詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    休職中なのですが…

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ちい
    仕事
    こんにちは。
    現在、うつで休職中の者です。
    皆様の意見を聞いてみたいなと思い質問いたします。
    人それぞれの思いがあると理解しておりますので、皆様の率直な思いをお聞かせください。

    私の中でこの二択が頭の中を渦巻いています。

    ・会社に迷惑をかけている責任をとって退職すべきか
    ・復帰して会社への貢献に励むべきか

    確かに会社の人間関係や給料のことなどの悩みはありましたが、私がうつになったのは全てが会社のせいではありません。
    会社での悩みは、どんな方でもそれなりにあると思います。私だけではない。

    ですが、うつで休んだというイメージは会社の中で消せるものではなく、復帰して周りに気を使わせて仕事をするのが怖いです。
    悔しいですが、うつは甘えと思う方もいますよね。
    それに、休んでいる身で手当てをいただいてるのも申し訳なく思ってしまいます。

    それなら早く辞めていまうのがいいんじゃないか…でもこれまで休んでいたくせに結局辞めるのかと思われるのではないか…
    こんな感じでキリがありません。

    大事なのは私がどうしたいかだと言われましたが、私の気持ちだけで決めていいことだとは思えないんです。

    最後に決定するのは私自身ですが、少しだけ皆様に甘えさせて下さい。
    このトピを見たあなたなら、どちらを選択しますか??

    トピ内ID:1130269616

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 15 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 32 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    休職経験あります

    しおりをつける
    blank
    病院っ子
    鬱ではないですが休職から退職したものです。私は怪我でしたが、経過が悪くて復帰出来なくて辞めました。

    ただトピ主さんの場合は医師から労務可能と診断されたんですよね?それならば、復職した方が良いのでは?

    復職出来る状態ならした方が良いと思います。

    手当金は、病気で働けない人が生活費にあてるものなので、休んでいたのにお金もらっていた…と罪悪感を感じることはないです。治療費など働いていた時よりお金がかかります。生活は苦しいので、本当に有難いシステムですよね。

    会社には、長い間ご迷惑おかけしましたと言って復帰して、もし病気が悪化したら、その時、休職か退職か考えたら良いと思います。

    トピ内ID:3332300803

    閉じる× 閉じる×

    復帰

    しおりをつける
    🙂
    ななし
    あなたが休むと会社が傾く、そんな重要なポストにいたんですか?
    今やらないといけないのは復帰に向けての健康管理でしょう
    「うつ」が甘えなんていつの時代の話...
    復帰したら「おかえり」これで終わりです
    他人から自分に意識切り替えてください

    トピ内ID:4980121857

    閉じる× 閉じる×

    辞めない方がよい

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    会社に迷惑をかけたらいけないのでしょうか?。

    私はウツで2回長期休職したし、他の病気でも数回長期休職しました。ウツは会社の人が原因ですが、他の病気は会社とは何の関係もありません。

    その間、同僚は私の仕事が増えて、大変だったと思いますし、迷惑をかけました。

    でも、だれか一人が休んだら、他の同僚が毎日数時間、残業を増やさないといけないほど、キツい職場なのでしょうか?。

    私はたしかに同僚に迷惑をかけましたが、そこまで残業を増やしたり、仕事がキツくなる職場ではありませんでした。

    他の同僚も病気休暇など、女性は育児休暇なども取得しました。多少、仕事がキツくなったとは言え、みんなの協力で、さほどしんどい思いもしませんでした。

    ウツも病気もケガも誰でも起こりうるので、普段を真面目にしておけば、お互い様でなんとか仕事を回すと思います。

    >休んでいる身で手当てをいただいてる
    「健康保険組合」から出ている「傷病手当金」ではありませんか?。「保険料」を毎月払っているのですから、保険金をもらうのは「当然の権利」です。

    会社からも手当が出ているのなら、会社の「規則」に従っているだけです。

    それが嫌なら、会社に対して「規則」の変更を求めましょう。でも、その手当を無くすと、他の社員の大反発を受けると思います。(自分だけがもらっている手当ではありませんよ)

    私もウツ病の時は、「会社を辞めたい」と思いましたが、その都度、医師から止められました。正常な判断ができないので「ウツの時は重要な決定をしてはいけない」のです。

    辞めても、次のアテもないでしょうし、ウツで辞めたと言えば、次の就職も簡単にできるとは限りません。

    まずは復帰を目指して十分に休んでください。そして復帰して1年位してから辞めるか辞めないかを考えるのが良いと思います。そして復帰してもすぐに頑張るとぶり返しますよ。

    トピ内ID:1674307732

    閉じる× 閉じる×

    申し訳ないなんて思わないで

    しおりをつける
    🐤
    ギブすん
    賛否両論あろうかと思いますが、長いこと会社生活やっているとうつ病になってしまった方を何人か見てきました。本当に「何でこんな良い人が、、」って感じで頑張り屋で人に気を使い過ぎる方が多かったです。誰にでもなり得る病気です。たまたま今回トピ主さんがなってしまっただけです。

    何かのご縁で一緒に働くことになった同僚です。できる限りサポートしたいと思っていますし、実際私の周りもそういう心持ちの人が多いです。
    力抜いて今は人に甘えてもいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:1346231949

    閉じる× 閉じる×

    どちらも選びません

    しおりをつける
    🙂
    働くおばちゃん
    その二者択一思考があなたを追い詰めているのです。だから、そのどちらかしかないと思っているうちは、どちらも選ばずにしっかりお休みされることをお勧めします。

    傷病休暇というのは、労働者に認められている正当な権利です。病気になった理由が仕事でなくたってもちろん構わないのです。

    ポストや生活費を保証されて休むことへの罪悪感や、復職してからの不安が大きいなら、まずはそれを主治医に話しましょう。

    カウンセリングは受けていますか?
    しっかり休むための策が必要です。
    焦りは禁物ですよ。

    トピ内ID:9464391426

    閉じる× 閉じる×

    今の時点で大きな決断はNG

    しおりをつける
    😣
    督促タヌキ
    鬱病患者の典型的なゼロサム思考ですね。
    もっとも真面目だから鬱病になったとも言えますが。
    鬱病の時に人生における大きな決断(退職、結婚、離婚等)は避けるようにと医師に言われていませんか?

    この場合は「復帰はする。ただし無理なようであれば退職する」が一番良いと思います。
    鬱病で休職する同僚も沢山見てきていますし、私自身も休職経験があります。
    我が社はキツメの金融業ではあるので周囲も「甘え」とは見ずにある意味仕方がないと見守る傾向はあるけどね。
    休職後の配置転換や配慮は避けられないとは思いますが、ある意味感謝しながら開き直らないと。
    収入がなければ治療もできないんだから。
    私も今やまた最前線の部署でなんとか働いていますが、万が一、再度発症した場合は退職する覚悟は常にしています。
    ご自愛下さいね。

    トピ内ID:2349597096

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0