詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    地方に嫁ぐか...

    お気に入り追加
    レス92
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    おさる
    恋愛
    今私には付き合って半年の彼が居ます。
    私は実家が東京、彼の実家は九州。
    東京で知り合い今はお互い違う会社で仕事をしています。

    最近になり彼の実家(お菓子屋)を継ぐためにもそろそろ帰って来ないか?とお父さんから言われました。
    彼は小さい頃からお店を継ぐのが夢だったのもあり、年内で帰るから将来は一緒に結婚して来て欲しいと言われてます。
    お菓子の勉強や修行にも出るから、半年か1年ぐらい遠距離して迎えに来てくれるみたいですが。

    私も地方で生活するのにもかなり不安があり、いつもその話になると険悪ムードになります。
    行けば相手の両親と一緒に働かないといけないし。
    正直一緒にデートをしてても頭からそのことが離れなくて...。
    同じように地方に嫁がれた方、自営業のお嫁さんになった方は嫁がれてみてどうでしたか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数92

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    友達の話ですが、最悪です

    しおりをつける
    blank
    なごやん
    友人と彼は、同じ会社に勤務していて知り合いました。
    結婚話が出始めた頃、彼は実家に戻り自営を継ぎ、1年くらいの遠距離の後、友人は九州地方へ嫁ぎました。

    友人のご両親は大反対でした。
    私も、内心(その結婚、ほんとにいいの?)と思っていました。
    まだ24歳でしたし、可愛くて性格もよく、学生時代からモテモテだった人なので、もっと好条件の男がいくらでもいるのに、と思ったからです。

    二世帯でも何でもない戸建てで、同居開始。
    最初の頃は、小姑付き。
    自営を手伝うことはなかったけど、姑から台所を任され、毎日三食、大人4~5人が満足する食事を作るのは、本当に大変です。

    彼と友人が実家に戻ったからといって、自営の仕事量が増えるわけではありません。
    経済的にきつい毎日。
    実家は遠く、友人もいない、周りに夫の親戚がたくさん。
    それでも頑張ってしまい、結局、心療内科にかかることになりました。

    ちなみに、ご主人は、いい人です。
    可愛いお子さんにも恵まれています。
    でも、大変そうです。
    なんというか、逃げ場がないのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私はやめました。

    しおりをつける
    blank
    厳しいよ
    生活習慣および環境も代わり、同居もして、自営。。。。
    冷静に考えて無理だと思い、やめました。

    理由は。。。

    1)手伝わなくていいと彼は言ってくれましたが、手伝わないことが気まずくなるのでは?と思ったこと。

    2)一度手伝ってしまうと、後戻りできないこと。

    3)自営だけに、夫婦でまとまって休みが取れないのでは?と思ったこと。

    4)「夫婦」になるのではなく、「○○家の嫁」になると周囲は思ってしまうこと。(これが一番いやだった)

    5)ずっと東京で育っているので、デパートがない生活は考えられないこと。

    6)彼のご両親だけではなく、親戚からの過干渉が容易に想像できたこと。

    でしょうか。。。
    結局、私は東京に残り、いまは会社員の夫と結婚して幸せです。。。。どういう状況が想定されるかをよーく考えられた上で、それを耐えられるかで決められてはいかがでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うーん・・・

    しおりをつける
    blank
    フニフニ
    実家から離れて暮らしても、楽しく暮らせる人もいっぱいいると思いますが、
    おさるさんが楽しく暮らせるかは疑問です。
    私の両親が九州出身ですが、
    九州は別の国だと思っておいた方が良いかもしれません。
    (私はプチ都会育ちです)
    しかも、おさるさんは都会育ちですよね。
    馴染めないような気がします・・・。
    例えば同じ東京の人と結婚したとして、
    自営業で同居だったら、どう思いますか?
    東京でも、嫌だと思いませんか?
    それなのに、友達も居ない、実家から遠く離れた所での生活は、
    思っているよりも、厳しいと思います。
    現実問題として、帰省は時間もお金も掛かります。
    冠婚葬祭で九州に行くと家族4人かなりの出費になると
    母が嘆いていました。
    私が結婚するとき、実家から(プチ都会に家を建てました)
    近くにお嫁に行って、と言われました。
    私も大阪と遠距離恋愛をしていた時は、かなり考えましたが、
    その彼と別れて実家から遠くない所にお嫁に行く事を選びました。
    今では、その選択が正しかったと思います。
    結婚は、(言い方は悪いですが)自分に都合の良い相手を
    選ぶことが幸せだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自営業はね。。。

    しおりをつける
    blank
    田舎の嫁
    結構つらいと思います。

    私は今の夫と10年付き合い
    Uターン就職(東北)とともに
    結婚して神奈川から
    言葉のわからない夫の地元にきました。

    UターンについてきてもOKだったのは
    夫が会社員&実家が農家ではないから

    もし、夫が自営業継ぐとか実家が農家なら
    きっと地方にはいかなかったと思うなぁ

    遠距離してから考えても遅くないのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ムリかもねぇ

    しおりをつける
    blank
    今は横浜市民
    九州と一言で言っても、色々です。
    「全体的に田舎」と言われればそうかもしれませんが、
    福岡市内でしたら「おそろしく田舎」ではありません。
    「ある程度の品揃え」は福岡市内でしたらできてますよ。
    山手線の中で生活をしていらっしゃったら、やっぱりキツいかなぁ・・・。

    トピ主さんはきっと色々なことが嫌なんだろうと思います。
    ・引越(東京→九州)
    ・同居の可能性
    ・家業のお手伝い などなど
    「彼への愛情」と「結婚の条件」を比べた時、
    どっちが重いですか?
    あまり違いがないようでしたら、ムリかも。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    友達は大変そう

    しおりをつける
    blank
    田舎暮らし
    自営業のお嫁さんをしている友達がいます。電気工事を主にしているんですが、他にもいろいろ手を広げているようです。

    先日、遊びに来たと思ったら、副業でやっているらしい宝飾品を売りに来たんです。安い物を買いましたが、申し訳なさそうな姿になんとも、言葉がありませんでした。本業が上手くいっていないような話をしていました。

    夫も私も、彼女が気の毒だと思っています。でも二度と買うことはないだろうとも、思っています。うちにもそんなに余裕はありません。

    彼女は、専業主婦のはずでした。商売に向いているようにも思えません。友達全部を回ったら、どうするつもりなのでしょうか。彼女の気持ちまでは分りませんが・・・・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    正直に言えば

    しおりをつける
    blank
    長男一人っ子嫁
    イヤです。
    ぶっちゃけイヤです。

    私は関西生まれの関西育ち、大学では長野に行き、就職は東京で…と、転々としてきました。
    だから、それぞれの土地の色んな特色を見てきました。

    そして今は結婚して、北関東に住んでいます。
    北関東と言えども、地方です。田舎です。面倒です。
    義母に、長男の嫁(とか言っても一人っ子だろっ!)だからとか、こっちではね…とか、昔ながらの面倒で意味のない慣習を押し付けられるのがたまらなくイヤです。
    しかも、それが全国共通かの如く言われるのが余計にイヤです。(義母は他府県に住んだことがありません)

    虎穴に入らずんば虎児を得ず、と言う言葉は分かってますが、意味のない慣習(ある意味、義母の思い込み)まで受け入れられません。

    田舎に嫁ぐと言うのは、そういう事です。

    ただ、私の場合、旦那も私と同じような考えなので、義母に何か言われても反論してくれてます。だからこそ、一緒にいられるかな?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    悪夢の日々で死にそうだった・・

    しおりをつける
    blank
    桜もち
    都会で3年付き合った相手と婚約し、彼の地元の地方の町で2年半暮らしましたが・・。

    甘かったです。
    こちらが素直に笑顔で溶け込む努力をすれば受け入れてもらえる、と考えていたことが。

    「標準語は気取ってる」「都会の女は目障り」「なんでいっつも化粧しとる?」などのいちゃもんをつけられて、特に義母を含む周囲の女性たちの干渉や陰湿なイジメを数え切れないくらい受けました。

    首都圏にいた頃は、とても価値観が合っていた彼も地元に戻った途端、封建的な親の言いなりになり、周囲の目ばかりを気にして、私が悩んで相談しても「オマエが我慢して合わせるしかない」の決まり文句ばかり言うように。

    田舎なので一人でストレス発散できるスポットも少なく、ひどい孤独感もあり不眠、無月経、めまい、発熱が日常的に起こるようになり、歩いていても涙があふれてきたりして。

    限界を超えたので私は逃げるように都会へ戻り、本当に生き返りました!
    TVなどであの地方が映っていたりすると、記憶がよみがえり、今でも胸が苦しくなることがあります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やめました(笑)

    しおりをつける
    blank
    匂い袋
    トピ主さんと似たような状況で、別れを選びました。
    自営といっても色々あるのですが・・・

    ○友達Aの場合
    非常に裕福なので、仕事を手伝う必要がない
    お手伝いさん・思い描いた通りの家(別居)・車などが用意されていて
    気ままに年数回の海外旅行を楽しんでいる
    Aが溢れるほどの幸せオーラを振りまいてるので
    こちらまで癒される

    ○友達Bの場合
    経済的余裕が豊富ではないので、嫁=稼ぎ手として見られている
    同居と仕事のストレスの上、休みもない
    一番キツいのは、親戚づきあいのしがらみで、孤立無援状態らしいです
    恋愛感情が消えた今、B自身
    結婚が失敗だったと常に離婚を考えている

    以上を目の当たりにしたので
    当時の彼(Bの生活が目に浮かびました)と別れました。
    恋人としては最高だったのですが
    幸せな結婚生活を予想できませんでしたので後悔は全くありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと間違えました

    しおりをつける
    blank
    長男一人っ子嫁
    >虎穴に入らずんば虎児を得ず

    ではなく
    「郷に入れば郷に従え」
    こっちですね。
    すいません…

    あと、書き忘れた事ですが…
    お友達も最初はいなくて、かなり寂しかったですよ。
    自分の親にもなかなか会えないですし。
    たまに隣県在住の友達に会いに行く程度で。
    あとは、電話やメールのみの連絡。

    私の場合、今は派遣で働いていますので、同じ派遣友達が出来たり、今までの友達とたまに会ったり、主人の会社の人のお付き合いに参加したりしてますが。

    大学なんかで全く知らない土地に行くのと、結婚で全く知らない土地に行くのは、感覚が異なりました。

    彼がどれだけフォローしてくれるか、それ次第だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それぞれ

    しおりをつける
    blank
    トピ主さん、一度彼のご実家へ行かれてみては
    いかがでしょう。一生過ごすことになるであろう土地に行かれてみたら答えがでるように思います。
    合う人もいれば合わない人もいると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は

    しおりをつける
    blank
    匿名
    結婚するまで東京に住んでいました。九州の実家で家業をつぐため、東京に修行にきていた男性と知り合い結婚して、九州に行きました。結婚11年で、鬱になって子供と東京の実家に戻って、今も治療中です。何もかもが別世界でした。主人と子供以外、義両親、親戚、近所の住民、全員が敵に思えました。自分が年老いて子供は家を離れ、主人が他界したとき、たったひとりぼっちでどうやって生きていくのだろうって、不安で淋しくて毎日泣いていました。病気が完治しても戻るつもりはありません。あなたは私の全く知らない他人です。でも幸せになってほしくて、意見しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    昔 九州の人と付き合ったことがあるけど・・・

    しおりをつける
    blank
    ゆーり
    いや~今から考えると本当に笑えるくらいなんですけど 相手は九州の熊本の人で遠距離してました

    でも彼の話で博多は都会だと言うのです
    私は東京産まれの東京育ちですから心の中でオイオイって思ってたんですけどね
    彼の親戚の話がでた時に博多からきたお嫁さんが礼儀がなってないからって「これだから都会の人間は」って言われていたそうです

    またその彼の家の辺りだと昔の階級(なんて言うのか忘れたけど 武士とか平民とか)がいまだにあって自分の階級と違う人は受け入れてもらえないとか言ってました
    下だとずっと見下げられるそうです

    東京で育った私からしたら「何それ?ありえな~い」って思ったけど そういう地方なんですよね
    その彼だけだったのかしら?

    もし彼と結婚するなら彼と彼のご実家・ご親戚 全部気をつけてくださいね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    冷静に考えてみる

    しおりをつける
    blank
    亜熱帯
    今の時代、よっぽどの老舗の名店でないと地方でお菓子屋が存続するのはものすごく大変だと思う。
    万が一店が立ち行かなくなり、廃業を余儀なくされた場合でも、あなたは(多分)子供も出来ているだろうから、そこで生活せざろうえなくなります。
    それでもいいのかよく考えましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も田舎出身

    しおりをつける
    blank
    しりうす
    嫁ぐのがどれくらい田舎かは知りませんが、地方都市ならまだいいのです。
    でもその土地になじむのに早くて10年かかります。
    なにせ周りはトピ主さんの出自が分からないので、最初は犯罪者扱い(ちょっといいすぎ)です。どこの人なのかが田舎では重要なので。
    田舎で商売しているひとはあまりいないのと、商売とのからみで、町内会、婦人会の役員、結構まわってきます。
    しかもお菓子屋さんは何といっても朝早いはずです。
    色んなところに届けたりもしなくてはならないでしょうから、人見知りではムリでしょう。
    いいところ、といえばなんだろうなあ。まあ息子に嫁がきたときに威張れるかもしれませんね。
    でも跡継ぎ息子を絶対産まなくてはならないだろうし。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      止めた方がいいのでは

      しおりをつける
      blank
      会社役員
      結婚前に迷いがあるのでしたら、止めた方が良いのではないでしょうか。
      相手の男性が気の毒です。不本意な形で結婚に至ってしまえば、相手の男性から「幸福な結婚」を奪ってしまうことになります。それは無論貴方も同じです。
      自営業はサラリーマンのように「雇われ労働者」気分ではやっていけません。ハイリスクハイリターンです。
      私も東京→名古屋の自営妻として嫁ぎました。
      主人が力のある人でしたので信じてここまで来ました。
      今でこそ肩書きは副社長ですが、当初は「奥さん」でした。
      主人が営業に回り、私が留守番して経理・事務を支えました。20年立って社員も増え、夫の社会的地位も収入も同期のサラリーマン家庭の遙か上です。
      ただ、誰でも私たちのように成功できるわけではなく、サラリーマン並みの人生か、それより少し良い程度の人生しか送れない人が殆どかも知れません。
      地道に定期預金をして殆ど増えない資産運用するか、勉強して株式投資・不動産投資して資産を着実に増やすか?ぐらいの差があります。
      ただ、言えることはサラリーマンではそれなりの将来しか無いと云うことです。役員に馴れるぐらいの力があるのなら自営でも成功するはずです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      肉と海老とはまぐり?が有名

      しおりをつける
      blank
      空気がきれい
      都会といわれてる所から地方に嫁ぎました。

      自営業の長男の嫁です。

      でも旦那は別の仕事してるし、近所に家も買ってもらったのに全然干渉されないし言うことないです。

      旦那の両親はまだ40代と若いので店を手伝う必要もなく、将来的にも子供に店を継がせる気はないようです。店も土地も売って隠居するそうです。義両親は子供の幸せを一番に考える人なので嫁の私も大事にされてます。

      デパートがないのは最初辛かったけど、余計な買い物しなくて済むしネットで大体の物は買えますしね。

      言葉の壁は多少あるけど、面白い方言とか地方限定の食べ物とか情報交換して楽しいです。

      私にはこの場所があってるみたいでもう都会になんて住めません。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      よく考えて・・、急いではいけません。

      しおりをつける
      blank
      背骨のワン
      私も、九州ではありませんが、「考え方がものすごく古い家」に嫁いでいます。でも、夫が都会に暮らすことを選んでくれて、実家での同居はしていません。ですから、なんとかやってこれました。勿論、いろいろもめましたし、今も、問題は山積みです。

      トピ主さんは、今の時点で迷っていらっしゃるのですね。なら、難しいでしょうね。「大丈夫だろうか、やっていけるか?」と考え出すと、どうしても「無理」へ答えが向かっていくように思います。後先考えず、若さで飛び込む、くらいの勢いがないと・・地方に嫁ぐのは、都会暮らしの方には難しいです。

      納得行くまで遠距離でお付き合いを続けてみて、ちゃんと気持ちを確かめた方が良いと思います。
      当たり前ですが、結婚はスタートです。先は長いです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      同じ田舎でも

      しおりをつける
      blank
      関東の田舎
      従妹が九州に嫁いでいます。東京で知り合い結婚後旦那が実家のある九州に転勤し今に至ります。
       その従妹の話です。自分も田舎者ですがうそみたいな
      ほんとの話がたくさんありました。
      結婚披露宴は普通にホテルで1回。翌日、旦那の実家で
      近所、親類縁者を集めてもう1回。従妹の親兄弟は結婚
      披露宴の為に3泊4日でした。
       今は別居していますが、今の住まいが決まるまでしば
      らく同居していました。
       旦那は普通のサラリーマンですが、旦那が帰ってくる
      まで妻はどんな遅くなろうと夕食は待っていなければい
      けないので夕食は夜食状態。
      嫁は風呂は必ず最後に入るので深夜になることも。
       朝から味噌汁に肉が入っていて具沢山の豚汁状態。
      鶏肉は自家製。(飼っているのをしめて調理)
       関東からすると九州は別の国みたいです。
      トピ主さん、一度どんなところか観てくることを
      お奨めします。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      出身は東北の果てのどど田舎出身

      しおりをつける
      blank
      コッコ
      旦那は京都の祇○で自営業です

      嫁ぐに当たりすんごくビビッてましたが、旦那の両親はよく理解をしてくれるタイプだから甘えさせてもらってます
      何も分からないと期待もされないし、楽チンです

      この場合だれかのアドバイスよりあなたの彼の両親がどういう方なのかが重要ではないでしょうか

      私は土地が離れても自分を幸せにしてくれる人がいるならどこに行ってもいいというスタンスでした

      友達は彼も大事だけど、育った土地じゃないと自分は幸せになれないような気がするといっています

      やっぱり自分のスタンスと義家族の考え方ではないかな、京都の○園なんてほんとうんざりするぐらい古い感じですが、生活してる人が皆古めかしいわけではありませんよ
      ただ働いていた横浜が懐かしく、年に一度は遊びに行ってます、私はそれだけで満足です

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      う~~~~ん・・・

      しおりをつける
      blank
      ノロ
      大変だとは思いますが、結局はトピ主さんの考え方次第かも。

      鹿児島の人と結婚した友人の話では、今でも法事などの集まりでは、夫達は広間で宴会、妻たちは台所。
      広間に言っても、同席するのではなく、あくまでも介助の為。
      料理を取ってあげたり、お酌をしたり。男性達は当然の顔でそれを受けている。

      化粧を毎日していたら、東京で水商売をやっていたに違いないと噂を流され、それでも商売上、にこやかに挨拶をしながら小さな商店街を歩く。

      時々、彼女が実家に戻ったときに会うと
      「地の自分でいられるのは、東京に来た時だけだ~」
      と言っていました。

      でも、彼女。
      そう言いながらも、夫の実家を誇りに思っている様子です。
      案外幸せなのかも~って、思っています。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      横ぎみですが・・

      しおりをつける
      blank
      吸収女
      私は九州出身で、今は関東在住です。

      たしかに九州全県を考えても、古風な考え方が残っていますし、東京育ちの方からみれば考えられないほどの田舎も数多くあります。風土はずいぶん違うといえましょう。

      でも、ここで「聞きかじりの恐ろしい九州情報」みたいなのものをトピ主さんに植え付けるのは、どうかと思います。私も相当な田舎で生まれ育った一人ですが、色々な方がお書きになった「九州情報」で「えーー??」と思う個所沢山あります。

      そういう「九州情報」は、たとえば、アメリカに住んだ一人の人から話を聞いて「アメリカではこうこうなんですってよ!」と言ってるようなものだと思いませんか?
      九州といっても広うござんすよ~。

      なじみのない土地や自営など、色々な条件が重なり、トピ主さんは不安がいっぱいのご様子。そういう精神状態の時は、無理に結婚しなくても。。と思います。
      しかし、トピ主さんがもし考慮してみようという気があるならば、「実際に」現地を見たりお相手のご両親に会ったりすることが肝心でしょう。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      その結婚お勧めできない

      しおりをつける
      blank
      A県の嫁
      私は、地方(九州ではありませんが、嫁取り物語などでドラマ化されるような県です)の人と結婚しましたが、ずっと東京育ちだった私にとって、結構ストレス盛りだくさんなことばかりです。今は別居だけれど、とうていあの町でしかも同居なんて無理だと思っていますが、「同居しないと近所の笑いものになるだら」(これも私には理解できない)、などといわれ、戦線恐々としています。
      まず最初に驚いたのは、ご近所専用の電話機がついていて、毎朝6時になると、ベルがなって、ご近所情報報告があります。そのほかにもなにかと○○当番なるものが何種類もあって、その他遠方に住んでいる子にまでも変な小行事で呼び出しがかかるんです。言葉も独特の表現があるし、田舎は家制度的意識がまだまだ強いし、それなりの覚悟は決めて結婚したつもりですが、甘かったと感じています。もし離婚して再婚する機会があるならもう絶対いやです。
      愛や恋だけでは、幸せに生きていません。否定的な意見でごめんなさい。でも現実はとても厳しいので、結婚後トピ主さんに、ノイローゼになってほしくないのです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      同じです!

      しおりをつける
      blank
      レインボー
      私も同じ境遇でした。そして結婚6年目。

      今でも、年に2回は実家に帰ってます。自営業だから、好きなときに行けます。帰りはだんなに車で迎えに来てもらうついでに、子供を連れてTDRへ遊びに連れて行ったりします。ただ、帰るときはつらいですね。「飛行機では帰らないで。」と言います。飛んでいくのを見ると、涙がでるそうです。
      地方に嫁いだことでつらいのは、実の両親に孫の顔をあまり見せてあげられないことと、友達にあえないことでしょうか。

      同居も今はうまくいってるほうだと思います。ただ、出来ることなら、やっぱり別居のほうがいいです。

      家業の方は…厳しいです。ただ、今私は子育て中というのもありまして、お手伝い程度です。子供が学校に行くようになったら、本格的に負担がかかってくると思います。

      他の方のレスにもありましたように、勢いでいってしまえば、後は自分次第で何とかなりそうな気もします。ただ、あんまり考えすぎてしまうと、難しくもなると思います。
      あとは、彼がしっかりとした人か、信頼できる人なのか。
      それと、一度彼の実家に行って、いろいろ見てくるのもいいかもしれませんよ。(私も結婚前に、見にいきました)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      うーん。

      しおりをつける
      blank
      ころりーな
      うーん、地方っていう以上に、彼のご実家の商いを継ぐってのがポイントですよね・・・。
      この形態の場合、地方じゃなくても結構辛いことあるみたいですから。
      そこそこの規模で社員もある程度雇っている会社を継ぐってのとは違いますもんね。

      私の友達で結婚して地方に住んでる人が何人かいますが、静岡のお茶屋さん(?)の長男と結婚した子はかなり苦労していました。そもそも結婚式もすごかった。ご主人の実家の近所の人とかまで招待されてたし(驚)!
      結局、うまくいかずに戻ってきちゃったんですよね、彼女。

      でも、地方に嫁いでも幸せそうな人もたくさんいるし、まずは彼の家の商売の規模やご両親の考え方を知るところから考えてみては?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      恋愛・結婚ランキング

        その他も見る その他も見る

        ちょっとまって~

        しおりをつける
        blank
        う~ん
        私も福岡出身です。今は結婚して遠方に住んでいます。

        皆さんのレス、私でもびっくりするようなことばかりです。九州と言っても東西南北あるし、それぞれ
        習慣、雰囲気も違います。
        九州というだけでひとくくりにしないで欲しいなあ。

        東京は世界でも上位を争うような大都会。
        東京と比べられては、どこも田舎なのでは?
        自分の経験から言っても「住めば都」と思えるまで
        結構時間がかかります。。よく考えてね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        田舎に嫁いだが・・・

        しおりをつける
        blank
        チョルス
        結果的に最後まで田舎生活になじめず東京に戻ってきました。
        自営ならなおさら大変だと思います。
        一番つらかったのは子供を産むために里帰りし、3ヵ月後550キロ離れた自宅に帰るとき「なんでこんなツライ思いして帰らなければならないんだろう?母にもこんな悲しい思いさせるくらいなら離婚して東京へ戻ってこよう!」と決心して帰ってきました。
        幸い、いろいろな事情でダンナと子供と上京できましたがもう二度と田舎の生活はいやです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        親の近くが一番

        しおりをつける
        blank
        地方都市在住
        九州では嫁いだ後、東京に里帰りは金銭的にも時間的にもなかなか出来ないのではないでしょうか。まして自営業では長期休みはないでしょうし、子供が生まれればますます帰りにくくなります。

        実家に近い同じ関東に嫁ぐのが一番良いと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        おさる
        みなさん色々コメントありがとうございます。
        彼の実家は大分県で市外から離れていて山と海に囲まれるみたいです。
        もし行っても彼は両親とは別居をすると言ってくれていますが。地方に行くこと&お店で毎日両親と顔を合わせて生活することが耐えられるか不安でもあります。
        もちろんお嫁に行けば私もお店を手伝うことになります...。

        色々考えてても始まらないと思い、今月の末に彼の実家を見てくることに決めました。
        彼は年末帰ってからも遠距離で頑張りたいみたいですが。
        行ってみて駄目だと思うのなら、辛いですが早めに結論を出すことがお互いの為なのかと思ってます。
        やはり頭で考えてるよりも自分の目で見てくるのが一番だと思うので。
        またコメント書かせて頂きます!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        多分引越しただけで、ホームシックになるかも・・・

        しおりをつける
        blank
        ぜにや
        東北出身の転勤族です。妻は結婚前は都会の上場企業のOLでした。

        結婚後は、一緒に地方都市(県庁所在地)で暮していましたが、見事に妻が精神的にダメになった時期がありました。正直言って夫婦はいつも意見が同じではありません。けんかもするのです。

        その時に妻が本音を漏らすのです「こんな田舎に住みたくて結婚したんじゃない」とか「実家に帰りたい」「友達と遊びたい」「おしゃれしていく場所が無い」「私だけ友達より遅れていく気がするとか・・」などなど、とにかく、結婚前はあこがれだけで楽しいでしょうが、結婚後は現実が待っています。

        地方に嫁ぐとかの問題以前に、「都会の人」が「地方人が都会かな?」と思っている場所に住むだけでも「田舎で嫌だ」と思うんですよ。最後に私からのアドバイスですが、どこに住んでも「自分から積極的に友達を作れる事」。失敗した時には「最初からやり直す覚悟がある事」。この2つさえ分かっていれば、何とでもなりますよ。

        色々な人の意見やアドバイスは参考になるでしょうが、決定はしてくれません。結局は、ご自分の人生ですから、周りに振り回されず後悔しない決断をして下さいね。幸せは自分が作るものですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ちょっと違うかもしれませんが

        しおりをつける
        blank
        とくやん
        私の母は田舎からちょっとマシな田舎、つまり父の所に嫁いできました。
        父の一家は自営をしていて、当然嫁は働き手。しかも親戚全員でやってる会社だから付き合いが切っても切れない。舅姑はよかったけど、小姑にいじめられる日々。
        何でこんな所に嫁いだの?と泣き暮らしていたそうです。
        その後父が独立して会社を作り、そこでまた妻である母はずっと会社の経理・資金繰り。これまた大変で、相当苦労してます。
        しかし、その反面自営業ならではのおいしい思いもしているのも事実。
        地元では名の知れた社長婦人で優越気味。友人関係も地元の名士。当然金銭面でも習い事や旅行なども、仕事の合間に息抜きとしてしてます。ただ、ここまで自由に出来るのに30年かかったと。
        今は子供(私たち)も独立し会社も大変ながらも順調で自由なことができ、幸せだと。そんな母ですが、私には絶対サラリーマンに嫁げと言っていました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お菓子屋さんって大変ですよ~

        しおりをつける
        blank
        ゆう
        地方や自営業について心配されていますが、お菓子屋さんという職業についてご存知ですか?
        知り合いが老舗の菓子店舗に修行にでていますが、朝は5時出勤です。
        土日もほとんど出勤、年末年始もお休みはとれないようです。
        これはこちらの地方が田舎であるせいかもしれませんね。
        日曜、祝日や年始のおもてなし、挨拶にはお菓子がかかせない、というところなので。
        そのかわり特に行事ごとのない平日は15時過ぎには仕事終了とのことですが。
        いずれは家を継ぐことになっていますが、家を継いでも状況は変わらない、むしろ悪くなる、とのことでした。
        今は平日に1日はお休みがもらえているので。家を継いで自分が商売となると休みもままならないとか。
        現在は同居しておらず、奥さんは自分の仕事を持っているので、ある程度好きな生活を送っています(旦那さんの出勤時に起きない、など)が、
        旦那さんが家を継ぎ、同居となるとそんなわけにはいかないだろうから、絶対別居!仕事も辞めない!!と言い張ってます。
        彼の修行の間に彼や彼の実家の生活ペースを聞いてみて、同居や別居等も含めて彼と話し合ったほうがいいと思いますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お嫁に行くとね

        しおりをつける
        blank
        田舎の菓子屋のまご
        朝5時には起きて朝食の支度。舅とご主人はきっと作業場に入って、もち米をふかし餅をつき、餡を練り、あるいはオーブンに焼き菓子をいれている事でしょう。朝食の準備が終われば、店と住居の掃除や洗濯などの家事をすませ、7時ごろには朝食。
        後は店番。時々配達。時々家事育児。

        繁忙期(柏餅など)は、手が足りず私の両親も借り出され、総勢10人近い大人が出入り。その人たちの料理を作ったのは、おばでした。祖母と私の母も手伝いましたが、大人+子供もいるので20人くらいの料理の支度です。本家だったからということもありますね。他に商工会・町会などの係りも、おばはこなしていたようです。

        大変ですよ。それに違う風習とくれば、相当覚悟が無いと難しいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ゆっくりと

        しおりをつける
        blank
        モト博多っ子
        決めたらいいんじゃないかな?

        私も彼の家族・親戚に会ってみるのは賛成です。

        結婚って、日本全国どこに嫁いでも同じだと思う。
        田舎でも人情深い人もたくさんいるし、
        東京でも、中心地離れれば全てが都会ではないし。

        他の方も書いていますが、九州の人全てが
        いやな人ばかりと思わないでくださいね。
        優しい人、心温かい人が沢山生活していますよ。

        東京も北海道も沖縄も、全部同じ日本人が住んでいます。
        仮に『田舎から都会に嫁ぐのって・・・』ってトピックが
        出来たとして「みんな冷たい」とか「空気悪い」とか
        「品がない」等というレスを見たとして、
        貴方がどう感じるか、ということです。

        どこにでもある光景でしょ?
        また、自営業のことも然り。
        嫁入りして上手くやっている方は都会・地方問わず
        山ほどいます。

        そういう部分を考えて、もし不安なら
        ご自分が知った土地から動かぬ勤め人の方と
        ご結婚なさった方がいいですよ。

        私も地元を離れた身、大変さや寂しさはとても分かります。
        でも、愛する彼と、その彼の大切な家族と共に家業を継ぐことは
        素敵だと思いますよ。
        といっても無理はなさらないでくださいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        九州って・・・

        しおりをつける
        blank
        まー
        朝ドラ「風のハルカ」を見ています。九州に友達がいるのでいつかは大分で暮らすのもいいなぁってお嫁に行きたい気持ち満々。でも九州ってそんなに住みにくい所なの?
        私が今いる所は能登の田舎で都会に比べたら時間がゆっくり流れていて自然が美しくて善男善女ばかり。とってもいい所なんです。
        九州もよく似た感じのところだと思っていたのでみなさんのレスにビックリしています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        横ですが。。。

        しおりをつける
        blank
        私は区内
        ゆーりさん、ぜにやさん、同感です。
        「都会感」は人、地方によって違うと思います。
        県内の県庁所在地以外からみれば県庁所在地というだけで「都会」みたいです。
        「へぇ~。。。○○(県名)のどこ?親戚が××(市名)にいるよ。」
        の質問に、勝ち誇ったような顔で、あるニュアンスを含ませて「うちは市内」と表現しますもんね。
        最初意味がわかりませんでした。うちの親戚だって「(××)市内」だけど。。。
        で、県庁所在地から見て、各地方の都市(東北:仙台/九州:博多みたいな)はもう少し「都会」認識みたいです。→「都会の人」「都会だと」という会話の「都会」はそこでした。

        でも、反感をかう覚悟で(怖~いよぉ)おそるおそる言いますが、大阪も名古屋も札幌も仙台も高松も博多も「私は」「田舎」と感じてます。
        でも、東京だってNY(行ったことないけど)から見ると田舎かもしれないしね。(一応フォローしておこう。)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        おさる
        皆さんとはお会いしたこともないですが、色々親身にコメント書いて下さり本当にありがとうございます!
        1つ1つが自分にとって勉強になるお言葉ばかりです。

        そうですよね...私もサラリーマン家庭で育ったので自営業の大変さなどまだまだわからないことが多て...。
        頭で考えているより実際問題難しいことが多いですね。
        ちなみにお店は彼の両親とパートさん数名で工場で和菓子&洋菓子を機械や手で作ってるみたいです。
        今はお客さまも入ってるみたいですが、やはり商売何があるかわからないですよね。

        コメントを読んで、若さの勢いで飛び込むぐらいじゃないと嫁ぐのは難しいのかなと思います。
        自分はどうしても色々考えてしまう性格なもので(苦笑)
        今は早く彼の地元やお店の状況など見てみたいです。
        見て決めれるの?って言われますが。
        今考えているよりも確かな答えが出てくると思うので。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        時間をかけることも大事なのでは?

        しおりをつける
        blank
        くるる
        おさるさん、付き合ってまだたったの半年なんでしょ。
        そんなに急いで結婚するかどうか決める方が無理ですよ。
        それに、付き合って半年といえば無条件に楽しい時期であると思いますが、
        将来の話が出ると険悪になるというのがなんか不安です。

        おさるさんの彼氏の故郷が本物の田舎かはわかりませんが、
        田舎は人間関係や近所付合いが大変というのには同意です。
        年配の人ほど「人は人、他所は他所」とは考えません。
        一地方の風習が日本のスタンダードとして押し付けられます。
        よそから「もらって来た嫁」は格好の噂の種です。
        近所全員があなたのことをよ~く知っている状態になります。
        東京出身だと何にでも「だから東京の人は」と言われます。
        自分が無い、もしくは忍耐深く賢い人でないと難しいでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        モト博多っ子さま、それはちと違う。

        しおりをつける
        blank
        でろでろ
        いまの東京は祖父母の代まで東京生まれという人は僅か14%、それも下町に集中しています。
        東京って地方人の集まりで、雑多なところですから
        東京人特有のなんたらというものは地方に比べ少ないと思います。
        あと九州だって東西南北で違う、聞きかじりの情報を
        信じるのはよくないというレスもありますが
        福岡と鹿児島の人にとってはちょうどいい日差しでも
        関東の人にとってはとても眩しく感じるのと同じで、
        やはり自分の住んでいるところより遥かに遠い地方の
        環境は異質に感じるものです。
        関東の人に言わせれば福岡も鹿児島も同じくらい日差しが強いといっても福岡・鹿児島にの人にいわせれば
        全然違う!ということになります。
        トピ主さん、何度か彼の故郷に行ってみて慣れるようなら嫁ぐことを検討してみてはいかがでしょう?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        あなたの心配な気持ちを

        しおりをつける
        blank
        ろん
        彼は、ご自分が育った家に帰るのですから
        心配とか、そういうものはあまり無いでしょうし
        あなたがどうして心配しているのか
        あまりよくわからないかもしれません

        でも、あなたが心配なんだ、不安なんだなって
        いうことを理解しようとしてくれて
        一緒に解決する方法を考えてくれる人

        あなたと、ご自分の家との橋渡しを
        してくれようとする態度が見える人なら

        一緒にがんばろうって思えませんか?

        一度、見にいかれるそうですが
        彼や彼のご家族のそういう部分を
        見てこられたらよろしいのではないでしょうか

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        んー

        しおりをつける
        blank
        匿名
        見に行ったり家族に会っちゃうと、私なら断わりづらくなるな。だって彼のことは好きな訳だしね。偵察者には悪いところは見せないだろうし。私は一年間、お正月からお彼岸お盆その他いろいろ行事をこなしてみなきゃ、本当の生活は見えて来ないと思います。でもそれからじゃ遅いのよね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        むむ・・横レス失礼します!

        しおりをつける
        blank
        九州出身者
        皆さんのレスを見て九州ってそんな風に見られてるor経験されてるのかと驚いてしまいました。
        確かに、いまだに結婚のしきたりがある場所も
        耳にしたことはあります。
        でもほとんどが え?いつの時代の話?という印象です。 九州が・・というより 代々伝わる自営業ならではの(悩み?)の上に九州が乗っかっている感じに思えます。

        疑問に思ったことのひとつに、大正生まれの私の祖母は女性の最小限のマナーとしてお化粧はするように言ってましたので、化粧していたら水商売と思われるなんて・・それも驚きでした。

        それから私は東京に10年間住んでいましたが
        稽古事で舞踊をするためお昼に着物を着て出かけていたところ、飲み屋のママさんだと思われていました。
        その誤解が解けたのは一年後でした(笑)

        結婚するって幸せなことも大変なことも両方ですよね
        この皆さんの厳しいレスを見て迷う結婚ならば
        私は考え直すのも ひとつの道かもしれない。と
        思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不自然

        しおりをつける
        blank
        とおりすがり
        一回見に行ってその上で「断り」を入れるのって下手すると揉めますよ。
        彼氏への愛情で目が曇っていると思うのですが
        ・地方へ一人っきりで
        ・自営業
        結婚する際に真っ先に避けるべき条件が揃っていることに気づいておられます?
        穿った見方をするなら「嫁候補」を探しに上京していたのかもね。
        地元では「嫁」が見つからないから…
        お店を継ぐのが夢の彼氏なのになぜ、東京で就職していたのか
        不自然なんですけど、みなさん気づかないのかしらね。

        さっさと別れて次ぎ行きましょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        九州というよりは自営業が大変では1

        しおりをつける
        blank
        karaimo
        おさるさん、はじめまして。

        私は、九州出身、自営業の娘です。
        現在、東海地方に住んでいますが、
        いまだにカルチャーショックを日々受けています。
        住み始めた頃は、ホームシックにかかりました。
        でも、どこにでも土地柄というものがありますし、
        カルチャーショックは大なり小なりあるものだと思います。

        それより心配なのは、彼の実家が自営業であること。
        自営業って、良くも悪くもしがらみがあるのです。
        商売をしている以上、お客さんとの関係が一番です。
        それに、商店街などの係が必ずまわってきます。
        自営業とは、商売と一見関係ないような仕事が、
        商売に影響してくるものなのです。
        それに、働いた分のお給料が必ず出るわけではありません。
        たぶんボーナスもないでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        九州というよりは自営業が大変では2

        しおりをつける
        blank
        karaimo
        でも、自分が作ったものが売れたときの喜び、
        お客さんとの何気ない会話が楽しかったりします。

        田舎の方は東京の方より優しいです。
        わずらわしいこともありますが(笑)
        そういったお客さんとの関係から、
        私自身得られるものが沢山ありました。

        あと子育てを考えると、核家族より、祖父母にあたる方が
        近くにいたほうが、おさるさんのためにも、
        お子さんのためにもいいと思います。

        会社員家庭と自営業家庭では、
        異なる点が沢山あります。
        でも、働いてみたら、意外に自営業があっていた
        ということもあるかもしれませんので、
        一度彼の実家に行って、商売をされている方の生活を見てみてはいかがでしょうか。
        自営業の場合、やりがいは沢山あると思いますし、
        会社員の方では知り合えない方との交流もできると思いますよ。
        マイナスばかり考えず、一歩踏み出してみましょうよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        おさる
        とおりすがりさん
        レスありがとうございます。
        彼は大学から東京に出てきて、卒業と同時に実家に帰ることも出来たのですが。
        一度社会に出ることは色々学ぶことも多いと親と話あった結果、今はサラリーマンをやっているそうです。
        自営業でこの先どうなるかもわからないですし、お店だけしか経験していないのも良くないと思ったみたいで。
        今はお店の方も安定していて彼が継げる準備が出来ているそうですが。
        実際「地方に一人」「自営業」は大きな問題ですよね。
        またコメント読ませて頂きます!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自営はやめたほうがいい

        しおりをつける
        blank
        ぱおぱお
        トピ主さんがサラリーマン家庭にお育ちということででてきました。うちの実家は自営業でした。商売というより設計事務所だったので、お菓子やさんよりも楽だったとおもいますが、それでも両親を見ていると本当に大変そうでした。なにが大変て資金繰りです。
        給食費もたまに待ってと言われました。
        父が倒れると補償もなく、全員くいっぱぐれるので毎日毎日不安でした。子供ながらに。。。。。
        父が大酒のみだったのでいつ酒で倒れるかわからず。
        父が粘りの営業で年間利益1億のノルマを自分でつくりそれをこなしてきたからいままでの私や社員の生活があります。父は今年65歳ですが、弟が育っていないのでばりばり現役をこなさざるを得ません。

        今私は年収700万円のサラリーマンと結婚して自分もOLをしていますが、昔の自分の家より断然余裕があるような気が致します。精神的にも断然楽です。

        自営で育っても自営はキツイです。サラリーマン家庭にそだったなら、サラリーマンとの結婚を強力にお勧めします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        だめになった時の事も考えて

        しおりをつける
        blank
        ブルーマウンテン
        こういった内容のトピは何度もありましたが、
        多くは彼を信じてついて行きますと〆られていたように思います。
        その後その方が幸せに暮らされているのかは分かりませんが、
        同じような条件で結婚なさった方の苦労話や離婚などのエピソードは、この手のトピで沢山レスされていますよね。

        トピ主さんも彼と結婚したい気持ちがあるから一度見に行ってみようと決められたのでしょう。でも一度見に行ってみたところで実際の暮らしがどういうものなのかは分からないです。

        旅行で行く土地が住んでみても良い土地とは限らないのと同じです。
        それに彼の親からみると息子が将来結婚して連れて来るかも知れない彼女が来るわけです。都合の悪い部分は隠して良い部分を見せようとするんじゃないかな。

        トピ主さんも地方へ行かれるとして、もしそこでの生活に耐えられなくなって東京へ戻るとします。トピ主さんの人生はそこから軌道修正出来ますか?

        後戻り出来ない状況になってしまうと、辛くても一生そこで生活していかなきゃならなくなる可能性もあります。彼について行くなら逃げ道を作っておいたほうが気持ち的にも楽になります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私も自営業

        しおりをつける
        blank
        一自営業者
        私も自営業なんですが...
        自営業の評価、かんばしくないですね。

        やっぱり、みなさん、結婚相手としては、公務員などがよろしいのでしょうか?


        トピ主様へ

        私は、「自営業」や「地方」でひとくくりに考えるよりも、「彼」に重点を置いた方が
        良いと思います。

        トピ主様の文面より、彼に愛情がおありなのは感じられますので、後は

        1  彼が信頼できる性格か?

        2  彼が自営業をやっていける能力を持っているか?
          (跡継ぎということなので、ここは重要)

        だと思います。

        この2点が満たされれば、後はなんとかなると思います。


        私は、会社や役所に頼らずとも生きていける人を尊敬しますね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        考え方次第

        しおりをつける
        blank
        なじみ
        私は各地を転々として今は東京に住んでいますが、東京育ちの方の「田舎感」をお聞きすると、ほとんど他の土地に住んだこともないのに、ステレオタイプに考えている方が多くて驚かされます。
        当たり前ですが、全部が「仲間意識が強くよそ者を受け付けない」、「しきたり重視」、「出身地を気にする」という人ではありませんよ。ついでながら、挙げたような特徴をそなえた方は東京育ちの方にもいらっしゃいました…。中でも特に極端だった方は、私の故郷が東京ではないことを知らず、「何で地方の人って東京に来るのかな。地方人は地方で暮らせばいいのにウザイ」とか、「あの人はしょせん●●区の育ちだからランクが低い」などと信じられないことを耳打ちなさいました。すごい優越感…と、ただ衝撃を受けるばかりでしたよ(笑)。

        東京を含め、どこに育った人の中にも、古い考えの人や、共同体を重視したがる人は一定の割合でいます。
        住みやすいか否かは土地を見て決めるしかありません。また考え方の傾向については都会・田舎ではなく人単位で判断すべきです。その意味では、まず彼のご実家に行ってみてから決めても遅くないと私は思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        九州を馬鹿にしないでー

        しおりをつける
        blank
        大分県民
        横かもしれません。ごめんなさい。
        だけど、このトピ、読んでいて悲しくなりました。現在大分県民の私も「はあ? いつの時代の話??」と泣けてくる皆様のレスの数々・・・。どこの土地にもそれぞれの色があるはずで、当然九州だって一色ではないですよ。大分県の中でもそうです。皆さん、実際に住んだことのある方というよりも知人の経験を根拠に色々とおっしゃっているみたいですが、どうして九州ばかりそう叩くんですか? どなたかもおっしゃっていましたが、問題は場所ではなくて、自営のお家の方との結婚ということではないですか? それともなんですか?皆様のおっしゃる「都会」では結婚に対して「お嫁に行く」とか「嫁」という意識は全くないんですか?私もかなり長い時間を「都会」で過ごしましたので知り合いの多くは「都会人」ですが、人の意識って、そんなに差がないですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        それは・・・

        しおりをつける
        blank
        おばちゃん
        決断をする前に、一度行って見ることをお勧めします。
        大分県は田舎です。(大分県の方ごめんなさい)
        しかも、山と海ですか。 それだけで決め付けるのは間違っているかもしれませんが・・・
        主人の実家は大分よりの福岡県ですが、それはそれは田舎です。 
        私の勘が正しければ、主人の実家付近と大差ないと思いますので、思いつくままに書いてみますね~

        実家は、一番近くのコンビニまで9キロありますw
        スーパーはもっと遠いです。 病院もです。
        車がなければ生活できません。
        夜が暗いんです。この意味は、行ってみるとわかると思いますよw
        学校も統廃合が進み、バスで通学します。設備もお粗末な学校が多いです。プールのない学校もあります。
        遊びに行くところも限られます。
        人間関係も大変だと思います。
        いまだに、長男教がはびこってますしねぇ

        まだまだありますが、脅してる?って思われるかもなのでもうやめますがw
        実際に行ってみないとわからないと思います。
        私は主人の実家には住めません。 
        頭で考えるのと、実際は違います。
        くどいようですが、一度行ってみてください。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        大分市出身です。

        しおりをつける
        blank
        ロスっ子
        トピ主さん、普通にびっくりしながらトピ見ていましたが大分と聞いてレスします。私は大分市出身ですので、大分市外とは違うと思うのですが。。大分市も東京などに比べるとど田舎でしょうが一応人口50万人の中核都市ですので・・。大分市と市外では大きく異なると思いますし、私ですら、市外は田舎で住めないと思ってます。。

        いとこの奥さんが東京出身の方で、結婚して10年大分市で暮らしています。おおらかな感じの人で、たぶんどこにでも適応しやすいタイプの人なんでしょうが大分気に入ってくれてるみたいです。

        年代にもよるかもしれないですが、大分市では、女は家事だなんだと言うような男性は少ないですよ。私は大学生です。ただ、市外出身の同級生ですが、少しそういうところがあったような。。。

        自営というのも大きいですよね。トピ主さんのパートナーの方と義理のご両親にもよりますし、よく話し合いをされるといいと思います。大分市外の人にとっては、大分市内の人間ですら、街の人 =都会 ですし(笑)私にとっても田舎でとても住めないというのが正直なところですから。。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        よく考えて納得できればぜひ!

        しおりをつける
        blank
        みこ
        男性でも地方の自営業の息子が家を継がないで
        東京に出てきてサラリーマンやっている人が
        これだけ巷にあふれてる世の中、地方の自営業の
        家に入ってがんばっているお嫁さんをみると
        本当にそれだけで尊敬してしまいます。

        もちろん継いでいるだんなさんもですが。
        大変だと思いますが、こういう地方の生活が
        肌に合う人もいるので、トピ主さん次第としか
        いいようがありません。もしもやっていけそうな
        らばぜひとも彼についていってあげてください。

        日本は東京に人が集中しすぎていますので、
        地方の過疎化がふと本当に心配になってしまいます。
        この冬の豪雪の時も、60歳以上のかたが雪かきで
        命を落とされた人の多かったこと!
        雪かきするべき娘、息子達世代は皆都会に出て
        しまっているんだな、とテレビをみていて
        悲しくなりました。

        地方にも若い世代は必要です。
        トピ主さん自身が大丈夫そうであれば、心から
        応援します!!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ちょっと待ったコール

        しおりをつける
        blank
        マンボ
        >今私には付き合って半年の彼が居ます。
        私は実家が東京、彼の実家は九州

         東京生まれの東京育ちで、交際期間半年の九州出身の自営業の男。いくらなんでも交際期間短すぎるし、生まれ育った環境が違いすぎます。もしかして「初めてできた彼氏」でしょうか?
         好きだからいいじゃん、どんな苦労も乗り越えられると思うのは甘すぎます。
         少し冷却期間置いて、遠距離恋愛してみるとかも視野に入れた方がいいんじゃないのかなあ。
         半年で一生を決めてしまうってのはリスキーです。くっつくのは簡単だけど、離婚するとなれば親戚縁者が絡んできてその3倍は大変です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        相当な覚悟が必要と思う

        しおりをつける
        blank
        あきな
        一度実家を見るとの事ですが、そのとき何と言って紹介されるのでしょうか?単なる友達ってわけにいきませんよね?そうしたら、相手の両親も喜んでちやほやして、あなたは本当の現実は見えないまま、雰囲気に押されて、あらら意外とよさそうと思ってしまいそうです。でも、現実九州でしかもお店をやってる家に嫁に行くと言うのは覚悟が必要です。最初は別居といっていても、同居話がでるのは時間の問題です。また、今は親の世帯の経済だけ考えればいいですが、親子二代でやるからには、二世帯分の収入確保が必要でしょう。お菓子と言っても、洋菓子か和菓子かでも違ってきます。和菓子なら顧客を増やすのは難しいと思いますが、洋菓子なら、彼の頑張り次第では、新しい顧客の確保も可能ですし、やりがいはあるかもしれません。問題は、あなた自身がそういう商売を楽しむ気持ちがあるかどうかです。
        私としては、彼は地元のお嫁さんをもらったほうが幸せだと思います。子供が出来ると、旅費もかかるし里帰りもそうそうできないですよ。商売は波があるので、将来どうなるかわからないですしね。とにかく不安なら、無理に決めない事です。私はお勧めしません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        気になった点

        しおりをつける
        blank
        アオザイ
        >いつもその話になると険悪ムードになります。

        ここがとても気になります。

        トピ主さんが彼の実家へ行く不安を話すと険悪ムードになる。ということでしょうか?
        そしてその話をすると険悪になってしまうと・・・

        トピ主さんが不安を打ち明けたり、相談しているのに彼の態度が不機嫌になってしまう。

        私個人的に、今の時点でトピ主さんの不安や悩みに向き合えない人が、これからこの先起こる様々な出来事に向き合っていけるのかどうか?と考えてしまいます。

        もちろんこれは私の想像です。
        ただ、どんな環境にしろパートナーが逃げ腰な人、面倒くさい事やトラブルになりそうな事から目をそらしがちな人は、自身がよほど強い意思と心をもっていないと大変だと思います。

        結論を急がず、まずお相手がいざとなったらどこまで自分を守ってくれる人なのかを見極め、自身がどこまでなら妥協できるのかを考えてください。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の場合ですが こういう例もあります

        しおりをつける
        blank
        薩摩男児長男の嫁
        私達夫婦は関東住まいですが、夫がごく普通のサラリーマンで、定年までUターンできません。
        夫の実家は鹿児島で、農業畜産以外主要産業がないので、昔から都会へ就職に出る人が多く(公務員になる率が高い)、定年後Uターンする人が多いです。定年Uターンでなくても、若い頃は都会に出て就職し、地元の人と結婚して戻って来る人も多いです。
        主人の一族も、半分以上は鹿児島以外の都会で住んでるし、住んでたことがあるというのを含むと8~9割近くになります。
        そのせいか、地元を愛していても、その地に固執する人がおらず、考え方があっさりしてて、冠婚葬祭も遠方者の負担を考え、質素に行われます。
        むしろ私の関西の実家の方が、関西から離れたことがなく、井の中の蛙的な考え方で、慣習にこだわる人が多いです。
        トビ主さんの場合は、遠く離れた所からやってきたことへのご主人一家の理解以外に、家業の手伝いという二重の苦労があるので、それぞれ切り分けて考える必要があります。
        福岡市は田舎ではありません。ただ、伝統にこだわる気質があると思います。
        お幸せをお祈りします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        すみません

        しおりをつける
        blank
        薩摩男児長男の嫁
        おさるさんのご主人、福岡に行くんじゃなかったんですね、失礼しました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の友人ですが

        しおりをつける
        blank
        大分県人
        12、3年前に東京から自営業(しかもお菓子屋さん)に嫁いできて、今年を店を改装するまでに頑張っている人がいます。人の目を惹くくらいきれいな人です。
        知り合った当時から、彼女が東京出身だなんて思いもしないくらい、この地に溶け込んでいました。お菓子作りも、結婚してからご主人に一から教えてもらったみたいです。

        お姑さんは二世帯住宅で、そのまたお姑さんの介護をしています。ご理解ある方お姑さんで、お店が終わるまでお孫さんのお世話(食事・風呂)をやって下さるらしいです。

        私も業種は違いますが、結婚して教師を辞め自営業を営んでいます。自営業は気分は24時間営業、店のことを考えると気が休まりません。実父に私が自営業でやっていけるかと心配されましたが、心配の理由はこれでした。

        田舎・自営業と両方大変そうですが、肝心なのはあなたがどれだけ彼氏さんを信頼できるかではないでしょうか?
        ちなみに私の実家へは1時間で帰れる距離ですが、帰省は年に3~4回の半日、友人は子ども絡みの最近知り合った人ばかり。昔の友人とは年賀状のみの付き合いです。

        覚悟が必要ですが、やってやれないことはないです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        いとこが

        しおりをつける
        blank
        いなかもの
        農家の長男に嫁ぎました。
        彼女は、米作りがどういうものかも知らないまま
        もちろん田舎の農家の長男がどういう立場なのかも知らないまま結婚してしまいました。
        それはもういとこにとっても、そしておそらく義理両親側にとっても
        大変つらく厳しい毎日だったと思います。
        義理の両親は優しかったようですが、お節介な親戚連中が山程いて小言やら陰口やらをいつも言われ
        しかも、その長男の性格が良ければまだしも、釣った魚に餌はやらない主義だったようです。
        結果、子供2人を残して彼女は離婚しました。
        親戚づきあいやら自営の仕事やらの話は、男から聞いたのは当てになりません。
        姑になる人から腹を割って話してもらうのが一番だと思います。
        が、なかなかそういうのって難しいですよね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        テストしてみてください

        しおりをつける
        blank
        いなかもん
        田舎の人も、トピ主さんが訪問した時だけは、いい顔をするかもしれません。彼が親にあらかじめ「彼女の前ではいい親を演じるように。家事労働の話題は出さないように」と言いくるめておくかもしれません。

        ・赤ちゃんができたら、東京の実家で生みたい。
        ・お盆は(彼岸は、正月は、など)実家で過ごしたい。
        ・自分は家業を手伝うのではなくOLをしたい。
        ・家計の状況をいま見せてほしい。
        ・プライバシーを守るために寝室は離れたところに用意してほしい。
        ・旦那(彼)の食事は自分が作るので、親とは別にしてほしい。

        といった(ごねるような内容の)要望を彼の両親と彼がそろっている場で出してみてください。きっと彼の両親はいくつかの条件には難色を示すでしょうから、その時、彼があなたをかばってくれるかがポイントです。彼が両親を擁護するようなら結婚してから彼は両親のいいなりになると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        テスト、のつづき

        しおりをつける
        blank
        いなかもん
        書き忘れました。
        彼の両親にぶつけるテストは、事前に彼にも言わないことです。面会の場でいきなりそんなことを言われたとき、彼があなたをかばえる度量があるかを見るのです。 もし彼がその場で、あるいは後からあなたを「なんで急に言い出すんだ」などと怒ったりするようでしたら、彼は両親の存在の前ではあなたの味方にはならないでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私もやめました

        しおりをつける
        blank
        くりす
        私もにたような状況でした。東京出身、彼実家は九州の田舎。

        即答で「ついていくわ」なんて一度も言えなかった私の煮え切らない態度に彼が切れて、去っていきました。(彼の会社の女の子と結婚しました)そのときはすごーいショックで、かなり取り乱しだしましたが、あれから20年。お互い、正しい選択だったと思います。

        私は別の人と結婚して、自分が何も我慢する必要のない生活を送っています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        おさる
        毎日みなさんのコメント読ませて頂いてます。
        本当にありがとうございます!
        私も何人かと今までお付き合いしてきましたが、ここまで真っ直ぐに自分のことを思ってくれる彼に出会えたのも初めてで。
        人として信用や尊敬も持てる人です。
        自分も彼の気持ちに応えたいと思っているのですが、やはり不安は大きくなるばかり...。
        今悩んでるようなら彼とは無理なのかとマイナスに考えてしまいます。

        小町で色々な人のコメントを読ませて頂いて、現実の大変さなど考えさせられる点が多くありました。
        でも、避けては通れないことなので彼とのことは冷静にこれから考えていこうと思います。
        またちょくちょく読ませて頂きます!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        掲示板の特異性

        しおりをつける
        blank
        団子屋
        このトピ主の場合の各論は分りませんが、地方で自営業をすることが、そんなに悲惨でしょうか?
        この掲示板を見ているような時間に余裕のある人生を送っている人達には、悲惨に思えるのでしょうが
        髪を振り乱して必死に自営業をやっている立派な女性もいるはずです。
        そういう人はこう言う場所を見る余裕はありませんが、しっかり自分の人生を歩んでいるはずです。
        掲示板の特異性で世間を判断しない方がいいでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        喜びも悲しみも

        しおりをつける
        blank
        sky
        自分が生まれ育った土地から遠く離れた所に行くのは、やはりカルーチャーショックも大きいかと思うけど、彼と出会ったのも縁だし、このグローバルに人が動いてる時代、新しい自分・家族・友達を新しい土地で作っていこうというのも新鮮でいいかもしれませんよ。

        「喜びも悲しみも幾歳月」という、全国の辺境を転勤して回る灯台守りの夫婦の映画があるのですが、一度見てみてはいかがですか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        一営業者さん なじみさん に拍手

        しおりをつける
        blank
        さわら
        ずっとロムってましたが、大量の主観満載の警告レスの中
        お二方の意見はとても素敵でした

        しなやかで客観的に物事を見られる大人な人なら
        トラブルを上手に回避でき、起こっても乗り越え、グチグチ言わず
        何処でも前向きに周りの人とも上手くやっていけるんでしょうね

        見習いたいです

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        嫁ぐという事。

        しおりをつける
        blank
        おばさん
        どこの土地にも保守的(いいか悪いかは別として)な人達はいます。現に、都会育ちのあなたでも、結婚することを「嫁ぐ」と表現しているし。。

        結婚することが彼の家に嫁ぐ事とお考えなら、やはり似たような環境の男性と結婚されることをおすすめします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        おさる
        みなさんコメントありがとうございます
        大分県の方からのコメント凄く嬉しかったです!
        すいません補足があるのですが。
        来週彼の実家やお店を見てくるのですが。
        彼と一緒ではなく、私の兄弟と一緒に見に行くことにしました。
        本当は彼と一緒に行って相手の両親と会うことが一番だと思うのですが。
        まずはどんな所かお店の様子など見てこようと思ってます。
        もし行ってみて無理かも...と思ったら彼や彼の両親にも失礼なことだと思ったので。
        このことは彼にも話して理解してもらいました。
        彼も週末に実家に帰る予定なので、もし予定が合えば街を案内してくれるみたいです。

        行って決めると言うのは、この先を続けるか別れるか。
        もし続けるとしても、先を考えつつ遠距離恋愛をしていくつもりです。
        今すぐに結婚を決めるとかではありません。

        もし彼が地方に行って家業以外の仕事をやるのなら今よりも気が楽だと思います。
        やはり自営業だと自由な時間が無くなることや将来の生活への不安などが心配なのかもしれません。

        人生一度しかないので後悔しないように考えたいと思います!またコメント書きます!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        でろでろさま

        しおりをつける
        blank
        モト博多っ子
        名指しで「違う」とあったので再書き込みします。
        私は東京含め関東、九州全県、本州も転々としたので
        それを踏まえて先のような書き込みをしました。
        なので東京が『地方人の集まり』というのは十分承知しています。
        そのせいか良くも悪くも干渉し合わない部分が多く見られるので
        冷たい、というのが私が感じた、貴方の言う『東京人特有』の印象です。
        批判ではないですよ。東京もいい所でした。


        さて、トピ主さん。
        知らない土地で頼る人もなく自分の居場所を見つけるのは
        正直キツいです。私は結婚して転勤族になり初めて地元を離れましたが
        都会・田舎問わず独りぼっちになった気がしました。
        結婚(環境の変化)+知らない土地+自営の不安
        この不安要素があるならやっぱり今決めるのは早いかな。
        じきに今の彼が添い遂げるべき相手か分かってくると思う。頑張って見極めて!
        ただ、結婚はプラスのこともに考えないと思い切れないかも。
        無理しないでね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ひまに任せて挙げてみました

        しおりをつける
        blank
        ゆきんこ
        東京のサラリーマン家庭で育った人が
        地方の自営業に嫁いで悲惨にならない条件とは?

        (もちろん、トピ主様が彼と彼実家のお仕事を好きになれ、
        尊敬でき、順応性があることが前提ですが)。

        1 その自営業に将来性がある(彼の経営手腕もポイント)。

        2 彼実家は今現在も裕福である。
         (里帰りの交通費の心配はしなくて良い。
         折角、彼が別居と言ってくれてるのに、
         「無駄を避けるために同居」ではトホホですので)。

        3 彼の実家が、トピ主様の実家と比べても裕福である
         (サラリーマン家庭育ちでも経済的に窮屈に育てられた
         人は多いと思います、「へぇーっ、自営っていいなぁ」
         と思えるものがあれば救われると思います)。

        4 その「地方」が、トピ主様の「東京」に比して、
         不便な生活を強いられるわけではない

         (車の免許は必須でしょうが、田舎=虫が多い、
         古くてだだっぴろい家で冬寒く、
         トイレは汲み取り式とは限りません)。 

        5 トピ主様は、都会の楽しみをそれほどエンジョイ
         して来なかった(都会育ちにはこういう人が
         意外に多いです)。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        大分在住です

        しおりをつける
        blank
        大阪人
        生まれも育ちも大阪市内
        大学から大分県別府市に来てもう5年になります。

        私は気に入って、就職もこちらにしました。

        田舎の何が悲惨なんだろう?
        都会の何がいいのか、私にはわかりません。

        スーパー行くのに何キロもあるわけでもなし
        普通に夜中まで店だって開いてるし、コンビニだって徒歩圏内にあるし

        それでも海と山に囲まれて、とっても気持ちよく暮らしています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自分にあったライフスタイルとは・・・

        しおりをつける
        blank
        ここあ
        さんざん既出の意見かもしれないですが、
        わたしは「地方での結婚生活」であることより
        >彼の実家(お菓子屋)を継ぐためにもそろそろ帰って来ないか?とお父さんから言われました。
        「お菓子屋さんを継ぐ彼との結婚生活」というのが大変だなぁと思います。

        でも、これに関しては好みのライフスタイルは人それぞれですからね。
        トピ主さんがどんな結婚生活を送りたいか、子供をどう育てたいか、自分はどうありたいか・・・そういうビジョンを自分の中で明確にしていくことから始まると思います。

        あまりにかけ離れてると辛いと思いますが、それでもなお理想を崩しても彼といたいと思えるなら突き進んでいくのもいいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        例えば、あるいは、もし・・・

        しおりをつける
        blank
        もしもし
        地方で自営業は大変だからといって彼との結婚をやめて、普通のサラリーマンと結婚したいですか。
        もし、将来離婚となった時、どちらを選んでた方が後悔しないですか。
        例えば、サラリーマンと結婚し親の近くで暮らして、夫とうまくいかなくなった時、やっぱりあの時彼についていけば良かったと思うかな。
        あるいは、お菓子屋さんに嫁いで、うまくいかなっかた時、やっぱりあの時やめておけば良かったと思うかな。
        もし、今の彼とご両親が良い方で結婚することになったら、彼のご家族と一緒に働いて、喜びも苦労も共にし、自分から幸せになる努力をしてください。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        今は九州に

        しおりをつける
        blank
        かな
        東京にも大阪にも住んでいた私は今、九州に。
        レスの中には聞きかじりの九州の印象を「さも見て来た」かのように、時代錯誤のことを書くひともいて、驚きました。
        これだけ、情報が発達した時代にそれをうのみにするあさはかさと、それをここで書く妙な度胸。

        東北を知らない私が「東北は(県ではなく)みんなずーずー弁を使っておしんのような暮らしをしている」なんて…?


        さて、自営業だ云々なんていうなら九州では自営はみんな嫁不足でつぶれますね。


        私の友人の中にははるか都会からこちらに嫁ぎその家の自営をしている者がたくさんいます。
        いずれそこのおかみになるのです。


        みなさん、頑張って「自分の店」を盛りたて、とびまわり、もっと大きくしてやろう、とやる気まんまんです。
        女性ならではの才覚とセンスを活かそうと、いい仕事しています。

        バイタリティーにあふれ「およめさん」なんていう甘いものは脱ぎ捨て「私の店だ」という意気込みです。
        そんな女性がたくさんいる、ということもお忘れなく。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        旦那を支える覚悟がないのなら

        しおりをつける
        blank
        riri
        やめとくべきです。
        田舎か自営かが問題ではありません。

        嫁いだら自分の思い通りになどなりません。
        たとえば彼の実家が埼玉あたりだったら?

        たとえば大分の彼の実家がサラリーマン家庭だったら?
        どっちにしても悩むんでしょう?
        あと、彼の仕事を素晴らしいと思ってないのなら、やめた方がいいですね。

        都会育ちのお嬢さんは、都会育ちのリーマン家庭の次男三男を探した方がいいですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        九州

        しおりをつける
        blank
        ピスカル
        過疎地域では年配の人たちの発言力が大であることが多いです。

        親戚、近所まわりの付き合いが重視されると思います。それでいて、土地の人々は概して閉鎖的な性質です。おそらくかなりの努力と覚悟がないと他の土地から来たお嫁さんは大変でしょう。まして自営です。

        大分については僅かに知るのみですが、商店街は(九州は福岡以外は大抵どこも)さびれています。街の規模も小さく、県外から訪れた者からの感想としては、小さな商店街で、田舎です。商店組合のようなものが結成、運営されているはずです。

        そこで恐らくそれぞれ零細のお店が力を合わせて頑張っていると思います。嫁として自営を手伝うよう言われているのであれば、おさるさんが言われるような心配事が関わってくるでしょう。かなめになるところは、やはりご主人との愛情と信頼関係の絆の強さでしょう。他の方もおっしゃるように、確かに、半年ではどうかな、といったところです。

        彼は、あなたの心配事についてどのようなお考えですか? 大丈夫俺がついてる、だけではダメですよ。お互いの愛情が一番必要ですが、あなたの根性や逞しさも要求されると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        地方ではありませんが・・・

        しおりをつける
        blank
        今回匿名
        関東在住、37才、自営業(飲食店)に嫁いで15年になります。同居ではありませんが、義父母、義弟夫婦と毎日顔を合わせて仕事、仕事の毎日でした。産休・育休等ある訳もなく、ひたすら嫁として働き続けた結果、昨年末にとうとう閉店してしまいました。
        結婚当初ウチだけだった飲食店が、ファミレスや弁当屋が立ち並び、段々経営が苦しくなったからです。個人の自営なので失業保険もなく、わずかな退職金と貯金を切り崩しながら細々と仕事を探しながら生活しています。転職といっても旦那は39才、全く違う体力仕事に就いた所、体を壊し療養中、私も長年の立ち仕事で腰を痛めて出来れば座り仕事を探しており、ハローワークに通う毎日です。
        こう書くと不幸のどん底の様ですが、実は精神的にはとても楽になりました。店から開放されて初めて、散々留守番ばかりさせて来た子供達(中2、小5)との時間が出来、これが普通の結婚なのかとしみじみ感じています。
        世の中にはこんな例もあるという事で。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        大分の場所にもよる‥

        しおりをつける
        blank
        らら
        こればっかりは大分の場所がはっきりしないと
        なんともいえませんね~
        大分でも都会な場所は便利ですからね~

        あまり詳しくはかけませんが私の
        住んでいた市はかなり住みづらかったです。
        とにかく車がないと動けません。(電車は1時間に1本、バスは昼間は3時間に1本くらい)
        免許がない私はつらかった~当時妊婦だったので
        自転車に乗ることもできずひたすら歩いていました。
        一番近いスーパーまで徒歩30分。一番近いコンビニも同じくらいでした。
        有名なファーストフードはほとんどありません。

        そしてやはり年配の方の意見に従うというのが
        当たり前でした。仕事より地域の行事が大事と言う
        感じでした。

        ここに住んだおかげで免許をとる決心がついて
        それだけがよかったことかな?
        今は九州でも都会の方に住んでいます。
        幸せです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お2人の関係は?

        しおりをつける
        blank
        豊島
        アオザイさんに完全同意します。

        私は地方の田舎に住んだこともないし、嫁いだ友人もいないのですが、
        どこに住もうと、どんな家に嫁ごうと、夫婦にとって一番大切なのは、お互いを思いやり、一緒に問題を解決していこうとする姿勢ではないでしょうか?

        トピ主さんの場合なら、全く知らない環境に飛び込み、そこで残りの一生を過ごすわけですよね。その不安たるや、本当に大きなものがあると思います。

        その不安を理解しようとし、一緒に解決しようとしてくれる彼でなければ、絶対にうまく行くはずがありません。
        その話をするといつも険悪なムードになる・・・
        これはとても大きな不安材料ですよ。

        彼の実家に帰らずに、このまま都会で暮らしていても、こうした不安を忌憚なく話し合えるようでなければ、結局は同じような問題に直面するのではないですか?

        実際にお店を見るのも大事ですが、お二人の関係を冷静に考えてみるのも必要だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        長い目で考えてみる

        しおりをつける
        blank
        ピスカル
        2度目のレスです。都会育ちのトピ主さんとのことで、思ったのですが、東京と九州は、確かに異なる環境です。都会ぐらしの人からすれば「流れる時間の速さも違って感じる」という話も聞いたことがあります。場所にもよるかも知れませんが、田舎は「静かで」「のんびり」感じるかもしれません。他にも種々のギャップがあることと思います。国内どこであれ、他県へ引っ越せば土地が変われば「それまで通り」ではいられないと思います。

        大分は、東京に較べれば田舎ですが、車で1~2時間高速道路を走らせれば福岡・博多方面へ行けると思います。品揃えは東京ほどには整わないと思うけど、東京都内といってもいろいろでしょう。それと一緒です。ちょっと車を出せば、ある程度の品は手に入ると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        長い目で考えてみる つづきます。

        しおりをつける
        blank
        ピスカル
        未体験の分野に、しかも今後の人生を左右する決断、あなたがよく考えて決めて下さい。未知の分野でも、心配しすぎることは可能性を狭めてしまうのかもしれません。無責任なことはいえませんね。すみません。

        他の方のレスにありましたが、奥さんとしてある程度のいい思い、自由な時間やお金、といったものが手に入るまでには30年ほどの歳月を要したそうですよ。すぐに嫁ぐというのでないようなので、自営へ嫁ぐかどうかの即断は、「すぐに答えられない。

        一生を左右することだから」という思いなのだと率直に伝えるしかないと(私だったら)思うし、もし嫁になって夫と共に頑張ろうと思ったとして、結婚した後、その結婚が成功か、失敗かは、力を合わせて頑張っても、1年、2年では到底答えが出ないものなのだと、あらかじめ割り切っておく覚悟も必要なのだと思います。

        そこまでの思いを持てるなら、遠距離、とかで悩まずについていったら、という気もします。もしも努力してだめだったら帰れる場所(実家)があるということで。テレビドラマとはちがうから、そうも行かないのかもしれませんが、一案として。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さん、九州のみなさん、ごめんなさい

        しおりをつける
        blank
        ノロ
        上で、友人の話をそのまま載せてしまった者です。

        その他の、九州出身の方のレスを拝見して、深く反省しました。
        彼女の場合、九州に行ったから大変なのではなくて、とても堅苦しい家風の家にお嫁にいったから、大変なのかもしれません。
        そして、彼女が私に話す時に、私が驚くのを面白がって、オーバーにいっている部分があったのかも。

        一人の話を、さも九州全体かのように公共の掲示板に、したり顔でレスを付けてしまった事を、今、とても恥ずかしく感じています。
        (ちなみに、彼女の住まいは、大分ではありません)

        口うるさい親族が多い家って、都会だろうが、田舎だろうがどこにでもいますもんね。

        トピ主さん。
        脅かしちゃって、ゴメンナサイ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        おさる
        あれから色々なコメント頂きありがとうございました。
        最初は地方に行くことばかり頭にあったのですが、小町のみなさんのコメントを読んでいて自営業のお嫁になることが一番大きな問題なんだと気づきました。

        週末に彼のお店や地元を見てきました。
        確かに山と海に囲まれた場所でしたが(笑)
        スーパーは近くにあり、都会からちょっとはずれた場所とさほど変わりはないかな...って思いました。
        でも、車で色々見て回ったりしたのですが個人でやってるお店は潰れており。
        町の中心部から人離れが起きている状況でした...。

        お店はリニュアルしてとても可愛らしい感じでしたが。
        実際ケーキを食べてみたのと、周りの環境から考えると自営をやっていくのはかなり難しいなぁ...て思いました。
        たぶん近くに同業者が来たら間違いなくお客は減ると思うし。
        頭で考えているよりも、現実はかなり厳しかったです。
        ただ好きだけでは結婚は厳しいですよね。
        これからのことを彼と話し合い、お互い進むべき道を考えたいと思います。
        みなさん、たくさんのコメントありがとうございました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        郷に入れば郷に従え

        しおりをつける
        blank
        さる山
        大分に住んでます。
        だいたいトピ主さんの言っていた場所は想像出来ます。
        大分は確かに地方の田舎です。
        でも、車があれば何処でも行けるのでさほど問題にはならないと思います。
        (一人一台車を持ってるのが普通です)
        欲しいものはネットでも買えますし。

        確かに田舎ですので、近所の目が有りますが、最初から何も知らないので色々教えて下さいと言う態度を示せば、周りの人は非常にかわいがってくれます。
        素直さが一番。
        相手の方のお母さんも、鬼じゃないと思うので、素直に接し、色々聞けばかわいがってくれますよ。
        そうじゃないと、都会から来た人はやっぱり変わり者と決め付けてしまう傾向にあるので。

        都会と比べてしまうならやめておいた方が賢明です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        経験者です。

        しおりをつける
        blank
        さっちー
        私の場合、3年近く付き合って彼の家にも時々泊まったりしていました。
        義父母にしても、遊びに行っていた時は親切でしたが結婚したら何故か突然厳しくなったのです。
        私は、ノイローゼになる人の気持ちわかります。勿論、田舎に住んでも楽しく暮らせる方が良いのですが、自分でも知らないうちに文明に侵されていたのかなぁ?本当に、ハードでした。
        今は、夫の転勤でアメリカに住んでいます。もう、夫の実家には住みたくないなぁと思います。田舎って、のどかなだけじゃないんですよね。それに、夫の一家は今住んでいるところよりも田舎から30年前に引っ越して来たのですが、未だに「新しい人」と言われています。村の会合などで意見を言うと、「新しく来たくせに口出ししないでくれ。」と言われることも有るそうです。
        まぁ、こんな所ばかりじゃないですけれどトピ主さんがそこへ行って楽しく暮らせるかは誰にもわからないと思います。ギャンブルと言ったら言いすぎですが、こればっかりは結婚してみないとわから無いと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です。

        しおりをつける
        blank
        おさる
        みなさんには色々親身にコメントを書いて頂いたので結果を書きたいと思います。
        あれから2人で話し合った結果、やはり別れることになりました。

        彼の自営業としての心構えなどが楽観的すぎること。
        (向上心がなく現状で満足してしまってる)
        親の意見ばかりを取り入れて話が出来ないこと。
        (きっと行っても肝心な所で守ってもらえないと感じた)
        実際行ってみて人離れがおきている土地で自営が難しいこと。

        何度もこの土地で自営としてやっていくことが難しいのではないかと話したのですが。
        近くにスーパーが出来るからお客が増えると、プラスの考えしか持てない彼にガックリきました…。
        恋愛として一緒にいて本当に楽しいし優しい彼。
        でも、結婚となると好きだけでは駄目なんですよね。

        小町を読まなかったらきっと、今でも行くことを悩んでいたかもしれません。
        最初は地方に行くことばかり考えていたので。
        自営業のお嫁になることがかなり大変なことだとみなさんのコメントを読んで勉強になりました。
        色々悩んだのですが、私にはこの壁を乗り越えてまで彼について行こうと思えなかったです。
        今まで色々な意見ありがとうございました!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        エール

        しおりをつける
        blank
        ピスカル
        トピ主さんへ。
        ご自身でのご選択は、つらい身を切る決断でもあったことと思います。報告をしに訪れられるとは、誠実な方なのだと感じました。トピ主さんの今後に幸多かれと祈念致します。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自分のリフレッシュを忘れずに!

        しおりをつける
        blank
        ぜにや
        自分が決断したのだから過去は良い思い出として、新しいページを綴って行って下さい。

        気分転換に友達と旅行に出掛けるのもいいですよ。

        6月ぐらいなら、北海道にでも行って北の大地と美味しい物と温泉を満喫してくれば、気分も少しはリフレッシュできますよ。

        私はレンタカーを借りて、美瑛の景色や日高でサラブレッドをぼーっと眺めていると心が和みますね。

        影ながら応援してますので、自分自身の幸せに向って輝き続けて下さいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        そうですか・・・

        しおりをつける
        blank
        大分県人
        まだお辛いでしょうに、丁寧なご報告ありがとうございます。

        田舎で自営業を営むものとしては、今回は残念な結果となりましたが、どんな仕事に就くにしろ心の底から信頼できる人でなければ長続きしませんよね。
        そういう意味で、トピ主さんの選択はきっと間違っていなかったと思います。これからの自営業主は、ただ漫然と家業を引き継ぐだけでなく、「こういう商売をしたい!」という強い気持ちがなければやっていけませんからね。

        堅実で誠実なトピ主さんですから、また別な出会いがあることでしょう。どうぞお幸せに。

        最後にひと言だけ言わせてください。良い商品をお客様に提供することに誇りを持って取り組んでいる、義理の両親や夫が、私にとっての誇りです。未だ慣れない商売の道ですが、この人と結婚して良かったと私は思っています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主様と彼にエール

        しおりをつける
        blank
        一自営業者
        2回目のレスです。

        そうですか。 決まっちゃいましたか。

        私も自営業なので、なんとなく「彼」の方に肩入れしていましたが...。

        だけど、お二人で決めたことですし、トピ主様にも、また彼にも、新しい出会いと幸運がありますよう祈っております。


        以下は、独り言です。

        私がこの自営業の世界に飛び込んだのは、数年前で、
        だいぶインターネットも発達してきてましたが、
        今よりは段違いに情報が無かったです。

        今だったら、ちょっと調べれば分かるようなことに悩んだり、つまづいたりしたものです。
        そもそも、事前にもっと情報があったら、自営業を始めなかったかも。
        (インターネットで検索してみると、私のやっている業種も、警告レスの嵐です...)

        しかし、検索したような情報にはないような、思いもよらない幸運や救いの手もあり、結果的には、始めてよかったかな、と思えるところまできました。

        このトピの中の数々のレスと今回のトピ主様のご報告を拝見し、情報があふれているのも、どうなんだろ、とふと思ってしまいました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0