詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    聖句を教えてください

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ルツ
    話題
    はっきりは覚えていませんが、かなり以前に、こういった意味の聖句に出会いました。

    「・・その生は野の花のごとく咲き・・風吹いて・・だれもその場所を知らない」

    これは聖書の中のどこに出てくる言葉なのでしょうか。(例えば旧約聖書の詩編~章~節など)

    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:1634834810

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 6 面白い
    • 5 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 9 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    旧約聖書 詩篇 第103章でしょうか。。。

    しおりをつける
    🙂
    no name
    人は、そのよわいは草のごとく、その栄えは野の花にひとしい。
    風がその上を過ぎると、うせて跡なく、その場所にきいても、もはやそれを知らない。

    トピ内ID:4691542958

    閉じる× 閉じる×

    詩編103編15,16節

    しおりをつける
    🙂
    りた
    タイトル通りですが、この聖句ですね。

    詩編103編
    15 死すべき人間についていえば,彼の日は青草のようであり+,
    その咲き出る様子は野の花のようだ。
    16  ただの風がその上を過ぎ行けば,もはやそれはないからである+。
    それがあった場所は,もうそれに気づきもしない

    しかし、神は人間のことを覚えていてくださるという聖句です。

    トピ内ID:5122122756

    閉じる× 閉じる×

    オンラインで

    しおりをつける
    🙂
    P
    オンラインで検索できるサイトがいくつもありましたよ。

    1:詩編/ 103編 015節

    人の生涯は草のよう。野の花のように咲く。

    15~16節あたりが、主さまの書かれた文と似ている気がします。
    翻訳によって、全く同じ言葉ではないようですが。

    これが違っても、検索してみては。

    トピ内ID:5430770879

    閉じる× 閉じる×

    詩篇

    しおりをつける
    🙂
    眠り猫
    詩篇103編15~16節ですね。
    なんとなく平家物語の祇園精舎に似てますよね。

    トピ内ID:0797441264

    閉じる× 閉じる×

    これでは?

    しおりをつける
    🙂
    通りすがり
    「人の日は、草のよう。野の花のように咲く。 風がそこを過ぎると、それは、もはやない。
    その場所すら、それを、知らない。 しかし、主の恵みは、とこしえから、とこしえまで、主を恐れる者の上にある」
    (旧約聖書:詩篇 103章15-17節)

    聖書のバージョンによって、言葉が多少変わるとは思います

    トピ内ID:0883054610

    閉じる× 閉じる×

    詩篇103篇でしょうか。

    しおりをつける
    🎶
    詩篇の第103篇15~16節だと思います。

    「人は、そのよわいは草のごとく、その栄は野の花にひとしい。風がその上を過ぎると、失せて跡なく、その場所にきいても、もはやそれを知らない。」

    ちなみにその後には、「しかし主のいつくしみは、とこしえからとこしえまで、主を恐れるものの上にあり、そのぎは子らの子におよび、。。。。」と続きます。ぜひ103篇を最初から読まれてみてください。

    トピ内ID:4536910910

    閉じる× 閉じる×

    ヨブ記14:2

    しおりをつける
    🙂
    ごま油
    私の聖書では「花のように出てきては切り取られ、影のように飛び去ってとどまることがありません。」

    つまり「いずれは影のように飛び去り、死へと消え去っていく」と言う意味です。

    翻訳によって微妙に表現の仕方が異なりますが、ヨブ記14:2かなと思いました。違ってたらごめんなさい。

    トピ内ID:2511110367

    閉じる× 閉じる×

    私も詩編103章だと思います

    しおりをつける
    🙂
    仏教徒ですが
    人は、そのよわいは草のごとく、その栄えは野の花にひとしい。
    風がその上を過ぎると、うせて跡なく、その場所にきいても、もはやそれを知らない。
    しかし主の慈しみは、とこしえからとこしえまで、主を恐れる者の上にあり、
    その義は子らの子に及び、その契約を守り、その命令を心にとめて行う者にまで及ぶ。

    トピ内ID:4706929567

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ルツ
    no name 様、りた様、P様、眠り猫様、通りすがり様、鏡様、ごま油様、 早速のレスをありがとうございました。

    どうやら詩篇第103編15~16節のように思います。ヨブ記14:2ではないかとのごま油様のご指摘もたいへん興味深いので、とにかく聖書に当たってみます。

    これからが夏本番。

    皆様どうぞ佳い時をお過ごしください。

    トピ内ID:1634834810

    閉じる× 閉じる×

    美しい表現が多いですねその本

    しおりをつける
    blank
    匿名
    人を野の花にたとえてみたりと詩みたいな本のようですね、それは。

    いいことも書いてあるんだろうなあ旧約聖書、こんど読んでみよう。

    トピ内ID:3714514205

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0