詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    留学と、一生働ける仕事

    お気に入り追加
    レス59
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    春休み
    仕事
    今春から大学の上回生になります。
    卒業が近くなるにつれ、真剣に進路を考えなければならない時期になりました。
    しかし、私は特殊な語学を勉強しているので来年一年休学をして海外留学をしたいと思っております。
    両親(公務員)にそのことを話したところ、「留学した後に何か残るものがあるの?普通の企業なら、何年も遅れて(一浪しています)女で新卒でなんて採用してもらえない。たとえ仕事に就けても安定した収入があって、一生働けるものでないと!」と難色を示されています。
    確かに私の語学は直接就職に結びつく可能性が低いです(需要といえば、通訳・翻訳業ぐらい)。また、留学は語学力と卒論のためであり、就職を考えてのことではないのです。
    経済的に頼らねばならない両親にそんな風に言われてしまえば、どうしようもなく、どのように納得させたらよいのか悩んでいます。
    就職についても、公務員試験は受けるつもりですが、企業となると親の言う「一生安定した仕事」なんてあるのだろうかと考えてしまいます。
    少しでもいいので、どなたかアドバイスを下さい。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数59

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    経済的自立をしているかしていないか

    しおりをつける
    blank
    REAL
    外国語の学部を出て、現在は海外勤務です。マイナー言語専攻で、それを使う仕事に就くケースは少ないですね。その狭い道を狙うための留学でなく、勉強のための勉強の場合、美術史や哲学の留学と同様、就職に結びつかない留学となり、親と意見が合わないのはよくある話です。(女性の場合、手元に引き止めたいという親の心情も。)

    経済的に独立しているなら、自分で決めることです。親を経済的に頼ろうとしているなら、まず経済的自立が先かも。(働いて自分で貯金してから留学を考える。)

    なお、「一生働ける仕事がいい」のは同意しますが、それは一生同じ組織に居ることは別です。「一生安定した仕事」はもはや幻想に過ぎないことは90年代以降の日本を見れば明らかです。ご両親は公務員で社会変化に敏感でないかもしれませんが、ご両親の意識は完全に前時代のものですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    アドバイスといえるかどうか

    しおりをつける
    blank
    海外在住
    特殊な語学を「勉強している」というのは、大学でですか?それとも趣味で?何となく文章からはわかりにくかったのです。「卒論」と書かれてあったので、大学で、とわかりましたが。それほど、何と言うか、遊び感覚のような印象を受けてしまいました。

    大学の勉強であるならば、それを極めて就職に結びつけることは可能ですよね。真のプロフェッショナルとして。しかも特殊なら競争相手も少ないでしょうし。「通訳・翻訳業くらい」と書いていらっしゃいますが、企業に勤めると定年がある一方、通訳・翻訳業にはありませんので、「一生できる仕事」にはなります。日本でその需要がどれくらいあるのかも調べなければならないでしょうが。

    卒論だけのためで、将来の仕事にしようとは考えていらっしゃらないのなら、ご両親の言うことのほうに一理あるかなぁ、と思います。

    大企業に就職することがすべてではない、とは思います。でも、この語学を使って就職するぞ、という覇気が感じられないので、ご両親も心配しているのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自分の人生です

    しおりをつける
    blank
    love
    親が「安定を」というのは、どこの親も一緒です。
    でも、その意見を受け入れるかどうかは、投稿者さんの人生なので、ご本人が決めることです。自分の人生は自分にしか責任が取れません。人の意見に決断を委ねていては、後悔先に立たずです。
    ご両親が留学費用を出さないと仰るなら、ご両親から借金するとかバイトして少しでも捻出するとかされてはいかがでしょうか。
    就職についてですが、わたしは24歳のときに新卒でした。公務員はどうなのかわかりませんが、何も問題なかったですよ。むしろ卒業して間もなくのときよりも、落ち着いていたし、面接でも自分の言葉で話せるようになっていたので良かったです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あまり気にすることもない

    しおりをつける
    blank
    ぼんど
    とりあえず、海外留学経験で一年くらい遅れても就職には影響ないです。一部上場でそれなりにところなら、1浪、1留(ただし理由が説明できること、留学ならOKでしょう)なら問題ないですよ。親としては遅れることを気にするのはわかりますけどね。

    そのかわり、問題ない=入れるではないですよ。
    留学したのならば、それがどういう意味で自分にプラスだったかをきちんとアピールできないとだめです。

    実体験をもとにアピールができないと、留学してようが、してなかろうが就職は厳しいです。言葉だけでいいこといってもダメ~!

    でもって、特殊な言語をやっているとしても、英語はそれなりにできるようにしておいてください。

    あと、一生働ける仕事なんてのはないです。あることはあるけど、就職するだんかいでわかるものではないです。そういうのは、働きながら探すものです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    がんばれ!

    しおりをつける
    blank
    komuko
    >語学力と卒論のためであり

    留学するのには、十分立派な理由だと思います。日本ではなかなか上達させられない特殊な言語であればなおさら、今のうちに留学して、実際に使って語学力を高めておくのは、将来必ずどこかで役に立つ日が来ると思います。

    それに企業も、いわゆる「学歴」だけをみているわけではありません。いろいろな経験から、何を学んだかが問われます。

    終身雇用も崩壊し、「一生安定した仕事」に就きたいのなら、国家資格が必要な職業を目指したほうがいいでしょう。

    私の友人も大学時代、あまり需要があるとはいえないアジアの言語を勉強し、その国に留学しました。その実績が買われ、就職率が一番冷え込んだ時期に、日本を代表するような会社2つから内定をもらっていました。そのひとつの国際部で、バリバリ働いています(その言語をあまり使えないとは言っていますが)。

    何が功を奏するかわかりません。留学できるチャンスがあるなら、生かしたほうがいいと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    差し出がましいかもしれませんが

    しおりをつける
    blank
    Jenn
    こんにちわ。私は現在、留学中の身です。

    トピ主様とは状況が違うと思いますが、留学を伝えた際、私も両親から留学してそれがうまいこと将来に繋がるのかと反対されました。私の両親はそれ程、頑でもなく、私が本気でやりたいと思っている事を伝えれば、今は応援し心強い後ろ盾になってくれています。
    現状では私自身の方が留学終了後、職探しに難儀するのではないかと不安です。

    トピ主様の意思はお勉強の為に是非に留学をしてみたいということですね?まずは、はっきりとその意思をご自分で持つ事が大切かと思います。抽象的な言い方ですが、やはり、やりたいという気持ちがあれば否が応でもそちらへ向かって行きますよ。

    ご両親への説得はお悩みを拝見した限りでは、難しそうですが、これも率直に自分のやりたい気持ちを伝えるしかないのではないでしょうか。一度に説き伏せようとしないで、少しずつでも何度もお話ししてみてはいかがでしょう。ご家族は過去の経験やお考えを元に貴方の事を考えてアドバイスをしてくれているでしょうから、それも耳に入れた上で、貴方の意思を分かってもらえる様に話し合ってみては?

    貴方の希望が叶う様に祈っております。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    後は押しです

    しおりをつける
    blank
    KEN
    基本的に一年就職浪人になるから、仕方なく親のすねをかじってやる気も無いのに留学する人間もいますが、きちんとビジョンを持っていれば就職上不利になることは最近はありません。
    私も海外留学経験がありますが、やはり「海外へ行って一番良かったことは?」と聞かれると、留学を通して考えが変わった(気がする)ことと答えてます。
    (語学留学1年程度では、よほどの覚悟が無い限りは完全習得は不可能です。)
    あとはレス主さんの熱意だけだと思います。
    どこに留学されるかはわかりませんが、数百万は最低かかりますので、よく話し合ってください。

    本当にちょっとものの見方が変わりますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    不利な理由とは

    しおりをつける
    blank
    ママン
    女子生徒が就職活動をする時に、なぜ周囲の人達と比べて2歳年をとっていると不利になるのか、
    トピ主さんは理由を分かっていますか?

    一般的に女性は結婚して退職する割合が男性より大きく、
    仮に結婚する平均年齢が30歳としたら、
    22歳で就職する人は退職するまでに8年間、
    24歳で就職する人は6年間となります。
    この2年の差、企業としては大きいと思います。
    親御さんのご心配はごもっとも。

    でも、その2年の差を無視できる程、企業がトピ主さんに可能性を見出せば採用されます。
    トピ主さんが魅力的な人物であればいいのです。

    でも、留学は今でないとダメですか?
    卒論とは、留学をしていないと書けないようなテーマですか?
    クラスのみんながそうやって留学していますか?

    留学は、企業でしっかりと働いて貯蓄してからでも遅くはないのでは?
    一度社会人になってからの留学の方が、広い世界を見ることができると私は思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    見えないなあ

    しおりをつける
    blank
    runo
    トピ主さん、その言語を選択したのはなぜですか?
    何か目指すところがあったのですか?
    その民族の歴史や文化を知りたかったから?
    それとも単なる興味?

    公務員試験を受けるのは何のため?
    公共のために働くことが希望ですか?
    資格だけでも取っておいて、いざという時の滑り止め?
    実力試し?

    なんだか、トピ主さんの姿が見えません。
    わかるとしたら「行き当たりばったり、計画性は無し」ってことぐらい。
    大体、語学マスターのためというのはともかく、
    卒論のために1年も休学するというのは本末転倒ですよ。

    また、親御さんは「一生安定した仕事」とは仰ってないと思いますよ。
    「安定した収入があ」ることと「一生働ける」ことを一緒にしてはいけません。
    つまり「就職できずに、安定した収入がないフリーターになる気か?」、
    そういう意味だと思いますが、いかがですか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    結婚資金の代わりに・・・

    しおりをつける
    blank
    chiku
    私も親のお金で大学と1年間の留学をしました。他に姉妹がいたので、不公平にならないように、と結婚資金をもらわないかわりに、留学資金を出してもらうということで。

    正直、英語圏でも1年留学したくらいでは、帰国子女の多い昨今、そんなに突出した能力とは認められないのでは?取得言語がマイナーでも、留学での経験が貴女を一回り大きく出来たなら、それは成功と言えると思います。

    ともあれ、ご両親に出してもらうなら、納得してもらえるように努力が必要です。安全性・留学先の学校・費用などまとめて、それからご両親に掛け合ってみられては?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自分の姿勢では

    しおりをつける
    blank
    ばんた
    ボンドさんの意見に近いです。
    現時点で「きちんとした会社に」「ちゃんと入れる」人材であれば、1年間留学した経験はそんなに大きなマイナスにならないと思います
    マイナーな言語ならば、直接仕事に生かせるというような職種は見つけにくいかもしれませんが、逆に言えばそのような人材は珍しいわけですから、たとえすぐに業務に生かせなくても多様な人を採用したいと考える大企業などにはアピール材料になるかもしれません。
    「一生働ける職場」とのことですが、もちろんどこに勤めるか、ということも大切ですが、自分が「ずっと働く」という意思、姿勢を持っているかということの方がより重要なのではないかと思います
    多くの男性は、そう大仰に構えずとも自然に働いていますよね。。
    さて、そうはいっても、女性の方が仕事を続ける上で困難な事象が色々発生しやすいのも事実ですので、公務員を含め、どのような仕事だったら(あるいは企業だったら)結婚、出産等を経ても働き続けやすいのか、先輩たちの進路を参考に研究しておく、というのは大切かと思います

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    お気楽そうでいいですね

    しおりをつける
    blank
    ルーシー
    わたしにはあなたはモラトリアム期間を延長しようとしているだけのように見えます。

    まず、一生続けられる仕事ってどんな仕事ですか。「一生続ける」かどうかは、まずあなたが決めることです。

    大企業に就職しても、専業主婦になった友達もいますし、医師ですが、パートでしか働いていない人もいます。

    留学よりも経済的自立のほうが先ではありませんか。ご両親にお金は出してください、口は出さないでください、というのもムシがいいお話ですね。

    わたしは大学を卒業して10年もしてから、自費+奨学金で留学しました。大学院でしたが、経済的な問題で一年で帰国し、今は秘書として働いています。

    でも、わたしはこれを挫折とは感じません。自費で留学したことも、帰国を決めて就職したことも誇りに思っています。

    留学しないと書けないようなテーマの卒論ということは、あなたは学者になるのでしょうか。

    知り合いは、講師で食いつなぎながら、歯をくいしばって研究を続けています。これも、一生続けられる仕事ですよね。

    いつまでご両親のスネをかじるのでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    えーと

    しおりをつける
    blank
    みちこ
    「留学した後に何か残るものがあるの?」これの答えがトピ主さんにはありますか?費用を出す以上、無駄遣いはさせられないでしょう。

    語学と卒論のためとかかれていますが、1年留学してぺらぺらになったとします。でも仕事には生かされないとかかれていますよね?直接結びつかないと。ならば、語学マスターしなくてもいいじゃないかと思われませんか?その地で生活するわけでもなく、生活の糧にも生かされない。何のために?

    卒論は留学をしないとかけないものですか?留学しないと大学卒業できませんか?

    メリットとデメリット(リスク)を考えると、ご両親にとっては後者が大きいので、難色を示す。

    トピ主さんの投稿を読んでも、「何のために留学が必要?」なのか見えてきませんでした。知識欲であるなら、それを堂々と言えるようにしないとね。こんなに勉強したいんだと。現地ではこういうことをすると。単なるあこがれの外国生活ではないということを。その一つとして自分でお金を稼ぎ、費用捻出するのもありですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です2 (続きます)

    しおりをつける
    blank
    春休み
    レス有難うございます。
    厳しい意見も、当然のことと思い真摯に受け止めております。
    字数の都合上、理解しづらい文面になってしまったようで申し訳ありません。本当なら、留学と就職の件は二つに分けて投稿した方が良かったかもしれません
    (自分でも書いていて読みにくくなってきています…)すみません。

    1 留学に関して
    大学は国立の外国語学部に在籍し、留学先は専攻語圏です。
    進学当初はあまり考えておらず、単に長期休暇で旅が出来ればいいかというぐらいの気持ちでした。しかし、語学力の向上願望に加え、興味を持つ研究(進学理由もこれ)の資料が日本に少ないとわかったことから、現地で資料探しをするのが一番有効かと思いたち、希望するようになりました。
    いずれにせよ、就職に直結する展望ではありません。

    2 公務員試験に関して
    就職について、前述しましたように公務員試験を受けるつもりです。
    これは、中でも特定の要資格職であり、高校の頃から就きたいと思っていた職業です。
    ですので変に思われるかもしれませんが、「大学での学問と就職が結びつくものではない」というのは進学を決めた時に親にもきちんと話していました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です3

    しおりをつける
    blank
    春休み
    それでも進学を認め、支援してくれたわけですからある程度は理解してくれていると感じていたのですが、
    やはりそうしたある意味「二足のわらじ」が両親には不安定に映るのかもしれません。
    何に本気を感じているのか、完全に伝えられていないというのは私の努力不足ですよね。
    お金のことも、どこまで私に賭けていいのだろう…と思っていると思います。

    3 「一生安定した仕事」ということ
    希望の公務員職は毎年募集があるわけではないので、生活を考えて一般職も視野に入れています。
    親は、低給であってもとにかく「定年まで安定」が最重要だと言います。企業では「業績をいか長く残せるか」が重要だと思うので、年齢はかなりのネックになるとのこと。
    興味のある職もいくつかありますが、安定しているかどうかはわかりません。やはり、保証付きの職なんてありませんよね?
    (ちなみに、フリーターは論外です。私も考えていませんし、きっと勘当されると思います)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です4

    しおりをつける
    blank
    春休み
    就職を別分野でと考えているのなら、結局は道楽ではないか、何も今留学なんてしなくてもいいではないか、というのは私も散々悩みました。
    しかし、3 にもつながりますが、卒業後は尚更趣味のようになってしまうのではないでしょうか。お金は頼うことなくいけますが、一年も仕事を休むなんて可能とは思いません。
    私はそこに自信がもてないのです。
    そして、何といっても納得のいく卒論が書きたい。
    4年かけて学んできた学問を見せる場で、しっかり成果を出したいと言うのは甘いでしょうか。
    最初から、学問か就職か選択していなければならなかったでしょうか。
    まだ、後悔する時期ではないと思うのですが…

    引き続きご意見くださいませ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あなたが本当に何がしたいか見えない

    しおりをつける
    blank
    つづき
    きっと今まで親御さんの言うことを素直に聞いて生きてこられた方なのでしょう。
    そんな印象を受けます。

    あなたにやりたい仕事はあるのでしょうか?
    語学のために留学したいと思うくらいですから、もしかして研究者になりたいのではないですか?
    ただ、多少マイナーな道なので、口に出すのも躊躇されているのではないですか?

    なにか他に就きたい仕事はありますか?
    特にないのであれば、公務員でよいのではないですか?
    語学に取り組まれるような方であれば、試験もおそらく受かるでしょう。
    公務員はそれこそ試験さえ受かれば20代後半でも採用されるではないですか。
    そんなことは、公務員であるご両親が一番よくご存知のはずでしょうけど。

    要は、あなたがどれくらい留学をしたいか、です。
    真剣み、凄みがあれば、ご両親も考えてくれると思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    留学が必要不可欠とは感じられない

    しおりをつける
    blank
    元・語学専攻
    トピ主さんにとって留学がどうしても必要なものだとは感じられませんでした。 ご両親も同様に思われたのでは?
    まず、一年間の留学経験を何としても就職に結びつけよう!位の意気込みがトピ主さんには感じられません。 せっかく語学を学んだのだから、卒業前にちょっと実地練習を・・のノリとも思えます。 
    また卒論を書く為に留学を・・とおっしゃいますが、大抵の学生さんは留学する事無く卒論を書き上げますよね。 特別な分野を研究するために現地に行く必要があるという訳でもない。 本当に卒論に留学が必要ならば、ご両親に「日本では学べないこういった点を」と具体的に現実的にお話できる位に、ご自身が留学目的をはっきりと持っていないと説得力ゼロです。
    トピ主さんは学生さんでお金を稼ぐことの大変さをまだご存知ないのでしょう。 留学費用をご両親に頼るおつもりのようですが、一年間の海外滞在費等は大金がかかります。 トピを読む限りでは、親御さんにとって苦労して大金を工面する程の留学価値が見出せないのだと思います。 
    就職のことも含め、もう一度自分の進路について熟考する必要があるように思いました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    留学費用は?

    しおりをつける
    blank
    あきれ蛙
    ポイントは、留学費用じゃないですか?
    自分で出せれば、もう、自分の人生、自分で決めて良いんじゃないんですか?そろそろそうしなきゃね。
     それとも、親御さんからの援助を当てにしてるなら、しばらく、就職してから、留学を考えたほうがいいかもしれませんね。就職のこと考えるのもわかりますが、後で後悔しないように。
     

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    アドバイスにならないかとは思いますが

    しおりをつける
    blank
    M
    私もマイナー言語を学んでいて、一年間留学しました。やはり卒業後はそれを生かす仕事はなかなか見つからずに苦労しました。

    ご両親に反対されているんでしたら自分でアルバイトをして長期の休みに数ヶ月だけ行かれたらどうですか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    留学経験者より1

    しおりをつける
    blank
    lala
    春休みさんが一生懸命将来の事を考えているのに好感を覚えます。
    私は大学を卒業し20代は大手企業で長期勤めましたが退職し英語圏ではない所に留学をし、帰国して就職をし、30代で再度英語圏に留学しています。
    初めて会社を辞め留学する時には両親と喧嘩になりました(春休みさんと同じ様な理由+婚期が遅れる等)。でも意思を通して留学しちゃいました。

    今は海外で仕事もしていますが、春休みさんのトピを読んで考えることは・・・

    1 1年足らずでは語学修得は難しいが過ごし方次第で良い経験になる

    2 将来語学に関連した仕事に就くなら英語の修得が必須+第2外国語+何らかの専門的技術=就職

    3 経済的自立をしていた方が良い。留学費用はご自分で全て捻出できますか?

    4 海外で仕事をする時も日本で再就職する時も、日本での社会経験が役立つ。年齢は30代後半だと日本での就職は難しいかもしれませんが、実際力のある方は大丈夫ではないのでは?と思っています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    留学経験者より2

    しおりをつける
    blank
    lala
    公務員は仕事としてはやはり安定している方だと思います。一生安定する仕事なんてありません。仕事をして技術と経験を身に付け自分で仕事を選べるようなレベルに持っていくような努力をすることが必要です。

    日本で5年くらい仕事をしてお金を貯めて、その間に熱意でご両親を説得してみてもいいのでは?
    卒論と語学修得のためにご両親の経済力で留学というのはちょっと甘えんぼさんかもしれませんね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    親に全面頼らなくても

    しおりをつける
    blank
    うに
    留学資金を親に頼らなくても、各種奨学金とか国費留学プログラムとかあるのではないでしょうか?アルバイトなどして多少なりとも資金にできるということはないでしょうか?

    私の場合は就職を何年かしてから留学しました。親に賛成はしていませんでしたが、ロータリー財団の奨学金をもらって行ったのでその点では何も言えないようでした。

    そのように、親の経済力に頼らなくても「留学は何とかできる」「選ばれた、認められている」「本気である」という姿勢を見せるのも大切ですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    時間と質と量

    しおりをつける
    blank
    ひよこ
    卒業論文の完成度を上げたいとのことですが、
    一年人よりも多く費やす程のことがあるのでしょうか?

    研究成果を出すというのには、質と量の他に時間も重要です。
    卒論の一年間というのは、単なる現実的な理由だけでなく、
    決まった時間を効率的に使い、結果を出す、という意味合いもあります。

    トピ主さんの場合、むしろ目標が定まっていない、
    泥沼研究になるのではないかと思います。

    もしそうなれば、最もダメな研究となってしまいます。
    卒論を理由にするならば、研究に対してよりシビアに考えなくてはならないです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    行くなら自力で

    しおりをつける
    blank
    トピ主さんの大学かも
    某国立外大でマイナー言語を教えている知人がいますが、
    留学を就職することからの逃避手段にしてしまっている学生が多いと言っていたことがあります。

    「卒論のため」という部分を読んで、その言葉を思い出しました。
    卒論のためと言いながら、本当はモラトリアム期間を延ばしたいだけではありませんか?
    そもそも学部の卒論って、留学必須というような水準ではないと思います。

    自腹で行くのなら、趣味でもなんでもいいと思いますよ。
    ただ、親抱えで留学させてもらうのにもっともらしい理由を付けているだけというのは感心しません。

    ちなみに、私自身にも数年のマイナー言語学習経験があります。勉強の楽しさは理解できますし、趣味で留学するこもいいと思います。
    ただし行くのは自力で頑張りましょう。留学が逃避の手段ではなく本当に行きたいのなら、社会人になってからだって行けます。
    まだ学生さんだからわからないと思いますが、そういう人はけっこういますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    働けば?

    しおりをつける
    blank
    イケイケ!
    バイトして必要費用を稼ぎましょう!大学生なら家庭教師とか塾の講師とか時給の高いバイトがあるはず。

    友達は在学中に留学費用の一部を8ヶ月間で100万稼いでましたよ。卒業してからの留学で帰国後の就職活動も苦労してたけど、専門学校に通ったりして学校の縁で良い仕事に就けたようです。時間が足りないなら親と交渉して借りてみては?

    働いて費用を返済するということで出してもらってはどうですか?それでもダメなら自分で留学ローンを組んで就職後に返済するとか。アメリカの学生はローンくんで大学行ってますよ。アメリカ人に出来て日本人に出来ないはず、ありませんよね。頑張って下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    目標を明確に

    しおりをつける
    blank
    みゆき
     大学を出て企業に就職し、結婚後しばらくしてから退職して留学、現在は翻訳者です。

     自分の人生です。今の自分にとって留学が一番大切なら、留学すればいいのでは?

     ただ、自分自身の経験から言わせていただくと、いったん社会人を経験して、自分で費用を捻出して(大学院)留学してくる人は、心構えが違いますね。外大の同期で講師・助教授になった知り合いも、留学したのは大学院在籍中でした。
     今留学しないと駄目ですか? 視野狭窄に陥っていませんか? そもそも、「一生の仕事」とおっしゃっていますが、一生続けられればなんでも良いのですか?

     また、通訳・翻訳者なら語学力が生かせるとお考えのようですが、これらの職業には、会社勤めの経験がとても役に立ちます。というより、第一線で仕事をしている知り合いで(技術系、出版系を問わず)、翻訳以外の職業を経験していない人はおりません。この手の仕事にはどんな経験もなんらかの役に立ちますし、好奇心旺盛でなくては続けられない仕事ですから。

     それに、最初からそれだけで食べていくのは難しいですよ。ある程度の経済力をつけて、移行期間を経て専業になる人が多いと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    続:留学経験者より1

    しおりをつける
    blank
    lala
    2回目の投稿拝見いたしました。

    >現地で資料探しをするのが一番有効かと思いたち、希望するようになりました。

    インターネットで調べることは難しいでしょうか?
    どうしても現地でということなら短期でいかがでしょう。集中して語学と学問のお勉強。大学生なら夏休みも長いことですし、1、2ヶ月くらいで。
    それこそ春休みからバイトでもしてお金貯めて。

    >親は、低給であってもとにかく「定年まで安定」が最重要だと言います。企業では「業績をいか長く残せるか」が重要だと思うので、年齢はかなりのネックになるとのこと。

    年齢や期間はともかく《業績をいかに長く・・・》という親御さんのおっしゃることは一理あります。自分がそういう働き方を選ぶかどうかです。また、《定年まで安定》は親御さんの時代でのことで、現在は厳しいですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    続:留学経験者より2

    しおりをつける
    blank
    lala
    >やはり、保証付きの職なんてありませんよね?
    (ちなみに、フリーターは論外です。私も考えていませんし、きっと勘当されると思います)

    保障付なんてありえませんが、働いて自分の実力が判断できればそれに見合う仕事を選ぶことができます。
    ちなみにフリーターという形態を利用するのも手です。何でも経験ですよ。一般職OLは派遣(フリーター)が多いということはご存知ですか?

    >お金は頼ることなくいけますが、一年も仕事を休むなんて可能とは思いません。
    私はそこに自信がもてないのです。

    1年仕事を休むことは可能です。私は2年休んで留学し帰国後日本で転職し満足しています。ラッキーなのかもしれませんが、ちゃんと計画していけば大丈夫だと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    留学して帰ってきてから、どうなるのかなー?

    しおりをつける
    blank
    ぼんど
    資料等が足りなくて現地に行きたいとのことですが、大学生の卒論のレベルでは行くだけ無駄です。
    この無駄というのは、あなたに資料を集めるためのスキルがないので、目の前に宝の箱があっても気が付かないということです。

    まずは担当している教官に相談しましょう。特殊な言語の教官は、その言語を用いている地域の文化にも詳しいことが多いです。

    ちなみに、その国に行かないと手に入らないような資料と書いていますが、国内で手に入る資料に全て目を通していますか?どうやって調べていいかもわからないままに、無い!無い!と言ってませんか?
    日本語では無いなら英語で資料を集めることもできますし、それならば国内にいても揃えられますよ。留学よりも断然安いし。

    また、スレ主は就職というものについて、現実として捉えていません。公務員なら安泰というのはウソです。元国家公務員の私が言っておきましょう。笑

    スレ主の書いた内容を読んでいると、卒業が見えてしまったことで焦ってきていて、何かすることで自分をごまかそうとしていると感じます。で、ちょうどいいので留学を持ち出したといった感じです。
    そうでなければ応援するんですけどね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主ですその5

    しおりをつける
    blank
    春休み
    多くの方がお金のことを気にかけてくれていらっしゃるようなので、そのことを申しますと、
    留学費用については、やはり今の学生の身では多額のため頼るしかなさそうです。アルバイトも(所詮小遣い稼ぎのバイトなどより勉学が本分だ!と親は望んでいないようなのですが)させてもらって貯金していますし、完全私費留学になるので現地の学校独自の奨学金制度があるところを選ぶつもりですが、必要額には少し足りません。
    これまでの生活の中で、特別贅沢にでは有りませんが、不自由なく育ててもらってきています。一浪もさせてもらったし、その際は私大もとりあえず受けろとお金を出してくれました(兄弟もいます)。本当にありがたいことと思います。

    もうひとつ、「一生の仕事」ということに関しては両親が言うことであって私自身は「ない」と思っております。誤解を招く書き方で申しわけありませんでした。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    マイナー言語です。

    しおりをつける
    blank
    私も
    私も国立大学の外国語学部でマイナー言語やってました。アジア系ではありませんが。。

    うちも、卒論を専攻語で書かなければならなかったので、プレッシャーでした!
    私の場合、資料集めは在日大使館に資料請求&長期休暇を利用しての旅行(バックパッカーみたいな旅行を1ヶ月程度x2回くらい)にて、卒論のテーマ決め&資料集めをしました。

    4年間一生懸命やったけど、今は使う機会がなくて、日常会話程度になってしまいました。。
    私がやっていた言語はラテン系なので、相乗効果で英語力があがったのがせめてものすくいです。

    縁あって結婚した夫は、東南アジア出身。彼の母国語は、私、ちんぷんかんぷんです。
    もしかしたら、トピ主さんの専攻語かも。。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    結論は出てるじゃない

    しおりをつける
    blank
    なんだ
    もうね、トピ主さんの中では結論出てるよね。
    経験者や社会人の人からのアドバイスがたくさんレスで出てるけど、トピ主さんは納得できてないよね?
    だったら小町にこれ以上書いても意味ないです。
    もっと他の質問をした方がいいんじゃない?

    自分が決めたことならば、その結果は自分で受け止められるよね?
    もう「イイ年」なんだから。
    だったら、自分の思う通りにすればいいと私は思う。
    親御さんに負担をかけるのも、就職するのに2年もブランクができることも、それも自分で納得なんでしょ?
    後悔はしないんでしょ?
    小町の意見を聞いて留学止めたとして、いつか
    「小町のせいで、私は人生がつまらない」
    なんて後悔するよりよっぽどいいよ。
    「大人」とは自分に責任を持つこと。
    トピ主さんも自分に責任を持てばそれでいいよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    一言トピ主さんへ

    しおりをつける
    blank
    理系男
    トピ主さんの気分よくわかります(実は僕も卒業後留学したかったので)。

    でも一言、言わせて下さい。僕も英語圏に社会人になってから留学した経験があります。大学には日本の大学卒あるいは高校卒業後直接来た人、働いてから、自分でお金を貯めて来た人いろいろいました。一概には言えませんが、僕のあった限りでは、一度は働いて、自分の自費できてる人たちは、焦点が定まってる人が多かったですね。焦点が定まってる人って、自分になんが出来るか、何がしたいか、具体的に良く分かってるんですよ。

    逆に、卒業後すぐに来た人たちの中には、自分が何をしたいのか分かったつもりになってる人がいました。つもりになってる人の特徴は、自分の意見に凝り固まって、他人の意見が分からないんです。

    自分の事が分かっている人は、他人の意見を客観的に判断して議論できるんです。トピ主さんのトピを見る限り、本当にしたい事がまだはっきりしてないような気がします。一度社会で働いてみると、いろんな事の視野が広がっていいですよ。その上で留学するのと、今のまま留学するのでは得られる事の質も量も格段に違います.ちょっと辛口かもしれませんが、経験者からの一言です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    よく考えて

    しおりをつける
    blank
    とく
    留学=遊学でもいい経験になるし、人生一度きりだから
    行くといいと、通常は応援するけど、このトピ主さんは応援し難い。

    この人はとにかく単純に漠然と海外へ行きたいだけで、
    卒論のためとかは明らかに後からとってつけた浅い動機。
    それでもいいけど、釈然としない。

    本当にやりたいことはないのか。あるけど親が反対で言えないのか。
    語学は興味があるけど、仕事にしたいほど真摯な態度ではないし、
    専攻と就職は別ものと割り切ってあきらめている。

    しっかりした学生という印象の文章でもっともらしいことを
    述べているけど、資金捻出のために親を口説き落とす材料を
    探したいだけのような感じ。

    その材料の一つが、一生の仕事の件。
    「一生の仕事はない」という意見が正しい。
    つまり自分の意見は正しいのだから、自分の言う留学も正しい、
    よって親は反対を撤回し自分を認めて資金よろしくということかな。

    こういう方法が姑息というか、
    親との付き合いで身につけた技なのか。
    あんまりいい印象を与えない。

    目標なく、自分に都合良くできることを選んで理屈をこねるより
    もっと自分や将来のことなど、よく考えた方がいいと思う。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    資料集めに1年も必要?

    しおりをつける
    blank
    冷静に
    タイトルの通りです。

    学士論文レベルで、海外で資料を集める(それも1年も)ことが本当に必要なのでしょうか?この理由は後付けのように感じられます。より良い卒論を書きたいのはみんな一緒です。

    また、卒論の方向性が定まり欲しい資料がわかっているならインターネット、e-mail等を駆使して入手できるのではないですか?それはもう試みた上でまだ足りない、ということなのでしょうか。それなりの準備をしていけば、収集には1~2ヶ月あれば十分でしょう。何故1年も必要なのですか。
    何だかんだと理由をつけて海外に行きたいのはわかりますが、現状で自力でいけないとなると、どうしようもないのでは。

    何故親御さんが納得しないのか?基本に立ち戻って考えてみてください。限られた環境の中でより良いものを構築していくことも今後の人生において有意義である、とは考えられませんか。

    応えはこのスレにたくさんちりばめられています。いつまでも我を通すだけの子供じみた態度では誰も納得させられません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そんな先の事誰も分かりません

    しおりをつける
    blank
    林檎
    経験から言わせていただくと、タイトルの通りです。
    だからって、トピ主さんを突き放しているのではなくって、「今したいことをして下さい」という意味です。

    私も外国語学部に所属していました。途中で、専攻科目言語が嫌になり、別の言語に走ってしまいました。それも需要ない言語です。途中で卒論のために1年間その言語の国へ留学しました。私が当時アドバイスされたのは、卒業してからの1年のブランクよりも、一年遅れでも「新卒」である方が就職には有利という事です。

    さて帰国後、バブルが崩壊した後の就職氷河期だったので職なんてありませんでした(涙)

    今の夫と知り合い、結婚して英国にいます。
    国際結婚なんて考えてもなかったです。そして、当時留学して、必死になって勉強はしたけど役に立たないであろうと思っていた言語が今はとても役に立っています♪

    だから先の事は誰にもわからないって事です。
    したい事をしてください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そもそもの疑問

    しおりをつける
    blank
    甘すぎる
    それだけの熱意をもってなさってきた勉学でしたら、卒論のテーマを早くから絞り、準備・研究をなさっていたいたと思われます。欲しい資料が海外にしかない事がわかっていたなら、どうしてこれまでの学生生活で山ほどあった休みにコツコツと集めることをどうしてなさらず、今になって突然それをなさろうと思ったのですか。1回生は省いても、2,3,4回生の夏休みを利用して行けば、合計半年程度資料集めができます。

    勉強が忙しくてそんな暇なかったと仰るかもしれませんが、本気で良い論文を書こうと思っている人は常日ごろから国の内外を問わず、情報収集を怠りません。そういう人たちを知っているだけにトピ主さんの決心は余りにも唐突で根拠のないものだと感じてしまいます。

    私が感じるように、ご両親にとってもトピ主さんの主張は、どうひいき目に見ても付け焼刃の感が否めず、非常に甘いと感じてしまうのではないでしょうか。

    ここにあるアドバイスは、あなたよりずっと経験豊富な人生の先輩の貴重な貴重な経験に基づいたものです。この先のあなたの人生において本当にためになることがたくさん書かれていますから冷静に読み、きちんと理解してください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    がんばってほしいです♪

    しおりをつける
    blank
    林檎
    二回目の投稿になります。
    トピ主さんには是非がんばっていただきたいです。

    まず学士の論文にそんな時間が必要かなどの批判がありますが、学士でも「論文」じゃないですか?そのために勉強してきたんだから、がんばりたいというトピ主さんの気持ちはよく分かります。学士であろうが、レポートであろうが資料がたくさんあればあるほど完成度は高いと思いませんか?

    インターネットで全てがまかなえれば、本当に楽ですよね。ただ実際は、どこの大学図書館も全ての蔵書をネット上に公開していない事も多いです。私はネットが全てだとは思わないです。しかもそれがマイナー言語であればあるほど難しいと思います。

    それに数回の長期休みを利用して・・なんていう方も居るけど航空運賃だけでもハイシーズンなので高いです。それを全て足せばかなりのお金になるはず。それなら長期で異文化体験もかねて海外へ行った方が絶対に私はいいと思います。

    そんなわけで、ぜひトピ主さんには後悔しないようにがんばっていただきたいと思っている一人です♪

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    春休み
    たくさんの助言本当にありがとうございます。
    みなさまからのお言葉を身に染みこませながら、ここ数日じっくり考え、領事館にも行ってきて情報を集めたりしておりました。
    また、両親ともきちんと話し合いの場を設けてもらい、何度か話をしました。
    両親としては、正直経済事情というよりも、留学で得るものや、現地の治安(世界的に見ても安全とはいえない土地なので)、また親元を離れて生活したことのない私自身の心配が先にあるので、快諾といかないとのことでした。
    これだけ相談をしておいて自分からこういってしまうのも何ですが、難しいですね。

    今は幸いなことに現地の友人(留学生)も何人かいますし、簡単な通訳のバイトもしています。語学力を鍛えるのはこのままでも十分なのかもしれません。卒論の資料集めももう少し努力してみます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です(続き)

    しおりをつける
    blank
    春休み
    なんとなく、みなさんのおっしゃるとおり、私は憧れだけが先走ってしまっているのかな…という気もしてきています。現地の図書館での資料集めや、地元でのフィールドワーク的な活動をして良かった、という先輩の話を聞くことが多いので、うらやましく思ってしまっているのです。

    実際に留学先で卒論にかかわることをなさった方、いらっしゃいますでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    やりたいようにやりましょう

    しおりをつける
    blank
    旅人
    卒論に本気で取り組んでいるトピ主さんに、とても好感を覚えました。本来、大学は就職予備校ではなく学ぶ場所であるはずなのに、就職活動のほうがゼミや卒論(のための勉強)より重視されてしまう風潮に違和感を感じます。

    どうしても留学したくて、経済的になんとかなるのであれば、行ってしまいましょう! トピ主さんの人生はトピ主さんのものですから、少しでも後で後悔しそうな気がするのであれば、行ってしまいましょう! もちろん、なるべく御両親に経済的負担をかけないように、バイトや奨学金応募などにも励みましょう。学部生だと奨学金は少ないかもしれないけれど、マイナー言語の地域であれば、逆に、政府の奨学金や大学の交換留学生度が利用しやすいかもしれませんよ。ライ○ンズクラブやロー○リークラブの短期の奨学金という手もあります。

    トピ主さんはきちんとした目的があるのですから、留学が無駄になることはないと思います。(ちなみに、私自身はどんな経験でも無駄になることはないと思うので、特に目的も無く遊学するということでもいいんじゃないかと考える人間です)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    やりたいことはやりましょう (続き)

    しおりをつける
    blank
    旅人
    ただ、将来どうしたいのかは、ここでじっくり考えておく必要がありますね。職種によっては、留学せずに新卒採用されたほうが良いという場合もあるかもしれませんから、そのへんの調査は怠らずに。(もっとも、今どき「一浪だから」とか「留学したから」なんて理由で採用を渋るような会社は、大したことないような気がするけど)

    それから、留学の直接の目的は「語学習得と卒論のため」であったとしても、その経験から他にも何か考え・学ぶことを留学中に心がけると良いのではないでしょうか? そこで感じ考えたことが、トピ主さんの今後の人生に必ずプラスになると思うので(「語学力が生かせるかどうか」のレベルではなく)。というか、プラスにしましょうよ!

    ただし、「留学したから安定した職に就けなかった~」と嘆くのは無しですよ。 頑張ってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    林檎様、違うのです1

    しおりをつける
    blank
    甘すぎる
    もちろん学士レベルでも、精度の高い論文を書き上げたい気持ちはわかります。しかし、それは学生であれば彼女に限ったことではないはずです(やる気のない学生は論外)。ネットだけで必要な資料が集まらないことも理解しています。

    私は上で「長期休暇で資料集めをして」と申し上げたものですが、入学当時から研究対象が決まっていたなら、時間はあったはずです。そして、大学は繁忙期の中でも比較的運賃が安い頃から休暇に入ります(自分は本当に必要なら航空運賃が高い云々の話ではないと思いますけど)。彼女は実際にそれ以上の対価を払わせて資料集めに行こうとしているわけですから、それを論点にする必要はないのでは。

    1年留年してまで資料を集めるのですから、自分が納得する<人を納得させる論文でなきゃ意味がないのは自明のことです。でも、彼女はその後研究を続けないのです。としたら、1年留年してまで研究を続けることにどんな意味があるのでしょう?私には、彼女のレスからはそれが見えてこないのです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    林檎様、違うのです2

    しおりをつける
    blank
    甘すぎる
    実際問題、日本の大学を休学するにもお金がかかります。加えて海外に行くにもお金がかかります。
    繁忙期の航空運賃+滞在費x3が1年資料集め+語学学校に費やす諸経費と同等には、どう計算してもなり得ないと私は思うのです。

    彼女本人の人生なのですから、休学したって資料集めに海外に出たって、一向にかまわないのです。問題は「人の支援」をあてにしている上に自分を押し通そうとする彼女の姿勢だと申し上げたかったのです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    奨学金の申請くらいは

    しおりをつける
    blank
    わかめ
    奨学金をばんばん申請してみること位はできるのではないですか?
    思うに、トピ主さんはその程度の努力すらしていないのではないですか?
    それでは親御さんを説得できないのは当たり前です。あなたの本気がぜんぜん伝わりませんから。

    落ちまくってもいいんです。申請をいくつしてみてどれもだめだった、とか、学費の一部をサポートしてくれる、とか。後から返済していくタイプのものもあります。そういう情報、調べてみましたか?ネット検索でいくらでも調べられます。

    どうしても本気でいきたいのならばそれくらいはするものですよ。その上でならば親も支えてあげようかな(いろんな意味で)と思うかもしれません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    1年では

    しおりをつける
    blank
    みちる
    語学習得は無理だと思いますが、良い経験にはなると思います。留学で学んだ事が自分にとってプラスになると思うのなら、行くべきだと思います。
    どうしても今行きたいのなら、両親を説得しないといけないですから、両親にお金を借りてきちんと働いてから返すという位は約束されると良いのではないですか?

    私は社会に出てから、マイナー言語を学びはじめ、趣味が昂じて3年留学し、その後現地で5年働き帰国しました。
    けれど、マイナー言語ゆえ、語学を活かせる仕事は見つかりませんでした。今は語学とは全く関係のない仕事をしています。そんなものですよ。

    就職は、縁のものだと思っています。
    運が良ければ、語学を活かせる仕事もあるんでしょうね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    2回目です

    しおりをつける
    blank
    理系男
    トピ主さんの最近の投稿を読んで、落ち着いて考えているようで、とても良い印象を受けました。卒論についていろいろ考えてらっしゃるようですので、ちょっと研究職の立場から私の考えを。トピ主さんは、卒論を4年間の勉強の集大成と考えているようですが、学部の論文というのは、学部生にとって、初めての大きな論文となります。この段階では論文の中身よりも、そのプロセス、論文の目的の設定、研究手法の選択、資料集めの方法、資料の分析の手法を学ぶ事に、より意味があります。これは、修士、博士の論文でも同様です。ただ、要求される中身がより高度になります。将来、研究職に就かないとしても、こうした手法を学ぶ事は、将来仕事とをする上で、必ず役に立つ事です。研究する事は、勉強して知識を得る事とは違います。そして、研究にはその為の技術も、そして確かな目的が必要です。そうでなければ、論文は単なる自己満足にしかなりません。好きな事をやれば良いといった意見もありますが、大学卒業/就職は大事な時期です。トピ主さんにとって最良の選択をする事を願ってます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    働き続けるしかない。

    しおりをつける
    blank
    ysi
    タイトルどおりです。
    わたしも言語文学専攻で大学院までいって留学しました。とてもよかったです!!
    結果は、留学先の国に戻り、全然関係ない職種で就職しています。サラリー、待遇、仕事内容共にとても満足しています。人間関係にも恵まれ幸せです。
    最初は研究者を目指していたので、今の道は大幅蛇行、結果オーライですが…ご両親のおっしゃることもごもっともです。海外では転職が当たり前なので、わたしの蛇行人生は今のところ吉とでてますが、確かに日本の普通の企業ではこれを評価するかまだまだ議論が分かれるところですよね。
    でもね、最近思うんです。
    一生働ける仕事につくことも大切だけど、もっと必要なのは一生懸命働き続けることなんだって。会社は会社、いらない人材はたとえ優秀でもいらなくなる可能性もある。そうしたら他の全然興味もない仕事をしなくてはならないかもしれない。それでも頑張ってやっていく覚悟みたいなもの。きっとご両親はそんな変に頑張りすぎみたいな(?)覚悟をもつ苦労をあなたに味あわせたくないのかもしれない。楽しく幸せに生きてくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    やはり憧れだけと読めます

    しおりをつける
    blank
    みちこ
    先輩でフィールドワークに行った方は、博士課程で半年間でした。やはり、1年も必要な理由がわかりません。

    質問ですが、留学なさるとして身分は?ビザの問題は?現地の大学に一時的にでも籍をおかれるのでしょうか?スポンサーなしにビザはおりませんよね?それともぷー太郎のような状態(日本の大学は休学?)で行けるのでしょうか。

    理系なのでわかりませんが、文系ならば、4回生ともなるとほとんど大学には顔をださなくていいのではないかと想像します。夏休みに限らず、春でも秋でも、もし観光ビザ免除の国であれば3ヶ月ほどいってくるというのではだめですか?どうも文面からは、海外にいけばもっと知識が深まる、何か発見が、いい体験を!という考えがみててきます。でも実際生活するとなると大変です。住まいは?税金は?健康保険は?年金は?3ヶ月でも1年でもあっという間です。が、目的がはっきりしていれば3ヶ月でも十分長いです。どうですか?
    または絶対現地で何かを得たいというのであれば、卒業後、現地大学院に入学しマスターをとるという手もありますが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    一生安定した仕事?

    しおりをつける
    blank
    五月雨
    私は在学中、卒業後と2度、通算2年留学しました。(2回とも奨学金を獲得しました)今は外国に住み、日本政府機関で働いています。

    人生は山あり谷あり、です。20代の前半で「一生~する」と決め付けてしまえるものでしょうか。結論から言ってしまえば、日本の社会で「一生」働ける仕事(女性にとっては公務員が一番現実的ですね)に就きたいのなら留学という「回り道」はしないほうがいいと思います。日本の社会、特に公務員の社会はまだまだ封建的で、一定の枠からはみ出している人々を受け入れない傾向にあります。

    ただ、多角的で豊かな人生を求めるならば留学は「アリ」だと思います。(「遊学」では何の糧にもなりませんが…。)二兎追うものは一兎も得ず、両オプションを天秤にかけ、何が自分にとって幸せなのかじっくり考えてみてください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    目先のことにとらわれないで。

    しおりをつける
    blank
    国立外国語大卒
    卒論のためにそこまでする必要ないとか、甘いとか、ビジョンがないとかいろいろな意見がありますね。確かにそうかもしれませんが、私はそれでも別にいいと思いますけどね~。
    まだ大学生でしょ。遊学だっていいじゃないですか。
    ご両親が反対なさっているのは、経済的事情よりも、娘が心配の気持ちからみたいですし、ここはご両親を説得して、費用は就職してから少しずつ返していけばいいのでは?
    今まで親元にいた方が、海外で一人暮らしするだけで得るものはとても大きいと思うし、直接就職に関係なくても、長い目でみたらその経験が役に立つことってあると思いますよ。
    私の同級生は、就職は語学と全く関係ないところにしたけど、結婚して仕事を辞めた後、学生時代学んだ言葉(マイナー言語)を活かして翻訳の仕事をしたりしてました。「一生できる仕事」って、今の時代、どこに就職するかよりも本人に特別なスキルがあるかどうかの方が重要なんじゃないかなあ。
    先のことを考えてあれこれ計算するよりも、許されるなら、やりたいことをやった方がいいと思います。人生どうなるか分からないんだから。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    後悔しないでね~1

    しおりをつける
    blank
    林檎
    再度の投稿です。

    実際私は、その言語の上達のため+卒論の資料集めに一年行きました。結果は、卒論のできですが教授達からはとても誉めていただきました。修士でもいけるできなので、「院へ来い!」と言われたのですが、私は他にもしたい事があったのでお断りしたのですが。

    さて、休学したときは一切授業料は払わなかったです。
    休学の申請を正式に出せばその間の授業料は払わないでよかったです。

    私はたまたま、(本当に偶然)現地に知り合いの日本人の教授の方がいらっしゃったので、その方にも色々お世話になりました。そこでしか手に入らない本や資料を紹介していただいたりしました。あちらの大学図書館でもたくさん資料を集める事もできました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    後悔しないでね~2

    しおりをつける
    blank
    林檎
    あとは他国の学生とも触れ合う機会があるので、そういう出会いもとても大切に思いましたよ。色々な情報交換も出来ました。資料集めに1年は長いという話がありますが、あちらでの生活はそれ以外にも得る物がたくさんあると私は思っています。

    最近思うのですが、語学の上達に1年は短いという人もいますが必死でやればかなり上達します。要はその人のやる気がどれだけあるかだと思います。私の場合あの1年の留学生活がなければ今のようにその言語を使いこなせないです。かなりの基礎がありましたが、現地入りした時はあまりの違いににびっくりしたのを覚えています。日本で見聞きした事、あちらで見聞きした事のギャップはかなり大きかったですから。

    やはり私の場合は振り返って考えてみても、あの1年は私の中では宝とも言える時期です。私の親もそのように考えてくれています。だからトピ主さんには後悔だけしないようにお伝えしたいと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自分を正当化

    しおりをつける
    blank
    ppon
    >長期休暇で旅が出来ればいいかというぐらいの気持ち
    >結局道楽ではないか
    沢山のレスを読みましたが、やはり研究対象は趣味のレベルとしてトピ主さん自身が捕らえているんだなと思いました。大学の4年間で終結できる学問なんてないと思うからです。
    職場にも休学して留学経験をし、就職している人はいます。多くは会社のお荷物です。理由は仕事の工程管理ができない。仕事の内容はとても深く考えられるし頭もいい。でも期限内に客先に研究成果を出せない=仕事が出来ないという事が理解できないようです。研究成果がよければいいじゃないか!!と言うのですが、次の仕事がなければただのゴミの山という事です。
    4年間という期限の中で卒論を作り上げる事はとても意味があるという事は理解できますでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    無駄な経験にはならないと思います。

    しおりをつける
    blank
    satsuko
    私は大学で専門的な学問を勉強しましたが、それを活かさず、一般企業に就職しました。その後、貯まったお金でかねてから興味があって趣味で勉強していた某国に語学留学しました。現在は某会社で通訳、翻訳スタッフで正社員として働いています。給料面でも満足していますし、この先結婚しても、今のところで仕事を続けるか、フリーで働きたいなと思っています。私も考えてみるとやっていることに一貫性もなく、また、留学も憧れ的な気持ち(企業での一般事務にあきていたので、それからの逃避もありました)が強かったのですが、結果、今は楽しく仕事していますし、一般企業で事務をしていたときよりも、専門職なのでやりがいを感じます。もちろん明確な将来の目標を設定し、それに向かって頑張るのが一番であると思いますが、みながみな、見つかるとは限りません。いろいろ経験した後、これを頑張りたい!というものが見つかればよいのではないかと私は思います。ちなみに私は、この語学で通訳、翻訳をやりたいと思ってからかなり勉強しました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    大学時に交換留学でアメリカへ行ってました。

    しおりをつける
    blank
    社会人
    日本を離れて自身で様々な問題に立ち向かうという事は、言語が特殊であれ非常に貴重な体験になると思いますよ。ただ、今回は留学をするタイミングが問題だと思いますねぇ。オレは3年の8月から4年の5月までアメリカへ行っていた為、大手企業や上場企業への就職は時期的に難しかったんです。ただ、アナタの場合は大学を休学していくんでしょ?だったら、3年が終わる春からではなく、3年の後期から一年間休学するんです。で、1年後に3年の後期から再度復学をする事によって、翌年の1月頃からの就活にみんなと同じラインからスタートできるですよ。だから己の道を突っ走って下さい。
    ちなみに私自身今現在、人材派遣業会社で派遣スタッフを派遣していまして、一つ言える事は、「外国かぶれ」でプライドだけ高い人が世の中にありふれているのも現実です。語学力が高いって事で自信があるんでしょうね。でも、日本で働くなら語学より日本語を勉強した方がいいいですが。あなたが職に対して拘りがなければどこでも就職先は見つかりますけどね。以上です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    後悔のないように(1)

    しおりをつける
    blank
    deniz
    自分の人生ですから、やりたいようにアレンジすればいいと思うのです。安定を求めるならそのように、挑戦を求めるならそのように。ただ概して安定を求めれば挑戦はある程度制限され、逆に挑戦を求めるなら安定は時に制限されますよね。結局ご自分が何を自分の人生の中でやりたいか、なのだと思います。

    私は皆さんが批判されているケースで、企業にやりたいことが見つからず、1年間交換留学にいき、帰国後日本の大学院に入り、その後アメリカの博士課程に来ました。もうすぐ卒業です。

    20代はやりたい分野の仕事をするための準備を好きなようにやろう(博士号が必要な職につきたかったので)、30になったら定職につこう、と勝手に決め、そのようにしてきました。やはり一つ一つ違った経験をつむたびに新たな選択肢が見えてくるものですよ。

    交換留学に行く前にも数ヶ月の途上国でのインターンシップをしたり、いろんな経験をしました。そんなことの1つ1つが私の人生のなかで大事な要素ですし、何一つ無駄なものはなかった、と思っています。時には、ただ単にやりたい、興味がある!が十分な理由のこともありますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    後悔のないように(2)

    しおりをつける
    blank
    deniz
    交換留学の費用は両親に出してもらいました。(修士・博士課程は大学の奨学金です)両親は私のやりたい事をずっと応援してくれており、本当に感謝しています。まだまだ経済的には安定しませんし正直この年にしてはかなり貧乏ですが、やりたいことを後悔のないようにやり、充実していて本当にエキサイティングで幸せな人生をおくれていると思います。

    ことあるごとに、やりたいことやれて本当に幸せだよー、と両親にも話しています。結局親としては子供が健康で幸せに生きて行っていればそれが幸せなのではないか、と勝手に思っています。

    どう生きようと結局人は死んでいくわけです。あー楽しかった!と死ねるような人生を送りたいなあ、と私は思っています。なんにせよ、後悔のないように!

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0