詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供同士の遊びの中のケガ

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    かず
    ひと
    息子達近所の子供何人かで道路で鬼ごっこをしていた時に鬼に追いかけられていた子が必死で逃げるあまり自転車と出会い頭に衝突してケガをしてしまいました。
    ケガが軽くすんだのが幸いですが。。。
    問題なのが鬼がうちの息子六年。けがをした子が二年生。その他いろんな学年がまざって遊んでいたようですが六年はうちだけでした。
    息子のわるかったところは道路で鬼ごっこをしたところ。最上級生としてスピードの出しすぎの子に注意をしてあげれなかったこと。だと思いますが・・・
    ケガをしたのもやはり追いかけていたうちの子の責任でしょうか?
    私がけがをした子の親なら自分の子に道路でスピードを出して鬼ごっこをするなと叱ると思うのですが謝りにいったほうがいいでしょうか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それはもちろん

    しおりをつける
    blank
    とんた
    なんらかのお詫びやお見舞いの言葉は必要だと思います。
    鬼ごっこを道路ではみ出してやるのは論外だし、低学年と6年生が遊んでいたのなら、6年生が率先してはみ出さないように遊ぶよう指揮して欲しいと思います。
    はみ出たのは、みんなで悪乗りしか結果なんですから。

    トピ主さんのお子さんが一番年上なのですし、全て悪いとは思いませんが、ちゃんと言って聞かせるべきことではありませんか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    子供同士ですが

    しおりをつける
    blank
    鬼さん
    鬼ごっこだったのですよね

    息子さんが直接の原因にはならなくても、怪我の要因にはなりますよね?
    相手が小学2年生ならまだ幼いですから、一言親御さんに怪我の様子など聞けばよかったのかなと思いました

    小町に投稿している時点でのんきな人だなぁと思います
    自転車との衝突でも運が悪ければ骨折や死亡の原因になりますよ

    軽い怪我だからとかの問題でなく、自分の子がかかわった遊びで怪我をしたのだから相手の方に挨拶をされたほうがいいと思いました

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    鬼ごっこでスピード制限!?

    しおりをつける
    blank
    のろま鬼
    "スピードを出さずに鬼ごっこをする”って??ちょっと意味が分かりませんが・・・
    そもそも道路で遊ぶのが大間違いだと思います・・・
    ぶつかったのが”自転車”で良かったですね、”車”じゃなくて。自転車の方も驚いたことでしょう。
    ”道路”は問題外ですが、異年齢の子達が集まって遊ぶのは良いことですよね。でもその場合、やはり高学年の子が低学年の子の手本になったり、面倒を見たりするべきだと私は考えています。
    私が以前住んでいた地区でも、道路、駐車場で高学年の子から幼稚園生まで大勢遊んでいましたが、高学年の子でも、”駐車場で遊んではいけません”等の看板の意味が分かっていないようでしたよ。ただ群れてるだけで、縦のつながりなんてなかったみたい。
    ”道路なんかで遊んでいて事故があったら、大きい子にも責任の一端があるんだから”と考える親御さんなら、自分の子を道路では遊ばせないんでしょうがね。
    怪我した二年生の子の親も道路と分かっていて遊ばせていたのだから、どっちもどっちでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    無事で何よりでしたね

    しおりをつける
    blank
    オレンジ
    6年生に追いかけられたら、2年生は必死になります。相手への注意より、こちらが手加減してあげるべきかなと。道路で遊んだのも勿論、ただ1人の最上級生として、そこに気がつくと良かったねと伝えます。私の子どもがケガをしたら、道路で遊んだ危険を注意し、安全な遊び方について確認しますが、自分がトピ主さんなら、軽傷でも謝罪には行きます。

    最近のトラブルで気になるのは、どっちが良い悪いと、責任はあるのかという発想です。これは、あまり自分側の責任を引き受けたくない或いは責任は軽微と思いたい、相手にも非があるという思いを感じます。

    それはとことん揉めた時の発想ですし、極端な話です。びっくりしたよね、怖い思いをさせてごめんねと言えるように、子どもを励ましてやりたいと思います。相手に非云々より、一緒に遊んでいたことでケガをしたのですから。その重みをきちんと感じられる子どもであってほしいし、親としてもそうありたいと思います。

    重要なことは、ひとつ間違えたら命にかかわっていた事態だったことを我が子に理解させることではないでしょうか。その意識が親にあれば、自ずと態度は決まってくるのではないかと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0