詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    忘れられないひと

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    あどん
    恋愛
    11のときにした初恋が最初で、最後のような気がしています。

    20代も半ばになった今でも好き…という言葉で表していいのか、特別なのです。

    先日、思いがけずその方のアカウントをSNSで見かけてしまい…ぼんやりとですがその方の近況を知ってしまう事がありました。

    そんな出来事があって、彼女が居るのかな…なんて思いを馳せて、思っていたより傷心していました。

    彼は小・中学校の同級生で同じスポーツクラブに所属していました。
    中学に上がって何故だか友人伝いに彼は私の気持ちを知っていて、その後少し話せる様になった時期もありましたが…私自身の友人関係の縺れや当時の人間関係のいざこざで一杯一杯になっていたときも重なり、結局疎遠なまま卒業し別々の進路へと分かれていきました。

    私との関係はというと、正直なところ疎まれていた方だと思います。
    スポーツクラブでは私はよくチームの足を引っ張っていましたし、同じチームにもう一人女の子がいましたが、彼はその子のことが好きだったようでした。

    また成人式後の同窓会でも、やはり話したり接点を持つことはなく、彼はその女の子のいるチームで仲の良かったグループで二次会へ参加していたようでした


    一方でバレンタインに渡していたチョコには、いつもお礼を伝えてくれるひとでした。今となっては私なんかが好きになって申し訳ないな…という気持ちです。

    あれから10年以上も経って、やっぱり私は彼にしか恋をした事がなくて、いまもし逢えるなら…と思って止みません。

    突然逢いに行くという行動は、やはり迷惑で気持ち悪がられてしまうかな…と思ってしまいます。

    ですが、どう気持ちの整理をつけたらいいのか… 諦めることに熱心になるべきなんでしょうか

    ご経験のある方限らず、色んな方のご意見・助言を頂けたら幸いです。

    トピ内ID:2941460878

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 53 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 12 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    会いにいくんじゃなくて

    しおりをつける
    🎁
    ルッコラ
    ただ自分の中で納得して前に進みたいのであれば、連絡してみたら?軽い感じで。
    「お久しぶりですー、覚えてますかー」みたく。

    そこで彼に彼女がいたり既婚だったりすれば嫌でも諦めがつくのではないかな。
    少しでも望みがあるのかなっていうのが深層心理の中にあるから、いつまでもそこにこだわってしまうんじゃないの。

    いくら好きでも、彼以上に好きな人が現れなくても、彼がひとのものであるならばもうあなたはどうすることもできません。

    トピ内ID:6458380374

    ...本文を表示

    脳内で美化

    しおりをつける
    🙂
    ねこ
    初恋の思い出は永遠です。多くの人が心の中に切なく甘い思い出として持ってます。
    結論から言うと会っても無視されるだけです。
    間違えてもトピ主と恋愛関係にはなりません。
    脳内で美化された初恋を現実に持って来ると、悲しい結末になります。

    問題なのはトピ主さんが過去の初恋妄想に逃げて現実を見据えてない現状です。
    トピ主さんは人間関係築くのが苦手みたいですね。男性に対してもガードが厳しく、自己肯定力が低いのでしょう。『どうせ私なんて』と卑屈になってませんか?カッチカチの真四角状態。周りから見たら取りつく島もない。周りもトピ主に警戒してしまいます。

    まずは普通に友達作りから始めましょう。料理教室や趣味の習い事から始めて、その中で色んな人と話したりコミュニュケーション取りましょう。そうするうちに男友達も出来て、男性との接し方にも慣れて人間的に丸みがでます。
    丸みが出ると親しみやすなり、男性からも好かれます。

    トピ主同様、男性も一緒に居て心温まる人が良いのです。

    トピ内ID:1535142073

    ...本文を表示

    思い出は思い出

    しおりをつける
    🙂
    pipi
    思い出は美化されますからねぇ。
    しかも初恋なら なつかしさもあって 忘れることはできませんね。

    ただ、今、彼と会いたいとか これからどうにかなるのかとか、
    期待するのは、やめましょう。
    思い出は、きれいなまま、初恋はちょっと鼻にツンとくるだけに
    とどめましょうね。

    トピ内ID:7366877064

    ...本文を表示

    行動すべき!

    しおりをつける
    😭
    まる
    私も中学生の頃から今でも忘れられない人がいます。
    きっとトピ主さんもその恋愛に関して多く辛い思いをされてきたことだと思います。報われないのに忘れられない恋は、私はそこまで人を好きになれた自分自身を褒めてあげるべきだと思っています。
    なので、もうここまできたらそこまで彼のことを想えた自分へのご褒美として、今回だけは自分の気持ちを優先して、ご自身が納得いくまで行動を起こされてはいかがでしょうか。
    相手の迷惑なのではないか...と考えても結局結論の出ない事で悩み、行動に移せないのはもったいないです。
    よく言われる事ですが、やらない後悔よりやった後悔です。
    トピ主さんの気持ちが整理できますように!

    トピ内ID:8624199589

    ...本文を表示

    自分の中で、初恋を美化しすぎてるだけ

    しおりをつける
    😑
    え?ああ、そう
    > 諦めることに熱心になるべきなんでしょうか
    いやいや、そんな無駄な努力をするよりも
    特に意識ぜずに、普通に(フラットに)してたらいいんじゃない?

    それよりも、もっと交友関係を広げましょう。
    社会人サークルに入るなりして、異性の友達を増やしましょう。
    お勧めしたいのは、ゴルフや合唱(楽器ができるなら合奏)サークルです。
    男性を見る目が磨かれたら、自分の勘違いに気付けるはずですよ。

    トピ内ID:0172138777

    ...本文を表示

    こう転ぶことも有る。

    しおりをつける
    🙂
    熟年再婚
    もし連絡方法が有るなら、突然会いに行くのではなく、先ずは連絡してみませんか?
    人生なんて、どう転ぶか分からないものです。
    ダメ元で、一歩踏み出してみませんか?
    もし、彼女が居たり、既婚だったら、スッパリ諦めもつくんじゃないですか?

    私にも、小学生高学年の頃に意識し始めて、ずーと好きだった人がいました。
    「忘れられない人」でした。
    トピ主様と違うのは、その間にも他の人との恋愛もしたし結婚も出産もしました。
    そして離婚もしました。(離婚と忘れられない人は関係有りません)
    離婚して6年くらい経った頃から、親の介護など大変な事が重なり、
    日々をただこなす毎日で『いつ死んでも良いや』くらいに思っていて、
    『そうだ…もう一度会いたい人が居るんだった…』
    その思いがだんだん膨らみ、迷いに迷って、ついに連絡をしました。
    「覚えてる?声が聞きたくて…」と。25年(くらい)ぶりでした。

    今、その「忘れられない人」は、なんと「夫」です。
    連絡から交際が始まり、再婚しました。
    あの時、連絡をしてなかったら、「この今」は、無いと思います。

    トピ内ID:0701145691

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0