詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 母のメールボックスをのぞいてしまいました
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母のメールボックスをのぞいてしまいました

    お気に入り追加
    レス24
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ムック
    ひと
    誰にも言えないこの思いを言わせて下さい。
    母とは高校の時からずっと争いが絶えなくて、いつか家を出ようと思っていました。喧嘩は私にも大いに原因がありますし、反省もします。でも私は基本的に、母のネガティブで、あら探しが多くて、他人の良いところを認めようとしない性格が大嫌いです。
    そんな事を言おうとしても相手にしてくれないので、この前メールでひどいことを送ってしまいました。

    後で謝ったのですが、私は気になって、母の携帯のメールボックスからそのひどいメールを削除しようと思って携帯を見てしまいました。
    「あんなアホとは縁を切りたい」「ムックは人間性に欠ける」「兄の方は良い奴なのに」「出て行ってもらうのは大歓迎。自費でね」
    などが母の友人宛に送られていました。人の携帯をのぞいてしまって、しかもこんなことを思われていたのを知ってしまった・・

    私はもう愛されてはいないんですね。それを見てしまってから、母を直視できなくなりました。自業自得なんだろうけど・・。あれから私は、思い出す度に寒気と頭痛がします。でも全部私がまいた種。自分で消化しなくてはならないと思っています。こんなバカな娘を許して下さい・・

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数24

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  24
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    一時の感情は お互い様

    しおりをつける
    blank
    ココナッツ
    私は40代の主婦です。
    だから あなたのお母様のほうに 歳が近いのかな?
    トピ読ませていただいて感じたのは 
    「もう 愛されてない。」と決め付けないほうがいi
    な.と思いました。
    あなただって 一時の感情で ひどいことばをつづったメールをお母様に送り 反省して削除するために 携帯をみたわけだし、
    お母様も あなたのこと心配しながらも あなかからのひどいメールを受け取った怒り驚きを どうにか消化しなくちゃと お母様のご友人に 腹立ちまぎれに 本心ではないことを ご友人たちにメールで送ったのだと思います。
    あなたも お母様に思いのたけをメールで送った時は 一時 気が晴れたでしょう。
    でも あとで 反省している。
    お母様も 同じだと思いますよ。
    他人なら それで ジ エンドかもしれませんが 親子なら 親子喧嘩で 済むこと多いんじゃないかな?
    これからのあなたのお母様への接し方で 関係は好転すると思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も合わない

    しおりをつける
    blank
    ゆりみ
    私も昔から母とは合いません。
    母の考えを押し付ける、私の意見を聞かない、聞いても世間知らずのたわ言みたいに扱われる、ネガティブ、、、などなど、とにかく母と話しているとストレスが溜まるのです。

    とても愛情をもらっているのはよく分かります。
    が、10年前、学生の時、母の日記を読みました。
    すると「できることなら、ゆりみを殺してしまおうかと思う」などと書いてありました。
    相当ショックでした。
    私は不良でも何でもありませんでした。
    地元では有名な進学校に行き、大学に行きました。
    ただ母が気に入らなかったことは、私が連れてくる彼氏が大卒ではないということ。
    それだけで、私は「今まで何のために苦労して育ててやったんだ」「兄達は優秀に人生歩んでいるのにあんたは・・」が口癖でした。

    今は結婚して家を出ていますが、たまに実家に戻っても長居することはありません。
    会話しているだけでストレスが溜まるので。
    母も年と共に柔らかくはなってきましたが、やはりあの時の日記は今でも忘れられません。
    母も高齢ですので、親孝行はちゃんとしていますけどね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も一時の感情が大きいと思う

    しおりをつける
    blank
    20代主婦
    母親にそんな風に思われてたなんて…と、とても傷ついたでしょうね。
    私も10代の頃、一度きりですが母に「死んでくれないか」と言われたことがあります。
    本気ではないとは思いつつ、実の母からそんな言葉を聞いたショックは物凄く、何度も本当に死んでしまおうかと考えました。
    だけど結局、死ぬ勇気はありませんでした。
    その後も何度か大きな喧嘩をしましたが、母もあれ程ひどい事は言いませんでした。やっぱり後悔したのでしょうか?
    でも私の心には大きな傷が残り、結婚した今も、昔のように素直に感情を表現したり母を慕うことができないままです。
    ですが、時間はかかっていても関係は徐々に好転しています。
    母から連絡が来た時はマメに返事をしたり、どこかへ誘われたらなるべく付き合ったり、会話を増やしたりと距離を縮める努力をしました。
    今は心の傷も深いでしょうが、少しずつで良いのでお母さんとの距離を縮めるように努めてみましょう。
    あの時の言葉は後悔・反省していると伝われば、関係も徐々に良い方向へ向かうと思います。お母さんも、きっと「あのメールの言葉を直接言わなくて良かった」と思うことでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    気にせずいつも通りに

    しおりをつける
    blank
    匿名
    私も母親とは毎日のように喧嘩をします。出て行けだの死んでしまえだのは当たり前、もう罵詈雑言です。私も言い返しますのでお互い様ですが・・・。私が不在のときに父に私の悪口をえんえん話しているのもわかっています(笑)
    でも不思議ですね、どんなにひどい喧嘩をしてもいつの間にか仲良くなってるんですよ。やっぱり肉親だなあって思います。トピ主さんも喧嘩のことは何とか水に流していつも通り接していけばいいんじゃないかなあ?メールって残るもので後味悪いから、今後は口喧嘩に留めておきましょう!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    甘えてるのね

    しおりをつける
    blank
    ぱふ~
    トピ主さんはお母さんなんだから何を言ってもかまわないと甘えていたんでしょう。
    高校のころから家を出たかったということはもう高校生ではないんですよね。
    でも家は出ていない。
    お母さんにしてみれば文句ばかり言うくせに自分から何かしようとはしない、って感じでしょうか。
    トピ主さんも家族に甘えてるから結局家を出ない・・・。
    お母さんも本気でお友だちにトピ主さんの悪口を言ってるわけじゃないと思いますよ。
    お友だち同士軽い愚痴の言い合いってとこじゃないですか?
    そういうのってトピ主さんだって友達と話したりするでしょう?
    でも、いい機会なので本気で独立してはどうですか?
    少しお母さんと距離を置いたほうがお互い優しくなれるでしょうし、お母さんのネガティブな考え方についても理解できるかもしれません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    えっ

    しおりをつける
    blank
    > 母の携帯のメールボックスからそのひどいメールを削除しようと思って

    そんなことしちゃだめです。
    一度送ったものは、相手の手に委ねたものです。自分で削除することはできません。これが手紙だったら、あなたは受取先のポストや家の中を探すでしょうか?

    次からは、それだけの覚悟をもってメールを書くようにしましょうね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    応援しています

    しおりをつける
    blank
    ふゆ
    わたしも昔から母とは衝突してばかりでした。
    言い合いの後に何度反省会をしてもまた必ずに喧嘩になるし、
    ムックさんがお母さまに言われた事よりもっと酷い言葉を母の口から聞きました。
    きっとわたしも相応の事を言っていたんだろうと思います。
    どうして親子なのに分かり合えないの?母を好きでいたいのに、
    と幾度となく絶望的な気持ちになったり家を出たりもしました。

    ムックさんとお母さまのお人柄はわかりませんが、
    わたし達親子はもう考え方自体が全くといっていい程違います。
    母はわたしが生理的に許せない様な事も平然と口にします。
    でも、わたしが母の言う事を理解できなくても、
    母がそういう意見をもつ、ということを大切にしたいと思っています。
    人同士が100%理解しあう事は、まずありえません。

    (続きます)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    応援しています 2

    しおりをつける
    blank
    ふゆ
    わたしがひとつだけ確信をもって言えるのは「母の愛は喧嘩くらいで揺らいだりしない」と言う事です。
    ムックさんが見てしまったお母さまのメールも、一時の感情にすぎないと思います。
    ただ、口に出して言うのと違ってメールは後々形として残ってしまいますから、
    それを目の当たりにしてしまったムックさんはとても辛かったでしょうね・・
    まず、お母さまに自分の気持ちをはっきり伝えてみてはいかがでしょうか?
    揉め事の問題でなく、メール自体が気になっているのだったら、思い切って
    「自分のメールを削除しようと思ったら、他のメールを見てしまったんだけど・・」
    と伝えてみることも大切だと思います。自分ひとりで冷静に考える事ももちろん大事ですが、
    気持ちを外に出してふたりで分かち合う事で初めて見える道もきっとあります。
    お話をはたから読んでいて、こんなに素敵な考えの娘さんを持つお母さまはとても幸せだとわたしは思いました。
    早くしこりが無くなるといいですね、応援しています*

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も相性悪いです

    しおりをつける
    blank
    むむむ
    もう20代後半なのですが、小学生のころから母とは相性が悪かったです。母も「あの子(私)とは相性が悪い」と諦めておりました。
    もう結婚したのですが、母に迷惑=借りを作りたくない一心で結婚式も披露宴もせず入籍婚でした。なのに、たった一回の義両親への挨拶を「あんたのせいで、あんな遠くまで挨拶に行かなあかん」「大切な休日を無駄にして、挨拶に行ってやるんだから感謝しろ」とずっと言い続けているわりには、まだ一度も挨拶に行っていないんですよ。もう2年も経つのに。
    「育ててやったのに」という言葉をはじめ、私に対する貸しを強調するだけが、私に連絡してくるときです。

    でも、私が自分をラッキーだと思うのは、母がおかしい人間であると高校時代に気付いたことです。トピ主さんのクラスメートもみんな親になるんですよ。変な母親がいるのは当然です。自分の母親の間違いを客観的に見られたら、反面教師にすればよいと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    本心はね

    しおりをつける
    blank
    ひらり
    心の中をのぞいたわけではないでしょう。
    母は娘の事を、本当に大切に思っているはずです。
    一時の感情をぶつけるところがないから、メールで
    発散させていただけです。母も生身の人間ですから。
    私も、娘の反抗期には、喧嘩ばかりしていました。
    「結婚式には、出ない」口には出しませんでしたが
    本当にそう思いました。あれから数年、まだ結婚する予定もありませんが、娘のドレス姿を楽しみにしています。親は、子供が可愛いです。貴女も親になれば
    わかります。親孝行して下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  24
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0