詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人間関係は損得勘定?

    お気に入り追加
    レス89
    (トピ主31
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    のんた
    ひと
    私は、人間関係は全て損得勘定で判断されていると思っています。
    そういわれると、「友情は損得勘定ではない」と言い出す人がいますが、そのような人ほど自身に得でないと判断したら疎遠にしなさいと言う発言を良くする傾向が見えます。

    「人間関係は損得勘定ではない」と声高に叫ぶ人ほど、損得勘定で人間関係を捉えているように見えてしまうのは私だけでしょうか?

    「ギブアンドテイク」「友人関係は持ちつ持たれつ。」「何かしてあげたら別の機会に何かしてくれるのが友人関係」などとも聞きますが、これってまさに損得勘定。

    これが上手く行かない相手とは友人になれないとも言いますが、それって「自身に得がない相手とは友人にならない」の意味ですから、結局損得勘定じゃないでしょうか。

    トピ内ID:4102268903

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 22 面白い
    • 116 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 62 エール
    • 43 なるほど

    レス

    レス数89

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (31)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  89
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    他人のことよりも

    しおりをつける
    🙂
    共命鳥
    他人のことよりも、
    あなた自身はどうなのでしょうか?
    自分のスタイルを明らかにすることが大切です。

    もっと言えば、
    他人のスタイルの良いものをお手本にし、
    そうでないものはお手本にしないことです。
    結局、自分のスタイルが問われるだけです。

    トピ内ID:4467936837

    閉じる× 閉じる×

    どうだろう

    しおりをつける
    くものす
    他の人の場合はわかりませんが、私は自分自身はもっと損得勘定で動けるといいのにと思うこともあります。

    私の場合は、損得勘定よりも、好き嫌いのほうが優先されるように思います。
    すごくいい人だとわかっていて、仲良くしておけばいろいろ楽になることもあるのに、なんとなく好きになれないばっかりに、疎遠にしてしまったり、この人のために何かしても見返りがあるわけじゃないとわかっていても、好きな人なのでいろいろしてあげてしまったりします。

    そういうことを、だいたい直感的にしてしまうので、結果的に、しまった損をした、ということになったりするわけです。

    そういうわけで、私の場合は好き嫌いが何より優先しているので、人間関係は損得勘定では作られていませんし、何もしてくれなくても友人は友人、何かしてくれても嫌いな人なら出しゃばりと思ってしまうことすらあります。

    トピ内ID:5668291668

    閉じる× 閉じる×

    全面的に同意です

    しおりをつける
    🙂
    とくめい
    トピ主さんの言い分一字一句全てに同意です。
    誰だってメリットがなにもない人とは付き合いたくないですよ
    人付き合いはギブアンドテイクです。一方的なのはないですねー。

    そのメリットは広義でして「一緒にいて楽しいから」というのもありますし
    損というのは、物理的なものもあるけど(お金や物)感情的なものもあるし色々ですけど…

    トピ内ID:7817135029

    閉じる× 閉じる×

    友人関係?会社関係?

    しおりをつける
    🐧
    世間様
     親子関係はほとんどが、無償の愛ですよ。

    トピ内ID:0716802001

    閉じる× 閉じる×

    で?

    しおりをつける
    🐴
    ぽんた
    >「ギブアンドテイク」「友人関係は持ちつ持たれつ。」「何かしてあげたら別の機会に何かしてくれるのが友人関係」
    そうですね、これらは損得かもしれませんね。

    損得勘定で付き合う例ばかり挙げていて、それは損得勘定ではないかと問われているのですが、そうねって答えるしかありません。

    鼻息は荒いですが、何が言いたいのかよくわからないです。

    トピ内ID:5081960656

    閉じる× 閉じる×

    その通りです

    しおりをつける
    🙂
    夏子
    結局は損得になるのですよ。

    いくら綺麗ごとを言っても、自分の都合のいい人と付き合いたいというのは

    人間の本能ですよ。

    よく言うでしょう? あの人とは価値観が違うから嫌いとか

    でも、人間関係はそう極端では旨くいかないですよね。

    そこを旨く接するのが人間としての価値を高めることになるのです。

    トピ内ID:4270635079

    閉じる× 閉じる×

    勿論そうだし悪い事でも無い

    しおりをつける
    blank
    ちり
    損得勘定と言うとついつい金銭がらみに思えますが決してそれだけでは有りませんよね。

    例えば悪い人じゃないけどお話好きなご近所さんが居るとします。
    うっかり出会うとまぁまぁな時間を取られるのがしんどい=損
    でもそのお話の中で割と有益な情報をゲットする事が出来る=得
    この場合、時間を取るか情報を取るか無意識に損得勘定すると思います。

    友人なんかだと話してて楽しいって感情がもう自分にとってお得、更に相手も楽しそうにしてくれてるならそれも嬉しいから二重にお得!
    自分が満足できる方向に進みたいのは誰しも同じなんでね、当然損得勘定があって当たり前です。

    勿論自分だけが良くて相手に損させてばかりいれば相手の損得勘定により切られてしまう事も有りますからそこは気をつけないといけないでしょう(笑)

    トピ内ID:3131908796

    閉じる× 閉じる×

    例えばご祝儀

    しおりをつける
    🙂
    みーとぅ
    お祝いしたのにお返しがないと憤る方々がいますが、あれは義理を建前とした完璧な損得勘定ですよね。
    最近この手の方が増えた気がする。
    お祝いした時点で自分の中で完結しないんですかね。

    他人に解決を求める人が多すぎる。

    トピ内ID:9269303363

    閉じる× 閉じる×

    価値観の相違

    しおりをつける
    アラバスター
    私は友人には喜ばれることをしてあげたいし、困ったときは力になりたいです。
    そして、友人には同じような考え方の人を求めます。

    損得勘定というより、もらいっぱなしで平気な人、困っていても全く助けない人とは分かり合えない。
    価値観の相違を感じます。

    いつもお菓子を分けてもらっているのに、自分の分は絶対に分けない人とか、自分が助けてもらうのは当たり前でも、他人には絶対に救いの手を差し出さない人は、尊敬できないし、好きになれません。

    例えば、こちらがしてあげたことと、向こうがしてくれたことが、天秤にかけて釣り合わなくてもいいのです。
    そこは、気持ちの問題なので。

    だから、損得勘定とは違うと思う。
    好きな人のためには何かをしてあげたいと思うのが、友情、愛情だと思うので、私に対して全くそういう思いがない人には、友情、愛情がないのです。
    だから付き合えないのです。
    何かをするというのは、金銭的なことばかりではなく、時間を割く、気持ちを傾けるということも含んでいますよ。

    トピ内ID:7337660595

    閉じる× 閉じる×

    行動原理に善意や好意が見当たらない人にいう言葉

    しおりをつける
    💤
    輪っか
    私も自分に損しかもたらさない人とはガンガンに距離をとります。
    「ギブ&テイク」や「持ちつ持たれつ」が成り立っている関係が一番心地よいし長持ちします。人間関係はそれがベストだと思います。

    そもそも、行動の原理って損得以外にもいろいろあると思うのです。
    例えば純粋な善意や、道徳や、義務や、使命や、好意や、信念など。
    そういうものに動かされて、行為の見返りがあるかどうかわからなくても、全く期待しないで行動します。
    そうやって人間関係は始まっていくと思います。

    でも、私が「人間関係は損得勘定じゃない!」と言いたい場合、
    当該の人物は、自分に得が発生しない場面では、他人に対してすごく無関心です。
    自分からは何もしません。
    行動原理に善意や好意が見当たらない。

    自分の利益だけが重要で、他人の利益は軽視する。

    そういう傾向のある人がそれで悩んでなければどうぞご勝手になんだけども、やっぱり人間関係に悩むんですよ。
    なんで私だけ仲間はずれなのって。

    そういうときに「人間関係は損得だけじゃないよ」と言いたくなるわけです。

    トピ内ID:5350152192

    閉じる× 閉じる×

    そうなのかも?

    しおりをつける
    🙂
    momo
    私は、声高にはいいませんが「友情は損得勘定ではない」派なのですが…
    トピを読んでちょっとなるほどとも思いました。

    私が辛い時に「何の得にもならないのに」支えてくれた友人がいます。
    もし万が一その友人が何かあった時には絶対助けになりたいと思いますが
    これもいわゆる「ギブアンドテイク」の損得勘定ということですね。
    一方的に助けるだけで終わってもお互い「損した」とは思わないと思いますが。

    あと、私には軽度ADHDの友人がいるのですが
    その友人を何かと助けています。
    見返りとしてもらっているのは「友人としての楽しい時間」かな。
    うーんやっぱり損得勘定だな~と思いました。

    トピ内ID:3939830071

    閉じる× 閉じる×

    損得もあるんでしょうね

    しおりをつける
    blank
    mika
    人間関係はきれいごとだけではないですよね
    損得勘定あると思います

    金銭面、物質面、あとはその人といると心地よいとかかな

    だれも不快な行動や言葉を使う人と一緒にいたいとは思いません
    それも損得かといわれたらそうでしょうね

     

    トピ内ID:1900946907

    閉じる× 閉じる×

    突き詰めれば、確かにそこに至ってしまいそう

    しおりをつける
    🙂
    エブリン
    その関係性によって自分の心が喜び豊かに満ちることが、
    やはり自分にとって良いこと、良いことは自分にとって得るものがある、
    つまり“得”と言えそうです。

    その関係性が自分を悲しく虚しく心を冷えさせる場合、
    時に自分を疲弊させ、ストレスになって心身の状態にまで影響する場合、
    それは自分にとって悪いこと、つまり“損”と言えそうです。

    通常多くの人は自分自身を良い状態にしてゆきたい、と思っているはず。
    そう思えば、身体が一つ、1日は24時間、人生の時間が貴重な中では、
    あえて自分に良いことをもたらさない関係性よりも
    自分に良いことをもたらしてくれる関係性を優先させたくなります。

    自然に“損得勘定”してるかも。

    トピ内ID:5200450260

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    😀
    のんた
     トピ主です。賛同の意見が多いようで、やはり同じように考えている人は少なくないのだなと感じました。

    世間様
      親子関係は本当に無償の愛が大半なのでしょうか?

    アラバスタ―さん
      絶対に返さない人に対して何かすることが損だと考えているのとは違うのですか?
      おかしの例だと「いつもいただいてばかりでごめんなさいね」と言う言葉があれば良いのか、少しでも物で返さないと尊敬もできないし好きにもならないのでしょうか。その辺りをアラバスタ―さんがどう考えているのかが私にはよくわかりません。
      私から見ると 「価値観=損得勘定の基準」に見えてしまいます。

    トピ内ID:4102268903

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(31件)全て見る

    人間関係での損得には色々あるから

    しおりをつける
    😭
    ゆき
    人間関係での損得って色々な種類があると思いませんか?

    1、その人と一緒にいたら楽しい(これもお得の一種ですよね?)
    2、その人を利用できる(車に乗せてもらうとか、物をくれると実利的な事)
    3、その人と一緒にいたらその人のステイタスで虎の威を借りたキツネになれる(これが好きな女性結構多いです)

    1の場合だと、一方的に与えるばかりでも、お付き合いはすんなり続くことがある気がします。
    2の場合は、利用されてる側が嫌になった時点でお付き合いは破綻。
    3の場合はステイタスは片方にしかないので、キツネ側がどこまでつきまとうかでお付き合いの存続が決まる気がします。
    ギブアンドテイクには絶対になりません。

    私は2や3の付き合いはごめんだけど、1の付き合いなら
    ギブアンドテイクでなくてもお付き合いしたいです。
    自分が楽しさを与えるだけの側でも、自分が楽しさをもらうだけの側でも、
    どちらもよいと思えるのですが。

    トピ内ID:1908058588

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      そう思います!

      しおりをつける
      blank
      そら
       純粋に話してるだけで楽しいとか癒されるとかも利益にあたると思う!

      トピ内ID:8566813804

      閉じる× 閉じる×

      見解の相違

      しおりをつける
      🙂
      サラ
      例えば、もし私がボランティアの方にお手伝い頂いたら善意で無償でやって頂いて損得勘定じゃないと思いますが、そういう人は良い人立派な人と思われたい、名声が欲しいからやっているので損得勘定だ。と言うのなら反論はありません。
      私とは見解の相違があるのだと思うだけです。

      お友達との関係でも善意でやってあげたこととか善意でやってくれたんだとか感じることはないのですか?そういうことすべてを損得勘定と結び付けて考えるのは寂しいことだと思います。もう少し人の善意や好意を信じたほうが人生豊かになると思います。

      トピ内ID:3179316724

      閉じる× 閉じる×

      『勘定』ではなく『感情』

      しおりをつける
      blank
      ぼんやり
      >「ギブアンドテイク」「友人関係は持ちつ持たれつ。」「何かしてあげたら別の機会に何かしてくれるのが友人関係」などとも聞きますが、これってまさに損得勘定。

      私はそうは思いません。

      損得『感情』ではなく、『愛する』友人が困っていたら何かやってあげたい・慰めてあげたい・喜んでもらいたい・・・という『感情』で行動します。友人に何かしてあげてもそれも『損』したとは決して感じないし、友人に何かしてもらったら『嬉しい』とは感じますが『得』したとは感じた事ありません。

      また『損得勘定』なら『損』と『得』、まさに勘定して、お金や時間や労力などが同じ値になるよう気を配りますが、『感情』は気持ちの問題ですので、どちらがどれだけの値なのか『感情』は計る事ができません。

      恋愛においてもしかりです。勿論、相思相愛は嬉しいですが、それだって同じだけ愛し愛されているかは、誰にもわかりません。それを同じように『勘定』しようとするから、葛藤や争い事がうまれるんじゃないですか?

      家族・兄弟・配偶者・恋人・友人・果てはペットまで、自分が愛するモノには見返りなしに、何か(何でもではないです)してあげたいです。特にペットは、こちらからの一方的な愛情で、向こうから何かしてもらおうなんて考えた事もないです。人間関係も似ていると思います、私の場合はー

      トピ内ID:9436513091

      閉じる× 閉じる×

      損得の定義は?

      しおりをつける
      🐱
      ねこのしっぽ
      相手といると楽しい

      これもメリットを得ているので、主さんの中では損得感情という括りに入りますか?

      これが入るなら人間関係は損得感情ってことでよいんじゃないですかね。

      反論されるのが納得いかないのですか?
      損得の解釈の仕方がそれぞれだと思います。
      まず、主さんが考える損得の定義をハッキリさせて話していますか?

      そこを互いに話さないと不毛な話になるのかなと思うので。

      トピ内ID:3161944481

      閉じる× 閉じる×

      自分なりに整理できたので2回目書き込み

      しおりをつける
      💤
      輪っか
      確かに、人間関係は損得勘定で成り立っている。(真理のその1)

      けれども、自分の損得にしか関心がないひとの人間関係と、相手の損得にも配慮するひと達の人間関係とはすごく違う結果になります。

      それは、善意とか好意や道徳感なんかを人間関係のベースにおいてるかどうかの違いでしょう。

      自分の損得しか考えてない人とつきあいたい人なんてまずいない。
      ”関係”ってのは、相手のこと尊重しないと維持できない。

      ゆえに、良い人間関係は損得勘定だけでは成り立たない。ベースに善意や好意は必須。(真理その2)

      トピ内ID:5350152192

      閉じる× 閉じる×

      個人的に

      しおりをつける
      blank
      おばさんです
      結婚25年50歳代半ばの既婚者です。

      損得勘定(=ドライ)に相対するとすれば、義理と人情(=ウェット)でしょうか。
      人間とは聖者か仏様でない限り煩悩の塊のような生き物ですからね、
      片方だけで成り立ってる世界だとは思わないかな?
      ドライもウエットも両方が混然一体となってるのが現実かと。

      混沌として善悪も混在してるからこそ面白くもあり恐ろしくもあり。
      一方向のみの人間関係よりベクトルが複雑に絡み合う世の中の方が
      しっくりくるのは「人の業(ごう)、或いは性(さが)」なのかもしれませんね。

      トピ内ID:2189397839

      閉じる× 閉じる×

      損得感情という言葉はありません

      しおりをつける
      😀
      のんた
       何かを「してあげる」のは、どのような考え方でしょうか。
       愛する者が望むことは何もかも「してあげる」わけじゃありませんよね。自分が「してあげたい」ことを相手が望む望まないにかかわらずするのであれば、それはただの自己満足になってしまいます。つまり、善意や好意を発動するにあたっても、彼我の「損得勘定」は必要だと思うのですが。

      トピ内ID:4102268903

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(31件)全て見る

      人によって解釈の違いはあるけど正論

      しおりをつける
      🙂
      人情
      損得でしょうね。

      気が合う合わないも、突き詰めればお互い自分にとって
      損か得か?ってことだろうと思います。

      誰も損してまで付き合おうと思いません。
      仮に意見が食い違って対立したとしても、
      その内容が自分にとって有益ならば、
      友人として付き合えるはずです。

      トピ内ID:0356014300

      閉じる× 閉じる×

      きっと行間があるのです

      しおりをつける
      🙂
      ベッテル
      >「人間関係は損得勘定ではない」と声高に叫ぶ人ほど、損得勘定で人間関係を捉えているように見えてしまうのは私だけでしょうか?

      要は「人間関係は(目先の)損得勘定ではない」という事だと思います。

      ちなみにトピ主さんの意見に賛同が多いって、そりゃあそれだけ曖昧な基準で巾が広ければほとんどの事は「損得勘定」に入るでしょうねと・・・

      だったら男女のデートで男性が女性に食事をおごるのも損得勘定でしょうし、キリがないですよね。

      トピ内ID:5551976668

      閉じる× 閉じる×

      選ぶ側の発想ですよね?

      しおりをつける
      🐤
      極上ぷりん
      ダメ人間はお嫌いですか?

      得なものだけを選ぶそんな都合のいい話あるの?

      得がない相手とは友人にならないとは選ぶ側ですよね?
      得になる相手と友人になりたくてもなれないことはないってこと?

      損だとわかっていても変えたくないものは無いの?

      ビジネスではギブアンドテイクが必要だけど
      友情にギブアンドテイクはなくても問題ない。

      何を損得と考えるか違うから
      互いが損だと思っている関係もあるわけで

      損得で考えることは出来るけれども得ばかりを選べないのが現実だろう。

      トピ主は損得勘定で友人を選んでいるのですよね?
      トピ主の発想・思考だとろくな友人がいないのがよくわかる。
      トピ主はなぜ損な関係(友人がいない?)を続けているのですか?
      (自身にとって得だと思っているから?)
      得する友人をもっと増やさないのはなぜ?

      トピ内ID:8952543662

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        トピ主です

        しおりをつける
        😀
        のんた
         たくさんのご意見ありがとうございます。
         このトピは、別のところで「人間関係は損得勘定だけではない」という意見を聞いた時に「そうは言っても全部人間関係って損得勘定で説明できそう」だと感じたので、説明できないものがあるかを知りたくて立ち上げました。

         今のところ、いくつか「人間関係は損得勘定だけではない」という意見はありますが、その意見の中に出てくる「損得勘定ではない人間関係」は全て損得勘定で説明されてしまいます。

         たとえば、『無償の』『自分が損をしても』は損得勘定をしたからこそです。
         義務による行為でも、義務を果たす場合と果たさない場合の損得を勘定して実行しているはずです。「義務に従うことにより得られる安心感」が得だと考えるとわかりやすいでしょう。だから、人は時として義務を実行しません。安心感よりも経済的だったり別の精神的な得がある場合にです。


         ここが大事なところですが、私は
        『全ての人間関係が損得勘定に因る』
        ことを皆が理解したとしても、厚意や善意はなくなりはしないと思っています。
         自分が他人に「厚意」や「善意」で何かしてあげた、と思うより、「そうすることで自分自身の精神的な得があるから何かをしてあげた」と考える方が、謙虚であるし、おしつけがましい相手にとっては実は有難迷惑な行為にも思い当たりやすくなり、より人間関係は良好かつ円満になるのではないでしょうか。
         そして厚意や善意というものは、相手の損得について勘定したうえで相手が得になったり損を減じたりするように行う行動だから、損得勘定がきちんとできている方がより効果的な厚意や善意になるのです。


         輪っかさんのレス内容に近いと思いますが、「善意とか好意や道徳感」についてもそれは損得勘定と切り離せない物であると、もう一段掘り下げて考えているつもりです。

        トピ内ID:4102268903

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(31件)全て見る

        レスいただいたので、もう一度

        しおりをつける
        アラバスター
        >おかしの例だと「いつもいただいてばかりでごめんなさいね」と言う言葉があれば良いのか、少しでも物で返さないと尊敬もできないし好きにもならないのでしょうか。その辺りをアラバスタ―さんがどう考えているのかが私にはよくわかりません。

        何も返さないでもらうばかりの人というのは、例えば、お菓子はもらいっぱなしだけど、人助けはするって、ことはほとんどないんです。
        私の人生経験では。

        つまり、「図々しい人」は大抵のことに関して図々しく鈍感です。
        だから、わかったら、近づかないのです。

        逆に、なぜトピ主が損得だけを基準にするかわかりません。

        人は自分の心が何をしあわせと感じるかで、いろいろなことを決めていると思う。
        その中に、損得も、含まれるでしょう。
        でもそれはいろいろの中の1つ。

        図々しい人は、自分はびた一文出さなくても、色々もらえることがしあわせ。
        ボランティアをする人は、困っている人の助けになれたらしあわせ。
        アイドルのCDを100枚も買って応援する人は、アイドルの笑顔を見られるだけでしあわせ。

        普段の人間関係の中では、たとえばちょっとしたお土産をもらったり、お菓子を分け合ったりは、物のやりとりだけど、物に喜びを感じるだけではなく、相手の気遣いに、しあわせを感じるのです。

        たとえ、相手が色々なものをくれる人でも、それらを足元に投げるような人では、友情は築けません。
        どんなに得しても。

        物が動いても、気持ちが中心にあることが大事なんですよ。

        相手を気遣って喜ばせるのもしあわせ、気遣われて何かをしてもらう方もしあわせ。

        人間は社会で生きるようにできているので、そういう他人とのやりとりにしあわせを感じるようにできているんですよ。

        そして、しあわせとは自分にとっての得なので、得を求めているのは間違いないです。

        トピ内ID:7337660595

        閉じる× 閉じる×

        ベッテルさん、それは間違っていると思います

        しおりをつける
        😀
        のんた
         間違っているのが「人間関係は損得勘定ではない」と叫ぶ人なのか、ベッテルさんの解釈だけなのかは判然としませんが、少なくとも
        『要は「人間関係は(目先の)損得勘定ではない」』
        はと解釈するのはおかしいです。
         もし(目先の)を省略しているのなら、
        「人間関係は 目先の損得勘定ではなく 長い目で見た損得勘定 (に因る)」となるのでしょうが、その場合省略されるのは(目先の)ではなく(損得勘定)という文言です。つまり、上記のような発言をする人は、
        人間関係は 目先でも長い目で見ても 損得感情ではない」
        と思っているはずです。

        トピ内ID:4102268903

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(31件)全て見る

        人間関係はいろんな例えで表現できるのでは?

        しおりをつける
        🐤
        極上ぷりん
        どうやってきちんと出来ているのかわかるのですか?
        効果的な厚意や善意とは誰にとってどのようなことですか?
        きちんと出来ているとか効果的だと思うのは誰基準で誰が判断するんだって話。

        > 自分が他人に「厚意」や「善意」で何かしてあげた、と思うより、
        >「そうすることで自分自身の精神的な得があるから何かをしてあげた」と考える方が、謙虚であるし

        得があるから何かをしてあげたとの考えでは
        自身の精神的に損をするなら(善意・厚意)何かをしたいと思わないってことですよ?

        自分自身(の得)を優先的に考える人は謙虚と思われないし
        それを謙虚と言わない。ただの自己満足です。

        >相手が望む望まないにかかわらずするのであれば、それはただの自己満足

        相手が望んでいても自己満足に変わりはありませんよ。

        自身にとって得をする友人を選ぶのも自己満足です。

        目の前で困っている人がいるなら何もしないより
        自己満足のためでも他人への善意・厚意もとても良いことですよ。
        有難迷惑なら断ればいいのだから。

        トピ主の人間関係を損得勘定でってただの自己採点・基準で決めていますってこと。
        良好かつ円満になる得を選ぶとはただの自己満足。

        どうでもいい小さなことを損だとか得だとか分けているのは暇つぶし?
        人間関係は損でも得でもなくどーでもいいことだらけだよ。

        トピ内ID:8952543662

        閉じる× 閉じる×

        損得勘定と言っても

        しおりをつける
        🙂
        傍流
        トピ主は「損得勘定」を経済行為だけに限っていますか?
        それとも,経済,つまり金銭に関わらないことも含めて「損得勘定」と言っていますか?

        それによって,回答も変わると思いますが。

        トピ内ID:8854337628

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        先頭へ 前へ
        1 30  /  89
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (31)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0