詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母親への葛藤を断ち切りたいです。

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ルル(30歳,子持ち)
    ひと
    母親と関係のことで悩んでいます。
    母は、私が幼少の頃から、(少なくとも私に伝わる形では)愛情を示してくれる人ではありませんでした。
    とにかくしつけだけは厳しかったけど、母子の温かい記憶は私にはありません。

    それでも私はずっと、「母ともっといい関係を築きたい」「愛されたい」という気持ちをもち続け、そうなるよう努力してきました。

    でも、被害妄想と偏見の強い母とは、関わるたびに心身を削られるばかりで、疲れ果ててしまいました。

    さらに、私が障害児を生んで母との確執はますます深くなったことをきっかけに、私はいよいよ、母といい関係を築が無理だということに気付きました。
    これからは母とは、あたりさわりなく、「お付き合い」程度に関わっていこうと思っています。
    私と、私の家族の幸せを守るために。

    ただそう決心していても、母と理解し合えないことへの無念の思いはすぐに消えるわけではなく、今でも母の心ない言葉には、やはり深く傷ついてしまいます。
    でも、それももう卒業したいです。
    そのためには、自分の気持ちをどうやって整理すればいいのか・・・。
    どなたか意見を聞かせてください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お勧めです。

    しおりをつける
    blank
    りりこ
    「娘が母を拒むとき」「母は娘がわからない」いずれも、イヴリン・バソフ著 村本邦子+山口知子訳 創元社です。

    母親との葛藤関係を整理するのに役立ちますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    楽に考えてください。

    しおりをつける
    blank
    のどあめ
    お母さんとは年代も違うし育った環境も違うし考え方も違うし、とにかく別の人格なのだから合わなくて当然だと楽に考えたらいいのではないでしょうか。別に母親と仲良くなくたっていいじゃないですか。
    母親との関係に苦しんでいる人がたくさんいるってことが小町を見てるとよくわかります。

    私も母親との関係が悪く、それがストレスでしたが、あることをきっかけにお互い連絡を取らないようになり、かかわらなくなりました。普通の親子関係の人を見ると寂しい気持ちもたま~に感じますが、かかわるストレスよりうんと気が楽です。

    あまり過去にとらわれず、ご自分の子供さんのこと、現在のご家庭の未来を大事にしてくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    中途半端はよくないよ。

    しおりをつける
    blank
    割れ竹
    いくら自分が
    「当たり障りのないおつきあいだけ」
    なんて思ってても、
    相手がそうは思ってないもんだから、
    無遠慮に無神経な言葉を投げつけられるだけですよ。
    そして、それに傷つき落ち込むことを繰り返すだけ。
    いっそのこと、絶縁した方がうまくいくのでは?

    私の場合、次のように考えることで
    心の中を整理しました。

    親の恩
    →グレることなく、また警察のお世話になることなく
     成人しただけでもおつりが来ます。

    親孝行
    →3歳までのかわいさで十分孝行してます。

    親への恨み
    →私は夫や子供にそんな想いはさせません。

    冷たいと揶揄されることもありますが、
    母と接触を持つと、誰も幸せにならないんですよ。
    だから、母と接触を断って
    母一人が不幸せになった方がまだマシなんですよね。

    ここに思い至るまでには「人の業」に
    灼かれるような辛さでしたが、
    トンネルを抜けてみると何とかやっていけますよ。
    十分悩み抜くことも大切ですよ。
    辛いと思いますが、きっと乗り越えてくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    よく分かりますよ

    しおりをつける
    blank
    おふみ
    私も同じでした。
    離婚して母一人子一人で昼夜一生懸命働いて育ててくれたのは立派でしたが、しつけはスパルタで極端に強引なものでした。
    そして私が中学生の頃、母が再婚した事によっていろんな葛藤が生まれたのを機にそれまで我慢して従っていた反動で私は自分でもどうしようもないぐらいに反発するようになり、それは最後まで続きました。

    たまに顔を合わせても素直になれず、お互い敵同士のようにひどい罵り合いになるのが常でした。
    第三者から「そんな事では後で後悔するよ」と何度言われても、母に優しく接する事はできませんでした。

    そして私の気持ちに変化が起きたのは、悲しい事に母が突然危篤状態になり、他界した時でした。
    死ぬ間際に手を握った時、幼い頃の母への恋しい気持ちが初めて戻ったのです。
    そして遺品の整理をする時に見つけた母の日記に私の事ばかり書かれていて胸が張り裂けそうでした。

    ひどい言葉を吐く人は「弱い人」だと気がついたのです。

    最後まで親を許せなかった私がルルさんに何も言う資格はないけれど、いつかはお母様とも永遠の別れが来ることだけ覚えておいて下さい・・。
    私は3年経った今でも後悔で辛いです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ルルさんも

    しおりをつける
    blank
    さーこ
    私も母親には愛されているんだと思います。
    ただ母親がそれをうまく表現できないだけで・・・
    かと言って、母親の奴隷になることはできません。
    母親のエゴをふりかざして、子供の幸せを奪おうと
    することもあるのです。

    私も同じように自己嫌悪に陥りますが。友達が
    うらやましかったりします。。。
    親の生きてきた年数を思えば、私は子供を守らねば。。
    と思います。
    親にはとても感謝しています。嫌いになったり憎めたら
    ラクなのに。。。と思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    わかります

    しおりをつける
    blank
    AC
    私も母と関わりを持つのが苦手です。
    母子家庭で、育ててくれた事に感謝もしてますし
    大嫌い、というわけではないんです。
    母は私だけが幸せになる事を許さないんじゃないか、
    いつもそんな風に感じています。
    結婚し新居に私が引っ越すと、母も同じアパートの
    別の棟に引っ越してきました。
    保険の事、車の事、家族計画の事、何かにつけ口を出します。
    何をするにも「やめなさい、やめなさい」
    一軒家をかりて同居しようかなんて最近言われます。
    子離れしてくれてないんでしょうね...
    母はたぶん私とはとても仲がいいと思ってるんでしょう。
    でも私は幼い頃から傷ついた記憶が沢山あります。
    (主に男性関係の事が多いです。Sexの声が聞こえてきたり...)
    愛情を受けなかったわけではないんです。
    はっきりと言えない自分も悪いんですが。
    母にはすごく遠慮してしまうんです。どうしてだろう...

    どうにかして、母から離れたい、でもできない...
    母に何かあれば助ける事はすると思います。
    でもそれは心からの行為ではありません。
    母の事をそんな風に思ってしまう自分がとても嫌です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    おふみさんへ

    しおりをつける
    blank
    ふみ
    (横でごめんなさいね)
    >第三者から「そんな事では後で後悔するよ」と何度言われても、母に優しく接する事はできませんでした。

    私も第三者ですが、
    私の見解は逆です。なんでも罵倒するくらいにお互いに本音をぶつけあえて、なんてうらやましい事でしょう。
    そして、
    それがあったからこそ!
    今のそのやさしい気持ちになれたのですよ。

    本音もぶつけられる事を許されず(自分も子供をもつようになってお粗末さが露呈)でも、感情的に逆切れされいつも中途半端で、、。差し障りなく、と付き合っていると日常好き勝手やってるクセに、『世間様も息子より実の娘の世話になるもののようです』との手紙をよこしてくる。本当に厄介です。
    死んだら何でもある程度美化してしまうものなのかもね。それに恨んでる労力も惜しいしね。
    そんなふうに思ってしまうよ。生きているとね、どうしても。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    インナーマザー

    しおりをつける
    blank
    ムスカリ
    もし読書がお好きでしたら、斉藤学著「インナーマザーは支配する」「インナーマザー―あなたを責めつづけるこころの中の「お母さん」を読んでみてください。Amazonで買えます。

    私の母は、自分がお腹を痛めて産んだ娘が思い通りにならないことが許せない人で、私の人格を否定することに全力を注いでいました。
    子供が手を離れた頃から、母は余裕が出て、以前のような暴言暴力はなくなりましたが、仲良し親子はできません。
    不運なことに私は成人してから双極性障害を発症してしまい、鬱状態になると母への憎しみ・被害妄想が止まらなくなります。

    子供の頃に母親にぶつけられた言葉の暴力を自分の中に取り込んで、自分を延々と責め続けているのです。それが「インナーマザー」と斉藤学先生は書かれています。

    今は一人暮らしで独立していますが、さらに不運なことに私は将来結婚できても子供は産まないつもりなので、母の気持ちは一生分からないでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    母も悩んでいる

    しおりをつける
    blank
    さちこ
    とんでもないことをした娘を夫も他の兄弟も勘当しました。

    もう罵倒されないだけ穏やかに暮らせます。悲しいときも勿論ありますが、原因や犯人捜しをしても意味ありません。この結果をただ受け入れて今後自分の人生をどうやって充実させるか、考えたいです。

    娘は娘、私は私です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0