詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    感情のない父のこれから・・・

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    おでっこ姫
    ひと
    最愛の母を去年亡くしました。本当につらく悲しい一年でした。でも、弟と二人、天国の母が安心してくれる様にと頑張っていかなくてはいけないのですが、父とふたりで暮らしている弟が、どうにも精神的に立ち直れない状態です。原因は、父なのです。
    この場で、文字だけで表すのは理解していただけるか心配ですが、父は人に対して、それが肉親であろうが、他人であろうが、思いやりというものが、まったくもてない人間なのです。何かしてあげたとすると、もうそのことはその人におんぶにだっこ。父の頭には、その日食べる物の心配と、自分の年金が減ると困る事のみです。一年前に母が危篤になり生死をさまよっている時も、その日の夕飯の心配をしていたり、普通では、考えられない行動を起こします。今まで一度も母のお墓参りにも行かず、母がいなくなっても母の事は一度も口にもだしません。わたしが週一ぐらいで行って何か注意したりするとすぐに逆切れします。
    母が全てうまくやっていてくれていたのですね。
    これからの事何か良いお知恵があればお聞かせください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    後悔しないなら、放っておけば?

    しおりをつける
    blank
    エル
     義父が、夫が言うにはトピ主さんのお父様のように人を傷つける人だそうです。程度がはなはだしいので、長らく義母とも別居、夫も兄弟も別に暮らしています。

    >母が全てうまくやっていてくれていたのですね。

    と書いておられますが、なんか、能天気ですね。
     お母様が病に伏せられる前から、トピ主さんが子供の頃から、「感情がない」状態だったのなら、それまで放置してきたのだから、もう今更どうにかするのは難しいのではないでしょうか。
     今までも努力してきたけれど、ここに来て限界、ということなら、後悔しない程度に、以後は別々に暮らして距離を置くしかないと思います。

     でも、義父もそうですが、「普通」の愛情表現ができないだけで、本当にまったく「感情がない」わけではないと思います。ついでに、親の性癖を今から変えさせるのはとても難しいと思います。その辺が慮れるなら、別居してもたまに様子見の電話くらいして差し上げてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お父さんに一人暮らししてもらう

    しおりをつける
    blank
    ぽろ
    そのお父さんはかなり変わった方だとは思いますが、今更直るとは思えないです。
    だから、あなた方姉弟はお父さんから距離を取ることが一番精神衛生に良いと思います。
    そういうお父さんなら一人で暮らしても、寂しいとか感じなさそうですし。

    弟さんは家を出られないのでしょうか?
    そして、お母さんが亡くなったことに付随するすべての事務、行事等の主導権はあなた方姉弟で握ったらいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    外れているとは思いますが、もしや

    しおりをつける
    blank
    キングコング
    お父様は痴呆が始まっていませんか?
    お母様の病状や死を正しく理解していましたか?
    痴呆の初期症状として『普通なら考えられないことをする』ように第三者には見えることがあります。

    痴呆ではなくもっと若いときからそうなのだとすると、アスペルガー症候群も気になります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    弟さんの人生優先です

    しおりをつける
    blank
    弟さんは家を出る事はできませんか?

    弟さんが苦しんで、心を病むような事になれば、お母様への最大の親不孝です。


    良くも悪くも、お父様は今までの人生を、今と同じように生きてきました。
    お父様はこれからも変わらない、自分の好きに生きてもらえばいいのです。

    この世代の男は不器用だというご意見も中には出るでしょうが、だから許されるというものではありません。

    子の人生を潰す事を親がしてはいけません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちの父もそうです

    しおりをつける
    blank
    クッチャネ・プー
    私の母もこの1月に亡くなりましたが、残された父はトピ主さんのお父さんと、程度の違いはあると思いますが、だいたい同様な人です。(今、父はガンと脳梗塞で入院中なので、良くも悪くも他人への影響力はありませんが)

    私は子供の頃、私も含めた家族の問題の本質を、トビ主さんのように明確にとらえることができず、よく分かるようになったのは中年になってからです。
    妹は早い頃から理解していたようですが、つらいことも多かったようです。
    弟は、やや父のミニチア版になりました。

    人と感情の交流ができないという欠点を、他人が「なおそう」とするのは、基本的に無理だと思います。

    私は就職して家から出て、ずいぶん救われました。それと、つらいこともあったし、逆に、人に大事にしてもらったりもした経験もあったし。

    難しいですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も母に謝りました

    しおりをつける
    blank
    DV親の子
    「お母さんがうまくやってきていた」の一言に涙がでてきました。いなくなったり、離れてから、実は自分は母を人身御供にしていたんだと思って・・・。離れないのも仕方ない、本人の問題とは言うけれど、でもその前に自分も何とかすべきかできたんじゃないか・・・って思います。でも、トピ主さんの「最愛のお母さん」という気持ちと「お母さんありがとう」という気持ち、お母さんに届いていると思います。
    お父さんは、もう仕方がないです。私は最近「境界性人格障害」というのを小町で知り、ちょっと気が楽にになりました。ですので、弟さんは、できればそういう人格障害の人間とは離れて暮らして欲しい(下宿とか一人暮らしとか)です。
    離れて分かる子供の恩・・・かも知れませんし、離れて「恩」というよりは「召使い」がいなくて不自由と思われるかも知れませんが、同じような親を持つ私としては、子供は子供で生きていかないと、親に人生を食いつぶされ、自分の人生、呪いながら生きることになりますよ・・・ということです。親の資格のない人間とは、割り切らないとどこまでもどこまでもヘドロのようにくっついてきます・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    多分変わらないので

    しおりをつける
    blank
    きーこ
    お父様は今後変わらないと思いますよ。

    私の父も母に頼りきりだったのにもかかわらず、
    それを意識できていないで感謝もせず、先に母は天国へ。
    その後、娘が自動的に妻代わりになると信じていたようです。
    もちろん母のように言いなりになるとも。
    はい。断りました。
    母の存在は特別だったのだと教えたかったし
    私も自分の生活があるので。

    父は混乱して錯乱状態になりました。思えば
    自立しないで良かった世代の不幸ですよね。

    お金があるのであれば食事はコンビに、お取り寄せ、
    外食でOKです。お弁当サービスもあるし。

    気に入らなくても不機嫌でも他人はかまってくれないので
    いらいらして晩年過ごしておりましたけどね。
    一緒にいるとわがままがひどくなる一方なので
    めったに会いませんでした。
    特に悪いとは思いません。娘は妻になれませんしね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    おでっこ姫
    みなさん、いろいろなご意見ありがとうございました。エルさんからの、能天気ですね。のご意見にガツンときましたね。そうですね、本当に、今まで、いろんな事を、考えずにきて、母に甘えていたバチかもしれませんね。今のところ父は、、デイサービスに行くようになり、弟も今は少し落ち着いています。自分自身割り切って考える事ができない部分もありますが、考えていきます。みなさん、ありがとうございました。頑張ります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    キングコングさんと同じ懸念を持ちます。

    しおりをつける
    blank
    三太郎
    お父さん、弟さんのご機嫌は如何ですか。
    信心深かった私の母が先に他界した父を話題にしなくなった時、悲しくなったことを思い出しました。
    母は父亡き後一人暮らしでしたが、脳梗塞で倒れたのです。その後姉夫婦が自宅で献身的な看病をしてくれましたが、父との思い出への扉は開かなくなりました。
    感情が無いわけではないのです。
    今後益々大変とは思いますが、専門医を尋ねられることをお薦めします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の父も・・・

    しおりをつける
    blank
    まりも
    同じくです。
    弟もトピ主さんの弟さんと同じような状態です。
    家族構成もトピ主さんと同じで、母が去年他界しています。(私はその後、県外に嫁ぎ現在は弟と父が実家で2人暮らしをしています)

    母が亡くなった後に、母が父の潤滑油になってくれていたのだとあらためて思い、生前には感じることが出来なかった母への感謝の気持ち、今はただただそれだけです。

    私もまだ手探りの段階ですが、お父様にはお父様の世界があって、トピ主さんとは違う思考の人だから親子であってもそういう人だから仕方がないと(期待はせずに)頭で理解して接するといいような気がします。

    弟さんのことは心配ですね。
    私の弟も1年前に比べれば、少し安定していますが、父の言動でまた不安定になったりすることもいまだにあります。

    トピ主さんの弟さんが実家から出れる環境であるのであればそれを試してみるのもひとつの選択肢だと思います。

    親だから子だからと、こうあって欲しいとかいう願望は色々あると思うんですが、それは願望であってそういうルールはないし、答えや解決策も一つではないと私は思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0