詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    地元に戻りたい

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    まあこ
    ひと
    現在2人目の育休中なんですが、最近家族で地元に戻って生活したいという気持ちが大きくなってきて、でも現在の状況では無理なので諦めないといけないのですが中々気持ちがなくならずどうしたらその気持ちを捨てれるかとモヤモヤする日々です。

    モヤモヤしながら、現在子供を連れて実家に帰省してますが、このノンビリした空気の中で子育てできればと毎日思ってしまいます。

    実家は新幹線、在来線で3時間の距離です。
    GW、お盆、お正月の長期休暇は主人も一緒に私の実家に帰省してくれます。
    主人の実家は車で2時間の距離で義母だけ暮らしてますが家族全員泊まる部屋がなく日帰りかホテルに泊まっています。(観光地の為ホテルも高く日帰りが多いです)

    進学で出てきてそのまま就職、結婚し、一軒家を購入しました。
    賃貸で身軽ではないので例えばIターンUターンなどで地元に戻るということは無理な感じです。

    地元の同級生には一旦外で進学、就職、結婚したものの旦那さんを引き連れて地元に戻ってくる人もちらほらで羨ましいかぎりです。

    自宅の周りには知り合いもおらず頼る人もおらず主人も1週間単位の出張で不在が多く、孤独に苛まれることもあり、
    そして2人目の産後でホルモンバランスの影響もありナイーブになってるだけなのか…と思ったりです。

    現在帰省中で、
    このまま戻りたくないなぁ…
    もし地元で生活するならば離婚しかないのか…
    と馬鹿なことを考えてしまう自分がいます。

    主人のことは大好きなので離れたくはありません。

    変なこと考えてほんと馬鹿だなぁと思います。

    早くこの地元に戻りたい気持ちが無くなるにはどうしたらいんだろ…と考える日々です。

    トピ内ID:6646684302

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 54 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 7 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私は毒親だったので、里帰り出産すら考えなかった。

    しおりをつける
    blank
    2人目妊娠中
    同じく実家は新幹線、在来線で4時間ぐらい、旦那実家は隣市で車で1時間ぐらいにいます。
    ちなみにうちも一戸建てを購入しています。購入したと言うか、夫が結婚前に勝手に買ってしまっていたのでそこに住むしかなかったですね。ローンも全然終わっていませんし…。

    夫は賃貸育ちで持ち家に憧れがあったようですが、分譲育ちの私は、学校でいじめられようが何があろうが「引っ越しは無理だから」と言われて嫌でしたので、2人で相談出来たのなら購入はしなかったと思います。

    それにしても永住したくない土地に家を買ってしまったのは痛かったですね…。
    でも家はなくとも、旦那さんが引っ越し先で同じクオリティの所に転職できるかという問題もあると思います。

    あなたも、育休中の会社からなんらかの手当が出ていたり、出ていなかったとしても先方は戻ってきてくれると思っているのですし、会社には頭を下げる事になります。
    古い考えかもしれませんが、本来なら親御さんが「あなたは嫁に行った身。たまに遊びに来るのはいいが、今回は旦那さんが一緒でないのだし、早く旦那さんの元へ戻りなさい」と言うべきだと思います。そうしないのは、娘やかわいい孫にそばにいてほしいという親側のエゴすら感じてしまいます。
    この気持ちは、旦那さんは知っているのですか?

    ちなみにうちの旦那は、「今の場所にいたくない」という気持ちから、結婚時、私の地元に引っ越したいと言ってました。家もあるのに「売っぱらえばいい」とか思っていたようで…。(高金利の時代に買ったので、売れたとしても多額の残債が残り、全然現実的ではないんですが)

    先に書いたよう、自分と親の折り合いも良くないのでその話は断らせていただきました。
    思い切って旦那に話してみて、むこうが「新しい土地行ってみたい」と乗り気になったら、どだい無理な話でもないとも思いますよ。

    トピ内ID:7368579096

    ...本文を表示

    しっかり、将来を見据えて…‥。

    しおりをつける
    🎁
    Bitter
    どこに行っても結局は一緒。

    今だけ里心。

    隣の芝生は青い。


    次は『ママ友』がいない…‥と、悩むのでは?

    自宅で子供向けのサークルに積極的に参加

    パートに出て働き、地盤を築きましょう。

    知り合いも増えます。

    せっかくの『マイホーム』が有るのに欲張りですよ。

    子供たちとの生活を考えての『家』

    家族のために働いてる、夫さんが可哀想。

    トピ内ID:9053809765

    ...本文を表示

    お気持ちわかります!

    しおりをつける
    🙂
    たな
    私も地元から車で2時間半離れた場所に嫁ぎました。
    そして現在2人目の育休中です。
    孤独な気持ち、よ~~くわかります。

    地元に帰ってくるとホッとするんですよね。
    学生時代の友達もいて、、。
    地元から帰ると、なんで私はここにいるんだろうって
    とてつもなく寂しい気持ちにもなります。

    1人目の育休中、あまりにも寂しすぎて
    夫に地元に帰りたいと打診しました。
    夫も理解してくれて、地元に戻ることを前向きに検討してくれたのですが、
    夫婦共に特に資格も持っておらず、
    地元で職探しから始めることに恐れて挑戦できず、今に至ります。

    でも私の場合1人目の時もそうだったんですが、
    仕事が始まると意外と気がまぎれるというか
    大丈夫だったりしたんですね。
    産後のホルモンバランスの関係も必ずあると思います!

    答えになりませんが、お互い無理せず頑張りましょうね。

    トピ内ID:3285907455

    ...本文を表示

    幸せだから

    しおりをつける
    blank
    あらかん
    トピ主さんが幸せだから、そんな愚にもつかないことを考えるのだと思います。
    生活に余裕がなくって、もっと目の前のことに手いっぱいだったら
    ぼんやりとしたそんな望みのことを考える暇がなかったことでしょう。

    トピ内ID:2359264709

    ...本文を表示

    私も同じでした。

    しおりをつける
    🙂
    スイカ
    進学で親元を離れ、そこで就職、結婚しました。
    トピ主さんの気持ちは良ーくわかります。

    私は実家まで車で6時間かかります。
    それまではそんなことなかったのに、子供が産まれてからは、「あー地元で結婚すれば良かった」と何度思ったことか。
    親に子育ては手伝ってもらえるし、頼りになる姉妹も親戚もいる、学生時代の友達もいる。
    地元で結婚した友人が羨ましかった。
    だから夫に「私の地元の支店に転勤希望出して」とお願いしたりもしました。(かないませんでしたが)

    でも、子供達が小学生になった頃やっと諦めがつきました。
    ここが子供達にとっては故郷なんだ、って気付いたから。
    それに夫が大好きでしたから、これが私の運命なんだ、と思ったからです。

    あれから長い年月がたち、今では一歳の孫を連れた娘が年に数回帰ってきます。
    そして、必ず「あー戻りたくない。ここで子育てしたい~」とこぼしながら帰って行くのです。
    昔の私と同じ。

    トピ主さんも子供さんが大きくなれば、少しずつ気持ちが変わっていきますよ。
    それに車と電車で3時間なんて、私からすれば「近くて羨ましい」ですよ(笑)

    トピ内ID:4615402277

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0