏せていますので、察して下さい。

    大人になり自立し、いつでも親を捨てられる金と知恵を手に入れてからですね。
    「情報の足りない時代で天狗になってたんだろうなあ」と哀れに思えるようになりました。
    また、私にとっては単に毒親だったわけですが、社会的にみた親の個人としての価値を認められるようになったせいもあると思います。
    簡単にいうと、完全に親離れしたってことですね。
    両親が社会的に見ると割と善人寄りで、悪人ではなかったということも運が良かったと思います。

    今は愛情まではないですが、最低限のつきあいはしています。
    外部からみれば、とても仲の良い一族に見えていると思いますよ。

    毒が猛毒であれば、憎悪を失くすことは難しいと思います。

    トピ内ID:0787215173

    ...本文を表示

    子供が産まれて…

    しおりをつける
    未華子
    抱っこした時に 自分もこんな風に抱っこされたりおんぶされたりしたんだって思えた時に あー親って愛情が 溢れていたんだと
    初めて

    気づきました。

    トピ内ID:6869282874

    ...本文を表示

    突き抜けちゃった場合も入りますか?

    しおりをつける
    blank
    55
    あまり毒親とか自覚はありませんでしたが、絶縁してから不思議と元気になったので毒親と毒兄弟だったのだと思います。
    憎悪というより、面倒で、関わると必ず泣く羽目になり、経済的にも時間的にも無駄な時間と気が付きました。
    最後に会った時は子どものいない私と夫が兄弟の子どもの金銭援助をしないのはおかしいと責められ、ついでに老後は面倒みろと言われ開いた口が塞がりませんでした。

    愛情はありますよ。血の繋がりがあるし。だから不幸は望みません。
    でももう関わることもないし、会うことも無いでしょう。
    それでお互い幸せと思ってます。

    しばらく贈り物やら手紙やら来ましたが、ちゃんとお返しと今後は遠慮しますと書いた手紙を送りました。
    次からは受け取り拒否するので、もう送って来ないでしょう。
    職場も知らないし、家も離れているのでわざわざ来る事も無いでしょう。
    きっと優しい兄弟が両親の面倒をキッチリ見てくれていると思います。

    トピ内ID:2130946622

    ...本文を表示

    相手が哀れに思えた時。

    しおりをつける
    blank
    権左らす
    相手の老化や
    みじめな言動で
    可愛そうに思えた時。
    「こんな風にしか生きてこれなかったの
    だな。」と冷静に見られた時です。

    相手が事故や病気で不幸になったときでは
    ありません。

    相手の問題ではなく、自己が確立した
    ときにそう思えます。
    この人は無償の愛を受けた
    ことがないのだとわかったのです。

    トピ内ID:5872426906

    ...本文を表示

    愛情、もてるようになりました。1

    しおりをつける
    🙂
    さらしな
    憎悪の感情が薄れてきたのは、母に認知障害が出て、父の世話をするようになったからです。

    子どものころ、母は嫌なことがあると、私にあたりました。
    言いがかりをつける、叩く、罰を与える、私の物を捨てる、などなど、私は母のサンドバッグでした。
    中学生のころは、毎日、死ぬことばかり考えてました。
    生きてて楽しいことなどなかったからです。
    学校では、無視とか、物隠しとか、今でいういじめにあっていましたが、私は痛くも痒くもありませんでした。
    それ以上のことを、家でされるからです。

    早く独立したかったのですが、学校にも馴染めないくらいだったので、どこで何をしてもうまく馴染めず、アルバイトを転々としました。
    23歳のとき、どこでも注意されたことを直したら、たちまち信用されるようになり、社会人としてもやっていけそうと思い始めたころ、16歳年上の夫と出会いました。

    26歳で結婚しました。
    夫は母に対して、とても優しく接しました。
    すると、母は夫と仲良くなりました。
    実母と縁を切るのは、社会的には難しいものです。
    私はこれ幸いと、母とは夫を仲介として付き合うようになりました。

    (続きます)

    トピ内ID:3121349025

    ...本文を表示

    愛情、もてるようになりました。2

    しおりをつける
    🙂
    さらしな
    やがて、私たちは私の実家の隣に家を建てて住み始めました。
    40歳あたりから、実家のゴミ捨てと買い出しは私の仕事となりました。

    46歳のとき、夫がガンで亡くなりました。
    父が83歳、母が82歳のときのことです。
    4カ月の闘病の間、実家の世話ができずにいるうちに、父の狭心症が悪化して、父は仕事を辞めることになりました。

    父は仕事人間で、ほかのことには興味がありません。
    家事はいっさい母任せです。
    父の歳だと、男は兵隊になる、という前提で育てられていますので、身の回りのことは出来ます。戦地には世話をしてくれる女なんていませんから。
    できるくせに、父はしたがりませんでした。
    いわく、自分で自分の世話をするのは、惨め、なんだそうです。

    2年で、母はストレス性の脳障害を起こしました。
    いまがいつで、相手が誰で、ここがどこだか、分からないのです。
    24時間見守りが必要となりました。

    すると、今度は父が母の世話をすると言い出しました。
    「奥さんの介護をする素晴らしい人」になりたいのです。

    (続きます)

    トピ内ID:3121349025

    ...本文を表示

    愛情、もてるようになりました。3

    しおりをつける
    🙂
    さらしな
    85歳の狭心症持ちの父が「在宅で介護」と言い張ったので、私はほとんど泊まり込みで母の介護をすることになりました。
    昼間はデイサービスに行かせましたが、夜は一緒に過ごすしかありません。
    1年7カ月経ったころ、母は自宅で転んで、右大腿骨を骨折して入院しました。

    とうとう、父も母を介護施設に入れることに同意して、私と母の距離は開きました。

    90歳になった母は、施設でも転倒して、今度は左大腿骨を折って、関節を外すことになりました。医療的なケアが必要になったので、長期療養型の病院に入院しました。
    今は、私が会いに行くと「ようきた、ようきた」とニコニコと笑っています。
    もう、この人から、嫌がらせされることはないんだと思うと、涙が出るほど嬉しいです。
    母が入院してくれて、心の底からホッとしました。

    いっぽう、父のほうは年々衰えてきて、今では話をするのにも「あれ、これ、それ」ばかりで、何を言いたいのか理解するのが難しくなってきました。
    作り話を頻繁にするのですが、その内容は「俺は悪くない。相手が悪い」なのです。
    何について話すときでもそうです。

    (続きます)

    トピ内ID:3121349025

    ...本文を表示

    愛情、もてるようになりました。4

    しおりをつける
    🙂
    さらしな
    どうやら、父は自分が悪いことになるのが、ものすごい嫌らしいのです。
    どうも、祖父がものすごく厳格な人で、ちょっとでも悪いことをすると、定規で痕がつくほど叩かれたようです。

    どれほど、間違ったことを言っていても、そこを指摘すると烈火のごとく怒るので、父が正しいことにしなければならず、対外的にとても困ることがあります。
    最近、父の周りにいるのは介護関係の方がたなので「社会性の無くなる認知症で失礼なことばかり言ってすみません」と謝れば理解はしていただけますが、症状の現れ方には、本人の性格が反映されるので、元々の人格まで透けてしまいます。

    どうやら、父は「自分の世話をする女にはわがまま言いたい放題」と思っているようで、今まで私には言わなかったことを言うようになりました。

    そこではじめて、母がどれほどのつらさを堪えていたのか、理解したのです。
    私なら、きっちり言い返して大喧嘩して離婚していると思います。
    離婚を我慢して、子どもに八つ当たりなんて最低とも思います。

    でも、父と離婚に踏み切れなかった母の弱さもわかる歳になりました。

    (続きます)

    トピ内ID:3121349025

    ...本文を表示

    愛情、もてるようになりました。5

    しおりをつける
    🙂
    さらしな
    母方の曾祖母は104歳まで生きていたので、あと12年生きてるかも知れませんし。
    あと何日かで死ぬかも知れませんし、そこはわかりませんが。

    穏やかな気持ちで見送れそうです。

    私の場合、母が7年前に脳障害を起こして人格が崩壊してしまったので、そこで「それまでの母」は亡くなったも同然になったことが大きいです。
    母に生活をかきまわされることは、もう無い。
    母に嫌がらせされることは、もう無い。
    母に巧妙なやり口でコントロールされることは、もう無い。
    今は、私の顔を見ると、ニコニコと歓迎する、母しかいない。

    と、なって初めて、愛情を感じました。

    ああ、でもね。

    ずっと、母には期待していたんです。
    物語に出てくるような「慈愛に満ちた母親」。
    子どもを優しく抱きしめて、勇気づけてくれて、励ましてくれて、信じてくれる、どこにでもいるはずの、当たり前の「母親」。

    そうであってくれないか、と、ずっとずっと祈っていました。

    (続きます)

    トピ内ID:3121349025

    ...本文を表示

    愛情、もてるようになりました。6

    しおりをつける
    🙂
    さらしな
    私には「母親はいない」とあきらめがついたのは、50歳を越えてからです。
    私には「さらしながいるだけでいい」と存在を許容してくれる人間はいません。
    あ、いや、2人だけいます。
    私の子どもたちです。
    だから、もう「無条件の愛情をくれる」母親は要りません。

    もし、むぎさんが、「毒」のある身内に困ってらっしゃるのなら、その「○」は手に入らないとあきらめたほうがいいですよ。
    そのほうが、穏やかに暮らせるので、結果的に幸せになれると思います。

    トピ内ID:3121349025

    ...本文を表示

    あの~

    しおりをつける
    葉牡丹
    相手がほんとに毒○だとしたら、愛情注いでも痛い目みるだけですよ。適度な距離感を保ち、干渉せずに生きるのがお互いのためだと思いますけどね。

    トピ内ID:1533757939

    ...本文を表示

    ないです

    しおりをつける
    blank
    おやみ
    祖父母の葬式にも親の葬式にも行きませんでした。
    何とも思いませんでした。自分にビックリするくらい。
    これからも何とも思わない気がします。

    トピ内ID:5839138533

    ...本文を表示

    親ってなんだろう?

    しおりをつける
    😨
    うん
    自分が不幸でも子供が幸せなら 嬉しいです

    私事になりますが子供達が学校行ってる間は高校までお弁当作っていたから親は必要でした

    しかし 付き合う人が出来たら もういらないという感じでした

    結婚して孫が出来たら今度は叉必要となり孫の世話しています

    親って 悲しいですよ

    トピ内ID:6869282874

    ...本文を表示

    毒母を哀れに想う時

    しおりをつける
    😑
    はまりん
    父、母、私、弟の四人家族で母親からことあるごとに無視+恫喝されたり、母親が家族の中で自分だけを除け者にするといったやり方で母に人生を支配されながら育ってきた40代女性です。
    虐げられながら育ったがゆえに自尊心の低い卑屈な人間になってしまい、その性格が学生時代や社会人生活の人間関係に大きく影響を及ぼしてしまったことから、30代までは母を恨みに恨んで生きてきました。
    しかし、自身の考えが変わったと申しますか、"純粋な愛情"とまではとても言えませんが、今現在は毒母を人として愛しく思える瞬間もたまに持てていると感じられています。
    そんな風に思えるようになったきっかけは、いやらしい話ですが毒母から溺愛されて育ったはずの弟のほうが結婚を機に両親(主に母親)と揉め、絶縁状態になってしまったからです。
    息子から棄てられ激しく落ち込み弱り果てた母は、態度を豹変させ、苛め抜いた娘の私にすりよってきました。今では私に嫌われてしまわないよう、滑稽なほどに必死です。
    その滑稽さが哀れで、因果応報、覆水盆に返らずと思いながらも、絶対に許せないという気持ちは薄れ、今現在は少しだけ母に優しく接することができています。

    トピ内ID:8682787284

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0