詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • ジャニーズにはまっている娘、アドバイスください。
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ジャニーズにはまっている娘、アドバイスください。

    お気に入り追加
    レス27
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    毎日いらいら
    ひと
    高校生の娘がいます。昨年末からカトゥーンにはまりだし その頃から成績も下がり気味。朝起きるとまず新聞チェック 、お小遣いはすべて雑誌など、暇があるとパソコンでファンの ブログを読み続け、出るテレビは全て見る、音楽をがんがんかけ という生活です。 

    私立で友人も近くになく遊びに行ったりする学校の友人も少ないです。 (お小遣いが少ないのでコンサートやファンの集まりなどは行きません)
    部活もすすめましたが全く興味なし。休日もずっと家にいて ブログ読むか録画したテレビ見ているかです。 

    難関国公立にたくさん進学する学校なので勉強もしてほしいのですが言うともちろん大喧嘩。 
    大学は行きたいようですが将来なりたいものや興味あるものはない ようです。他に趣味はありません。 
    全否定はしませんがこれだけに毎日執着して生活しているもどうかと思ってしまいます。

    ジャニーズファンの娘さんをお持ちの方いらっしゃいますか。 様子など教えて下さい。 

    私も本当に毎日いらいらが尽きません。またこんな娘にどう接していいかアドバイス いただけたらうれしいです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数27

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    そういう時期ありますよ

    しおりをつける
    blank
    ケロロ
    私にもそういう時期がありました・・・
    大学生だったので、コンサートに行ったり友人を作ったり、
    (他の遊びも同様に楽しんでいましたが・・・)
    はしていましたが、ホームページを作ったり
    するのが流行りだした頃でもあり楽しくてジャニーズばかりにはまっていました。
    でも、ある程度夢中になっていると、我に返る瞬間はあるもので、私も、
    「これだけ夢中になっているものを遊びだけで終わらせるのはもったいない」と思うようになり、
    マスコミ関係へ進みたいと思うようになりました。
    今ではジャニーズへの興味はそれなりで収まっていますが(でもKAT-TUNは可愛いしカッコいいですよね!)
    その頃志したコトに近い仕事に就けています。

    何も好きなものが無いよりも、ジャニーズでも夢中になれるものがあるほうがいいと思いますよ!
    親から見ると下らないものでも、今の娘さんにはかけがえのないものかもしれません。
    長い目で見てあげてくださいね!
    テストでいい点を取ったら、コンサートのチケットを買ってあげる、とか、なんとかやる気に結び付けてあげるのはどうでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    確かにジャニーズはいい男がそろっている…

    しおりをつける
    blank
    すーさん
    何でジャニーズの男の子ってあんなにこ綺麗な子ばかり集まっているんでしょうね。30代の私が言うのもなんですが、くらっときて、のめりこんじゃった高校生のお嬢さんの気持ちも少し分かるような気がします。同世代の友達同士で彼らを話の種にする程度なら理想ですが、アイドルにどっぷりで将来に響くようでは少しまずいでしょうね。

    思うに将来についての具体的な展望がないことが娘さんの当面の問題な気がします。魅力的な異性に引かれるのは思春期の若者にはよいことだと私などは思います(ある意味で非常に健全です)。

    ジャニーズが好きなくらいならお嬢さんはおそらくイケメンが好みなのでしょう。それならば、容姿端麗な男子学生が多数在籍していそうな大学にとりあえず入学して、素敵な彼氏を探してみたら、と助言されてみてはどうでしょうか。こういう素直な感情を現実へと転換できれば、日常の生活にもはりが出来ると思うのですが、どうでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちは母娘で

    しおりをつける
    blank
    かめにゃん
    うちは母娘で、KAT-TUNにどっぷりはまってます。
    ただ、トピ主様、もっと厳しくすべきです。
    うちも私立ですが、「やることやってから遊べ」が基本です。何のために、進学校へ行ったのか。

    そして、私自身、騒ぐ時は騒ぐ。やるべきことをやる時はやる。の姿勢を見せています。
    言う事を聞かないときは、グッズだってゴミ箱へ。
    うちはコンサートもOKですが、一度、成績が悪かった時、チケットは無駄になりましたが、コンサートに行かせませんでした。
    トピ主さんの娘さんも、うちの子も、自分が働いているお金で暮らしているわけではないのです。

    そこを徹底して分からせないと。
    パソコンなんて、触らせません。出演TVも、勉強中は録画を後で見せます。もしかして、TVやパソコン、専用のものを与えてませんか?
    一度、親というより、人生経験のある大人として、しっかり腰を据えて話し合うことが必要かと思います。

    親目線では、イライラしてしまうだけでし、お嬢さんも反発するだけです。
    でも、その際、大事なのは、KAT-TUNのファンであることを、全否定しないことだと思います。
    それをすると、ますます意固地になる年頃ですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もそうでした。現在32才。

    しおりをつける
    blank
    今は桜井翔くんLOVE
    身に覚えが・・・。
    中学3年の夏に光GENJIがデビュー。
    その日から夢中に。
    すべてのテレビ・ラジオをチェックし、頭の中の95%くらいは光GENJIのことで占められた数年を過ごしました(苦笑)。

    当時は地方都市にすんでいたので、コンサートのためには新幹線で都会にいかねばならず、母親に「高校生になったらコンサートに行っていいよ」と言われていたので、それを励みに、高校は地区で一番いい学校に、そしてちゃんと一流といわれる大学に入りましたよ。

    たぶん、あるとき、熱は冷めます。
    私の場合は、光GENJI自体の衰退(高校3年ころ)がきっかけだったのですが・・・。

    それでも、あのとき雑誌を隅から隅まで読んだりしたことが、現在の仕事(ライター)につながっていなくもないか、と思うこともあります。
    「どうしてこの書き手はもっと面白い記事を書かないんだろうと、当時、漠然と思っていたことを今も思い出します。

    もしかしたらトピ主さんのお嬢さんも、ネット関係のスペシャリストになったり、リサーチャーになったりするかもしれないです。
    なにより、なにかに夢中になるということは、それがなにであれ、素敵なことだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    普通、普通。

    しおりをつける
    blank
    ぎんねこ
    興味がジャニーズと言うだけで、普通ですよ。家の娘(中学二年生)は、ジャニーズには凝っていないけれど、ライトノベルやクランプなどの漫画には凝っていて、インターネットでサイトを覗いたり、本屋で買い漁っています。熱狂するものの一つや二つあるのが、健全な少女ですよ。部活の友達は天海祐希のファンで、家のインターネットで、お化粧品のCMを検索して、「最高の天海さんを切り取るんだー」と言いながら、好きな瞬間で静止させ、画像をプリントしていますよ。学校の放送室で、「女王の教室」を皆で見ていたそうです。
    こういう趣味のものと、勉強は関係あるようでそうでもないですよ。ミーハーな子ほど、実力試験は好成績です。
    学年で何位になったら、コンサートチケットを買ってあげるとか、目の前ににんじんをぶら下げてみたら。
    テレビを見る貴重な時間を大切にしてあげれば、反面勉強もしっかりするし、活き活きしてくるはず。
    遊びを全て取り上げるというのは、子供にとってかわいそうですよ。
    綺麗なもの好き、好奇心旺盛、しかし、しっかりしているところはしっかり、そんな少女に育って欲しいものです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ジャニーズではありませんが…

    しおりをつける
    blank
    どっぽ
    私もその昔、某アイドルグループにハマり、その結果、進学をフイにしてしまった大バカ者です。
    アイドルに夢中で、自分の将来について全く興味も関心もありませんでした。

    私の両親は私がアイドルの追っかけやライブに行ったりするのをただ非難し叱りつけるだけでした。
    結果、私は反発するだけの、高校卒業後は進学も就職もしない、追っかけだけが趣味のプータローになりました。

    その後、アイドルグループが解散して、私には何も残らなくなりました。その時初めて自分自身で将来について真剣に考えるようになり、その後、自力で大学へ進学しました。
    ただ、今思うと両立は可能たっだと思います。進学が遅れてしまった事が心残りです。趣味を止める事は絶対に不可能ですが。

    周りが何を言ってもダメなんですよ。
    夢中になれるものがあるなら、それを止めても叱りつけても反発が残るだけです。
    その趣味は認めてあげてください。
    趣味と勉強の両立を目指しましょう。その方が良い結果に繋がります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も宝塚に夢中でした!!

    しおりをつける
    blank
    ターコさんファン
    青春を「宝塚」にかけていたころが懐かしいなあとこのトピを読んで思いました。小学校6年ではじめてみた宝塚に夢中になって、部屋の中はポスターだらけ。宝塚関連の雑誌は全て読んでいました。中学の頃、母に「勉強しろ」と叱られましたけど、図書館に行って宝塚関連の雑誌を読んでいました(苦笑)。今は社会人で、たまに行く程度なんですけど(笑)。夢中になれるものがあるのは素敵なことです。いずれ離れるときがきますから、見守ってあげてください。私の友達は中学生のお嬢さんがいますけど、ジャニーズの滝沢君の大ファンです。大らかな感じがしていいですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そういう年頃

    しおりをつける
    blank
    昭沼
    注意すると、余計に勉強が手につかなくなると思います。そっとしておいてあげましょう。誰でもある時期だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横ですが>今は桜井翔くんLOVEさんへ

    しおりをつける
    blank
    光っ子
    光GENJIのデビューは1987年です。
    今は桜井翔くんLOVEさんが中1か中2の時ではありませんか?
    今年34歳の私が中3の時デビューしましたから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかるなぁ

    しおりをつける
    blank
    昔の乙女
    私も高校生の時、あるアイドル歌手に夢中でした。
    いろいろその歌手のことを調べていくうちに、表向きの華やかさの陰での、すさまじいまでの努力を知りました。
    また、自分が見聞きしたことが噂話やマスコミ報道ではまったく違う話になっているのを目の当たりにして、噂話やマスコミ報道を鵜呑みにしなくなりました。
    そのことは今でもプラスになってると思います。

    自分の経験から言わせてもらうと
    「あんなのどこがいいんだ」
    「くだらない!やめろ!」などの
    けなし・否定は絶対禁句です。
    これを言われたら、意地でも親の言うことなど聞きません。
    まず、娘さんの好きなタレント(カトゥーンでしたね)を
    誉めて、時には一緒にテレビを見るなりして、
    心を開かせてください。
    その上で、華やかに見える芸能人たちが裏ではすごい努力をしていることや、ファンになってるのはいいが、
    勉強などやるべきことはきちんとやる、などを
    話すといいと思います。

    今でも自分の青春を振り返ると、その歌手が歌っている姿が浮かびます。その思い出はかけがえのないものです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おすすめの方法

    しおりをつける
    blank
    るる
    同じような道をたどってきて思うに、やはりにんじん作戦が良いと思います。
    中間・期末テストで全教科50点以上ならお小遣い500円アップ
    全教科60点以上ならお小遣い1000円アップ
    全教科70点以上ならコンサートに行って良い(チケットは買ってあげる)
    など具体的かつ実現可能な事を提案すれば、必ずノッてくると思います。やはり生の彼らに会えるとなると気負いようが変わると思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    安易な考えですが、

    しおりをつける
    blank
    わたあめ
    勉強をさせたいなら、KAT-TUNで釣ればいいんじゃないでしょうか。
    成績が上がったら、娘さんとご一緒にコンサート行ってあげるとか約束すれば、娘さんだって頑張れるんじゃないかと思います。一度、ダメもとで提案なされてはどうでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こういう方法もあります。

    しおりをつける
    blank
    あき
    トピ主さん、初めまして。
    私も中学や高校の頃はアイドルにはまってました(笑)。

    私の実家では「○○(科目)のがいくら(点)
    取れたらベストテン観ていいよ」と取り決められ、
    そりゃもう必死で勉強しましたね。
    そしてその当時のアイドルたちは「高校に行く」のが
    普通でした。
    両親に「~くんは高校に行く目標立ててるんでしょ、
    あきも高校ぐらい受からないと同じ土俵に立てないよ」と言われ、「~くんと同じ高校じゃなくても
    受かったら勝ち!」と思い頑張りましたよ。

    カツーンだと大学進学した人はいないでしょうかね。
    嵐というグループに所属してる櫻井くんなどは
    確か立教だったか、いい大学へ進学してたと思うので、
    もしお嬢さんが負けず嫌いならそういう気持ちを
    引き出す言葉を使ってみたらいかがですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    利用しちゃいましょう!

    しおりをつける
    blank
    元ジャニーズファン
    その娘さんの情熱を利用しちゃいましょう!私も昔同じような状態でした。でも母の「テストでいい点数を取ったらコンサート代出してあげる」の一言でいきなりトップクラスの成績を取ってしまいました。憧れのタレントのコンサートに行けると思うと勉強も全然つらくなかったです。それに心底大好きになれる人がいるってたとえタレントが対象でもとても素敵なことだと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横ですみません>光っ子さんへ

    しおりをつける
    blank
    今は桜井翔くんLOVE
    確かに、私が中2のときのデビューです。
    間違えてました、すみません!
    ご指摘ありがとうございます。

    それにしても、記憶ってあいまいです・・・。
    光っ子さんのコメントを読んで、中2の時のことがぶわーっと思い出されました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      まず、共感しましょうよ

      しおりをつける
      blank
      ようこ
       現在大学生の娘の母です。トピ読ませて頂いて私が感じたことです。娘さんはカトゥーン大好きでお母さんから見るとどっぷりに見えるでしょうが、かといって自分の将来のこと考えてないとお思いですか?

       おそらく周りの環境からも進路とかに関して、とても不安でどうしたらいいのかと時には心細い思いを抱えていらっしゃるはずです。

       うちの娘の場合は、そんな気持ち解って貰いたいし話聞いて貰いたかったけど、一方的で自尊心傷つけるものの言い方だったりしたら話せる雰囲気じゃなかったって後々言ってくれました。

       きっとカトゥーンにはまってる時、現実を離れて和めるんですよ。家庭のお母さんがストレス溜まってるとお子さんはそこで和めませんよね。笑顔で共感しながら少しずつ娘さんと現実の話をされたらいいと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      充電の時期

      しおりをつける
      blank
      匿名
      私自身はジャニーズ系に一時期はまり、その後全く別のジャンルのアーティストにはまっているのですが、成人になった今でもこちらの方は続いています。

      私自身の経験から言っても、トピ主さんの娘さんの行動はごく自然なことです。今は精神的にも不安定で多感な時期だけに、かなりエネルギーを消耗するものです。

      今、トピ主さんの娘さんはかなり疲れ果てているのでしょう?部活をやる元気も、そして将来を考えたり勉強をする元気もないほどに。それでも、ジャニーズ系にはまることでぎりぎりのところで踏ん張っているのかもしれません。

      トピ主さんがイライラする気持ちも理解できますが、でも、娘さんは大嵐の真っ只中で必死なのです。大嵐が去るにはかなりの時間が必要なのです。そしてさらに落ち着くにはさらに大嵐が去るまでの時間と同じかそれ以上にいるのです。だからそっと見守る必要がありますよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私の場合

      しおりをつける
      blank
      ぴょんた
      高校3年の時、本気でハマっていたグループがありました。
      皆勤賞へリーチだった私は平日の午後から始まるイベントに行きたいために、その日が入試だった学校を受け、見事合格しました。

      その日は、朝、試験によるドキドキはなく、ウキウキで試験を受けました。(これが良かったのかも)
      午後、試験終了と共にイベント会場へ行き自分へご褒美と思って楽しんだ記憶があります。

      一時期はオッカケまがいなこともやってしまうほどハマっていましたが、現在は大手会社でバリバリ勤めていますよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      実在の男にうつつをぬかすより害がないよ

      しおりをつける
      blank
      かとん
      テレビの中のアイドルですよね。
      それくらいいいじゃないですか!
      実際の男の子に夢中になってしまったら、そりゃもうカトゥーンどころではない他の心配が出てきますよ。
      夜帰りが遅い、だとか異性間の問題やら。
      アイドルに夢中になるなんて可愛いもんです。
      だって、娘さんの安否に害はないもの。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      横ですが…

      しおりをつける
      blank
      ファンじゃないですが
      嵐の桜井くんはたしか慶応ですが、小学校からのエスカレーターなので、
      安易にそれを持ち出すのは逆効果かもしれません(小学校受験は親がメインの受験ですから)。

      もちろん、エスカレーターとはいっても、芸能活動で忙しい中で学業と両立させるためにはご本人はたいへんな努力を払っていると思いますので、
      そういった面を引き合いに出すならば有効かと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      こんな方法はどうでしょう

      しおりをつける
      blank
      まな
      自分が年頃だった頃も考えて、また 今 その年頃の子供がおりますので考えました。

      ある程度の成績をとれたら一緒にコンサートに行くというのはどうでしょう。
      お嬢さんだし、一緒に行かれるのもいいと思うのです。
      知り合いの方は お嬢さんなのでジャニーズは毎回付き合いで行ってるそうです。
      案外大人のファンも 付き添いなのに逆に大応援してる方も居て楽しいそうですよ。

      「餌でつるようなのは良くない」と以前聞いたことがありますが、一緒に楽しむ、悩むというのが子育てで大事な事だと思います。
      夢中になれる部活などがないと そのエネルギーがどう向くかで人生変わります。
      家に居て音楽を聴く、ポスターを眺める、サイトを巡るなど そのままで済んでるうちに お嬢さんとの絆も深めるきっかけと思って歩み寄ってみてはいかがですか?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      否定されて悲しかった少女時代

      しおりをつける
      blank
      らび
      まず、トピ主さんは青春時代に何かに熱中したという思い出はありませんか?私はある女性歌手の大ファンだったのに母から「あんな歌手のどこがいいのか」と言われてすごく悲しかったです。漫画も大好きだったのに「漫画ばかり読まないで」と言われましたし、成績が下がれば「アイドルに夢中になるから」なんて言われました。どなたかも書いていましたけど、夢中になれる時間は「安らぎ」の時間なんです。お母様がいらいらすれば、確実に子供に伝わりますよ。私の経験ですが、取りあげられても成績は上昇しないです(苦笑)。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      実在する男性にうつつを抜かすよりはいい

      しおりをつける
      blank
      昭沼
      実在する男性にうつつを抜かすよりはいい。
      と私も思います。
      実在する男性にうつつを抜かしたら、色々と、ハプニングや問題が起きたりしてしまうなど、大変なこととなりそうです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      横気味ですが、友人の話です。

      しおりをつける
      blank
      coco
      私の友達もKAT-TUNにとてもハマっていて、手が付けられません。
      地方に住んでいますが、コンサートはほとんど各地全て回り、コンサートが無い時は東京でウィークリーマンションを借り、ずっと追っかけをしています。
      自宅前や、テレビ局前で張るのは当たり前、見つけたらどこまででも着いて行きます。
      亀梨くんにも「もう付いてくるな!」と怒られても、懲りません。
      コンサートに最前列で見に行き、見つけられて毎回すごく嫌な顔をされても懲りません。
      そしてこの間ついに、赤西君と亀梨君に連れられて警察へ!!(実話です。)
      今後一切このような事をしませんと誓約書を書かされたそうですが、全然懲りてないようでした。

      だからというのも変ですが、娘さんは許される範囲かと。
      勉強もしっかり頑張ってくれると良いですね!
      物で釣るのは良くないですが、合格したらコンサートに一緒に行こう!と誘ってみるとかはいかがでしょうか?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      経験上

      しおりをつける
      blank
      辛口意見
      >私も本当に毎日いらいらが尽きません。またこんな娘にどう接していいかアドバイスいただけたらうれしいです。

      トピ主さんへの辛口の意見になりますが、なぜ娘さんに寄り添えないのですか?もう痛烈に強いSOSを出しているんですよ。「しんどい、苦しい、助けて」と。なのに気が付かない。それで娘さんはトピ主さんに失望しているんですよ。

      私自身も母親が無神経で、自分さえよければという感じであってすごく、娘である私に寄ってかかって甘えてきて、それが重圧となって精神的に滅入ってしまったことがあります。そして将来の進路のことを考える時期と重なり、精神的にも肉体的にも疲れてついには善悪の判断がつかない所まで追い込まれてしまったことがあります。何とか高校を卒業し、短大にも行きましたが。その経験から言っても、まだ今なら間に合います。

      アイドルに支えてなってもらって、それにトピ主さんは感謝しましょう。間違えてもけなしてはいけませんよ。そしてそれで成績が下がっても文句は言ってはいけませんよ。今は、ギリギリのところで踏ん張るために必要なことなんですから・・・。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        心に寄り添ってあげて

        しおりをつける
        blank
        可奈子
        私の姉はサザンオールスターズにはまっていたのに、母は姉に向かって「勉強」を強要して、しょっちゅう姉は「ママは私の気持ちがわかっていない」と大荒れだったことを覚えています。姉が荒れたのでわたしの時はそれほど厳しくなかったですが、母と姉の様子がトピ主さんに重なって見えました。親子でコンサートに出かけてみませんか?成績についてはお子さんも悩んでいることと思いますから、うるさく言うのはやめましょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私が娘さんだったら・・・

        しおりをつける
        blank
        柚子茶
        私が娘だったら、コンサートに一緒に行ってくれるような母親がほしいです。
        釣ればいいんです。
        「おかあさん、ファンクラブに入ったから。あんたが勉強したら、コンサートに連れて行ってあげてもいいけど、そうじゃないなら、おかあさん一人で行くから」
        ああ、NEWSだったら、有名校大学生がいっぱいいるのに…

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0