詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ●実母が鬱病になりそうで…

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    あぁつらい
    ひと
    夫がアメリカの大学院にてPHD取得を目指しています。
    私は夫を支えるべく、夫と共に渡米し1年半が過ぎました。
    今後も4~5年はアメリカでの生活を継続させる予定です。
    もし夫の就職先がアメリカになれば、もっと長くアメリカ生活をすることになります。

    問題は私の母です。(父と二人暮らし)
    応援はしてくれているんですが、「いつ帰ってくるんだ」「まだ留学は終わらないのか」と帰国のたびに言われます。(年に2回、私だけ一時帰国しています)

    先日電話をかけた所、声がかなり沈んでいるのでどうしたのか尋ねると、
    何もする気が起こらない。食事の準備もできない。鬱の薬を処方されて飲んでいる…とのこと。

    私の子供時代、母は仕事がしてたこともあり放任主義で、あまりかわいがってもらえませんでした。
    成人した今になって母親の方が子離れできずにいる感じです。

    留学をやめることは、夫の夢を壊すことでできません。
    夫との別居は考えられないし…。

    母にどう言葉かけをすればいいでしょうか。
    皆さんのお知恵をお貸しください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お父さんに声をかける

    しおりをつける
    blank
    はなしょうぶ
    それこそ、娘ではなくお父さんの出番でしょう。
    お母さんは娘が海外に行ってしまったことで初めて「自分の役目(子育て)は終わってしまった」と心に穴が開いてしまったのかもしれません。

    その心の隙間を埋めるのはお父さんの役割です。
    娘さんが肩代わりしてしまっては、元の木阿弥です。
    お父さんに声をかけて、お母さんが少しでも幸せな気持になれるよう配慮してもらうのが一番ではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    あぁつらい
    はなしょうぶさん、ありがとうございます。

    そうなんですよね。父がもっと支えてくれたらいんですよね。
    うちの両親は仲が悪いわけではないんですが、冷めてるっていうか、あまりお互いのことをかまわない感じの夫婦なんです。
    若い頃からそんな感じだったようです。

    かつての母はバリバリと仕事をしていて怖いものなしって感じだったんですが、
    リタイヤ後、そして娘(姉と私)が結婚した後に心細くなってるのかもしれません。

    年を取ると弱くなるもんですね。
    母を見ていると本当にそう感じます。
    父と二人で老後を楽しく生きて欲しいのに、母から聞く言葉は不満ばかり…。

    姉も気にしてちょくちょく電話をしたり里帰り(車で2時間くらい)してくれてるんですが、
    帰るたびにうっとうしいことを言うのであまり帰りたくないって言っていました。

    父に任せて放っとくしかないんでしょうか。
    悩みます…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    残念ながら。

    しおりをつける
    blank
    麦はな茶
    帰国できない以上は、お父様やお姉様におまかせしておくしかありません。

    病院で薬を出されているとのことなので、まずは病状をよく把握されてください。
    軽度だったら少しは安心、まずは薬を続けて様子を見て下さい。
    鬱病の人はうっとおしいものです。
    家族としては、もう少ししっかりしてよ!って言いたくなる気持ちもよ~く、わかります。

    ただ、絶対に1人にして突き放してはいけません。
    1人になりたいという時は、1人にしておくのもいいけれど、
    駆けつけられる距離に常に誰かがいるくらいの気持ちでいてください。
    で、トピ主さんはなるべく電話して愚痴を聞いてあげて下さい。
    できるだけただ話を聞くこと。

    あれがつらい、これがつらいの話ばかりで聞いてる方はうんざりしますが、
    決して叱ったり激励したりしてはいけません。
    「がんばろうよ」も禁句です。

    私も家族に鬱病患者がいました。
    過去形なのは最悪の結末を迎えたからです。
    周囲は気にしてはいましたが、発病後3年くらいして、
    いいかげんに周囲も呆れたりうんざりしたりしてた頃、
    スキができたのです。

    どうぞお母様をお大事に。
    できれば毎日電話して上げると良いですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「お薬は、しっかり飲んでね」

    しおりをつける
    blank
    しっだるだ
    ウツに限らず、精神科系の薬は、
    患者自身が勝手に自己判断で中断して、病状を悪化させることがあります。

    ウツは「心の風邪」なのですから、
    風邪薬は、処方どおり、きちんと服用するように、いつも声を掛けてあげてください。

    >かつての母はバリバリと仕事をしていて怖いものなしって感じだったんですが、

    では、今こそが、東の「老」と、南の「病」と、西の「死」という三門を巡り歩いている時期なのでしょう。

    お母様が、北の門でどんな「満」に出会えるか、
    そもそもお母様が、どんな「満」を望んでいるのかは、
    誰にも分かりません。
    それは、お母様本人が見つけ出すしかないのです。

    ただ、風邪を引いていては、身体が動かないのと同様に、
    心も風邪を引いている時は、自分の望むものに対して反応できません。

    そのために、風邪薬を正しく飲んで、
    風邪を早く治して、お母様の求める北の門へと動き出されることを、願うばかりです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一時的なもの。だから一緒にいてあげて欲しい。

    しおりをつける
    blank
    anahana
    人事とはおもえずアドバイスさせてください。
    鬱は治ります。完全には治らなくても
    良い方向にはむかっていくのです。
    お母様は一時的にどん底に落ちこんでいる
    状況だとおもいます。
    いまだけでも何ヶ月か一緒にいてあげることは
    できませんか?少しよくなるまで。。

    わたしも実母が鬱になり
    つらい話ですが2回自殺未遂をしました。
    幸い2度とも早い段階で発見されたために
    命は取り留めました。

    そのとき私は仕事が忙しく元気のない母に
    後ろ髪をひかれながらも実家には
    ほとんど帰らず電話でたまに励ますだけでした。

    自殺してしまったとき
    なぜあのとき一緒にいてあげなかったのだろう
    と後悔で悔しくて悔しくてたまりませんでした。

    何でそんなことしたの?と怒りをぶつけたくても
    ぶつける先の母が死んでしまってはどうすれば
    いいのでしょうか。

    あれから4年経ちますが母はほとんど
    回復し、薬こそ手放せませんが今では
    習い事などをして毎日楽しめるようになりました。

    だいたい2年ぐらいで回復がみえてきます。
    この一時が大事なんです。

    人生長いとおもいます。80年のうちのほんの1.2年
    お母様に寄り添ってあげてほしいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    あぁつらい
    皆さん、ありがとうございます。

    麦はな茶さん。
    そうなんですよね。鬱の人に対して励ましの言葉は禁句なんですよね。
    電話で話を聞いていて、つい「しんどいやろうけど頑張ってよ」って言ってしまいそうになるんです。
    毎日うっとうしいことを言う母の相手をする父が大変だろうなぁ…って思います。
    毎日は無理ですが、できるだけ電話して話を聞くようにしようと思います。
    しかし…、話を聞くだけっていうのは難しいもんですね。

    しっだるださん。
    心の風邪ですか…。放置したり治療を誤ると肺炎になってしまうかも…ですね。
    北の門の「母の望み」は姉や私が手の届くところにいることなんです。
    私が結婚して少し遠いところに住んだことがまず不満。
    で、夫が海外の大学院に進学したことが大きな不満なんです。
    いいかげん子離れしてくれよ…って思います…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です (つづき)

    しおりをつける
    blank
    あぁつらい
    anahanaさん。
    お母様を亡くされたんですね。悲しいことを思い出させてしまって申し訳ありません。
    できるだけそばに…、母にとってはそれが理想でしょうね。
    でも私は夫の側にいるほうがいいと思っているんです。
    夫婦は離れて暮らしちゃダメだって思うんです。
    夫の研究環境はかなり過酷で、単身だと栄養面や清潔面、日常生活のあらゆることが不具合になってしまいそうなんです。
    母も夫婦はいっしょに暮らすべきだ思ってくれていて、渡米を反対されることはなかったんですが…。

    難しいですね。
    親は大切ですけど、夫も同じように大切なんですよね。
    夫にとって今は大事な時期なので、できるだけ研究に集中出来るようにしてあげたいんです。

    やはり電話してじっくりと話を聞くことしか出来ないみたいですね。
    うまく声かけできるかなぁ…。
    余計に落ち込ませたりしないかな…?
    不安です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。すみません! 間違っていました!

    しおりをつける
    blank
    あぁつらい
    anahanaさん! 申し訳ありません!間違っていました!
    お母様は命を取り留められたんですね。
    麦はな茶さんのご家族の方が残念なことになってしまったんですね。
    投稿した後に読み返して間違いに気づきました。
    本当にごめんなさい。

    鬱病の方は回復時に一番自殺しやすいと聞きました。
    母は今のところ軽度の鬱状態のようですが、だからといって放っておいたらダメなんですね。

    母は完璧主義で、自分の思い通りにことが運ばないとヒステリーっぽくなる傾向があります。
    今はヒステリーより鬱の方が強く、全く笑うことが出来なくなってるようです。

    電話をしても切るタイミングがとても難しいです。
    昔のように強気な母に戻って欲しいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    インターネット通信

    しおりをつける
    blank
    ぎんねこ
    お母様は、インターネットは使えますか。使えるなら日に何度かは、メールでやり取りして、「今日はこんなことがあった」「今これで悩んでいる」など、話をしたらどうでしょうか。
    あるいはよくわからないけれど、テレビ電話みたいに映像が映って話かできる通信機器もありますよね。あれで、日に五分でも、話をするのです。
    私も母と、県外通話割引で、しょっちゅう話しています。お洋服をこんなのにしようか悩んでいるとか、ちょっとした話もすると、気がまぎれます。おかげで母も欝にもならず、ハツラツと元気ですよ。
    母娘の絆というのは、成人しても強いものです。空き巣症候群にならないためにも、時々はその絆を確認しあうことです。
    私の母は、メールが打てないので、メールし放題と言うわけには行かないのですが、文字通信が出来れば、料金がかからなくて、ラクです。
    アメリカと日本、リアルタイムで母娘の絆を確認しあうことが、元気の早道のように思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    動物を飼うよう薦めては?

    しおりをつける
    blank
    M
    バリバリお仕事をされていた経験があり、
    本質はしっかりされた方のようなので、
    犬を飼ったり猫を飼ったりして家族を増やしてみてはいかがでしょうか?
    話し相手にはならなくても、
    手間がかかる=気が紛れる
    と思うのですが。

    他にも、トピ主さんが週に2、3度でいいのでメールなどでやり取りをするとか…?
    お母さんは、おそらく寂しがっていると思うので…

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    iChat

    しおりをつける
    blank
    Tiger
    うちの母も遠隔地にいて、年に1度も会えないのですが、iMac を一台買ってあげて
    iChat を使って毎日私や孫と会話しています。点けっぱなしの事も多く、隣の部屋にいる感覚ですよ。

    最初のブロードバンド回線の契約などはトピ主さんがしてあげる必要があるかもしれませんが、
    あとはほとんど何もせずにテレビ電話が楽しめます。カメラもソフトも最初から内蔵されているので、
    本体以外に何か買う必要もありません。操作も非常に簡単です。

    他のマシンやソフトでも同じようなことは可能だと思いますが、簡単さから言ってお勧めですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もでした。

    しおりをつける
    blank
    ハナミズキ
    私も同じようでした、お母様と。薬は飲みませんが、何もやりたくない、家事さえも、夫から旅行しようとか誘われても。自分が自分でコントロールできないような、自分の存在価値が無いような。ウジウジ、ジメジメした日々でした。鬱病ってこういうものかな?とも思いました。
    その頃、新聞で「空きの巣症候群」を知りました。あくまで私の場合ですが、子達の結婚、義母の介護施設への入所が重なってありました。
    「しっだるださん」のおっしゃるように、本人が何かをやりたいと思えるまで、焦らず気長に接してあげてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    皆さん、ありがとうございます!

    しおりをつける
    blank
    トピ主
    母はインターネットしないんですぅ。
    機械物がめっちゃ嫌いで、すすめてもダメなんですよ。
    以前、携帯電話をプレゼントしたんですが、半年でギブアップ。
    その後にインターネットをすすめても聞く耳を持ちません。
    メールができたら毎日でも連絡出来るのに…って思います。

    動物を飼う…。どうでしょうね??
    大昔、20年前くらいに猫を飼ってたらしいんですが、
    あまりいい感想を持たなかったようですね。
    仕事を持っているし、世話が大変だったらしくて。
    難しい母です。(ため息)

    ハナミズキさん。
    「空きの巣症候群」ですか。それかもしれませんね。
    本当にウジウジ、じめじめって感じなんです。
    自分で「こんなことじゃあかんね~」って言ってるんですけど、どうにもならないようです。

    頻繁な帰国は無理。メールも無理。
    やっぱり電話で話を聞くしかないですね。
    うまく話を聞いてあげられるかなぁ…。(不安)
    難しいですけどがんばります。

    皆さん、暖かいアドバイスをありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0