詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    会社の同僚

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    30代OL
    仕事
    転職して、とてもウマの合う同僚と知り合いました。
    趣味、嗜好、話も合う気のおけない存在です。
    彼女は5歳年下です。
    会社でも人気者で、ほんわかとした雰囲気です。

    ただ、ある時彼女に対して嫉妬してる自分に気づきました。
    でも彼女のことは大好きなんです。
    久々に心許せる人と思いました。
    ても、みんな(男女とも)に愛されてる彼女に嫉妬してる自分に気づきました。
    こんな自分が嫌でたまりません。。

    どうしたら、この変な気持ちが治まるでしょうか・・。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    正直で好感持てます

    しおりをつける
    blank
    芝生
    嫌な部分がある自分を受け入れてあげてください。

    そういう部分もひっくるめて自分なのだと。

    私はこういうときにこのような感情が湧くのだな、と
    自分自身を分析してみるのも面白いものですよ。

    客観的に自分を見ることができれば悶々とすることもなくなります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    彼女も多分あなたに嫉妬していることがある

    しおりをつける
    blank
    ひょい
    仲の良い友達ってすべてが対等なわけではなく、ちょっとだけ羨ましいと思ったり思われたりする関係が一般的だと思います。
    嫉妬が度を過ぎればもう「趣味、嗜好、話も合う気のおけない存在」とは思えないでしょうから、今のままが理想的なように思えます。
    社会人になると本当に仲の良い友達って出来にくいものなので、その縁を大切にしてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    落ち着いてください。

    しおりをつける
    blank
    昭沼
    誰にでもあると思います。
    あまり自分を責めないでください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分に自信を持つ

    しおりをつける
    blank
    彼女と競り合わずに、自分独自の世界を持つ努力をして、自分に自信を持たれるのがよろしいのでは。彼女は彼女、自分は自分、ですよ。具体的には、少し彼女とは違う傾向の映画や読書音楽などの趣味、あるいは資格や特技を身につけるよう頑張ってみる、というような。

    それと、嫉妬心が多少なりあったって、それを理由に変な行動をとったりしなければ問題ないことですよ。というか、人間そういうイヤな面って、誰だってあるでしょう。それもまた自分自身だと自分で認めて、自分の心を解放してあげた方がよいのでは。自分を受けとめてあげないと、自分がかわいそうですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    嫉妬してもOK

    しおりをつける
    blank
    クッキー
    嫉妬は悪い事ではないと思います。自己嫌悪に陥る必要はないですよ。「うらやましいな、私もああなりたい!」という気持ちを向上心に変えていけばよいのです。

    他人から素敵だと思われる人は影で必ず努力をしているはずです。それを表に出さないだけ。

    人から嫉妬される女性を目指して頑張りましょう!
    私も頑張ります(笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    好き嫌いって

    しおりをつける
    blank
    ぺら子
    そんなに白か黒かとはっきりしなくてもいいんじゃないかな?
    ウマがところは好き。八方美人なところはイヤ。
    大好きでもあるし、嫌いなところもある。
    一人の人に対して複数の感情を自分がもっていることを確認できてればそれでいいんじゃないですか?
    ただ、嫌いでもいいわけだから意地悪言っちゃえとか、そっけなくしちゃえじゃなくて反対に私は最悪だとかそういうのではなく、
    どんな状況でいれば、その相手にわざと嫌な思いをさえるような行動とらない自分でいれるのかを研究するのは必要だと思います。
    自分の中でじっくり作戦会議するのもいいけど、今回小町に投稿したみたいに他者(共通の知合いはオススメしません第三者の見解が人間関係に及ぼす影響ってなかなかあなどれないので)にヒントを求めたっていいと思う。
    いろんな答えの複合体でその人とのつきあいが楽しいものになるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    みなさんおっしゃってますが、

    しおりをつける
    blank
    memy
    誰にでもあることなんだと思います。
    私も入社7年目でやっと馬の合う同僚に恵まれました。が、嫉妬、してますよ。
    彼女がもつ独特の雰囲気とか、話しかけやすさ、みたいなものをうらやましいと思うことは多々あります。でも、きっと彼女も私に対してそう思う部分もあるんじゃないかと思っています。

    隣の芝生はどこへ行っても青くみえるものです。むしろ、青く見えてるほうが正常かな?
    ご自分にもいいところがあるのを忘れないでくださいね。それを含めて個性というんだと思います。
    彼女の個性も、ご自身の個性も両方大切にしてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんが類友!

    しおりをつける
    blank
    あまんどナッツ
    馬が合うのでしたら、トピ主さんも、当たらずとも遠からず、素敵な人の部類なんじゃないかと思いますよ。

    性格いい人は自分が完璧なんて思わないから、自分で自分のことにうっとりなんてしないものじゃないでしょうか?

    自信家な人の方が性格変だったりしますから、トピ主さんの自己嫌悪も、地に足の着いた正常なものな気がします。

    他のレスにもありましたが、そんな彼女にも、ネガティブな感情は、どこかにあるハズ。
    昔私の知り合いにも、いかにも誰にでも愛想がよくて、好感持たれるタイプの先輩がいました。

    が、1対1の時だけ、唐突に、わけの分からない攻撃だか挑発だか?とも取れるセリフをかけられたことがありました。

    しかもいつもの満面の笑顔のまま。却って思考回路が分からなくて怖かったものです。
    あんなに皆から好かれたい気持ちの塊のような女性にも、たまらなくなっておかしくなってしまう瞬間があるんだなあと思った一コマでした。

    ともかく、それよりも、いい点は学びつつ、自分がこうなりたいとか、自分のこういうところを出して行きたいという売りに気づき、それを伸ばして行ったらもっと素敵になれていいんじゃないかと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    正直に言う

    しおりをつける
    blank
    ポッキー
    私は親友に、嫉妬するような点があれば、正直に「あなたはこれこれこうで、羨ましい」とはっきり言います。

    たとえば、私はばつイチ、シングルマザー海外在住、仕事をしているのですが、自分の自由になるお金や時間はほぼありません。
    親友は独身、日本、気軽に海外旅行や、友だちとレストラン、パーティーなんかに参加できるみたいです。

    すごく羨ましいです。
    だから、いいなあ、羨ましいなあとはっきり言います。
    彼女も、私のほうがいい点があれば、「ポッキーはあれとこれができて羨ましい」とはっきり言います。

    トピ主さんも、「みんなに好かれて、羨ましいな、いいなあ」って言って見たらどうですか。隠さないで心から付き合えるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0