詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母の死

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    紅葉
    ひと
    去年の暮れに母を癌で亡くしました。 母の癌が見つかったのは3年前で闘病生活を続けていました。見つかった時には既に骨転移まで進んでいてあと何年生きられるかわからない状態でした。 私は三人兄姉の末っ子で上2人は家を出ていて、両親は離婚していたため最期まで一緒に住んでいたのは私だけでした。2年半の闘病生活の中で心残りがないように一緒に旅行をしたり話をしたりはしていました。ただ、もういないんだ、もう話せないんだ、とわかると途端に悲しさやもっと一緒にいるべきだったという後悔が押し寄せてきます。 母は「私はあなたたちの母で幸せだった。」と言っていましたがもっと何かしてやれることがあったのではないかと思えてなりません。 母が亡くなって8ヶ月は大丈夫だったのに、母と過ごした、私にとっては実家である我が家を売らないといけないということに今は涙が止まりません。私は今年20歳になり、浪人生でもあるので父の元にお世話になります。父の家に一泊した時に実家がなくなる。母との思い出もなくなるんだ。ということがストンと心の中に落ちてきました。なぜ今まで大丈夫だったのかというぐらい後悔と寂しさが押し寄せてきて家に帰ると涙が止まりませんでした。 また、父は今年の3月に脳梗塞になり左半身が不自由になりました。父の手助けをしていくうちに母は私に気を使っていたのだ、本当はもっとやってほしいことがあったのではないか、という気持ちになってきました。 母は医師で母から聞く仕事の話と母の闘病生活から私は医師になりたいと思い、高3の11月に進路変更をしました。今は母のような医師になりたいと思い勉強していますが、なかなか勉強に身が入らなくなってしまいました。 この悲しさは時間が経てば薄れていくものなのでしょうか。それとも一生ついて回るものなのでしょうか。どうか皆さんの意見を聞かせてください。

    トピ内ID:4796311900

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 221 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    母とともに

    しおりをつける
    🐤
    ICHICO
    実家も失う・・・お辛いですね。 家ってさ、いろーんな思い出が詰まっている場所なのよね。 親が亡くなっても住んでいた家に行くとそばにいてくれるように気持ちになれるのよね。 これがトピ主様も結婚して自分の家庭を築いていたならすこしは気持ちも楽だったかもしれないな。 それでもね・・・・ 私も自分が育った実家が亡くなるという状況を経験しました。 (両親が勝手に売却後、田舎に移住) 寂しかったな。 トピ主様を慰めてあげることは出来ないのが残念。 かける言葉も無いのがつらいです。 でもね、いまのトピ主様の状況を天からお母様がみたらどう思うのかな。 なんて言っているのかな。 「がんばって」 「くじけないで」 「目標を見失わないで」 それと 「ごめんね」とも言っているんだろうな。 >母は私に気を使っていたのだ、本当はもっとやってほしいことがあったのではないか、という気持ちになってきました。 それは違うよ。 お母様はトピ主様が将来に向けて一生懸命頑張っている姿を目を細めてみていたと思うよ。 親ってね、自分がどれだけしんどくても子供を応援するんです。 お母様は医師だったということですから、病状については自分自身で十分に把握しておられたでしょう。 それこそ亡くなる直前までトピ主様の背中に向かって「がんばれ」となげかけていたんじゃないかな。 愛する人を亡くした悲しみは、時が経っても薄れることはないと思います。 でもね、嘆き悲しんでいる姿をお母様がみたらどう考えるのだろうね。 ちょっとそこに思いをはせてみてはいかがかしら。 トピ主様が医者になる目標はお母様も応援してくれていたんでしょ? がんばって

    トピ内ID:6627761891

    閉じる× 閉じる×

    わかります。

    しおりをつける
    😢
    mami
    紅葉さんこんにちは。お母様を亡くされたとのこと、大変でしたね。私も昨年の10月に母を肺癌で亡くしました。父はもう18年前に他界していまして、私は嫁いでいたため未婚の弟が母と暮らしていました。私の経験からですが亡くなってしばらくは葬儀などで落ち着かないため気が紛れていますが一段落した時に一気に寂しさや悲しみが押し寄せてくるのです。 もうすぐ一周忌を迎える今も会いたさや後悔で涙が出ます。だから紅葉さんの感情は普通のことだと思いますし、お母様を想ってのことですからお母様はどんなに喜んでいるでしょう。 私は今でもなぜもっと優しくできなかったのか、なぜあんなことを言ってしまったんだろう、と今でも母の写真を見るたびに思い涙が出ます。でもどんなに精一杯してあげても後悔はあるものだと言ってくださった方がいました。 紅葉さん、あなたは精一杯のことをしてあげたのですよ。確かに親を亡くした悲しみはこの先も忘れることはありません。 でも、毎日お母様を想い、語りかけることで懐かしい存在になる時がきっと来ます。 あなたはまだお若い。どうか負けずにお母様と同じ医師の道を目指してがんばってください。 きっときっと、お母様はそばにいて応援してくださっていますよ!! ご自分の気持ちに逆らうことなく、泣きたい時は泣いて少しずつでいいから前を向いてくださ いね。 うまく気持ちが表せずへたな文章でごめんなさい。お互いがんばって生きていきましょうね!!

    トピ内ID:8289864802

    閉じる× 閉じる×

    時間薬

    しおりをつける
    😢
    銀猫
    はじめまして。 私も、去年大好きな母を亡くしましたが、一年経ってもいまだ悲しみがやってきます。 トピ主さんは、お母様の闘病生活をずっと支えてきて、お母様を看取ることができたのですね。 最期のまで側にいてあげられたんですもの、 お母様は嬉しかったと思いますよ。 私の母は突然死で、離れた場所で暮らしている私が半日後に駆けつけたときには 永遠の眠りについてました。 父も突然死(うちも離婚してて孤独死でした…)でしたので、両親に対しては後悔しかないです。 いつも側にいてくれた親が亡くなる… 本当に辛くて悲しいです。 時間薬、とはいいますが、こうして思い出すと涙が出ます。 無理に忘れることはないですよ。 お母様を愛した分だけ、悲しみは消えません。 だからこそお母様との思い出も消えません。 おうちは無くなっても、記憶は無くなりません。 お母様はきっと見守ってくれていますよ。 医師だったお母様ですもの、今でも優しく強く温かくトピ主さんの側で応援してくれていますよ。 お母様のことを思い出して涙が出そうになったら、一緒に過ごした日々を思い出してみてください。 一緒に笑ったこと、楽しかったこと。 そして「ありがとう」と言ってみてください。 私の母も明るくて天然キャラで、 天然ボケの思い出ばかりで、涙が出ながら笑ってしまいます。 お母様のように素晴らしいお医者様になってください。 長文失礼いたしました。

    トピ内ID:6761856090

    閉じる× 閉じる×

    すぐには消えない

    しおりをつける
    blank
    小心者
    1年くらいは後悔ばっかりですが、3回忌ころ(2年後)から良い思い出のほうが多いですね。 私はその直後昨年、夫を亡くしましたが、こちらは懺悔と後悔ばかりでいまだ立ち直れません。 人間ってそんなものじゃないですか?あんなにいびられた姑も今は懐かしい、よくしてくれたことばかり思い出しますから。

    トピ内ID:6875104264

    閉じる× 閉じる×

    形あるものはなくなる

    しおりをつける
    🙂
    うみ
    両親が亡くなって実家を売る、実家がなくなる、というのは多くの人が通る道だと思います。 そのまま子供が相続し、住み続けた、という方がラッキーなことです。 実家がなくなってものお母さまとの思い出は消えません。思い出を大切にしてください。

    トピ内ID:7280070882

    閉じる× 閉じる×

    母親にとって最高のご褒美

    しおりをつける
    🐱
    ラフマニノフ
    祖母の葬儀のとき、ご近所の方の父への言葉を思い出しました。 「私は25歳で母を亡くした。その年まで一緒にいられて、あなたもお母さんも幸せだ。」 祖母は90歳、父は60代後半。その父も89歳で亡くなり私は50歳でした。その年になっていても肉親の死は悲しく後悔もたくさんありました。 それから数年たちますが、あなたのトピを読んで思い出して涙が出ました。 後悔や悲しみが消えたわけではありませんが、「ずっと続いている」状態から、「思い出す」状態になって、思い出すのが「ときどき」から「たまに」になっていきます。 また「思い出す=悲しい」-->「思い出す=悲しい&懐かしい」-->「思い出す=懐かしい&悲しい」-->「思い出す=懐かしい&ちょっと悲しい」に変わっていきます。 あなたはまだ「ずっと続いている」状態から抜け出せず、お辛いのでしょうね。 私は仕事を支えに抜け出せました。技術職で、仕事に集中すると他のことは頭から消えてしまうタイプです。会社に行って義務として終わらせなければいけない仕事をこなすうちに、元の集中力を取り戻すことができました。仕事している間だけは、悲しむ心を休ませることができました。これが私の天職だと実感しました。 あなたのお母様は医師として、人の生死に向かい合うことが一般人より多かったでしょう。残された家族の気持ちもよくお分かりでいらしたと思います。まだ若いあなたを残していくことに「こんなに早くさよならしてごめんね」と思っていたのではないかしら。 あなたはお母様に「勉強しなさい」と叱られたことはありませんか? あったらそのときのことを思い出して。 なかったら「勉強しないとお母さんに叱られる」と思って。 「お母さんのような医師になりたい」というあなたの気持ち、母親にとって最高のご褒美ですよ。ぜひ実現させてください。

    トピ内ID:0290857786

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]