詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子の友人関係について

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    美和
    子供
     息子(小3)の近所の同級生A君は、親がスポーツ教育に熱心です。スイミング・テニス・サッカーで週6日あるようです(うちはスイミングで一緒になっています)。
    それでも遊びたい盛りですから、隙を見つけて息子を誘いに来ます。

    ただ、その状況なのでどうしても宿題が終わらないようで、息子に宿題を手伝えと言うそうなのです。
    息子は融通が利かないタイプなので、そういうのはダメと断ると「だったらもう遊ばない!」と言われるので仕方なく手伝うのですが、どうにも罪悪感があるようです。
    うちで遊ぶときはそういうことはしないので、相手の家に行ったときだけなのだと思います。

    息子の言葉が全て本当かどうかはわかりませんし、相手の親に言うほどのことでもないかと思います。とりあえずA君の家に行くときには自分の宿題を持っていき一緒に勉強しなさい!ということにしました。
    子供同士のことに出来るだけ口をはさむつもりは無いのですが、これでよいのでしょうか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    上下関係を強いる友達でいいのか考えさせる

    しおりをつける
    blank
    しらたき
    宿題の内容によりますね。
    社会や理科の調べ学習のような宿題なら、
    一緒にやってもいいと思います。
    実技テスト前に音楽や体育の練習を一緒にするのは
    とてもいいことだと思います。

    そうではない宿題で、役割分担を決めて答えを
    写し合う癖がついたり、友人が離れるのが怖くて
    言いなりになってしまうのはいけないですね。
    自分の宿題は自分でするものだということ、
    それが出来ない友人は間違っていて、間違いに
    加担する事の善悪についてをお子さん自身によく
    考えさせましょう。
    分かっていても流されてしまうお子さんならば、
    嫌な事を嫌だと言える強さの大切さを、親子で
    きちんと話し合いましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    友達には気をつけましょう。

    しおりをつける
    blank
    最強母
    子供同士のことに出来るだけ口をはさむつもりは無いとおっしゃられていますが、子供同士では解決出来ない問題は親が助けるべきだと思います。ずるくて卑怯でずうずうしい子もいますから、そういう子は避けた方がいいですよ。やさしい子や大人しい子は利用されるだけですし、あなたの子供がかわいそうです。

    それから、子供の友達には細心の注意を払う方がいいですよ。悪い友達と一緒にいるなら、自分では気をつけていても、いずれは影響を受ける事は調査の結果分かっています。大人でも同じですよ。

    自分の子供の事も友達の事も親がしっかりと管理しなければいけません。友達よりも親と接する時間の方が大事なんです。友達との時間の方が長いなら、親よりも友達の影響を受けます。長時間一緒にいる人の影響を受けると言う事です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    もう一度あるようなら・・・

    しおりをつける
    blank
    やじろべえ
    うーん、宿題程度ならまだいいのですが、もっと悪いことならどうなるのでしょう?
    「もう遊ばない」をテコに色々要求されるかも知れません。
    友達を失いたくないから、いけないと分かっていても友達の万引きを注意できなかった、もしくは自分もしてしまったというのはよくある話です。

    親が介入することではないですが、別の機会に例え話などで「いけないものはいけない」ということを話してみてはいかがでしょう?
    その程度のことで遊んでもらえなくなる友達なら、いなくても結構!
    朱に交わればなんとやら、とも言いますしね。

    もう一度息子さんが何らかのサインを示した時には、対応は変えたほうがいいかも知れませんね。
    規律の問題でもありますし、良き友人を選ぶ知恵をはぐぐむいい機会かも知れません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    なんとまあ

    しおりをつける
    blank
    ケロリン
    大人でも週1の休みではリフレッシュできないのにましてや子供、かわいそうですね。
    スポーツだから勉強とは違うと思われているのでしょうが、親の所有物、エゴとしか思えません。
    それは宿題をしてもらいたい気持ちにもかられるでしょう。
    しかし本人にとってもちろんよくないですし、親御さんも肝心の宿題には全く目を通していないのですね。
    そうでないと自分の子供の字かそうでないかなんてすぐにわかるでしょうから。
    先生も気付かないのがおかしいですね。
    親御さんに話しを持ち出すのも気が引けるところもありますし、一度このような状態が続くのなら先生に聞いたままのことをお知らせしてみてはいかがでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    似ているかも

    しおりをつける
    blank
    観察母
    息子3年生も、近くの塾通い週6日の友達がいます。
    友達は、大変お行儀がよく大人受け?(慣れ?)しているタイプ。人間観察が趣味なので、ふ~ん、と思って付き合いぶりを見ていたのですがある日を境に全く遊ばなくなりました。
    さりげなく理由を尋ねてみると、自己中ですぐに仕切りたがるのに人の気持ちを全然考えないから!だそうです。
    私の目から見て、大人に対する態度と子供同士での言葉遣いや態度が全く違う事は知っていましたが、私自身が幼い頃から母親に友達の選択を強いられるような環境で育ったので少々気はもみましたが見守りました。
    他のお友達とも彼の件では意見が合ったらしく、前も少ししか遊べなかったのに全くおつきあいしなくなりました。しかし、さすがは子供です。先週あたりから久しぶりに彼と遊ぶようになったとか。
    どういう風の吹き回し?と思っていると、「男にも色々あるんだよ」との返事です。
    人にはいい面も悪い面もあると、自身で学べた事が見守る派で良かったケースです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    言うべき時もある

    しおりをつける
    blank
    いや
    私が子供時代のことを思い出しました。
    おとなしくてのんびりした性格だったので、嫌なことを嫌と言えない性格でした。

    近所に同年代の子が少なかったので、仲良くする子が限られていたのですが、ずるくて図々しい子がいてよく利用されていました。
    一緒にそろばん塾へ行っていたのですが、「荷物を持ってくれないと一緒に行かない!」とか、親から言いつけられた掃除を「一緒にやってくれないんなら遊ばない!」とか言うのです。

    私は人に何かをやらせたり図々しいことをするのが嫌いで、それは今も昔も変わりません。
    その性格は自分でよいことだと思っています(笑
    たいていのことは乗り越える根性が備わったからです。
    でも子供の頃散々利用されたことは今思い出してもやはり悔しいものです。

    目に余ることは親ごさんがきちんと言うべきだと思います。
    不当なことはやらせる必要はありません。

    逆に考えれば人にやらせる、利用する、使う、という性格が子供の頃から身に染みている子の将来を思うと薄ら怖い気がします。
    その子のためにも断るべきだと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0