詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    繊細内気な年長の娘

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    みーあんまま
    子供
    幼稚園年長の娘がいます。 繊細で内気で大人しい子供です。 好奇心もなく運動神経も悪く、慣れない場所人物事に関しては積極的にはいけません。早く帰りたいと言い、つまらなさそうな顔をされしまいには腹痛を訴えてきます。(仮病ではなく)自分より小さい子にも接しないし、いけないことだと分かっていますが回りの子と比較してしまい、全て劣っているように感じてしまいます。習い事はピアノだけやっていて、楽しんでやっています。そしてひたすらゲームばかりやっています。 自分が真逆のタイプの為育てるのに苦労しています。良いところは慎重で粘り強く観察力に優れているところです。正直子育て辛いです。こういう子供の育てるのに心構え?とか変わったよ!みたいなプラスの意見ありましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

    トピ内ID:7178087920

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 15 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    繊細なお子さん

    しおりをつける
    blank
    さらさ
    娘さんは繊細なタイプなのでしょう。 最近、HSCとかHSPという概念があるのをご存知ですか? HSCというのは、人一倍繊細なこども、Highly Sensitive Child の略語です。 生まれ持った性格で、障害のようなものではなく、5人に1人くらいの割合でいると言われています。 HSCの子は繊細で心が優しいです。他人を傷つけたりすることはしませんし、芸術などを人一倍楽しむ能力をもっています。 「慎重で粘り強く観察力に優れているところ」 これはすばらしい長所だと思いますよ。 すぐに飽きてしまう年齢のお子さんなのに、しっかり物事にとりくめる、観察力に優れている、将来が楽しみではないですか。お友達にも優しく出来る娘さんなのでは? うちの次男がHSCです。大きな物音を怖がったり、他人がしかられているだけで本人もつらい気持ちになったりします。 でも、他人に優しくて友達はとても多いです。誰とでも仲良くなれます。 次男と同じクラスになった子が不登校をやめました。○○君(次男)が話しかけてくれるから学校に行くと言ったそうです。 他にも、絶対クラブに入らないといい続けていた子が次男と仲良くなって次男と同じクラブに入り、楽しそうに活動しているようです。 HSCの人は本人はつらい、親御さんも育てにくいかもしれません。 でも彼らにしかない長所があります。それを大切に育ててあげてほしいです。 私はHSCである次男はとても立派だと思っています。私よりずっと人間が出来ています。 娘さんもきっとそんな人になる気がします。 ぜひ「HSC」「HSP」というワードを検索してみてください。 まずはお母さんが、娘さんの特性を肯定してあげるのが一番です。

    トピ内ID:3257816488

    閉じる× 閉じる×

    子供の立場から

    しおりをつける
    😀
    母親の立場ではなく、子供(女性)の立場からでもいいでしょうか。 HSPを私も最近知り、調べてみたら自身にも当てはまりました。 入園式では親にくっついて離れず泣いていたくらいで、 小学校低学年まで、学校でも家庭でも内気で繊細、おっとりしていると言われていました。 当時は運動神経も良くなかったようです。 でも気質は変わらなくても、集団生活の中で社会性や処世術が身についたり、世界が広がると、能力も次第に目覚めていきます。 私は海外に出て(あの親にくっついて泣いていた子が…と今でも笑いながら言われます) 今は大手企業で、持って生まれた特性が生かせる専門職に就きながら、管理職としてもチームメンバーを育成しています。 お子さんの特性をぜひそのまま受け止めてあげてください。 人一倍刺激を受けやすく、深く考えて混乱しまうのかもしれません。だから同じ環境が安心するのかも。 私が思ったことに対して、いつでもまず「そうなんだね」と受けとめて、共感してくれたこと。 私のペースを重んじてくれて、自分で考えたり行動するまで見守ってくれ、否定しなかったこと。 父と母のそのような一貫した姿勢が、自信と自主性につながったのだと今なら思います。 職場では、上司が信頼して仕事を任せてくれ、自分なりにやり遂げ、それが人の役に立つと実感できるという 小さな成功体験を何度も積み重ね、次第に自信と実力がついていきました。 娘さんがもう少し大きくなったら、このような成功体験を積ませると、外に出る勇気や好奇心が芽生えるのでは? 私は小さな頃は、毎週、図書館に連れていってもらい本を借りるのを楽しみにしていました。 読書は教養、情操教育的な面だけでなく、自分の想像力を解放できる時間、親子で心が触れ合える時間にもなりますよね。 自主的に学び続けられるかは、生きていく上で重要です。読書はその点でも良い習慣だと思います。

    トピ内ID:2563638011

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]