詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 皆さんのご意見を聞かせていただきたいです
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    皆さんのご意見を聞かせていただきたいです

    お気に入り追加
    レス44
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    まみ
    恋愛
    これから書くのは、私達自身の問題で、結局最後は自分達で決めなければならないのですが、客観的に私達を知らない方から見た場合、どのように感じられるのかを知りたくて、思い切ってこちらに書かせていただきます。

    現在、ノルウェーの彼と3年間のお付き合いをしています。私は現在日本在住、彼はノルウェー在中です。結婚をしたいということで、話し合っているのですが、そこで大きな問題があるのです。「将来、どこに住むか」ということです。

    彼は、一人っ子。私は、姉がいますが、すでに結婚していて、家を出ています。私の実家は、(自分で言うのもいやらしいですが、明確にするために書かせていただきます)田舎にありがちな、昔お金持ちだった、大地主の家です。旧家というのでしょうか、今でも沢山の土地を持っており、それを親の代まで守ってきている感じです。

    親は、家を継いでくれ、とは直接は言ってきません。おそらく、娘の私にそんなことを言うと、私にプレッシャーがかかってくると思ってのことだと思います。ただ、話の端々に、私が継いでくれたら・・・みたいなことを感じられます。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数44

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    続きです

    しおりをつける
    blank
    まみ
    彼は、やはり一人っ子ということもあり、ノルウェーに住みたいとのことです。また、日本で例え住んでとしても、日本の企業は休みなどが取りにくい環境ですし、帰れたとしても、年に数日が限度だと思います。(私達の生活レベルからいくと)
     
    ただ、私は小さい時から、誰に言われなくても誰かが、実家を継がなければと考えておりましたし、ノルウェーに完全に移住というのは、親に対して非常に心苦しいです。たとえ、私がノルウェーに移住ということを選んだとしても、必ず、家を継がなかったことに対して、罪悪感を感じずにはいられないだろうな、とも感じます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    続きです

    しおりをつける
    blank
    まみ
    現在の私達の話し合いは、停滞中です。彼は、「別れたくない。別れなくちゃいけないなら、僕が日本に行く。」と言っています。ただ、それは彼の本心ではないので、そうさせるのは申し訳なくて出来ません。
    私は、「家の為、彼と別れる」か「家のことを忘れて、ノルウェーに移住するか」のどちらかの判断を下さなければいけない、と考えてはいるものの、どうしたらいいのか分からなくて、書かせていただきました。

    皆さんが、もしも私の立場ならどうされますか?厳しい意見でも構いません。ご意見を伺えたらと思いました。長文、読んでいただきありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の意見です

    しおりをつける
    blank
    彼を大事にするか、それともあなたの生まれた家族も大事にするかで、自ずと答えは出るでしょう。

    あなたの人生観によって答えは決まります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私だったら…

    しおりをつける
    blank
    ねねね
    私は『自分のせいで長い間守られてきた家系を鎖してしまった』ことに、きっと気持ちを縛られてしまう。
    愛する人と一緒に暮らしてもいつも心の中では「あなたは何一つ変わらないけど私は全てをあなたのために捨ててきたのよ!もっともっと幸せにしてよ!」と、責めてしまう。
    だから、今は静観するほうを選びます。
    ノルウェーの彼が私の家に対するちょっとばかりの誇りと大きな、勝手に背負っている重圧を真剣に考えてくれて、日本に来ることを選んでくれるのか、それとも家付き娘という面倒なままの私と一緒に暮らしてくれる別のパートナーと出会うのか、すぐに答えは出せません。
    それを不誠実だと言うのなら、やっぱり彼より家を取ります。

    どんなに愛していても気持ちの行き違うことはあるもの。その時に家を選ばなかったことで彼を責めないと言う自信があったら新しい生活に飛び込むでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お互いの国に代わりばんこに住んでみる

    しおりをつける
    blank
    ぎんねこ
    私なら、どちらの国が住みやすいか、十年単位で住み比べてから定住を決めます。
    以前テレビで、何年かお互いの国に住み、結婚生活を送っているご夫婦が放送されていました。
    もちろん、自分の国に住むときは、両親のそばに家を建てたり、借りたりして生活するのです。
    ノルウェー人の彼はどんなお仕事をされているのですか。日本とは接点があるのでしょうか。
    物価、教育、住宅事情、食べ物、お付き合い、いろいろなよさや悪い点が見えてくるでしょう。お二人のライフスタイルがしっかり決まってから、終の棲家を決められればいいと思います。

    末筆ながら、ご結婚おめでとうございます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    質問

    しおりをつける
    blank
    kanami
    >私の実家は、(自分で言うのもいやらしいですが、明確
    >にするために書かせていただきます)田舎にありがちな、
    >昔お金持ちだった、大地主の家です。
    >親は、家を継いでくれ、とは直接は言ってきません。
    >ただ、話の端々に、私が継いでくれたら・・・みたいな
    >ことを感じられます。

    将来、トピ主さんが実家を継ぎ、婿養子をとられて子供ができたとき、その子供が女の子だったとして、その子に同じように「適当な婿を見つけて家を継いでくれ」と、言外のプレッシャーを与えられるのでしょうか?

    「私は自分の子供にはそんなことは強いない」という人は多々いますが、結局は自分のたどった道をたどらせようとするのが人間の本能のようです。

    いつかどこかで断ち切らなきゃ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    似てるけど、ちょっと違う?

    しおりをつける
    blank
    どっちも大事
    私の父は早くに死んだので、その後はそれまで専業主婦で苦労知らずの母が仕事を始めて、掛け持ちで仕事をこなしたりして、育ててくれました。

    結婚相手の条件は将来、私の実家で(幸い持ち家でした)母と同居してくれる人。好きでも、その条件を飲めない方とは別れて来ました。もしそんな人がいなければ、一生独身で働き続けようと思ってました。

    今はその条件を引き受けてくれた主人と子どもと私の母と二世帯住宅で仲良く暮らしています。

    母はきっと私が結婚して遠くに行くことになっても笑って喜んでくれていたと思いますが、だからこそ置いていくような真似は出来ませんでした。

    結果オーライで、運よく条件を丸呑みしてくれた主人に出会えたから言えることなんですけどね・・・。

    こんな例もあります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    えーと。。。

    しおりをつける
    blank
    あひる優
    「将来、どこに住むか」ということが問題になっていて、おそらくあなたは都会に住んでいて(もしくは都会に住む予定で)、遠くの田舎の実家には「帰れたとしても、年に数日が限度」なんですよね?
    ということは、結論として日本に住もうがノルウェーに住もうが「帰れたとしても、年に数日が限度」っていうのは変わらないんでしょう?
    じゃあ、ノルウェーに行っちゃえばどうですか?結局変わらないんだし。

    それとも、彼が日本に来た場合に、彼がノルウェーに帰るのが「帰れたとしても、年に数日が限度」なんでしょうか?
    その場合にはあなたの気持ちを彼にすべて話して、そのうえで彼の判断で彼が日本に来たのなら受け入れてあげれば良いのではないでしょうか。

    あなたは別れるかノルウェーに行くかしか考えてないみたいですけど、彼が納得のうえなら彼と日本で結婚することは決して悪い選択じゃないと思いますよ。もちろんその分あなたが彼のために苦労する覚悟でね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    客観的な意見です。

    しおりをつける
    blank
    有機トマト
    他の人も言うかもしれませんが、まみさんが
    家と彼どちらが大事かもう一度考えてみれば?
    もし、家をとって、他の人と結婚することになって
    「やはり好きだった人と結婚していたら・・」と後悔しないとは言えないでしょ?
    家を継がない罪悪感がなければ彼と結婚することに
    ノルウエーに行くことにためらいはないですか?
    彼が日本に来るのも悪い、家を継がないのも悪いでは
    なんにもすすみませんよね!
     
    けどまみさんのご両親は??そんな旧家にも関わらず
    家を継げと直接言わないのは、娘の人生を自分たちの
    勝手で変えたくないという願いからなのでは?
    まみさんの幸せを強く願っているように感じました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私ならば

    しおりをつける
    blank
    そよ風
    客観的意見をとのことなので、私ならばということで意見を述べさせていただきます。

    家を継がねば一生罪悪感を感じるようであれば、私ならば彼と別れて実家を継ぎます。実家に思い入れがあるほど幸せを感じる度に罪悪感も感じるでしょうし、それは辛すぎます。
    ただしトピ主さんとご両親・お姉様の間で話し合いをして、お姉様が相続権を放棄することが絶対条件です。その際お姉さまに一筆書いて頂くことを忘れずに。

    もし彼が日本に来てくれるのであれば結婚しますが、日本に住んで彼が幸せになれそうでなければ別れます。

    あまり参考にならないかもしれませんが、私はこのように思います。お父様にとってはトピ主さんがあとを継いでくれたらうれしいでしょうが、トピ主さんが幸せに日々を送ることが一番うれしいことだと思いますよ。トピ主さんと彼が一番幸せになれそうな道を選んでくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご実家ですね

    しおりをつける
    blank
    pia
    一読して、

    トビ主さんは「彼への愛」よりも「ご実家」に対する思いの方が強いように見受けられました。

    彼を選ぶにあたって「かなりの迷い」がおありなんですね。悩むほどなら今回の結婚はストップした方がいいです。

    「結婚」とは、「無理をして」するものではないと思います。後で後悔をしないよう、一時の事で流されないように気持ちをしっかりと持ちましょう。

    「心から愛する人」が現れれば、このような事で躊躇などしないと私は思います。

    ちなみに私も国際結婚しました。実家は裕福ですが、その手の事は、私にとって全く何の問題(何の迷い)にもなりませんでした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    う~ん

    しおりをつける
    blank
    まみ
    「家」を重視する考えが全く理解できないので
    アドバイスにならないかもしれませんが、
    今現在、好きになった彼を苦しめるという弊害がでています。

    親御さんはいってもいいと言ってらっしゃる。
    今の実家はいずれなくなるかもしれません。

    でもその血は確実にあなたに受け継がれているし、
    今の苗字がなくなったとしてもそれに何の問題があるでしょうか。

    すっごい珍しい苗字なら残したい気もしますが
    そうでないのなら、私ならノルウェーに行きます。

    また私がそういう家にいたとして、親の立場であったなら
    子供の幸せを家のせいでつぶしたくありません。
    快く送り出します。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    質問です。

    しおりをつける
    blank
    あや
    私も同じような環境に生まれ育ちました。
    ちょっと違うのは兄がいること。
    ところで、質問ですが
    もし彼に婿入りしてもらって家を継ぐ場合
    外国の方でもお許しが出るのでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    住む所は今決めない

    しおりをつける
    blank
    猫の母
    「この人以外絶対愛せない」という確信があるなら結婚する事をお薦めします。「もっと良い人がいるかもしれない」とちょっとでも思うなら、別れましょう。

    お悩みの「結婚した後どこに住むか」については今すぐ決めない方が良いですよ。トピ主さんも彼も結局は空想の世界でしか結婚後の生活は描けないわけです。

    「外国に住む」ってすごく大変なんです。まずは、お互い相手の国に本当に住めるのかどうか、せめて半年ずつでも良いので試しに住んでみる事をお薦めします。彼の為だけに彼の国に住むと絶対トピ主さんに不満が募るのは目に見えています。(逆も同様)別にずっと同じ場所に住む必要も無いでしょうし、彼と結婚したいのなら、いろんな面でもうちょっと柔軟に考えられた方が良いと思いますよ。

    あと、ご両親ともしっかり話をして下さい。もしかしたら、後を継がなければいけないと思っているのはトピ主さんだけかもしれません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私なら・・・

    しおりをつける
    blank
    トン
    まずお姉さんと話し合います。

    お姉さん夫婦が実家を継ぐ意志がなく
    「家を継ぐのはトピ主さんしかいない」という状況であれば

    彼と別れます。

    トピ主さんの家に対する想いが強いように
    彼の家族に対する想いも強いはずです。
    どちらに住むことになっても母国を離れた方が
    自分の気持ちを偽り、心苦しい思いをしながら生活していくのは酷です。

    いろんな結婚の形があります。

    トピ主さんは「一緒に家を守っていく」という条件に見合う男性と
    一緒になられたほうが末永く幸せな結婚生活が続くように思いました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      似たような経験しました

      しおりをつける
      blank
      幸せ満開
      ドイツ人と結婚を前提にお付き合いしていたことがあります。
      私はひとりっこなので、結婚してドイツに住むことになると親に寂しい思いをさせるという罪悪感を持ち、怖じ気づき、破局しました。

      破局直後は親を捨ててもドイツにいくべきだったと非常に後悔し、5年もの間、引きずりました。

      しかし、そんな私にとっての暗い暗い時代の後、現在の夫(日本人)に出会い、2年間付き合って結婚しました。

      今、両親に電車で1時間ほどで会いに行ける距離に住んでいます。夫も私にはもったいないほどのいい人で幸せです。

      私の場合、運命の赤い糸はドイツの元カレではなく、現在の夫につながっていたのだと思っています。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私の場合 (1)

      しおりをつける
      blank
      Paris
      まみさん  お気持ちお察しいたします。
      私は結婚しており(外国人配偶者)、配偶者の国に住んで11年になります。
      姉は日本人と結婚して子供が二人おります。実家から車で1時間ほどの所に住んでおります。
      ご実家とノルウェーとの二者選択のようにお考えで大変苦しい状況であるとお察しいたします。
      二者選択ではなく両者選択という風に考えることは無理でしょうか?
      日本でもご結婚されたあと、ご自分の転勤ですとか配偶者の仕事の関係で、親元とは離れたところで過ごしておられる方がたくさんいらっしゃると思いますし、日本に住んでおられても一年に一度しかご実家へ戻りませんとおっしゃる方も多いと思います。
      逆にノルウェーでは長期お休みも比較的取りやすいのではないですか? もちろん飛行機代等はお金がかかりますが一年に一度一ヶ月くらいご実家に帰れるのではないですか? メールでのやり取りも可能ですし・・・。  
      (つづく)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私の場合(2)

      しおりをつける
      blank
      Paris
      (つづき)

      一度ご両親とお話をされてはいかがですか? ご両親も、まみさんのお幸せを一番に考えておられると思いますよ。
      ノルウェーで住んでみてやはり日本でご両親の近くに住みたいとなれば、日本へ戻ることもできます。 やってみて駄目であれば、次のプランへ変更もできます。選択肢が一つだけとお考えだと、大変苦しいと思います。
      私は一年に一度日本へ一ヶ月ほど両親の家へ戻っておりますし、日本へ帰るという選択がありますので、この先帰りたくなれば日本へ帰ります。
      末筆ながら、まみさんのお幸せをお祈りしています。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      揉めないようにゆっくり話し合う

      しおりをつける
      blank
      ぺんぎん
      お2人の間では話し合いが始まっているのですよね?
      でも、

      >話の端々に、私が継いでくれたら・・・みたいなことを感じられます。

      ご実家との間では、まだ貴方の主観ですよね。
      実際にご家族と揉めないように、ゆっくりと落ち着いて、話をしてみてはいかがでしょうか。
      その話の中でご家族が、まみさんの人生と家督のどちらに重きをおいているかが、分かってくるのではないでしょうか。
      気持ちを整理する材料にはなると思います。

      でも最後に決断するのはお2人です。お幸せに。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      お姉さんのお子さんは?1

      しおりをつける
      blank
      ももこ
      私の実家もトピ主さんと遠からずのような家庭です。子供は私と妹の二人姉妹です。
      現在、私は結婚して、夫(一人っ子)の姓になっています。第一子妊娠中です。妹は未婚ですが、いずれ結婚はしそうです。
      うちの両親は、長女の私が婿養子をとることが一番最良の道と思っていたと思います、予想ですが。
      (変な昔っぽい言い方ですが)、うちの家を絶やすのはまず考えられないので、たぶんうちでは、妹が婿養子をとるか、私の2番目の子供を成人してから養子縁組にすると思います(私達の第一子は嫁いだ家の跡取りということになります)。
      トピ主さんのお姉様にお子さんはいらっしゃるでしょうか?うちのようなケースは考えられないでしょうか?
      例えば、お姉様にお子さんがいないとか一人とかだとしても、トピ主さんのお子さんの2番目の子を養子縁組とするとか(同じく第一子は夫の跡取りということ)。

      続きます…

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      お姉さんのお子さんは?2

      しおりをつける
      blank
      ももこ
      自分の両親と養子縁組と言っても成人してからの形式的なもので、第一子、二子とも同じように育てますよ~。産まれたらすぐ実家へ、なんて小説みたいなことはありません。
      知り合いの由緒あるお宅もそうしていました。
      跡取りとか、養子縁組とか堅苦しい言葉ばかり出てきてしまいましたが、もちろん普通に明るく楽しくおちゃらけて暮らしますよ~(笑)。両親姉妹、夫とも仲良く円満です。

      というわけで、(同じような立場の)私から一つの提案として、ご参考になさってください。
      一人で考えるより、こうして小町に相談したり、彼氏さん、家族の方と色々話し合ってみてください。皆が幸せになる道がきっとありますよ!
      あまり追い詰めないで、頑張ってくださいね。応援してます!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      資産家なら

      しおりをつける
      blank
      アドバイザー
      まみさんこんにちは。
      あなたの家が資産家なら、家を大切に考えるのが良いと思います。
      彼がどうしても日本はダメだというなら、別れも考えるべきでしょう。
      守るべき資産があるのだから、古くさい価値観ですが、「家」を大切にすべきだと思います。

      ノルウエーに住むって大変ですよ、社会システムが良くできていて、いい国だとは思いますが、冬が長くて寒い。
      太陽が恋しくなります。
      私はダイビングをしますが、南の島でドイツから北の人たちに会います。
      Tシャツで、夕方いつまでも夕日を見ています。私もビールを飲みながらつきあっていますが・・・

      ただ、日本人の配偶者を選ぶのも大変そうですね。
      持つ物の贅沢ではありますが、これも難解な選択ではあります。
      強く日本に居てと言ったらどうでしょう。
      資産もあるのだし・・・ 管理と利殖で食べていけるでしょ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      二者択一に考えないほうがいい

      しおりをつける
      blank
      ミリオン
      状況は違いますが国際結婚に悩んだ経験があります。
      「親を捨て彼の国に永住するか」「彼を諦め日本で生きていくか」・・・

      まだ20代はじめの頃でしたが、すぐに結婚という法的手続きは取らず、定職に就かずバイトでまとまったお金を稼いでは、観光ビザで訪ねて彼と数ヶ月同棲する生活をしておりました。

      実際に日本を離れ生活してみて、愛情だけでは難しい現実に直面しました。習慣・文化・言語などに対しては慣れてはいきましたが、彼に全面的に依存する生活に不安が募りました。

      数十年後、もしも彼が先立って異国の地で子供と自分が残されても日本に帰る居場所は無くなるのか・・・などと考えてしまって悲観的になり、結局は彼と別れて日本で就職し、数年後現在の夫と知り合い結婚しました。時々あの時彼と結婚していたら今頃・・・と思い出す時があります。

      トピ主さんいますぐ選択しなくても、すぐに家を継ぐ必要が無いなら、しばらくノルウェーに住んでみて彼との将来をイメージするというのはどうでしょう。現在お勤め中ならば難しいですが。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      北国に住んだことはありますか?

      しおりをつける
      blank
      人の子の母
       トピさんのお話からすれば日本に住み続けたいご様子ですが、北欧に住むということがどういうことかご存知なのでしょうか。 夏は白夜の国ですが、冬は長く雪も多い、朝から電気をつけて生活しなければならない暗い所だと思います。 
       
       頼りになるのは彼の愛情だけ、庇護してくれる親もお友達もいない環境ではあなたの心の健康が心配です。 

       彼の家の心配よりあなた自身の心の強さを見極めて結論を出すしかないのではないでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      ちょっと似てる

      しおりをつける
      blank
      motoko
      私の実家は18代続く古い家です。私が第一号の恋愛結婚でした。

      従姉もまた同じような家に育ち、姉妹ですので、どちらかが跡を「継ぐもの」と育てられてきました。

      従姉には恋人がいましたが、一人っ子だったため婿養子に迎えることが叶わず、
      彼女は別れを選択しました。後に彼女はこういってましたよ。

      「選べてしまった。そこまで好きじゃなかったんだと思う」って。
      けれど、彼女は今も一人でいます。

      性格も穏やかで楽しく気遣いのできる人です。見た目にも同年代の方と比べて若々しく美しいです。

      彼女は、結婚相手は彼しか考えてなかったんだと思います。
      家を継いでも、結婚はしない選択を彼女はしたのです。
      その家は彼女の妹(長男と結婚)の子供(男の子)を養子に迎えることで、次の代へと継ぐことになるそうです。

      私は、跡を継ぐというのが古い悪習だとは思いません。
      私の兄にもしものことがあったら、私は夫に婿養子に入ってもらえないか願うと思います。
      受け継いできたのは、土地や財産だけではないと思いますので。
      親は笑顔で見送ってくれるのだと思います。
      ただその笑顔の中に、多くの葛藤があったことだけは忘れないで下さい。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      恋愛・結婚ランキング

        その他も見る その他も見る

        あくまでも私の意見です

        しおりをつける
        blank
        ギア
        歴史の浅い北海道に産まれ、日本国内を転勤族の娘として転々とし、結婚してからも多分転々とするであろう環境にいる私の意見です。

        はっきり言って「継ぐほどの家なんてない」と思っています。ちょっと語弊があるかな、つまりどうでもいいんです、○○家とか何代続いた、とか。全く興味ありません。ふるさとなんて所詮は幻想に過ぎないと思っているので。

        だから、私ならば自分が生きてきた中で、自分の力で培った人間関係を大切にします。元々産まれた瞬間から与えられているものには興味ありません。もちろん親兄弟などをないがしろにしろということではありません。でも、私は私自身が築いた世界を大切に生きていきます。もし子供が産まれてもそう育てたいと思っています。

        しかし、歴史ある土地で育った方などにはとうてい理解できない考え方でもあるようですが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私が思ったこと

        しおりをつける
        blank
        トトロ
        あなたがここまで悩んでいらっしゃることに対して,お姉さんはなんとおっしゃっているのですが?

        たとえ嫁いでしまった後だろうと,家の跡取りについての責任というか想いはお姉様も同様かと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        あのー、素朴な疑問なのですが・・・

        しおりをつける
        blank
        anz
        お相手はノルウェー人ですか?日本人ですか?

        田舎の旧家ということですが、仮にノルウェー人の彼だとして、国際結婚となるとその点はクリアになっているのでしょうか?

        結婚したらどこに住むべきかという問いですが、スムーズに結婚のお許しが出ない場合はどうなるのかな~?と。

        駆落ち同然になるのなら実家ではなく必然的にノルウェーなのかなぁ、、と。
        ご両親の結婚に対するご意見によっても違ってくるかと思いました。

        理解あるご両親なら問題ないんですけど・・・。というか、既に結婚了承済みなら愚問でしたね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ちょっと違うけど

        しおりをつける
        blank
        ulul
        結婚して日本に住む!

        これがいいと思います。
        外国の人は親から自立してる人が多いし、日本ほど親と子がべったりではないからです。

        こまめにクリスマスやバースデーにカードやプレゼントをおくればいいのではないかな?と思います。

        長期休暇については、外国人雇用とわかっているので、日本企業でもなんとか9日くらいは取れると思いますよ。
        意外となんとかなるものです。
        (もちろん、気は使いますよ。)

        年末やGWを使うと、二週間くらいの休みは取れないかな?
        私は夫の国帰るとき、そのようにしていますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        相続

        しおりをつける
        blank
        もみじ
        あなたにはお姉さんがいるので、
        相続では、2分割になると思います。
        もし彼を選びたいなら、相続権を放棄してお姉さんに全て相続してもらうべきではないでしょうか?

        あなたはまだ結婚していないけど
        お婿さん(婿養子)を取るつもりなのでしょうか?

        いずれにしても、姉妹なら相続権は二人にあるわけで
        お姉さんとも話し合うべきではないでしょうか?

        ご両親があなたに継がせたがっていても
        よほどの遺言でもない限り、あなた1人が受け継ぐことはできません。
        お姉さんだって、相続をアテにしているかもしれないし、
        長女なら責任を感じているかもしれません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        結局は仕事場の近くに住むのが一番便利

        しおりをつける
        blank
        ぴろり金
        色々と事情があるようですが、結論はただひとつ
        「稼ぎ手が望む(or稼ぎ手に便利な)場所に住む」
        です。

        結婚はふたりで別世帯を作るということ。つまり、それは二人で家計を担うということです。
        共働きの場合でも、とにかく仕事に便利な場所に住むことが新居を選ぶ上での第一条件ではないでしょうか?

        今は結婚に踏み切られる前だから、親のこと、環境のこと、価値観云々に迷うでしょうが、結婚してしまえば、生活=お金が基本になります。
        まあ、裕福でどこに住んでもいいし、仕事は在宅だし、というのならこの意見は参考になりませんが。
        転勤妻からの一意見です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        家よりもまず経済基盤を考えて

        しおりをつける
        blank
        既婚女
        家がどうこうということより、現実的に考えてトピ主さんは
        ノルウェーでやっていけそうですか?現地語を覚えて、仕事を
        得たりすることが可能でしょうか?逆に、彼が日本に住んだ
        場合、彼は日本語が出来ますか?出来なくても仕事にありつけ
        そうなスキルがありますか?

        私は、沢山稼いでいる方の住んでいる土地をベースにしたほうが
        絶対にいいと思いますよ。女性は出産、子育てなどでキャリアが
        中断されたりしますから、それを考えるとやっぱりノルウェーに
        行く方が現実的かなと思います。北欧諸国って、女性の立場が
        かなり男性と対等で、子供を産んだ際の産休の制度が整って
        いたり、職場復帰が日本よりも簡単だと思います。(よく
        日本も北欧諸国を見習って、、などど言っていますよね)

        家のことは、トピ主さんが罪悪感を覚えることないですよ。
        生まれてくる家は選べないし、あなたの人生です。私も同じような
        家でそだち、兄弟はだれも家を継ぎませんでした。私も罪悪感
        で悩んだ時期がありましたが、今は海外で幸せに暮らして
        いますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私ならば

        しおりをつける
        blank
        つばさ
        お姉さんに後を継いでもらいます。

        「結婚して家を出ているから」はトピ主さんが結婚して家をでれば同条件となります。そうすれば より都合がつきやすい方が跡をとればいいのではないでしょうか。

        お姉さんのお子さんの一人が跡を継ぐ方法もあるのでは?
        娘二人だとどちらかが実家の面倒はみなくてはならない事は承知の事実、妹が国際結婚して日本を離れるなら彼女が覚悟を決めるしかないでしょう。これはよくあるパターンです。国際結婚が絡んでいるから珍しく思えるでしょうが 姉妹がそれぞれ結婚して実家をどうするかとか 実家の墓をどうするかよくある悩みです。小町でもよく目にします。

        第三者からみると先に嫁に行った者抜けはおかしい、彼との思いを貫かれたらいいと思います。なんとかなるようになります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        友人は別の縁を見つけました。

        しおりをつける
        blank
        サクラサイタ
        会社の同期がトピ主様と全く同じ状況です(二人姉妹の妹、姉は既に他家に嫁ぎ済み)。
        かなり厳格なお家柄のようで、厳しく育てられたという話をよく聞いていました。

        当時付き合っていた彼は長男(確か上か下に姉妹がいました)、破局の原因は分かりませんが、別れて、次に付き合った人は三人兄弟の三男坊(長男、次男とも結婚済み)。

        相手が婿養子に入る形で結婚しました。
        相性が合わない人と結婚した、という感じは全くなく、そのご夫妻を見ていても「お家存続のために仕方なく三男坊を選んだ」という印象は全くありません。

        条件が揃い、しかも相性の合ういいお相手とめぐり会えたその友人は幸せ者です。
        トピの文面を読む限りでは、その友人の家ほど厳しそうじゃないので、今の恋を成就させてもいいと思うのですが。

        ただ、言いたくても言えない雰囲気を醸し出している(遠慮している?)ご両親の姿がしのびない、ということでしたら、トピ主様ご自身が結婚に迷っている証拠かと思います。
        きちんとご両親の本音をお聞きになっては?
        究極は「家を選ぶか彼氏を選ぶか」でしょうが、その前にご両親と腹を割って話すことが大切なのではないでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        彼の仕事が日本でみつかるのであれば

        しおりをつける
        blank
        ぶたのしっぽ
         彼に日本にきてもらったらいいのではないでしょうか。それで彼が日本の文化になじめないとか深刻な問題がおこったら、二人でノルウエーに移住することもありうるというオプション付きで。

         国際結婚となれば、カップルのうちの片方が、本人が生まれ育っていない国で生活することになるのは避けられません。個人的に、どうしてそのような苦労を背負うのが女性サイドであることが多いのかな~と、なんとなく府に落ちないので、トピ主さん達の場合は男性サイドでもよいではありませんか。

        『ひとりっこ』という彼側の事情はわかりますが、だったら『ひとりっこ』同士で国際結婚(あるいは国内でも双方の実家が遠方)はあり得ないということになってしまいます。彼の方から、「お互いそういう事情だから別れよう」といってきている訳ではないのですし、ありがたい話ではありませんか。

         もちろん、もっと具体的によくよく話し合って双方納得の上で、が基本ですが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        結婚の心構えは出来ているのですか?

        しおりをつける
        blank
        親の立場
        彼への想いとご実家への想いとの板挟みで大変ですね。
        ちょっと話題から外れてしまうのですが、気になったので以下のこと考えてみてください。

        三年間のお付き合いで今は海外遠距離恋愛のようですが、彼とは一緒に過ごせた時間があったのですか?
        彼のことをよく理解していますか?
        日本と環境も文化も違うノルウェーで結婚生活できる自信はありますか?
        お互いの環境を理解し合っていますか?

        この辺をよく考えると答えが出てくるのではないでしょうか?

        親は皆、子供の幸せを願っていると思います。
        トピ主さんにとってベストな選択が出来ますように。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        本当にそれでいいのか

        しおりをつける
        blank
        V
        ノルウエーってすごく遠くです。
        海外生活って大変です。言葉もうまく通じなければ、困ったときに助けてくれる身近な人もいません。
        彼とうまく行かなくなった場合、本当に孤独ですよ。
        そんなことを今からいって失礼かも知れませんが、私が経験者です。
        子供が生まれた後に、離婚となったら帰国もできません。(私)
        本当に、よく考えて見てくださいね。
        私は、親元をはなれ、遠く海外にとついで、子供を生んで離婚し、幼い子供を抱え、一人で本当につらかったし、子供たちの父親の意地悪で、日本に帰れません。数週間の帰省だって、それはそれは大変なおもいをして、頼んで許可を得ます。
        親不孝をしたと、今でも後悔しています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        悩む所だね

        しおりをつける
        blank
        平凡ぼん
        そういう家に生まれたばっかりに背負う宿命ですね。
        やはり鍵を握るのはトピ主さんのご両親だと思いますよ。「家を継げ」と言わないのはシガラミに縛られず自由に幸せになってもらいたいとの考えからではないでしょうか。
        一度きちんとご両親と話し合われては?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ノルウエーしかないと思う

        しおりをつける
        blank
        さくら
        トピ主さんは、ノルウエー語を話せますか?

        私は、デンマークに2か月、イギリスに2年いたので、北欧は、好きです。率直にいって、この結婚は、トピ主さんが、彼の国に住みつくことが前提です。そうしないと、うまくいきません。そして、彼の国で、ノルウエー語がどれだけ話せるか、ホームシックにならないか、が問題です。理由は、彼は、英語のネイティブ圏でないため、日本での英語教師としても、職につきにくいため、彼の日本での孤立感が強まります。彼が言葉のわからない日本に来て、住む。

        それは、トピ主さんにとって、彼の生活面のすべての支援のはじまりです。大人の赤ちゃんをいつもみる覚悟がいりますよ。知人の国際結婚の夫婦は、英語圏の彼のすべての面倒をみるのに妻が疲れ、子供もいじめに合い、結局、彼の母国アメリカに帰りました。甘くはないですよ

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        日本に住みましょう

        しおりをつける
        blank
        ぱンだ
        人間、相手に負わせた重荷は忘れても、自分が負わされた重荷は忘れないものです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の意見は

        しおりをつける
        blank
        北欧
        あてにならない可能性が高いのですが、あえて"私なら"ということで発言させて頂きます。私なら、「ノルウェーは寒いだろうな~」と思う程度で行っちゃいます。もろもろのことは、行ってから考えます。

        アドヴァイスとしては、皆さんの投稿に同意です。
        「ノルウェーに住めるかどうか考えて」というご意見には特に。ショートステイしてみるなり何なり、この点だけは確かめて下さいね。

        地の果てでも一緒に行きたい素敵な人だと思えるお相手だったらいいですね!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        え~

        しおりをつける
        blank
        新進派
        御若い方だと思うのですが、旧家ということにとらわれているのに、ちょっとビックリしました。

        私の夫は代々続いた家の長男ですが、故郷に帰るつもりはありません。現に今住んでいる家の30年ローンがありますから、帰りたくても帰れないという現実もありますがね。(両親はすぐに払えるほど裕福です)故郷は狭い社会なので、伸び伸びできずイヤということもあるようです。またすでに故郷を離れた年数が、住んでいた時の年数を上回ってしまったので、故郷と言っても馴染みがないという感じを持っているようです。

        また私のいとこは、親にそれはそれは可愛がられた一人っ子ですが、国際結婚をし海外に住んでいます。両親ともに70才を超えているので、老後のことは考えているようですが「まあ、先のことを考え過ぎてもしょうがない。その時になったら決める」と言っています。

        トピ主さん、あまり迷っていると自分の幸せが分からなくなりますよ。親御さんもトピ主さん自身の幸せが自分の幸せと思っているのでは?
        幸いお姉様がいらっしゃるようですから、お話してみたらいかがでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        国際結婚の心構え

        しおりをつける
        blank
        ひよこ
        国際結婚は日本人同士の結婚よりもお互いの文化・思想に対して
        より柔軟な姿勢が求められます。
        トピ主さんの考え方は日本人同士の結婚でも、
        トピ主さんが納得できるようにするのは難しいケースですので、
        ましてや国際結婚は極めて困難でしょう。
        あなたがノルウェーに行くこと=家を捨てる、
        と考えているところがおかしいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お姉さんと話すとか

        しおりをつける
        blank
        風刺画
        ノルウェーの南にある国に住んでます。

        今トピ主さんは実家への責任感を感じて悩んでいらっしゃるようですが、ご自身の人生についても考えていますか?

        ノルウェーに行く場合、日本の家族と離れて暮らすこと、現地語習得、就職(共働き多いし、それが当たり前という文化です)、彼との生活など、それらの点でやっていけそうというめど、あるいは意思をお持ちですか?もしこれらの点で不安や後悔する念が多いなら、やっぱりやめておいた方が無難かなと思います。

        あと、彼のために行く、のではなくて自分の意思で行くんだという気持ちでないと、なかなか辛いと思います。

        不安はあっても頑張りたいと積極的にお考えであれば、一度、お姉さんとまず家のことについて話し合ってみてはどうでしょう?ご両親にも、家を継ぐことについてどう思っているか、フランクに聞いてみてはどうですか?
        意外にも、ご両親の方が期待していなかったりするかもしれませんし。


        ちなみに、ノルウェーは労働環境や教育・福祉ともに不安材料は日本より少ないので、彼氏さんがノルウェーを希望されるお気持ち、私にはわかります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0