詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫(彼)が犬派から猫派に変わった方!

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    かりん
    話題
    30才子無し主婦です。結婚3年目です。
    私は22歳のころから猫1匹を飼ってます。
    夫とは、5年前に交際し、4年前に同棲、3年前に結婚しました。猫を飼ったことも、かわいいと思ったこともない夫が、すっかり猫派になりました。私は、犬も猫も大好きで、実家にいるころからずっと猫を飼っていました。夫の実家は犬しか飼ったことなく猫嫌い一家です。目が気持ち悪いんだそうです。
    今や夫は、眠くもない猫をむりやり自分のベッドで寝かせ、2時間もなで続け、ゴロゴロのどを鳴らす猫に『そんなに父ちゃん(夫)が好きなのぉ~』と勝手に解釈してます。こないだは、素手でげろをキャッチしました(カーペットを守った模様)。正直引きます(笑)。そして『病院行こう』と騒いでました。
    自分の顔を猫の顔をむりやりくっつけて、『ん~、かわいい、ちゅーしてあげよう』とよけいな事して『ギャー』と猫に鳴かれてます。
    ほかにも、犬派から猫派になった方いらっしゃいますか~?
    今の夫の夢は、近所(海外在住で野良犬、野良猫の多い所に住んでます)の野良猫をうちの子にするんだそうです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  16
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    「何を言っているんだ!? 家族じゃないかっ・・・!」

    しおりをつける
    blank
    Yuko
    永年、憧れ続けた猫を飼っていいとの許可を得たのは結婚してから8年間目(だったっけな?)の事でした(犬派の彼を説得するのに、それだけの歳月がかかったの~)。

    念願の可愛い仔猫を我が家に迎え入れたときも犬派の彼は「あなたの猫だから」と非常にクールな反応でございました。
    ・・・んが。
    一緒に暮らし初めて3ヶ月程経ったころでしょうか、何かの拍子に私が「・・・だって、にゃ~やくん(猫の名前)は私の猫だから・・・」と言った所、彼はキッという顔をしてタイトル通りの発言をしました。

    言われた私は一瞬、絶句した後に大爆笑しちゃいましたよ(笑)
    晴れて猫が我が家の一員となった瞬間です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    うちもです~

    しおりをつける
    blank
    ムラセ
    夫は小さいころから犬しか飼った経験が無く犬派。
    私は両方飼ったことあるけど猫派。

    結局「共働きでお散歩に行ってあげられない」という理由で、猫を2匹貰いました。

    もうデロデロの猫派になってます。
    夫の実家では犬を飼っていて、遊びに行くと犬と戯れているのですが、「やっぱり猫のがかわいい」だそうで。

    うちの夫もやりますよ!「ちゅーね、ちゅー」って。
    ちなみに猫は「プギャッ」と逃げ出してますが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    はいはーい!ここにいますよ!

    しおりをつける
    blank
    犬とは生活したことがあるけど、猫はさわったこともまともにない、
    別に嫌いじゃないけど、好きでもない、
    そんな夫が猫大好き人間に変わりました(笑)

    うちも同棲していた時に3ヶ月半になる猫を引き取りました。
    最初は扱い方もわからず、遊びの延長で引っかかれてはにがーい顔をしていた夫。
    そのうちソファーに寝転がっている夫のおなかの上で
    猫が寝るようになると、にやけ顔。
    帰宅するといつもお出迎えしてくれる猫にメロメロになりました。
    その猫は残念ながら病気で早くに亡くなってしまったけど、
    夫の中では初めて一緒に生活した猫として、
    特別な存在であるようです。

    私も夫が猫のことを嬉しそうに話す姿を見て、
    なんだかあったかい気持ちになります。
    今は引っ越したばかりで難しいけど、
    落ち着いたらまた猫迎えような~なんて話してます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    毎晩のお出迎えで

    しおりをつける
    blank
    haruko
     猫というか動物一般が苦手だったのかもしれませんが、子どもが猫を拾ってきた当初、飼うことは大反対だったのですが、子どもに懇願されて渋々了承。でも、猫が自分の行く先にいるだけで身体がこわばって、しっしっと子猫に向かってやっていました。
     しかし、いつも夜遅く帰宅する夫が玄関を入ると、必ずその子猫だけが出迎えてくれていました。
    「女房も子どももイビキかいて寝ているのに、こいつだけは毎晩出迎えてくれる」というようになりました。
     今では、帰ってきて猫がいないと、猫の顔を見るまでは探し続けます。
    (猫は夜行性なんだよ~)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    我が実家

    しおりをつける
    blank
    猫3匹
    それはまさしく、私と両親のことです!
    20年以上も犬を飼ってきました(中型犬3頭室内飼い)。
    しかし彼らが天寿を全うして、残る1頭のおばあさん犬のみとなり、
    偶然子猫が我が家に来てから(?きっと彼女が我が家を選んだのだと思います!)、突如猫も大好き一家になったのです。
    手のひらに乗る位小さかった子猫を取り合い、誰が一番好かれているか言い合い、
    犬はしないような悪さ(色んなものを壊す・抱くと爪を刺すなど…)をその子猫がしても大喜びの始末…。
    寒い夜にこっそり布団に入っている子猫に気づき、「私のことが一番好きなんだー!」と叫ぶ…(猫は驚いて逃げていきます)。
    その後、近所で住所不定のや怪我をして車道でうずくまっていた子猫を飼い始め、1年で3匹に増えました。
    でも彼らのおかげか、老犬も一時おばあさんみたいになっていたのが若さを取り戻し、周りのことに興味を持って元気に暮らしています。
    私は昨年実家を離れましたが彼らが恋しく、写真を見ては話しかける(ヤバい!?)毎日です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    わたしがそうです

    しおりをつける
    blank
    ちゃめ
    住んでいた家の近所の猫が何かくれーって遊びに来て、かみさんがえさやってるうちに猫好きになりました。

    実家では犬を飼っていて、ねこは悪戯ばっかりして嫌われ者だったので、特に好きでも嫌いでもなく猫が歩いてても「猫か・・・」程度でした。

    それが自宅に来だして、かみさんが可愛がり出して猫がなでてーって甘えてくるのを見て変わりました。こんなにかわいいのかって。

    よく猫の可愛さは飼わないと分からないといいますが、全くそのとおりだと思います。でも野良猫被害が多い地区や犬しか飼ったことのない人には、分からない気がしますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    訂正

    しおりをつける
    blank
    ちゃめ
    × 多少手荒に扱っても怪我し、散歩が必要ないので、
    ○ 多少手荒に扱っても怪我ないし、散歩が必要ないので、

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ほら!

    しおりをつける
    blank
    もちろんパワステ!
    かりんさんがお父さん(主人)のこと呼んでるよ-。

    主人は生粋の犬派でした。

    うち猫がプチ家出すると懐中電灯を持って雨の中を
    探しています。

    『華』というんですが
    『はにゃにゃ~♪ ちゅ・ちゅねぇ~』・・・と。

    会社では結構、口うるさく煙たがれている上司
    みたいですよ。

    独身の頃、隣の家に【ボンネット上の肉球跡】の
    苦情を言いに行ったのは誰?
    と心の中で尋ねてます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ウチもですっ!

    しおりをつける
    blank
    ネコブラボ~♪
    私の夫は×1だったんですね。
    前家庭ではワンコ飼いだったんです。

    一方、私は物心ついてから猫を切らしたことない(?!)ほど常に猫と暮らしてました。
    知り合った頃15歳のおじいちゃん猫がいまして。

    その猫がやたら頭の良い子で、まずはその子に感心しきり。。
    なんと言うか人の気持ちに寄り添うのがとてもうまい子だったんです。

    その子が亡くなった時、知り合って初めて夫の涙を見ました。
    時が過ぎ、今いる子を迎えた時。

    まだ小さくてコロコロ遊ぶ様子を見ながら、夫ったら「私にはそんな顔向けないだろー!!」ってくらい
    トロけそうな幸せそうな顔しちゃって。。

    今ではメロメロです。
    おんぶ好きのウチの猫。だけどそれをするのは私に対してだけなので
    夫は妬けるみたいです。。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    とぴ主です

    しおりをつける
    blank
    かりん
    みなさんのレス楽しく拝見しました。ありがとうございます。
    ここで、夫語録を紹介します!
    ●『こんなに好きなのに』
    だっこしてなでたのに、嫌がって逃げられたときです。恋と一緒?追えば逃げる?
    ●『ずっと好きでいるからね』
    妻の私には言ってくれません。そんなやさしい声あったんだとショックでした(笑)
    ●『目をつぶりな、そしたら眠くなるよ』
    一緒に猫とベッドで寝たくて、無理やり添い寝しているときです。
    ●『ごめんね、父ちゃん(夫)はこんな思いさせないから』
    夫に猫の爪をきるように依頼され、私が猫を押さえながら爪を切ってあげたら(この間猫はギャーギャー鳴いてます)、この台詞です。

    みなさんの夫語録ありますか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  16
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0