詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    義母からのプレゼント

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    なつ
    ひと
    結婚して、子供ができるまでの数年間、 誕生日や母の日には夫と相談してプレゼントをしていました。 子供(義母にとっては孫)ができてからは、プレゼントを交換することは なくなりましたが。 多趣味で大切にものを扱う人だったので、 義母のセンスに合うものを…、趣味の書道や華道や刺繍で 使ってもらえるものを…とか、 義父とゆっくりしてもらえるようにと 近くのホテルの宿泊券などを送っていました。 結婚してからも、 義母からは結婚前からの習慣?で 夫にクリスマスや 誕生日プレゼントがありました。 運動が趣味の夫に合う服が多かったです。 嫁である私にも、 もちろん準備してくれました。 でも、なんで…?というものが ほとんどでした。 夫と同じく運動が趣味の私、 普段着も仕事着も ジーンズやパンツ系の スポーティー&カジュアル路線。 夫と同じ感じでいいのに、 なぜか義母の好きなある花の模様が入ったセーターやら ブローチやら、陶器のスプーンセットやアクセサリーボックス…。 いいものだとはわかるのですが、 なぜに?!!!って感じでした。 なんやかんやあって 夫とは離婚しましたが、 20年以上たっても あれって何だったんだろうなぁ~と ふと思うのです。 同じ経験をされた方、いらっしゃったら お話きかせてくださいませんか。

    トピ内ID:9195144136

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 73 面白い
    • 272 びっくり
    • 9 涙ぽろり
    • 17 エール
    • 33 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    いいものだったから

    しおりをつける
    blank
    まかろん
    お勧めしたかったのでは? 気に入って好きになるかもと期待していた。

    トピ内ID:9020895525

    閉じる× 閉じる×

    同じ経験はしてませんが

    しおりをつける
    🙂
    パンダの子
    元夫には、男兄弟だったんじゃないですか? 娘が欲しかったんですよ。 もし、娘がいたら、こんな服着てほしいなとか、こんなの好きだろうなとか、思い描いたものをプレゼントしていたんだと思いますよ。 それは、貴女にも似合うだろうと思ってたと思います。

    トピ内ID:5344005795

    閉じる× 閉じる×

    プレゼントは送る意志だから

    しおりをつける
    blank
    りんご
    結婚祝いでもなんでもそうですけど 本人にほしいものを聞く 現金で送る など、受け取る側に選択肢がない場合は 送る側の自己満足です 受け取る側は、 気持ちがうれしいとありがたく受け取る それだけです

    トピ内ID:4696850122

    閉じる× 閉じる×

    娘願望では

    しおりをつける
    blank
    おばさん
    ご主人に姉妹がいないのなら 娘がいたらプレゼントしてみたいといというものを 贈られていただけなのでは? だから義母の趣味だったのだと思います

    トピ内ID:4560643619

    閉じる× 閉じる×

    うん?

    しおりをつける
    雨降り
    本当に全くわからないんでしょうか。 うーん、、義母さんはご自分の趣味をお嫁さんと共有したいタイプの方だったのでは。 悪く言えば嫁であるあなたの本質を理解しようとしなかったところがあったのかもしれませんが、そういった自分の好きな可愛いものを喜んで欲しいなという気持ちで楽しく買って、ただ贈ってくれていたんじゃないかと思います。 ちょっと気がつくお姑さんならば、あなたの様子を見て「私が好きなもの、あまり趣味じゃないかしら?」って考えを変えてくれたでしょうけど、そこはあなたもきっとハッキリ言わなかったか何かで気づかなかったのかもね。 それを「なぜに??」といまだに思い出すあたり。 あまり良い関係は築けなかったでしょうね、それだとやはり。 まあ過ぎ去ったことですし、いいでしょうけどね。

    トピ内ID:0748120200

    閉じる× 閉じる×

    理想のお嫁さん像

    しおりをつける
    blank
    notamerit
    義母さんの思い描く「お嫁さん像」に トピ主さんを近づけたかったのかな? スポーティで快活な方よりも フワフワほわんの、花が似合うような女性を 望んでいたのかも知れないですね。 同じ経験は無いので、想像です。 20年も経っていても、昇華できず思い出しては 疑問が再燃してしまうんですね・・。 傷が深かったのでしょうか? どうぞお幸せに。

    トピ内ID:8409638074

    閉じる× 閉じる×

    お嫁さんへのプレゼントだもの

    しおりをつける
    blank
    激しく普通
    いくら息子と同趣味のスポーツ好きの嫁だからって、 息子と同じようなアイテムを受け取ったら、 それはそれで、何と気の利かない義母だろうと思うでしょうよ。 ああ、選ぶのが面倒くさかったんだあ…ってね。 嫁の好みをしっかり把握している義母は稀だと思いますけど。 当たり障りない女性らしい贈り物で、何が悪いのかさっぱり。 私なら、趣味のものは自分で選ぶし、普段買わないような物をただいたら、それは嬉しいですね。 結局、義母さんが嫌いだったってこと?

    トピ内ID:4138948098

    閉じる× 閉じる×

    離婚したのでしょう?

    しおりをつける
    🙂
    育子
    だったらもうそんなことどうでもいいではないですか? 義父母はどう思っていたのか分からないのに、貴方は義父母にいい物を 送ったと思っている。 一方貴方は変な物を頂いたと思っている。 どちらも良かれと思って送っていることを、今更どうでもいいことです。

    トピ内ID:6285551029

    閉じる× 閉じる×

    プレゼントは難しい

    しおりをつける
    🙂
    コンシェルジュ
    何を贈ったらいいのかを考えるのも一苦労です。 贈る品物を決めたとしても自分の感性で選びますから、相手に喜ばれるかどうかはわかりません。 衣料品や装飾品はそのようなケースが多いと思います。 私も贈られて一度も身につけない物が多くありますよ。 そうなれば贈る側にとっては無駄なお金になります。 年の差が離れるほど乖離が大きくなることを理解すべきです。

    トピ内ID:1014658506

    閉じる× 閉じる×

    自分が好きだと思う物を下さっただけでしょ?

    しおりをつける
    blank
    トラジャ
    他人にプレゼントをするのに 自分が嫌いな物は渡さないよね その人のことが良く分かっていて好みも分かっているのなら簡単でしょうけれど お嫁さんの好みなんて、良く分からないもの 自分が良いと思う物、素敵だと心から思える物を下さっただけ トピ主さんは、人にプレゼントをあげるとき 誰もが皆100%喜んでくれていると思えますか? あなたの前では喜んで感謝していても、心の中では 「う~~んちょっと違う」とか「何故これ?」って思われているかもしれないんですよ。 >なぜに?!!!って 貴女が喜んでくれたら良いなぁ~と思ってのプレゼント以外に、考えられませんが・・・ 何故、 >なぜに?!!!って そう思うのかしらね?

    トピ内ID:3468373447

    閉じる× 閉じる×

    人の好みは解らないと言う事です

    しおりをつける
    🐤
    良かれと思ってプレゼントしても喜んで貰えるのは皆無と言っても良いと思います。 人の好みはそれほど難しいですよね。 センスの良い元義母も主様の好みを把握しきれていなかったの一言です。 我が家の嫁達も長身で細身、この嫁に合う洋服選びなど私には出来ません、自分に合う洋服を探すのも一苦労ですので。 孫のクリスマスプレゼントも本人に聞いて嫁がこれを買ってくれと内緒で情報を貰います。 欲しいものが一番ですから。 主様の姑が主様の好みを解らなかったと言う事です。 別に他意はなかったと思いますし、今頃になって元姑のプレゼントがふに落ちないと言われても今更ですよ。 主様は離婚して、前進するのみです。 過去のプレゼントの事などどうでも良いと思いますし、元姑もとっくに忘れています。

    トピ内ID:9388837878

    閉じる× 閉じる×

    そうですねえ

    しおりをつける
    blank
    ウイスキーボンボン
    プレゼントなんて、そんなもんです。 相手の趣味嗜好を考えて厳選したつもりでも、当の本人にすれば「アレッ」て感じる部分があるのが普通。 お義母さまは相手の好みを把握するのが苦手だった、それだけだと思います。 物を大切に扱う人は、自分が厳選した逸品にこだわる方が多いですよ。 主さんが贈った品物がありがた迷惑だった可能性もあります。 「なぜに?!!!」とお義母さまも感じていたかもしれません。 贈り物は、物品そのものよりも「選んでくれた時間」に感謝するものじゃありませんか? 贈り贈られる人がいた、これが幸せということですよ。

    トピ内ID:0466063183

    閉じる× 閉じる×

    いえばよかったのでは

    しおりをつける
    💔
    雪だるま
    夫と同じものがよかったのだったらいえばよかったのに・・・立場になってみてみるとだれだっていわれなかったらわかりませんよ

    トピ内ID:3415826273

    閉じる× 閉じる×

    ??

    しおりをつける
    🙂
    アイスクリーム
    女性だし、女らしいものを、と義母さんなりに気を遣っただけなのでは?

    トピ内ID:9176335921

    閉じる× 閉じる×

    いいお義母さんなのにね~

    しおりをつける
    blank
    サラ
    あなたにはわからなかったのね、 あれって何だったんだろうって?、人の好意がわからないの? プレゼントは必ずしも自分の好みにはなりませんよ。 あなたの好きな物はあなたが自分で買えばいいじゃないの。他人に何を期待してるの? 20年以上たってもまだ根に持ってるの?

    トピ内ID:6085950595

    閉じる× 閉じる×

    ふむふむ

    しおりをつける
    blank
    おばさん
    なるほど… 20年も前の話をこんなところで蒸し返して、一見すれば質問のように愚痴るような嫌な性格だから離婚されたんですよね? 本当にいちいちこういうことを人に聞かなければわからないのであれば今後も同じ過ちを繰り返すかもしれませんね。

    トピ内ID:4477032608

    閉じる× 閉じる×

    結婚祝いに囲まれた友人は

    しおりをつける
    お世話好き
    「みんな、自分の好きなものをくれる」と言っていました。 私もそうしている気がします。

    トピ内ID:7612852365

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    なつ
    たくさんのレス、ありがとうございました。 結婚してから5年経った時に義母は亡くなりました。 それから、20年弱経ってからの離婚です。 義母も義姉も音楽を専門に仕事をしていたし、 身につけるものも似ていたので、 私にも同じものを…と思ってくれていたのかな…と みなさまのレスで気づくことができました。 気に入ったものを一つ大事に長く大切に扱う義母だったので、 プレゼント選びには本当に悩んだし、 プレゼントしたものが義母に気に入ってもらってたとは 思っていません。 その時は喜んで下さっていたけど 使ってもらってないなぁ~って わかっていたものももちろんありました。 だから、子供ができて 自然消滅的にプレゼント交換がなくなって ほっとしたのもありました。 プレゼントを選ぶ時には、 今まで行ったことのない 義母の趣味のものや道具を扱った店を 数店まわって、その時はまだ仲のよかった元夫と どれがいいか考えました。 義母からのプレゼントの品々は おそらく(義母の好きな花シリーズだったので) 義母行きつけのショップで購入したんだろうなぁと。 これって、私が喜ぶっていうより 義母がほしいって思ってるもの…?って 正直少し思ってました。 みなさんからのレスに 「気持ちをありがたく受けとるもの」 「選んでくれた時間に感謝」 「贈り贈られる人がいたことに感謝」 「物を大切に扱う人は自分が厳選した一品にこだわる」 「年齢差があるほど乖離が大きくなることを理解すべき」 に、本当に勉強させていただきました。 そして多分義母は 「自分のいいと思ったものを共有したい」タイプだったのかも…の レスが一番自分の中でストンと落ちるものがありました! 離婚したのに、そんな昔のことを今さら…ですが、 20年以上もやっとしていたものが す~っきりしました!ありがとうございました!

    トピ内ID:9195144136

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]