詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親からの嬉しかった言葉・悲しかった言葉

    お気に入り追加
    レス46
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ゆいみぃ
    ひと
    4歳と2歳の子の母です。子供がもう少し大きくなると、親の目の届かない所(学校など)で子供が傷ついたりするのでは、と不安です。社会性を身につけるためにある程度はもまれても仕方がないとは思いますが、テレビで引きこもりや不登校などを扱う番組にでてくるように、一生引きずるような重大な事(いじめやコンプレックスを持たせるような事)が起きたら親としてはどう言葉をかけていいのかわかりません。本人が乗り越える強さを持てればいいのですが。
    私自身は人間関係に恵まれていたせいか、たいした悩みもなく、挫折もなく、親子で悩むようなことはありませんでした。
    自分が傷ついた時、悲しかった時、親にこう言われて楽になったとか、逆にこんな風に言わないで欲しかったというのはありますか?言葉でも態度でもいいです。参考にしたいです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数46

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  46
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    貴方と一緒にいると楽しいわ

    しおりをつける
    blank
    ren
    頭はよくない私ですが
    人一倍明るいせいか、
    「貴方と一緒にいると疲れる。
    でも楽しい。」
    ちょっと嬉しかったよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    嬉しい言葉・悲しい言葉

    しおりをつける
    blank
    パッション
    嬉しかった言葉
    ・「お前はいい顔をしている」
    ・「辛抱強い」
    悲しい言葉
    ・「こんな事も出来ないのか!!」
    ・「嫌なところがお父さんに似て!!」
    ・「結婚、子供が居ない人が偉そうにいうな!!!」
    こんな感じですね。
    両親ともども劣等感や自己評価低すぎ!!
    結婚してなくて子供が居ない私を「可哀想」扱いするので、自己評価の低い子になりました。

    ぜひとも他人の評価が全てでなく、ほんの一部に過ぎないということを教えて差し上げてください。

    他人評価は気分でも変わる。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私の場合は・・

    しおりをつける
    blank
    てるてるぼーず
    母親に、大人になるまでに言われた辛い言葉は・・・
    「お前は顔が悪い」
    「何をやらせてもダメなんだから!」
    「グズ」etc・・・・

    その後、母親との衝突や私自身の病気克服などの経験を乗り越えて、今では
    「気楽にいこうよ!」
    「おまえなら出来るよ」
    「辛い時は休めばいいんだからね」など言われるようになり、否定される言葉は言われなくなりました。

    誉めれることと、辛い気持ちをわかってもらえる言葉は、子供にとって(大人になっても)すごく生きる力を与えられると思います。私自身、否定され続けた過去は辛いものでしたが、今はすごく前向きになり母親を本当に好きだと思えるようになりましたよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    母の言葉

    しおりをつける
    blank
    ちょこざいな
    受験だの友達関係だので悩んで疲れて
    登校拒否をしていた中学3年生の時、
    「お母さんは、全部あなたの味方だから」と
    言われました。

    怒られもせず、なぜ学校に行きたくないのかといった理由は一切聞かれませんでした。

    その一言で、翌日からまた元気に登校できるようになりました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    嬉しかったこと

    しおりをつける
    blank
    marimari
    言葉では、「marimariちゃんは、お母さんの自慢の娘!」でしょうか?
    これは別に褒めてくれたのではなく、私が会社がイヤですごく取り乱していた時期に、会社の上司の悪口を口走ったとき、母が言った言葉です。
    「marimariちゃんは、お母さんの自慢の娘!だから、人のことをそんな風に言うのはやめてね・・・」と、涙を浮かべて言っているのを見て、すごく反省すると共に、嬉しかったのを思い出します。

    あとは、小さい頃の記憶ですが、母はいつも私の前髪をそっとかきあげてくれていました。それは例えば私がお昼寝をしているとき(寝付けない時など、それに気づいていました)や、母が友達と立ち話をしている時にも無意識のように。
    その感覚が、なんだかとっても大切にされていたように思えて、今でもすごーく記憶に残っています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    芯が強い

    しおりをつける
    blank
    あー
    こんばんは!

    私の母からいわれました。

    「あーちゃんは芯が強い。
    そして、自分でやりたい、やるといったことは全て
    自分の力で叶えてきた。すごいよ。あーちゃんは自分で夢をかなえられる子だ。」

    私の父から、明日入籍、という日に。

    「いつでも、帰って来いよ。あーちゃんはお父さんとお母さんの子だから。つらいことがったらいつでも帰ってきていいんだから。なんでも相談にのるから。」

    部活、一人暮らし、留学、その他にもいろんなやりたい事や
    目標があって、自分ではまだまだ!って思ってたところに
    母に言ってもらって、肩の力が抜けた。自然になれた。

    一人娘が嫁にゆく。式の日取りも決めてなかった。
    明日入籍という日、父と母と愛猫と私。
    忘れられません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    親が子供を信じなくて誰が信じるのよ!

    しおりをつける
    blank
    ゆな
    高校2年になる時、寮を出て一人暮らしをすると母との二者面談で担任の先生に言ったところ、私は遅刻、欠席が多かったので先生は学校に来なくなると思ったらしく反対されました。

    母は普段人と争ったり、お店にクレームを付けたりという事は一切せず、こちらが少し我慢すればすむことなら・・・という感じです。

    そんな母が学校から帰ってきて、「先生は男の子を連れ込んでて学校に来なくなって自主退学した子もいるから反対。って言われたけど、お母さんは『親が子供を信じなくて誰が信じるんですかっ!』って言ってきたから絶対ちゃんと学校行ってね」って言われてとてもびっくりしました。とても嬉しかったです。

    その後、先生にあの子は変わりましたよって言われる程遅刻、欠席はなくなりました。子供に一切干渉しない親なのですが、その時に親の愛情を感じました。一生忘れないと思います。

    素敵なお母さんになってくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ろくなことがない

    しおりをつける
    blank
    a
    父親が、口を滑らせて飼い犬のくせに、と言ったこと。
    テレビで年金の話題が出たとき、老後の面倒は子供に見てもらうから大丈夫、と聞こえよがしに言ったこと。
    普段は心配してやってるだの、子供のためだのと言ってた母親が、影で老後の面倒を見てくれるだろうかなんて話をしてたこと。

    とうぜん、家を出てほとんど絶縁してます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    誕生日に

    しおりをつける
    blank
    おもひでぽろぽろ
    「あなたが生まれてきた日は雪の降るとても寒い日でした。生まれてきてくれてありがとう」
    という言葉には泣けました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    冤罪の時に

    しおりをつける
    blank
    ほびー
    小学生の頃の話です。
    同級生の親から「お宅の○○ちゃん(私)が、うちの子の傘を壊しました」と電話がかかってきたのです。

    親から説明を求められ、そんなことはしていないのに、なんで傘を壊したと思われたのか分からず、小学生の私には「本当にやっていない」と泣きながら親に訴えることしかできませんでした・・・。

    私が無罪であることは、私と、傘が壊れたことを私のせいにした友人以外、誰も分からない状態だったはずです。そして「私がやっていない」ということを証明できるはずもなく、私は絶望的な気持ちでいました。

    それでも母親は私が必死に「やっていない」と言う姿をみて、私の主張を信じてくれました。

    決して「いい子」でもなかった私だし、
    やっていないことを証明することもできなかったのに、
    それでも私の言うことを信じてくれた母親の態度は、口にこそ出さなかったけれど今でも嬉しく思っています。

    私も後少しで母親になります。
    自分の子どもを信じられるような子育てをしていきたいと思っています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  46
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0