詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    彼氏が夫婦別財布を望んでいます

    お気に入り追加
    レス99
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    あか
    恋愛
    彼氏30才研究職、私29才事務系職です。
    彼氏との結婚を考えています(出産後も共働き予定です)。

    結婚後のお金のことで彼と話し合いました。
    私は、夫婦は家計を一つにするものだと思っていましたが、彼は夫婦別財布を望んでいます。
    彼は「家計用口座にお互い同額の生活費を毎月振り込もう。給料から生活費を引いた分は各自で管理すれば平等。」とのことです。
    (ただ産休育休中は私は家計にお金を入れなくていいそうです。)

    いまいち夫婦別財布でいう平等というものが分かりません。
    以下のケースはどうすればいいのでしょうか。

    1私(彼)の親族からの祝い金は、各自の個人の貯金に入れるべき?家計に入れるべき?
    2出産一時金は私の保険料の対価なのだから、私の貯金にしていいのか?
    3子供の扶養者は税金面で優遇されるが、夫婦のどちらかが扶養者になると不平等が生じる。どちらが扶養者になるのか?

    共働きで夫婦別財布の皆様は、どのようにしていらっしゃいますか?
    あるいは、一般常識的な見解をお聞かせください。
    ご助言頂けると助かります。

    トピ内ID:2275350451

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 65 面白い
    • 575 びっくり
    • 21 涙ぽろり
    • 136 エール
    • 56 なるほど

    レス

    レス数99

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  99
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    一時的なことよりも

    しおりをつける
    🙂
    たか
    例にある一時金はその都度話し合えば良いと思います。
    それよりも大事なのは、日々の生活です。

    生活費折半なら、家事も折半ですけど、そこは大丈夫ですか?

    将来子供が出来て、病気になっても仕事を休む日数も平等ですが大丈夫ですか?

    なんとなくですが、その彼は自分の稼ぎを自分で好きに使いたい。家族のためには使いたくないという感じに見えます。

    小町にもたくさん似たトピありますが、「生活費折半の約束なのに夫が家事をしません」という状況になる予感がします。

    トピ内ID:0425341589

    ...本文を表示

    勘違いしているよ

    しおりをつける
    blank
    ひるあんどん
    男性です。

    夫婦別財布でも「家計」は1つですよ。日本は夫婦別産制なので、元々個人の収入は個々のものです。そこから一部なり全額なりを家計として支出したものが「家計」と言う名の共有資産になるだけです。

    子供が出来るまでは同額ずつを家計に支出するのは平等で公正だと思います。但し、その場合には「家事」も折半が大原則です。得て不得手や時間の掛かるものそうでないもの色々ありますが、それらも同時にバランスよく分担するようにしましょう。

    子供が出来てからは「同額ずつ」は不平等で不公平です。女性は妊娠・出産により(精神的に得るものが多いとしても)、肉体的にも精神的にも負担がありますし、出産前後は休職や退職等により、自分のキャリアパスが不利になったり閉ざされたりするため、例え復職・再就職しても収入面・スキル面で不利になります。その分は男性側が補填して然るべきでしょう。

    あと家計の中には、忘れずに預貯金も含むようにしましょう。個人資産としてではなく、家計の預貯金は家計から!を徹底しましょう。

    さて...

    1.各自の祝い金はそれぞれ金額やいただく数が異なるため、個人資産としては如何ですか?共通の友人達からいただく場合は家計で良いと思います。

    2.出産一時金を保険料の対価と考えるのは不適当だと思います。子供を生み育てるための一時金だと思うので、子供と同じく夫婦のものとしては如何ですか?

    3.子供の扶養による税制面での優遇や手当てについては、期間を半分に割っては如何ですか?前半はトピ主が妊娠・出産により休職・退職するかもしれないので夫の扶養とした方が有利ですし、後半は妻の扶養としては如何でしょう。

    「生活費」として何を含むか、また妊娠・出産を控えた際に、彼がトピ主に掛かる費用をどこまで考慮しているのか、再度話し合いを持つのが良いと思いますよ。

    夫婦の生活に「正解」はありません。

    トピ内ID:6084622735

    ...本文を表示

    レスします。

    しおりをつける
    blank
    東京砂漠
    1.はそれぞれだと思います。
    2.はトピ主の考えでいいのではないでしょうか。
    3.については給料の多い方にしたらどうでしょう。
    いずれにしても今の若い夫婦はトピ主夫の言うような方法で家計費を折半しているのではないでしょうかね。夫婦と言えど他人であるという認識が浸透してきているので。でも考え方によっては味気ない家庭かも知れませんね。夫婦別財布は。

    トピ内ID:2029222545

    ...本文を表示

    それ、他人に聞いてどうする?

    しおりをつける
    🙂
    はるるか
    他人の意見を聞くなとは言わないけど、それこそ、一緒に生活する彼と話し合うことじゃありませんか?
     
    出来婚でないのなら、今すぐ、子どもを前提としたことを考えなくてもいいと思うよ?
    まずは、2人の生活で別財布をやってみる、試してみて、システムを見直す って繰り返していけばいいんじゃない?

    「最初に決めた方法」を絶対とするんじゃなくて、やってみて、話し合って、微調整して~~ を繰り返していくのよ。2人でこれからはじめる生活なんだから。

    彼には、「私は、夫婦で別財布って考えたことがなかったし、両親も友達もやっている人を知らないから、イメージわかないの」
    「一度、あなたのプランでやってみよう。毎月、お金の使い方とかシステムを見直して、微調整しながら、2人のいいやり方が見つかればいいね。
    私が、妊娠したり子どもを産んだりしたら、また見直さなくちゃならないだろうし」
    くらいの言い方で、
    「あなたの希望を飲むけれど、それが唯一絶対の方法じゃないわよ」と釘を刺しておけばいいんじゃありません?

    あと、絶対に忘れちゃいけないのは、家計用口座には、生活費だけではなく「貯蓄」も盛り込むこと!
    「各自で貯金」なんて言っていたら、貯まりません。
    ライフプランを立てた上で、毎月の家庭内積み立てをしておきましょう。

    トピ内ID:0745362023

    ...本文を表示

    むしろ合理的

    しおりをつける
    🐱
    ゴータム
    >1私(彼)の親族からの祝い金は、各自の個人の貯金に入れるべき?家計に入れるべき?

    個人に対して贈られた祝い金なのか、夫婦に対して贈られた祝い金なのかで判断すれば良いとは思いますが、親族からであれば「夫婦に対して」というケースが多いのではないかと思います。


    >2出産一時金は私の保険料の対価なのだから、私の貯金にしていいのか?

    出産育児一時金は、出産育児に掛かる経済的負担を軽減するのが目的ですから、
    出産育児に掛かる費用を全て妻であるトピ主が負担するのなら、トピ主の収入にすべきですし、
    出産育児に掛かる費用を家計から支出するのなら、家計に組み入れるべきでしょう。
    保険料は、個人のお金を預けている訳ではありません。


    >3子供の扶養者は税金面で優遇されるが、夫婦のどちらかが扶養者になると不平等が生じる。どちらが扶養者になるのか?

    税制優遇を受けた分は、家計に組み入れれば良いだけでは?


    役割を分割せず、稼ぐのも、家事も、育児も、お互いに同等に協力していくことを望むのであれば、別財布の方が公平感を得やすいですし、合理的です。

    稼ぐのは夫(あるいは妻)、家庭での仕事は妻(あるいは夫)と役割を分けてしまうのであれば、財布は一つにせざるを得ません。(片方の稼ぎが極端に少なくなりますから)

    どちらが良いか彼と良く話をしましょう。

    トピ内ID:1955001098

    ...本文を表示

    それぞれだとは思いますが…

    しおりをつける
    blank
    るるん
    母親の立場です。
    ごめんなさいね、このような男性との結婚は正直不安です。

    うちの娘は専門職(6年大学に行った後の国家資格持ち)ですが、
    それでも結婚するのであれば、男性には
    「家族を作るんだ。家族を守るのは自分なんだ。」という気持ちが欲しいと思います。
    (もちろん、女性側にも同じように思う気持ちがある事が前提です)

    別にそれを口に出さなくても良いのです。
    でも結婚前から「夫婦別財布で。」なんて言われたら、
    家庭を築いていこう、しっかりしなくては!頑張らなくちゃな、という気持ちなんて
    さらさら無いんだなぁ~と思えてしまいます。

    特に、
    >お互い同額の生活費を毎月振り込もう。
    給料から生活費を引いた分は各自で管理すれば平等。
    どこが平等ですか?
    1円単位までお給料が同じ、出社時間帰宅時間、休日が全く同じならば
    平等かもしれませんがそんな事、ありませんよね…。

    これを提案するのであれば、お互いお給料の8割を家庭用の口座に入れよう。
    口座はふたつ作って偶数月は僕の口座に、奇数月は君の口座に入れよう。
    ではないですか?

    トピさんが箇条書きにされた1,2,3も、なんでしょう…
    思いやりや相手を尊敬する気持ちも年々薄れていくような気がするのは
    私だけでしょうか?

    契約ですね(笑)
    こうなってくると、もはやビジネスのような気すらしてきます(笑)
    契約書が必要になってきますよ。
    どちらかが体を悪くして収入がなくなったらどうするのか?とかね。

    別に私は“男性は女性を守れ、それが結婚する、という事だ”なんて思っていません。

    現に娘にはしっかり収入が得られるように、専門職の道を進むよう育ててきましたから。
    それでも「平等に」なんて結婚前から口にするような男性には母として不安を覚えます。

    素敵な彼氏さんなのでしょうが、もう少しよく二人で話し合った方が良いと思います。

    トピ内ID:0478716014

    ...本文を表示

    平等??

    しおりをつける
    🙂
    yamama
    給料から同額でいいんじゃない??
    そのかわり、家事育児は完全折半
    子どもが体調不良の時は、交互に有給をつかうこと
    各自の親のことは各自で、以上

    そういうのが平等ってこと
    金は多めに入れない、家事は女が中心にやってって考えじゃなければいいんじゃない??

    私はどちらかというとすべての収入は家庭口座に入れて、結婚前の貯金は各自のもの
    行こう月収に合わせ小遣い制にするのがいいと思う、旦那は5万、あなたは3万とか
    それを引いて各自の家族貯金への貢献度によって家事の分配をする方が楽よ??
    お互いに

    トピ内ID:5257999788

    ...本文を表示

    平等って何?

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    結婚して29年間、夫婦別財布です。私は給料は全部妻に渡すものだと思ってましたが、妻が「そんな責任の重い管理はできない」と断ったので別財布にしました。

    夫婦共同名義の口座でも作って、その中から全ての支出や公共料金の引き落としをしない限り、平等もないと思います。

    でも、共同名義の口座はほぼ作れません。死亡時に口座が閉鎖されるので双方が口座を持つことが必須です。

    簡単で、夫婦双方が納得する方法を二人で話し合って決めるしかありません。

    >以下のケースはどうすればいいのでしょうか。
    こんな細かいことは、その都度話し合って決めましょう。あらかじめ決めておかないと喧嘩になるのなら、何故彼と結婚するのですか?

    夫婦生活を楽しく過ごし、温かい家庭を築くために結婚するのでしょ。金銭的に平等でないと、良い家庭は作れないのですか?。

    ちなみに正常な出産は病気じゃないので健康保険は使えません。そのかわりに出産一時金が出るのですから、出産一時金は病院への支払や子供の費用に充てるのが普通でしょう。

    ウチの場合、毎月一定額を双方が家計(現金袋)に入れ、そこから食費・雑費・医療費などを出しています。で、各自貯金に励むと。

    公共料金は夫の口座から引き落としです。そのかわり教育費は妻が多く(というか、ほとんどを)負担しました。

    子供の扶養については、単純に第一子を夫に、第二子を妻につけました。但し、妻の健康保険は優遇があるので、第一子も第二子も健康保険は妻の扶養にしました。

    慶弔金はその目的で用途が決まるでしょ。使うあてがなければ自分の貯金で。

    家具や家の修理など、特別で大きな出費はその都度どちらが出すかを相談しています。だいたい「かわりばんこ」です。

    ただし、中古住宅購入時には登記の関係もあるので、価格を折半して持ち分は妻と半々にしました。

    自分の車や携帯電話は自分の出費です。

    トピ内ID:3539275180

    ...本文を表示

    とりあえず3は所得が高い方

    しおりをつける
    🙂
    ochapi
    3の子どもについては、夫婦で所得が高い方の扶養家族にしておかないと健康保険などでメンドクサイことになる可能性があります。そのへんは夫婦の都合だけではなくて健康保険の都合もあるので、会社で確認した方がいいです。

    税金で考えても扶養控除は所得控除ですから、所得が高い(=限界税率が高い)親の扶養家族にしておいた方がお得です。ですから、これについては所得で決めれば終わり。


    1と2については「夫婦で納得していればどうでもいい」と思いますが、うちでは

    1. 祝い金の受取は家計用口座には入れない。ただし出すときも各自の口座からです。たとえば「夫の兄の息子の結婚祝い」なら、夫婦で披露宴に呼ばれたとしても夫の口座から出します。
    2. 出産一時金を家計用口座には入れない。出産費用は妻の口座から出した。

    でした。ご参考まで。

    トピ内ID:4033502924

    ...本文を表示

    それじゃ分からない

    しおりをつける
    🙂
    主婦
    >お互い同額の生活費を毎月振り込もう。給料から生活費を引いた分は各自で管理すれば平等

    収入を書いてくれないと。
    A夫30万、妻30万で同額27万振り込んで残3万が各自管理。
    B夫30万、妻30万で同額10万振り込んで残20万が各自管理。
    C夫30万、妻15万で同額10万振り込んで残りが各自管理。
    このように手取りがいくらなのかと同額振り込むというのがいくらなのかで事情が違ってきます。

    Aパターンの場合はお小遣い程度が各自管理なので実質家計を一つにするのと同じです。

    Bの場合は各自管理の幅が大き過ぎて、長い目で見ると不公平になる可能性があります。
    家購入や老後資金など大きなお金が必要になった時、妻は1千万円貯金があるが夫には百万円しかないという場合です。
    妻は我慢して貯金、夫は使いたい放題浪費、いざお金が必要になったら「ある方が出すしかない」となり不公平なのです。

    Cパターンは家事など全て平等に分けられるなら、多く稼いだ人が多くとるので平等だと思いますが、このパターンは意見がわかれるところです。
    家事を完全に平等は難しいし、時間があるほうが家事をすることになるでしょうし。

    別財布で一番怖いのは、1人は真面目に貯金してきたがもう1人は全然貯金できていなかったときです。
    もし別財布にするならAパターンに近い方法がいいと思います。

    家計に振り込む割合を手取り収入の70%か80%以上と高めに設定し、そこから家族のための貯金も支出も出来るようにしておく。
    手元に残す個人管理分は一切貯金せずに全て使い切っても大丈夫な金額に留める。

    >1
    どちらでもいい。
    夫婦で話し合い。

    >2
    貯金ではなく出産費用や生活費。

    >3
    どちらでもいい。
    夫婦で話し合い。

    トピ内ID:5212386116

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  99
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0