詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お香典返しの営業について

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    加奈子
    ヘルス
    先日濃い身内が突然亡くなり、本人の家族はじめ皆呆然としています。
    特に家族は頭も空白状態で、私達が葬儀等の実務をサポートしてようやく初七日を迎えました。

    亡くなってすぐから様々な『香典返し』の営業が来て不快でしたが、彼らも仕事だと思い、私が応対して今はまだそこまでの余裕はない旨、お断りしました。

    身知らぬ方達なので割り切れるのですが、問題は町内の業者のことです。

    ギフト兼業のお店が2軒あり、いずれも必ず葬儀に参列してお香典を置いていきます。
    生前は顔見知り程度のお付き合いで、死亡のご連絡もしていないのにです。
    そして必ず2・3日後に営業に来ます。
    義理がらみでやむなくそこへオーダーするご家庭も多いです。

    お香典を頂かなければいいのですが、受付は他人さんにお願いしているし、あとからお返しするのも角が立つし、難しいです。

    ギフト以外の本業でも、夜間人の家に上がり込んで義理責めの営業を主体としているようなので、お葬式でも平気なのでしょう。

    こうした営業形態を平気で行える神経が私には理解できません。

    愚痴も半分入っていますが、皆さんのお考えをお聞かせ頂きたいと思います。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    義理はない

    しおりをつける
    blank
    tome
    びっくりするくらいすばやく、その手の営業は始まりますね。どこで知ったのか?渦中にあったときは怒りを覚えました。早いもの勝ちだからしようがないか...などと今なら思えますが。

    街のギフト屋さんが御香典もってやってくるんですか、すごいですね。 まあでも彼等も全て受注出来るなんて考えていないでしょうし、そのやり方に不満があるのなら、他の所を選べばいいだけなのではないでしょうか?

    角が立ちそうなら、遠縁にギフト関係の仕事をしている者がいて、とでも言っておけばよいのでは?

    地方では、こういう小手先の技は使えないのかな?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そうなんですよね。

    しおりをつける
    blank
    mirumiru
    15年前、父が急死した時、そんな状態でした。
    お仏壇やらお墓やら香典返しやら、それはそれは様々な営業電話がかかってきていましたよ。
    初めは「香典返しはもうお願いしていますので。」とか「まだそれどころではありませんので。」なんて答えていたのですが、毎日毎日何本もの電話にイライラしてしまい、
    「他人が死んだ情報なんか一体どこからどうやって仕入れたんだ!!」
    と怒鳴りつけてしまいました。
    (ゴメンナサイ。嫌なガキでした・・・・・。)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ユニセフ

    しおりをつける
    blank
    らんりん
    人の死を商売にしている人もいるんですもの。仕方ないですね。香典返しをユニセフに寄付してはいかがでしょうか。ユニセフではお礼状も用意してくれるというのをきいたことがあります。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    只でさえ大変なのに…

    しおりをつける
    blank
    のの
    さらに気を遣わなければならないなんて、大変ですよね。

    私だったらどちらもお断りして、別の所で頼みます。
    その方たちはどうせ地元のほかの方が亡くなられた時にも、同じようなことをしてらっしゃるのでしょうから、断られるのには慣れていると思いますよ。(というか、そう思いたい。)

    それにしても、本当にそういった類の電話は、一体どこから情報をしいれるのでしょうね。
    私はわりと早くに父を亡くしていますが、父の亡くなった数ヵ月後に、母宛てに大手の結婚紹介所からハガキが来たのには驚きました。
    母はその時もう50歳近くでしたし、それまではそんなハガキが来たことは無かったのに。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    本当に嫌なものですね。

    しおりをつける
    blank
    浦島おばさん
    一昨年秋実家の母を無くしました。訃報に驚いて即航空券、休暇等の手配をして(在米です)帰国したにもかかわらず、お通夜にも告別式にも間に合いませんでした。
    が、一番驚き腹立たしかったのは、葬儀が終了と同時に鳴り出した電話とドアのベル。全てが墓地の斡旋、および香典返しの押し付けガマシイ親切の押し売り。

    結局初七日を待って、家を留守にする事にしました。彼らもお仕事だという事良く判ります。が、中には家迄押しかけて、”既に業者を決定しております”と応えると、”そんな風に嘘ついて追い返しているんでしょう”と人の気持ちを逆なでする様な事まで言ったかなり年配の業者の方がいました。

    本当に人の不幸は蜜の味を身をもって経験しました。2週間後帰国して実家の者が郵送、配達等全て香典返しのカタログを計ったら何と14キロもあったとか。香典返しは葬儀の直後に実家では某デパート外商と決定していました。

    本当に何とかならないかと憤慨しました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    加奈子
    tomeさん、mirumiruさん、ありがとうございます。
    モヤモヤした気持ちがわかって頂けて嬉しいです。

    法事ギフトの営業だって数ある職業の一つなので、否定する気は毛頭ありませんが、やはりデリケートな配慮は必要ですよね。

    全く何の所縁もない業者の営業さんならまだ割り切れますし、ご苦労様と思わないでもありませんが、私が本当に嫌なのは町内の業者さんなのです。

    何のお付き合いも無いのに、受注欲しさにお香典を持ってお悔やみに来る、というのがとても嫌なのです。

    同じ事なら見ず知らずの業者さんより顔見知りの方から購入したいのが人情だとは思いますので、率直に営業だけしてくれればあまり拘らないつもりなんですが、見返り期待丸出しの姿勢が堪りません。

    tomoさんが仰るように、頼まなければ済む話で、今回ももちろん穏便にお断りします。

    このような事は私の住む町(東海の田舎)独特のものなのでしょうか?
    それとも他にも行われていて、拘る私がおかしいのでしょうか?

    ご意見をお聞かせ下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    失礼な営業

    しおりをつける
    blank
    すいか
    私も十数年前に父を亡くしました。

    早かったですよ。葬儀屋さん。
    何しろ私がバイト先で父が倒れた事を知り(実はそのときは既に亡くなっていた)急いで家に戻るまで約1時間。
    私が帰宅したときは既に葬儀屋が家に上がりこんでいましたから・・・。
    病院やお寺と繋がっていて、近所で不幸があると連絡が入ると聞いた事があります。
    (本当かどうかはわかりませんが)

    葬儀も香典返しも全てその葬儀屋さんにお願いしたのですが、しばらくしてからDM(香典返しや仏壇等)や電話のすごいこと。

    ある失礼な営業がいました。香典返しは既に手配済みだと伝えたところ「それでは、また何かありましたらよろしくお願いします」と。
    また不幸があったらって事か?と思って絶句しました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0